わが故郷 東大和

東京都東大和市



5原発学

5原発学


    原発20キロ圏視察ツアーに参加して    高木・I K

   いわき市から伊東達也さん(原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表)の案内で浜通りを北上。   除染された田畑と除染されずに伸び放題の葦やブタクサが茂り、何時になったら使うえるようになるのか分からない田畑。    精魂込めた土地に、福島の方たちが戻れる生活が保障されていないと考えると、憤り(いきどうり)を感じました。   時計は2時47分を指したまま、トラックが家の中に飛び込んだまま、富岡駅の駅舎がそのまま、津波のあらわな実態を見ることが出来ました。   避難区域と区域でないところは道一本でしきられ、住民が分断されていました。   原発は絶対いらないと感じさせました。

    原発20`圏は、時が止まっていた!    桜ヶ丘・I S

    さよなら原発・東大和が呼びかけた視察ツアー(8月18〜19日、27人)に行ってきました。    いわき市でバスを迎えてくださった伊東達也さん(原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表)の案内で浜通りを北上。   車窓には放射能汚染物の袋の山や雑草がのび放題の田が続きました。    大地震、大津波の惨状と、さらに最悪の原発苛酷事故。ふるさとを奪っただけでなく、人間を壊し続けている現実を見た2日間でした。    「再稼働やめよ」―福島県民の思いを共有し声をあげ続ける決意です。  

    原発20キロ圏視察ツアーに参加して    向原・I T 

    田や畑に、無数に置かれた除染土の入ったビニールシート、これが「仮置き場」とのこと。   緑が光輝く美しい町だが無人の町、バスの中の放射能探知機の音を聞くと恐怖心が出る。   これは行き場のない危険なゴミだ、もう一つの原子力使用済みのごみの処理の見通しがないという、これらをどこへ持って行くというのか。   広野町へ入った、当時5500人の町に広大で立派な日本一のサッカー場が建設(94年)された。   東電からの130億円のプレゼントだったというから驚いた。弱い者へ悪魔が襲いかかり、お金で押さえ込んだのだ、なんということか。   人間が人間にする行為か、許せない気持ちでいっぱいだ。   けれども、魂まで買ったと思っていたら大間違いだ、次世代に伝えたい最悪の事件だ。    

    原発20キロ圏視察ツアーに参加して  小平・I W

    三年来気になっていた福島にようやく行ってきました。   川内原発の再稼働の是非よりも、ゴーサインの時期に関心が移る中でツアーに参加し、東大和のみなさんの地道な活動を身近に拝見させて頂きました。   又、長く反対運動に携わり、今できることをすると、案内役をしてくださった伊東さん、負の遺産のゴミを大切な自らの土地に受け入れておられる住職に頭が下がる思いが致しました。    6号線開通間もない富岡は、震災当時のままの無人の廃墟でした、壊れたままの商店街、時を止めたままの時計、錆びついたレール。   第2原発は霧の中で、ピーピーと鳴り続ける警告音に底知れぬ恐怖を感じ、もう原発はいらないと再認識した2日間でした。  

    原発20キロ圏視察ツアーに参加して     奈良橋・OK

    視察はバスの移動であり、20キロ圏は放射能防護のため窓を開けることは禁止。   交通量は多い、原発関係の作業車だという。   人のいない家々が立ち並ぶなか瀟洒な新築1戸建て団地群、住むことも帰ることも出来ない、しかしローンの返済はしなければならないという。   救済の法は現在なしとの語に愕然。   生業を返せと裁判が闘われている、子供たちの将来に向けての健康の保障のためにも支援が必要。   そして原発の廃棄、出来ることの行動をと。

    原発いらない!被災者すべてに全面補償を!  南街・KS

    津波で流されたままの富岡駅は、かろうじてホームが残っていたが、電線は切り取られ、線路は錆び、あたり一面夏草が伸びていた。   放射線量が高いのでまわりの物に触れるなと注意を受けた。   駅に続くメイン通りもあの日から時が止まったまま閑散としていた。   過疎の地域に甘言と札束と安全神話で人々の心を操って原発はつくられた。そして、2011年3.11、原発事故が起きた。   その日から、そこに住む人々から美しい、空と海と山を奪い、住まいを奪い、故郷を奪い、生業を奪い、家族を奪い、そこに生きていたすべての命を奪い、人々の生きる希望を奪い、未来を奪った。   40年以上の昔から国の原発推進の背景には、潜在的核武装能力の維持強化があった。   ならばこそ、国と東電は、その政策の犠牲者である被災者すべてに全面賠償をすべきだ。   そして、原発ゼロは、再生可能エネルギーを生み、世界に誇る9条を生かす平和日本を実現する最大の保障になる。

