わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子に関連すること




一、清水にあったもうひとつの囃子


 

  江戸時代の末から村山貯水池(多摩湖)ができるまで、清水地区は志木街道に沿った集落と湖底になった集落と峰をはさんで2つにわかれており、湖底の集落には鈴木流の囃子があったと伝えられています。
    伝わった年代はわかりませんが、町谷(所沢市)から伝ヘられたといわれています。
    私も少し習ったが、明治の終り、多摩湖ができる頃にはすでに演奏する人はいなかった(原 仁三郎さんの話) 伝承の話の中で、清水囃子は鈴木流という話はこちらの囃子のこととおもわれます。

二、東大和おはやしクラブの結成


  東大和には、清水囃子の演奏団体として、清水囃子連のほかに、東大和おはやしクラブがあります。おはやしクラブは、かなりの数の人が、清水囃子連に参加していますので、 清水囃子連や清水囃子保存会の依頼による演奏には、一緒に参加しています。 
    おはやしクラブは、1980年頃に、わたし(原)が清水囃子連のメンバーの協力を得て作ったものです。 1980年頃、東大和第四小学校に赴任してきた、昭島でおはやしをしていた先生が音頭を取って、4小おはやしクラブというクラブ活動がはじまりました。 学校からの依頼によって清水囃子保存会から太鼓を貸し出し、指導は私と担当の先生であたりました。

    そこの生徒の有志が、学校のクラブの週1回の練習の他に練習を希望しており、そうした人の練習の場としてつくりました。小学生が中心の練習になりますので、まずは安心して練習ができる場として、市立狭山公民館の活動として登録をして、まずは練習の場として続けていました。。
    だんだんと子どもたちだけで演奏ができるようになり、広く多くの人にお囃子を知ってもらうことと、公演の機会をつくるために、簡単な囃子道具一式を自費で購入し、公民館まつりや地域の催し等に出演をしました。 

    清水囃子連や清水囃子保存会などとの摩擦もありましたが、囃子連の人数がへって、囃子連だけでは、演奏が難しくなり、お祭り等のイベントにも参加ができるようになってゆきます。 囃子連も役員の世代交代があり、今ではわけ隔てなく力を合わせて清水囃子をもりたてています。

    おはやしクラブは、清水囃子の伝統を守りながら、新しい試みもはじめています。 清水囃子には、1970年の養成まで、子どもと女性はいませんでした。 ばかめんや天狐、獅子等の踊りは大人も子どもも同じように踊れますが、おかめの踊りは、大人の男が踊るように作られており、子どもには全くといって合いません。 そこで、子どものおかめの踊りを他所の踊りを参考に作りました。

  これをもとに、大人のおかめの踊りの中にあった「まりつき」と「はねつき」「御化粧」の踊りを子ども用に作りかえました。 重松流の「四丁目」も取り入れるべく練習をしています。 明治のはじめに清水囃子を伝えた久米の囃子連の人達とも交流を持って、清水囃子で演奏しなくなった、宮昇殿、四丁目等も取り入れる努力をしています。

 

三、古い〆太鼓(つけ太鼓)は
      東村山の野口から譲られた


  清水囃子の古い付け太鼓(〆太鼓)には、胴の中に縦書きで、墨で次のように書かれています
     明治廿九年八月吉日
    東京 浅草区 亀岡町
    太皷製造 高橋又左衛門重政
    野口
     北久保吉五郎
    同名 惣八

    墨書きは、野口以下と前とでは書体がちがい、製造者名の後に、購入者の名前を記入したと思われます。 太鼓製造者高橋又左衛門重政は大きな太鼓も作っており著名な人と思われますが、購入した人については調査していません。
     清水囃子連がいつ譲り受けたかは伝わっていません。
     皮の方には次の墨書きがあります。
   第二百参十四號
     大楚撰製
    この墨書きから明治29年には野口に囃子があったことがうかがえます。

