わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



五、囃子の順 道化の所作




五、囃子の順、道化の所作


   囃子には「屋台・鎌倉・国固め・四丁目・子守唄・いんば(にんば)・正伝・神田丸・玉打・車切(しゃぎり)」などの曲目があるが、清水囃子の曲は、その中の幾つかであり、それを次の順に囃される。

 

   (1)さんば (2)居囃子(いばやし) (3)にんば(しちょうめ) (4)国固め (5)鎌倉。

 

   さんば(三番)は三番叟(さんばそう)、式三番(しきさんば、)二枹丁三番(にちょうさんば)とも呼ばれ、これに用いる鳴り物(楽器)は、〆太鼓(小太鼓)だけであって、囃子片の1人が両手に竹の長枹(ながばち)を持って〆太鼓(小太鼓)の面を敲き、「ポンポンポン」と響く太鼓(おおつづみ)を打つような音を出し、その音に和して「さんば(三番)」の道化方は、初めに幣束を持って立ち、三礼して修秡(しゅうふつ「おはらい」)の所作をし、次に神楽鈴を手にして舞い、その次に扇子と神楽鈴を持って舞う。 この三番面で「さんば(三番)」の所作は終わる。 式三番(しきさんば)は猿楽(さるごう)の能に古くから伝わる祭儀的な演目であり、歌舞伎舞踊の中にも取り入れられ、そして後には、事の始に祝儀として、この踊りを演じられるようになった。

   前にも記した通り、初めは清水囃子の中には「さんば(三番)」の曲目はなかったが、大正の頃に近郷より伝わり、村民の野口庄作(明治10年−1877−10月15日生)や囃子仲間の池谷豊一などが、それを習って清水囃子の中に取り入れたのであった。 それ以来、池谷豊一氏は専ら「式三番(しきさんば)」を踊り続けている。  

    「居囃子(いばやし)」は、笛・大太鼓(大胴)・〆太鼓(小太鼓)・当り鉦(よすけ)などの鳴り物(楽器)で囃したてる五人囃子であり、これに合せて「獅子狂い」(獅子舞)を演ずる。  「獅子狂い」(獅子舞)の所作は、現在は専ら内田義一が演じている。 「にんば」(しちょうめ)も、やはり五人囃子であるが、その曲の中で笛吹きが「皮違い」に流れ込む。 「皮違い」は笛吹きが自由に 吹奏する変調であって、他所者には誰も真似することができないといわれており、笛吹きが、その時の笛の吹き廻しで、鉦・太鼓など鳴り物(楽器)をリ−ドして、囃し方が非常に賑やかになる。 これに合せて演ずる道化は「馬鹿面」「おかめ」などである。  

    「馬鹿面」の所作は、色染めの頭巾を被り、横縞の着物で股引姿の馬鹿面の男が「尻たくり」で、首に豆しぼりの手拭を掛けて、つぼめ扇を両手に持ち、その場で左右にまわり、扇を開いたり、つぼめたりして踊る。「おかめ」が出てきて「鞠つき」をする振(「おかめ」の鞠つき)、そこへ出てきた馬鹿面が「鞠つき」の邪魔をして鞠を取り上げて隠す振りをする(鞠とり)次に「おかめ」が馬鹿面の取り上げた鞠を取り戻そうとする振に移る。  

   「おかめ」の所作は、垂れさげ髪に鉢巻をした振袖姿の少女が「鞠つき」の振(上述)をしたり、幼児を寝かしつけて、鉢巻をとり、顔を洗い手をぬぐい、手拭を膝の前に置いて、扇子を開き、それを手鏡とし、懐中より取り出した「つぼめ扇」を櫛にし、また筆にして眉を書いたり、髪の生え際を書いたり、紅白粉をつけて化粧する振、そして「つぼめ扇」を開いて合せ鏡にする。それが終わると扇子をつぼめて帯にさし、両袖をとり、居ずまいを正して額を畳につけるようにして拝し、扇を開いて立って舞う。 その時、寝ていた幼児が目を覚ました体、それで幼児を抱いておしっこをさせ、あやして座り、幼児を背負う振りをする。 この所作の中では、獅子頭の中に胴布を入れ、それを幼児に見立てる。

    「おかめ」の所作は、この外に「羽子つき」もある。 「羽子つき」は、 扇子を中開きにして羽子板とし、羽子つきの振りをする。「おかめ」の所作の時の囃子は、「にんば」の囃子に「子守唄、数え唄、鞠つき唄」などの囃子を入れられる。「馬鹿面・おかめ」など、道化の所作は以前には池谷豊一、緑川周一が演じていたが、現在では「おかめ」を緑川勝、「馬鹿面」は池谷豊一氏の外、内田義一が演じている。  