    原発20キロ圏視察ツアーに参加して    小平市・K I

    バスから降りて富岡駅前にたった時、人間のおろかさをあらためて、つきつけられました。   3年もたったのに原発のゴミとなり放置された家々、ゴーストタウンとなった町、放射線量がもどるのに100年以上もかかるといわれる土地。平和利用という名で真実から目かくしされた私たち。   この現実を直視しないで世界に原発を売り歩く、死の商人アベ氏。未来ある子供たちに、このようなことは、あってはならない、残せない。   ふるさとを追われた福島のみなさんだけでなく、東日本、日本、世界全体の問題です。  

    原発事故の被災地を訪ねて        向原・ST

    事故後、福島を訪ねたのは、今回で2回目です。このツァーでは、いわき市で避難してきた方と一緒に、原発をなくす住民運動をし、元の生活をかえせと裁判もしている方の話を聞く事ができました。   放射能汚染や健康面での不安だけでなく、住民が分断させられている実態、仕事を失い生きる希望が持てない生活など、身につまされるお話でした。   焼身自殺をした渡辺はま子さんの裁判結果をニュースで聞いて、少し胸をなで下ろしましたが、震災関連死がとても増えているという現実。   多くの人に、自分の目で今の福島を見て、自分の問題として考えて欲しいと思いました。    福島へ27人参集す   無人の町は静かに語る

    私より先に心を寄せていたオバアちゃん    向原・SZ

    先日、わたくしの次女が嫁いでいる家をたずねました。   と云っても娘の家族たちは現在同じ市内の別のところに住んでおります。    87才のオバアちゃんは、現在1人で市内の芋窪に住んでおります。   「さびしい」だろうなと思い、私は月に1度位は訪ねるように心掛けております。    早速、原発事故のあった福島にいってきたことなどを話しました。    すると、T新聞に入っていた折り込み広告を私に差しだし「私はこれを注文して食べていますよ」、そして「もう年をとっているので放射能なんかこわくないんです。   少しでも福島の人のためになればと思ってね」と。    それは福島の野菜や果物の折り込み広告でした。   1人で住んでいる芋窪のオバアちゃんは、私より先に福島に心を寄せていたのでした。

     原発再稼働は言語道断            立野・TK

    原発震災事故の現場を訪問して、事故から3年半たった今も、原発事故の深刻さは、低減するどころか、ますます深まっていることを知った。   強制避難区域は1000ku余り、東京都の半分の広さだという。   避難者は減ったとはいえ13万人、いつ終止符を打てるか展望もなく過酷な避難生活を送っている。   避難先で環境激変などによる震災関連死は8月18日現在1748人、直接死の1603人を超えて増え続けている。   自殺者は54人、仮設での孤独死は34人にもなっている。   子どもは学校を奪われ、先生から切り離され、家族・友人からも引き離されたままである。   こんな実情を知るにつけ、原発事故の罪深さを改めて思う。   原発を安全だといって推進してきた、歴代政府、東電、関係企業の責任は極めて重い。   それが事故のまともな反省もなく、原発再稼働を進めるという、言語道断極まれりである。   国民の力で、何としても再稼働をさせず、原発を放棄する方向にもっていかなければならない。

    原発視察ツアーに参加して        奈良橋・NS

    自分の目で福島の原発被災地を見てくることができてよかったと思います。   30k〜20kと近づくにつけ、バスの中から見えるのはあちこちに置かれている放射能汚染物を入れた黒い袋の山。   雑草が伸び放題の田んぼ、ピカピカに除染されているというが誰も住んでいない家々の異様な景色。   放射線量はどんどん上がり富岡駅のところでは0.9マイクロシーベルトにもなった、部分的にはもっと高いところもあった。   こんな線量の高い中で除染作業をしている人たちは働いている。   未だに13万人の人たちが避難していて、この先何年経ったら戻れるのかわからないとのこと、賠償問題でも住民の中に分断を持ち込んでいる政府東電。いろいろ勉強になりました。   同じ大地震、津波に襲われた三陸地方は少しずつでも復興は進んでいるでしょうが、ここでは時は止まったままです。   原発は絶対ダメです。再稼働なんてもってのほかです、いのちより大切なものなんてありません。

    原発20キロ圏視察ツアーに参加して    南街・NZ

    旧盆過ぎの福島沿岸は意外と涼しかった。    除染土を包む黒い袋が荒れた農地や山裾にびっしりと置かれた風景が、あちこちに見られた、人はいない。    海岸に近い富岡駅は廃墟のままだった。駅に向かう商店街も同じく,地震で崩れかかった家々が手つかずだ、その家の1階部分に流れてきた車が突っ込んだままになっていた。   天災のあらがえぬ力と、原発事故という人災によって復旧することもできない状態を目のあたりにし、言葉を失った。   ここで生きていた家族、大人も子どももお年寄りも、今どこで暮らしているのだろうか?私の想像力は実に貧しい。   荒れ地で繁殖する月見草〈大待宵草〉が美しかった。   現地を見てきて、怒りは数倍になったが、まだ整理がつかない。

