わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



四、囃子の用具




四、囃子の用具


   祭囃子の用具は、一般には「大太鼓、小太鼓と笛、鉦(よすけ)」などの「鳴り物」(楽器)と、それに付随した道化(道下)に用いる仮面と衣裳類である。 清水囃子に使用する鳴り物(楽器)も、また同じであり、七孔の篠笛と、大太鼓(大胴)が1つ、〆太鼓(小太鼓)が2つ、当り鉦(よすけ)が1つ、その外に拍子木が、1丁である。 それらの鳴り物(楽器)に対し、清水囃子の仲間は、七礼の篠笛(しのぶえ)のことを「やぐらじの」、大太鼓(大胴)を「おうか」、〆太鼓(小太鼓を)を「つけ」、当り鉦(よすけ)を「すりがね」、または「たたき」、拍子木を「き」と呼び、当り鉦(よすけ)を敲くことを「かねすり」と称している。

   「やぐらじの」(篠笛)は、長さ約42センチで、池谷藤久の説明によると「太さ・長さにより、6本・4本などの種類がある」という。「おうか」(大太鼓)の面は、直径33、3センチ、胴の長さが53センチあり、胴の一部に「請合、東京亀岡一、太鼓師、高橋又右エ門」と記し、「太亦」の焼印が捺してある。 「つけ」(〆太鼓)は、面の径が53センチ、厚みは20センチあり、両面をボルトで締付けてある。 「すりがね」(当り鉦)は、径12センチ余、深さ約5センチ、鍔の巾が約1センチのもので、その縁の左右に小さな紐差しの部分があり、そこに細幅の紅白の布片を縫合せて房状にしたものを垂れ下げる。 「すりがね」(当り鉦)の撞木は、長さ20センチ余で、巾の狭い薄い鉄片の先端に小さく切った鹿の角を付けたものである。

   清水囃子の道化(道外)に用いる仮面は、「三番面(さんばめん)、おかめ、ひょっとこ、舌だし馬鹿面、てこだしだるま、だるま型、大笑(おおわらい)、中笑(ちゅうわらい)、狐、獅子」などで、それ等の仮面は、木彫彩色のものと、張子彩色のものと二種類があり、その中で「三番面(さんばめん)、だるま型、おかめ、ひょっとこ、でこだしだるま、狐、獅子」の仮面は木彫彩色で、内側に作者の烙印が捺してある。 その仮面は、いずれも大正の頃に、東京浅草の宮本太鼓店で購入したという。

   道化、(道外)の服装は、付ける仮面によって、それぞれに異なる。 三番(さんば)の服装は、長袖の踊りの衣裳の上に、舞鶴模様の袖無羽織を着し、先の尖った「かぶと」と呼ぶ被物を頭にかぶる。 踊りの用具は、幣束と扇子、神楽鈴などである。 「おかめ」の服装は袂の長い女物の衣裳を着し、市松模様の帯を締め、白足袋を履き、頭に黒い垂れさげ髪を付ける。 踊りの用具は扇子である。 「ひょっとこ」、その他「しただしばかめん、でこだしだるま、だるま型、大笑(おおわらい)、中笑(ちゅうわらい)、」など、「ばかめん」の服装は、短い半纏を着し、裁着(たっつけ)を穿いて、足袋を履き、頭には、「白・赤・青・黄色」などの布製の頭巾をかぶる。 踊りの用具は、手拭・扇子などである。 「狐」(天狐)の服装は、白い肌着に白い股引(パッチ)を着し、白足袋を履いて、頭には長い白髪を付ける。 踊りの用具は幣束である。 獅子(獅子頭)は、唐草模様の胴布を付ける。

   囃子方の服装は、揃いの印半纏(しるしばんてん)を着し、祭礼手拭を首に掛ける。前に掲げた獅子の用具や道化の仮面、衣裳の類は、平常は清水神社に保管してあり、清水自治会がそれを管理している。   

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。