四、清水囃子と久米の囃子


  清水の囃子が久米(現在の所沢市久米)に伝えられています。清水囃子を伝えた半次郎が養子に入った家「鎌田姓」の親戚が久米にあり、その縁で久米に囃子を伝えたといわれています。 ただ、半次郎が清水に養子に入ったのは明治2年頃で、囃子の指導はそれ以降と思われます。   久米囃子連に残る道具箱には、「囃子道具箱 安政六未年八月日 入間郡久米村中」の墨書きがあり、半次郎が囃子を伝える以前に囃子があったことがうかがえます。
   この頃は面芝居も盛んに行われたと伝えられており、竹間沢神楽の神楽師と言われる方が2人いて、盛んに神楽を踊っており、面も伝えられていることから、江戸囃子と言われる囃子だけではなかったようです。この頃は鳩峰八幡宮の神楽殿で演奏をしていました。
    久米にはもう一つ、寿々木流という流派の囃子も伝えられており、鈴木流は小平で囃子を習った方が、地元に帰って伝えたといわれています。 現在は2つが合わさった形の演奏なっています。
   笛の旋律(かまくら)や にんばとはやし(屋台)の地(2つの〆太鼓が同じ調子で叩く)の部分は清水囃子と同じです。 詳しくは、甦れ 伝承音楽 伝承庵U「久米の祭と囃子」で検索してください。 その後、久米から金山や北野(いずれも所沢市内)地域に伝えられたと言われていますが、それぞれの地域の現在の囃子は、「習いかえ」と言われている、新たな流派の導入があり、それぞれが独自の発展をしています。
   *安政六未年(あんせい六ひつじどし)1859年。

五、テレスケダイコと夜学


  大和町史の編纂の過程で発行された、「大和町史研究」という本の中に「テレスケダイコと夜学」という、伊藤好一さんの記事があります。 
    狭山の話として、明治20年〜30年にかけて、小学校を卒業して地元で働いている若者の娯楽として、「ハヤシ」の稽古が行われていた。 一方で、こうした娯楽に飽きたらず、もっと多くのことを学びたいという人達が集まって、夜学を始めた。
    「テレスケ」の人達から見ると、この人達は「ナマイキなヤツ」であった。 夜学がはじまると石や土を投げる、履物を隠す等の嫌がらせをしたと書かれています。 このことから、明治の20年代は狭山の囃子は盛んに行われたことがわかります。(この頃囃子はテレスケダイコと呼ばれていた。
   ただ、この文章は、夜学を進めた人の側から書かれています。このころの囃子のメンバーは、多くが長男(将来も地元に残る人達)で構成されており次男、三男が囃子に加入できたか疑問の残るところです。
 

六、明治9年の近郷の祭り囃子


 

   明治9年に、小平市鈴木町にある鈴木稲荷神社に、近郷の「32の囃子連」が手水石を奉納しました。 そのあらましが、石面に刻まれています。その中に狭山村連中、山口村連中、旧町谷村連中、高木村連中、と判読できる名前があります。(小平市石造物調査報告書 小平の石造物 平成5年発行による)。 
   狭山村の囃子は、現在の東大和市域にあり、明治の初めに狭山村に合併した、後ヶ谷村(うしろがやむら)の囃子連とおもわれます。 東大和市狭山の囃子連として、昭和の30年代までありましたが、後継者がなく終わりになりました。(流派は鈴木流)。 
   山口村、旧町谷村、は、埼玉県所沢市域の囃子で、柳瀬川の上流域の村です。流派についてはわかりません。 
   高木村の囃子は、東大和市高木の囃子で、昭和30年代まで囃子がありましたが、後継者がなく終わりになりました。(昭和30年代の流派は重松流ですが、明治9年の流派はわかりませんが、武蔵村山市の祭り囃子(萩赤囃子)の記録の中に、戦後、再建のときに高木の尾崎さんに重松流の指導を受けたという記述がありますので、重松流であった可能性は高いと考えられます。)
   旧町谷村囃子は、町谷村(明治になって近くの村が集まって山口村になります)の囃子で、東大和市の清水囃子の三番叟はここから取り入れました。
     この碑文には、判読できない村の名前があります、この近くの村の囃子連も載っている可能性があります。引き続き調査をします。 
    この神社のある、鈴木町は、江戸時代に、現在の小金井市貫井の鈴木さんが開拓した鈴木新田で、鈴木流の囃子があります。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。