    バスツアーに参加して            小平・HM

    昨年10月、瓦礫撤去のボランティアとして石巻に行き、12月にドキュメンタリー映画、「遺言」(原発さえなかったら)を見ました。   そして更に、原発による被災地の復興状況をこの目で確かめたくて、今回のツアーに参加いたしました。   「百聞は一見に如かず」で、想像していたこととはあまりの違いに気持ちが滅入りそうになってしまいました。   石巻はまだ手付かずの田畑はあるにしても、一歩町に入ると商店街は活気に満ちていて復興への確かな希望があることを実感いたしました。   それとは裏腹に、あの福島県富岡の町中のゴーストタウン状態を目にして、改めて「原発さえなかったら」の壁に書かれてあった言葉が胸に突きささった思いが致しました。   今回の経験により、自然と共存できないような原発の技術を日常生活に使用してはいけないのでは?という事を強く感じました。

原発20キロ圏視察ツアーに参加して     上北台・WT

    9月半ばに、急用で山形に帰省した。   東北の農村は黄金色の見事な風景だったが、その前に立っているうちに、雑草の生い茂る田んぼや除染の黒い袋などが積み重なった風景が浮かび、胸が締め付けられるようだった。   人の住めない家、放置された車や立ち入り禁止の看板、最近はテレビも新聞も、3年以上も経過したこの現実を報道しなくなったのではないでしょうか。   今回の視察ツアーは、原発被災地の入口であり、立ち入り禁止の大熊町や双葉町、浪江町などはどうなっているのだろうかと思わざるを得ない。   先祖代々引き継いできた「田んぼ」や「家」を維持できなくなった被災者の苦悩を思うと原発は、長い歴史の中で培ってきた人間の命と自然の営みを根元から破壊するものだと痛感した視察ツアーだった。

    原発20キロ圏視察ツアーに参加して     中央・Y.S

    百聞は一見にしかずという言葉を再認識させられた今回の旅でした。   最近身近な人の会話の中で「同じ福島の人が云っていたけど、原発被災地の人は、働かなくてお金もらって、パチンコをしたりして遊んでるんだって、ひどいわよね…」の言葉。   どこかで聞いたような話だなあ、と思い出すと同時に、そんな思いが一般の人の中にしっかり浸透している現実が腹立たしくなり、それは国と東電の思うつぼなんですって!! とつい強い口調で反論してしまいました。    子供を育てる母親が、我が子の将来の健康をずーっと気にしながら生きていくということが、どれほどのストレスになるのかと考えると、同じ女性として母としてやり切れない思いでいっぱいです。

    《原発20キロ圏視察ツアー》に参加して   小平・Y.S

    いわき市を北上して10キロ圏内にかかる富岡周辺をバスから降り歩いた。   盗まれたという電線が垂れ下がっている富岡駅、座敷に乗用車が入り込んだままの家も見た。原発事故から3年半、人が近づけないママ酷い惨状をさらしている。   築いた生活すべてを奪われ、新たな地で不安をいっぱい抱えながらの生活を余儀なくされている人々。   この人々を支え活動に立ち上がり懸命に闘っている方の話を聴けた、東京に居る者として申し訳なく思う。私にできることは現状を知り人に伝えること、繋がりを持っていきたい。   放射能事故は起きたら人間の力ではどうすることもできない、これを止めるために活動をしている人たちと一緒に動いていかなければと強く思いました。

    “ふるさとをかえせ”             中央・WK

    首相官邸前の行動に呼応して、東大和市駅でも行動していますが、私は毎回訴えていることがあります。   それはいまだに福島では13万5千人の人が避難生活をしているということ、そしてふるさとをうわばれたつらさです。   今回、実際福島を視察することにより、更にそれを実感しました。   バスの中で線量計が鳴り続けるのも衝撃でしたが、誰も住むことのない街並みは、もっと衝撃でした。   こんな素敵なふるさと、そして街並みがあるのに住めないなんて、許せません。私は、これからも駅頭で訴えていきたい。

    空間線量を測定して           南街・KB

南街地域で、原発事故後の5月頃から放射線量はどのくらいか調べてきました。   現地では多くの人たちが苦しんでいるので、実際に現地へ行って調べてみたいと思い参加しました。   南街地域と比べると驚く数値が計測されて、改めて原発の再稼働は許せないと思いました。

5原発学