わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



二、清水囃子の起源 ,伝承年代 




二、清水囃子の起源 伝承年代


   清水囃子(しみずばやし)の起源については、確たる文献は見えないが、口碑によれば、幕末の頃に、当時の多摩郡清水村の農民たちが、娯楽として鎮守の祭礼やその他「ものび」などに演ずる祭囃子(まつりばやし)を要望して、その頃、たびたび所用のため江戸へ出かけていた村内の有力者野口弥五右衛門という人に相談したので、弥五右衛門が祭囃子の名人を探していたところ、たまたま人の噂で、多摩郡高円寺村の「しらがき」という茶屋で料理番をしている半次郎という者が、宮大工として神輿造りであり、祭囃子の名人であると聞いたので、弥五右衛門は直ちに半次郎を訪ねて祭囃子の伝授方を申し入れた。

   半次郎は、そのことを受諾して高円寺村より清水村まで通ってきて、若者たちに祭囃子を教えたが、何分にも距離が遠くて通いきれず、それで弥五右衛門方に寄属した。その後まもなく、弥五右衛門の世話で同村の「鎌田」という家の養子となり、清水村の村民の仲間入りをして、この土地の祭囃子の達成に努めたので、村人たちは、清水囃子を「高円寺流」と称したということである。

   野口弥五右衛門は、文政3年(1820)3月11日生まれで、明治29年(1894)10月14日に死亡し、半次郎は、天保12年(1841)9月13日生まれで、大正7年(1918)4月28日に死亡した。半次郎の孫に当る鎌田林蔵氏(大正14年−1925−2月4日生)の談話では、半次郎は28才(1869−明治2年)の頃に鎌田の家の養子となって清水村に移住したが、半次郎が清水村の若い衆に祭囃子を教えたのは、それよりも数年以前であり、それが縁となって、半次郎は清水村の村民の仲間入りをしたということである。

   清水村の祭囃子が伝えられた時期は、この談話によって推察すると、おそらく幕末期の慶応年間(1865−1867)の頃ではなかろうか。今では、その頃に半次郎より祭囃子を教えられた人々の名前はよく判らないが、今の人たちの記憶に残る一番古い人は、安政6年(1859)1月26日生の五十嵐善太郎(昭和24年−1949−1月25日死亡)という人でその次は、明治9年(1876)9月13日生の内野秀吉(昭和−1945−7月19日死亡)、明治10年(1877)11月21生の五十嵐伊三郎(昭和15年−1940−7月22日死亡)、明治12年(1879)9月25日生の緑川卯三郎(昭和19年−1944‐2月23日死亡)明治14年(1881)3月13日生の杉崎彦次郎(昭和4年−1929‐6月1日死亡)などである。

   しかし、その頃の清水囃子の仲間は、以上の人たちの外にも幾人もあったようであるが、その人たちの名前は、残念ながら今では全く忘却されている。現在の清水囃子の仲間で明治25年(1892) 10月1日生の池谷豊一氏に、明治年代(1868‐1911)の清水囃子の様子を尋ねると、「余り古いことはよく判らないが、明治38年(1905)の秋に、日露両国の講和条約が結ばれた頃には、半次郎は60才を過ぎていたので、半次郎が囃子を教えた内野秀吉・五十嵐伊三郎・緑川卯三郎・杉崎彦次郎の4人の若手が中心となって、清水囃子を村の若者たちに熱心に教えていた」ということである。清水囃子は、その頃から次第に盛んになったようである。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。