わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子調査概要報告書



一、清水囃子の系統




報告書

一、清水囃子の系統


   清水囃子は、江戸の祭囃子(まつりばやし)の亜流である。 祭囃子は、俗に「おはやし」、または「馬鹿ばやし・若囃子」ともよばれて、神社の祭礼に山車(だし)や屋台の上で、笛・大太鼓(大胴)・〆太鼓(小太鼓)・当り鉦(よすけ)などの楽器を奏でて囃したてる一種の乱声(らんじょう)であって、その本源は神楽囃子(かぐらはやし)と京都の祇園囃子(ぎおんばやし)に始まったようであるが、それが、後に次第に転じて夫々の特色を以って、今は全国各地で行われている。  

   しかし、この祭囃子に関する古記録は、ほとんど見えず、江戸の祭囃子についても確たる文献は残っていない。 江戸の祭囃子は、民族芸術の研究家、小寺融吉の説によると、「享保の頃(1716−1735),武蔵国葛西金町村の鎮守香取明神(現在、葛西神社)の神職能勢環が、村内の若者を集めて、和歌囃子(わかばやし)と称する一種の囃子を教えたが、それが発達して葛西囃子(かさいばやし)となった。 その後、葛飾の代官伊奈半左衛門が農村青年の娯楽として、葛西囃子を大いに奨励し、そして宝暦12年(1762)より、江戸麹町の日枝神社の山王祭および、神田明神の祭礼に葛西囃子を出演させるなどして保護した。  

   それ以来、にわかに葛西囃子が有名になり、江戸近郊の農民たちがそれを覚えて祭礼以外の折にも、専ら和歌囃子を楽しんだので、広く世間に流行して今に及んでいる」と言うことである。 葛西囃子は、笛が1人、大太鼓(大胴)が1人、〆太鼓(小太鼓)が2人、鉦(よすけ)が1人で囃したて、曲目は、馬鹿囃子(ニンバ)・ライジョ・テコメン舞・狐ばやし・鎌倉・越後などで、歌詞はなく、囃子だけで、踊は曲目によって行われる。

   一説では、馬鹿囃子は嘉永初年(1848−9)までは、鍔江流(つばえりゅう)と称し、お囃子・正伝(聖天、正夫、正殿、昇殿)・鎌倉・神田丸・四丁目の五拍子を綴打にして、これを五囃子と称していたという。 葛西囃子は、また葛飾囃子(かつしかばやし)とも呼ばれており、この囃子より「神田囃子、目黒囃子、その他、何々流と称する江戸の祭囃子が派生した」。

    「関東の祭囃子」について、文化財保護審議会専門委員、早稲田大学教授本田安次先生に伺うと、「祭囃子を、関東では神楽囃子・神田囃子等ともいい、大小太鼓・笛・鉦で囃し、屋台・鎌倉国堅め・四丁目・子守唄・いんば(にんば)・正伝聖天、正夫、正殿、昇殿・神田丸・玉打・車切(しゃぎり)等の曲があり、これ等に、獅子・天狐・狸・塩吹・おかめ・大笑(おおわらい)等の神楽舞もつき、別に古曲静物として、キリン・亀井戸・諧殿・祭・羯鼓などもある」と述べられた。

    東大和市の近傍の土地には、前述の葛飾囃子(葛西囃子)・神田囃子の系統とは異ったものといわれた「十松流(重松流一じゅうまりゅう)・鈴木流」の二つの祭囃子がある。 十松流(重松流一じゅうまりゅう)は 十松囃子(じゅうまばやし)と呼ばれた祭囃子で、江戸末期の安政年間(1854−1860)に、武蔵国入間郡所沢(現在、所沢市)槇野宿の古谷重松が、江戸の深川囃子(下町囃子)と葛西囃子を基として独自の旋律を考案したものだと言う。 曲目は、居囃子(屋台囃子)・にんば・仕丁舞(四丁目)・鎌倉・しほうでん(昇殿)・国固めの五つであり、地があって変化部分をからませる(からみ)、一の切から四の切(きり)まであって「からみ」をそれぞれの「きり」のあとに添える。

