わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



六、結  語




六、結 語


   清水囃子は、昭和49年(1974)の春頃より伝承者たちが、 積極的に後継者の養成に努め、練習に励んで同年7月13日に清水神社の社務所で、次の人々が祭囃子を実演した。

    

笛 ・・・・・・・・・・・・・・・ 原 欣平  池谷 藤久
〆太鼓(小太鼓)・・・・・原 初雄  五十嵐金夫
(ツケ)・・・・・・・・・・・・ 原利三郎
大太鼓(大皮)・・・・・ 原 初雄 五十嵐清重
   当り鉦(スリガネ)・・・・ 原 孝作

     踊り(道化の所作)
   さんば      池谷豊一
   おかめ      緑川 勝
   獅 子      内田義一
   きつね(天狐) 池谷豊一

     曲 目(順序)
1、はやし      2、にんば      3、ねんねこ        4、かまくら 
     5、ねんねこ      6、にんば      7、まりとり       8、かまくら
         9、にんば      10、はやし


   この機会に、本田安次先生もこの実演を見られた。 この祭囃子は、東大和市清水地区に残存した民族芸能であって、その起源は既に述べた通り、江戸時代終末の慶応年間(1865−1868)であるが、明治の頃(1868−1912)には、未だ盛んではなかった。

   この清水囃子は、大正年間(1912−1926)になって漸く盛んになったが、昭和27〜28年(1952−3)の頃まで中断し、その後再び復活て清水神社の祭礼の日を賑わした。

   このたび、東大和市教育委員会の依頼によって、清水囃子の実体について調査し、その記録を以上の通り纏めた。この記録を纏め得たのは、清水囃子の囃子連の長老池谷豊一、清水自治会会長野口一二の両氏と、多くの囃子関係者の積極的な御協力によるもので、諸氏の御好意を衷心より感謝する次第である。

   実態調査に際しては、東大和第一中学校の成迫政則教諭が、半次郎の曾孫鎌田林蔵氏の宅に同行して、半次郎のことを共に聞書し、清水神社社務所で清水囃子の写真を撮影した。 その際に東大和第一中学校の郷土研究班の生徒の有志が、道化面の写生や囃子の録音について協力したので、そのことを付記する。

        日本民族学会会員  高野 進芳
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。