わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



三、伝承過程、後継者(2)




三、伝承過程、後継者(2)


伝 承 者
〇印  半次郎より伝承
●印  物故者
明治年代 (1868〜1912)
〇● 五十嵐善太郎     (孫)  ● 五十嵐一郎

  明治末期頃に囃子の中心となっていた者4人
〇●  内野秀吉      (長男) ● 虎之助
〇●  五十嵐伊三郎    (長男) 金夫 (孫) 伊三雄
〇●  緑川卯三郎     (長男) 周一 (孫) 勝
〇●  杉崎彦次郎
 
  明治末年〜大正年代 (1909〜1936)
  〇  池谷豊一
〇● 五十嵐平次郎
〇● 鎌田半三郎   (鎌田半次郎の孫)
〇● 野口慶冶

  大正2〜3年以降
 五十嵐 清一
 緑川伊勢三郎
 土方宇兵三
● 内野虎之助 
 緑川宗八
  ● 町田健太郎
  ● 原 宇作 
 原 孝作
   原 欣平 
 内田義一 

  昭和元年以降

● 野口保三     (野口弥五右衛門の孫)

 野口 矯
 緑川周一    (緑川卯三郎の長男)
 五十嵐金夫    (五十嵐伊三郎の長男)
 五十嵐清重
 池谷藤久 

  昭和27年〜28年(1952〜3)          

● 五十嵐一郎    (五十嵐善太郎の孫)

緑川鶴蔵
 原利三郎
   原 初夫
 五十嵐伊三雄   (五十嵐伊三郎の孫) 
 緑川 勝     (緑川卯三郎の孫)
 緑川 博

  昭和49(1974)年度の後継者
 郡 茂冨
 杉崎文夫
 五十嵐泰平   (五十嵐清一の長男)
 神野 修 
 神野玲子
 原 万次 
 五十嵐岩雄
 野沢 勝生
  以上 大人

  原  浩
  原  忠
  緑川一政    (緑川宗八の孫)
  阿部 秀明
  原 弥寿雄   (中学生、原初夫の次男)
  原 由冶
  西田和正
  千葉光一
  野口勝巳
  原 英利
  原 延隆
  外に、女子一名
  以上 小・中学生
 

   後継者の指導は、長老の池谷豊一氏が中心となって、原 孝作、原欣平、内田義一、五十嵐清重、五十嵐金夫、池谷藤久、緑川鶴蔵、原利三郎、原 初夫、緑川 勝、緑川 博など、12名の者であり、その中の原 初夫が主として若手の指導に当たっている。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。