    しほうでん(昇殿)・鎌倉・国固め(くにがため)の三曲を静物(しずもの)と呼び、各曲目には仮面による踊りが付く。 「にんば」には「おかめ」、仕丁舞(四丁目)には「ひょっとこ」、鎌倉には「きつね」、あるいは獅子などが付くのである。 十松囃子(じゅうまばやし)の系統は、一説には、目黒囃子の系統であるともいわれるが、明らかでない。 鈴木流は、天保年間(1830−1843)に、武蔵国多摩郡小金井村の貫井の住人鈴木三郎右衛門が仲間数名と共に、現在の千歳船橋に住む軍事師より囃子の奥義を伝授されて創案した祭囃子であると伝えられ、貫井囃子とも呼ばれている。 十松流(重松流)・鈴木流は、両者共に、在来の江戸の祭囃子と較べると、囃し方や出し物の所作において、多少の違いがあるが、総体的な内容は余り差異がないので、いずれも、その源流は葛飾囃子(葛西囃子)・神田囃子であろう。

    東大和市内では、もとは狭山地区と清水地区の一部の宅部に、鈴木流の囃子があり、高木地区には十松流(重松流)の囃子があったが、今では、それ等の祭囃子は絶えている。 しかし、現在の東大和市清水地区には、「清水囃子(しみずばやし)」と称する祭囃子がある。 この祭囃子は、幕末頃に武蔵国多摩郡高円寺村の住人で宮大工の半次郎という者が、同郡清水村の村民たちの要望によって高円寺村付近の祭囃子を伝えたのであった。

    それ故、清水村の人々は、その囃子を「高円寺流」と呼んだ。 本田安次先生が、昭和48年(1973)に杉並区教育委員会の委託によって杉並区内の祭囃子を調査せられたが、その時の記録には、「高円寺の囃子」については何も記載がない。 杉並区内の祭囃子で、幕末頃からあったと伝えられた囃子は、「阿佐谷囃子・大宮前の囃子・荻窪囃子・井草囃子」などである。 阿佐谷囃子は、幕末の頃に、世田谷の船橋から阿佐谷村に伝わって村民の唯一の娯楽となり、青少年の不良化防止の手段として奨励せられ、やがて、付近の馬橋・中野・天沼・鷺宮・貫井・荻窪、遠くは所沢、青梅方面の所村にも広まって、それぞれの祭りの夜を賑やかにしたということである。

    この囃子は大太鼓(大胴)が1人、〆太鼓(小太鼓)が2人、笛が1人、鉦(よすけ)が1人の5人で囃したて、時には拍子木をつけることもあり、「打ち込み・屋台・鎌倉・四丁目・屋台」の順に囃したて、出し物には「馬鹿面踊り(ニンバを踊るという)」があって、これを「縁起の舞」とも称し、獅子舞、大黒舞、「おかめ・ひょっとこ」を演じる。 大宮前の囃子は、安政3年(1856)頃に、下高井戸村の齋藤近太夫(本名は確性、下高井戸村八幡神社宮司齋藤和夫氏の4代前の人)が伝えたといわれ、5人囃子、早間(はやま)で、葛飾囃子(葛西囃子)の系統という。 荻窪囃子は阿佐谷囃子の流派といわれるが、何時頃に伝えられたのか、よく判らない。 井草囃子は嘉永年間(1848−1853)に阿佐谷村より伝えられた中間流であり、この囃子は後に石神井、天沼、荻窪、吉祥寺などに広まったようである。

   今の高円寺の氷川神社の例祭には、上高井戸の齋藤卯一氏が囃子連をつれてきて祭囃子を演奏しているが、その囃子は「大宮前の囃子」であって、高円寺の伝来の祭囃子ではない。 以上の通り、高円寺には、これまでに独自の祭囃子はなかった。 然るに清水囃子を何故に「高円寺流」と称したのか。 その由来を案ずるに、清水村(現在、東大和市清水地区)の農民の有志たちに祭り囃子を伝授した半次郎が、高円寺村の住人であったから、囃子を伝授した者の在所に因んで清水村民が、その囃子を「高円寺流」と呼んだのであろう。

    半次郎が清水村の村民に伝授した祭囃子は、阿佐谷囃子と同じく、大太鼓(大胴)1人、〆太鼓(小太鼓)が2人、笛が1人、鉦(よすけ)が1人の5人囃子であって、時に拍子木をつけることがある。しかし、囃子の順は、阿佐谷囃子とは異なり、清水囃子では、「さんば、居囃子(いばやし)にんば(しちょうめ)、国かため、鎌倉(かまくら)」の順に囃される。 阿佐谷囃子は「中間(ちゅうま)」であるが、清水囃子は中間(ちゅうま)の外に、一部に「早間(はやま)」(皮違いあり)が入る。 出し物には、馬鹿面踊り、獅子舞、天狐などがある。 清水囃子についての詳しいことは後述するが、要するに清水囃子は、阿佐谷囃子を主とし、大宮前の囃子の一部を折衷した囃子であって、その系統は杉並の阿佐谷囃子の分脈に属する祭囃子であると見られる。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。