   「国堅め」も五人囃子であるが、短かい曲であって、静物(しずかもの)で、余りさえないので、今では余りやらない。この囃子から「四丁目」の曲に流れ込む。 以前には、この囃子に合せた道化は「とうすけ面」であったが、今ではやらなくなった。 「鎌倉」も五人囃子で、この囃子から「にんば(いんば)」、居囃子(いばやし)に流れ込む。 この囃子に合せて「おかめ」の道化を演ずることもある。 

   天狐の所作は「鎌倉」の囃子が「にんば」に移り、「居囃子(いばやし)」に流れ込んだ時に始まる。 前に記した通り、白い肌着に白い股引(パッチ)姿で白足袋を履き、狐面を被って白狐に扮した者が二本の幣束を手に持って囃子に合せて踊る。 以前には「居囃子(いばやし)」に合せて、獅子が「しらみとり、いねむり」など、さまざまの戯けた所作をする「道化獅子」があり、その時に囃す囃子を「ねばやし」と呼ばれたという。

   また、囃子の仲間で、今は専ら笛吹きをしている池谷藤久氏の談では、その頃には「静物(しずかもの)」で演じた道化で、「馬鹿面」と「おかめ」が野原で遊んでいるところへ、狐が手に狐印をこしらえ、口をパクパク動かして現われ、「馬鹿面・おかめ」が狐に訛かされて、汚水を飲まされ、馬糞を食わされて正気に戻り、 びっくり仰天する振のものもあったそうである。 けれども、今では、このような道化は全くやらない。  

   「囃子連の長老池谷豊一氏に、改めて清水囃子の曲目と道化の所作について聞くと、囃子の曲目は「さんば(三番)・打込・屋台(いばやし)・宮正天(みやしょうでん)・みんば(にんば)しちょうめ(四丁目)・国かため・かまくら(鎌倉)」などがあり、その曲に合せて「さんば(三番)の踊り、獅子狂い(獅子舞)、馬鹿面、おかめ、天狐」など道化があるが、その中で「さんば(三番)」をまず初めに演じ、それに続く囃子や道化は、その時その時によって適当に演ずるので、その順序はまちまちであって、「さんば(三番)」の次に囃子(いばやし)に合せて「獅子狂い(獅子舞)」を演じ、その次に「馬鹿面」「天狐」の道化に移り、「おかめ」が「みんば(にんば)」を踊って、「かまくら(鎌倉)」に「子守唄・数え唄・鞠つき唄」を交えた曲で、「おかめ」が鞠つき、子守、化粧、手踊りの振する道化や「おかめ」が鞠つきをしていると「馬鹿面」が出てきて、鞠を横取りして隠し、「おかめ」が鞠を取り戻そうとする振りを演ずることもあり、また「さんば(三番)」の次に「みんば(にんば)」を囃し、「かまくら(鎌倉)」の曲に流れ込んで、赤坊が目を覚し、「おかめ」が赤坊を抱き上げて、曲に合せて「トトトト」とおしっこをさせる振、次いで「子守唄」(ねんねこ)が「かまくら(鎌倉)」の囃子に雑り、それに合せて「おかめ」が赤坊をあやす振、再び「かまくら(鎌倉)」の囃子に「子守唄(ねんねこ)」が雑って「おかめ」が赤坊を背負うて子守する振、次に「かまくら(鎌倉)」の囃子で「おかめ」が鞠つきをしていると、「馬鹿面」が出てきて鞠を取って隠す振で「いんば(にんば)」の囃子から「居囃子(いばやし)」に流れ込み、獅子狂い(獅子舞)、天狐の所作を演ずることもある。 

    その順序は、いずれにしても道化の所作が一場面を終り、踊りの者が舞台を「ド−ン」と踏み鳴らすと、囃子方では、その合図で笛吹きが曲を変えて笛を吹き、その笛の調子に伴って、大太鼓(大胴)、〆太鼓(小太鼓)、当り鉦(よすけ)などの鳴り物(打楽器)を打ち鳴らす。 従って、今の清水囃子は、踊りが主となっている。  

   以前は、清水神社の祭礼には、祭囃子(まつりばやし)を引屋台(ひきやたい)の上で賑やかに囃したてて、村中を引き歩き、道化の所作は、屋台を随所に停めて演じた。 その頃には、神社から屋台を引き出す時と、屋台が神社へ戻ってくる時には、「宮正天(みやしょうでん)」の曲を囃したが、今では引屋台(ひきやたい)を止めて据付屋台(すえつけやたい)にしたので、その囃子は余りやらないそうである。  

   清水囃子の囃子の方法や道化の所作は、従来は一切口伝であって、教え方は消極的であり、土地の一部の人だけが伝授されただけであったが、清水地区に伝承する民俗芸能保存のために、囃子連の原初雄が、昭和49年(1974)6月に、清水囃子の「太鼓と鉦の叩き方、笛の吹き方、囃子の順序」を次の通り文字で表して残すことにした。

囃子の楽譜

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。