わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



三、伝承過程 後継者(1) 




三、伝承過程、後継者(1)


   清水囃子の仲間のなかで、長老の池谷豊一氏(明治25年−1892‐10月1日生)の談によると、池谷豊一が初めて半次郎に祭囃子の手ほどきを受けたのは、17〜8歳(1909‐10)の頃だった。 半次郎は子供の時分から囃子が好きで、それを習い覚えたから、鳴り物ばかりではなく、囃子に合せた道化の所作も大変に上手であって、とても年寄とは思えぬ程の元気で、なかなかの達人であり、若い者たには真似が出来なかったが、何分にも老体であったので、その頃は半次郎が指図をして、囃子の稽古は、主として前に挙げた、明治9年(1876)生の内野秀吉、明治10年(1877)生の五十嵐伊三郎、明治12年(1879)生の緑川卯三郎、明治14年(1881)生の杉崎彦次郎の4人の若者が当たっていた。4人の若者の中の内野秀吉は、〆太鼓(小太鼓)と「おかめ」の踊りを教え、五十嵐伊三郎は、大太鼓(大胴)、緑川卯三郎が笛、杉崎彦次郎が〆太鼓(小太鼓)と大太鼓(大胴)を教えたようであった。

   大正元年(1912)の頃に、池谷豊一氏と共に囃子を習っていた者は、明治27年(1894)9月12日生の五十嵐平次郎(昭和44年−1969‐2月13日死亡)、明治28年(1895)5月1日生の鎌田半三郎(半次郎の孫、昭和32年−1957‐8月15日死亡)、明治28年(1895)12月15日生の野口慶冶(昭和45年8月21日死亡)、明治29年(1896)12月23日生の五十嵐精一(健在)の4人であった。  その頃、池谷豊一は、大太鼓(大胴)と道化に力を注ぎ、後には道化と獅子舞、天狐(てんこ)など、踊を主とした。 五十嵐平次郎も道化の「おかめ踊り」に力を注ぎ、鎌田半三郎(半次郎の孫)は笛と〆太鼓(小太鼓)を主としたが、殊に、笛はなかなか上手であった。 そして、また道化踊もした。 

    野口慶冶は、自ら笛と太鼓、五十嵐清一は、すり鉦(よすけ)と道化の「おかめ踊り」を演じた。その頃の囃子の仲間は、祭囃子の楽器の演奏、道化の所作は、およそ何でも一通りは心掛けていたということである。 やがて、埼玉県入間郡山口村字町屋(現在所沢市の内)の辺より「式三番(しきさんば)」が伝わって清水囃子の中に取り入れられ、池谷豊一が、それを習った。 当時は、町屋には「町屋囃子(まちやばやし)」があって、その流派は清水村の内の宅部地区に伝わっていたが、それは大正7年(1918)以降に絶えてしまった。

    大正年間(1912〜1926)の中頃には、明治34年(1901)3月28日生の緑川伊勢三郎が、清水囃子の囃子連の仲間に入り、次いで、明治35年(1902)3月10日生の土方宇兵三、同年五月19日生の内野虎之助(昭和49年−1974−3月7日死亡)、同年12月20日生の緑川宗八、明治36年(1903)4月25日生の町田健太郎(昭和4年−1929−11月24日死亡)、同年10月18日生の原宇作、同年12月14日生の原孝作、明治37年(1904)3月24日の原欣平、明治38年(1905)4月15日生の内田義一などが囃子連に加わって、若手の陣容が整い大いに活気を呈するに至った。  そうして、緑川伊勢三郎、内野虎之助は「大太鼓(大胴)」を、緑川宗八、町田健太郎は「〆太鼓(小太鼓)」を池谷豊一、野口慶冶などに教わり、原欣平は「笛の吹き方」を鎌田半三郎から伝授せられ、土方宇兵三、原宇作、内田義一は池谷豊一に「道化の所作」を原孝作は「すり鉦(よすけ)」の叩き方と「道化の所作」を習った。

   その後、昭和初期(1926〜1935)の頃に、明治40年(1907)3月10日生の野口保三(野口弥五右衛門の孫、昭和10年−1935−10月26日死亡)、同年5月5日生の野口矯、同年5月21日生の緑川周一、同年11月13日生の五十嵐金夫(五十嵐伊三郎の長男)、明治43年(1910)10月5日生の五十嵐清重、明治45年(1912)2月18日生の池谷籐久などが祭囃子の仲間入りをした。 その中で、野口保三、緑川周一、五十嵐清重が「大太鼓(大胴)」、野口矯、五十嵐金夫が「〆太鼓(小太鼓)」を習い、池谷籐久は、鎌田半三郎より笛の吹き方を教わった。 清水囃子は、その頃は、かなり盛んであったが、昭和12年(1937)以降は国際情勢が緊迫して中絶し、昭和27〜8年(1952〜3)の頃に再び復活した。

   その頃に、大正13年(1924)1月15日生の五十嵐一郎(五十嵐善太郎の孫、昭和49年−1974−5月9日死亡)、同年1月30日生の緑川鶴蔵、昭和3年(1928)1月7日生の原利三郎、昭和5年(1930)3月1日生の原初夫などの若手が復活した囃子の仲間に加わった。 この4人の中で、五十嵐一郎は笛を習い、その外の3人は、専ら「大鼓(大胴)」を習った。 次いで昭和10年(1935)7月13日生の五十嵐伊三雄(五十嵐伊三郎の孫)、昭和12年(1937)9月6日生の緑川勝(緑川卯三郎の孫)同年11月15日生の緑川博の3人が囃子連に加わり、五十嵐伊三雄と緑川博は 「大太鼓(大胴)」、緑川勝は道化の所作を習った。 清水囃子は、その頃までの囃子連のたゆみない努力によって、漸く現在まで伝承されたのであった。

   そして更に、現在の囃子連は清水囃子を今後に伝える望みを掛けて、昭和48年(1973)11月に仲間の有志者が清水自治会長野口一二氏と相談して総意により、翌49年(1974)6月2日に「清水囃子保存会」を結成し、地域住民の協力のもとに囃子の後継者を養成することにした。 野口一二氏の記録によると、その祭に保存会の趣意に賛同した者は372名もあり記録に記した清水囃子の伝承者と後継者の名前は、次の通りである。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。