わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子の演奏と言い伝え




一、清水の囃子は、中間(ちゅうま)の囃子です。


   祭り囃子の演奏のテンポには、速く太鼓をたたく「早間(はやま)」とゆっくりたたく「大間(おうま)」、その間の中間があります。 ただ、囃子の曲目の中には、早いところ、ゆっくりのところがあり、そういう気持ちで演奏するくらいの意味です。


二、はやしの楽器


笛(1)
〆太鼓(しめだいこ) (2)
大太鼓(1)
鉦(1)
拍子木(1)
撥(ばち 太鼓をたた棒)は、〆太鼓、大太鼓は、それぞれ木の撥を使い、
三番叟の時は竹の撥を使う

通称名 (すべての人が呼んでいるわけではありません)
笛     ヤグラジノ、 トンビ(ピーヒョロと鳴るから)
〆太鼓  ツケ
大太鼓  大皮と書いて「おおか」とよぶ
鉦     スリガネ 擦る(する)ようにして鳴らす
拍子木  木
  三番叟の烏帽子(えぼし)は兜(かぶと)とよぶ


   

三、はやしの演奏


   祭囃子の演奏は、笛と〆太鼓が中心で、鉦や大太鼓は時々いれる。 はやし(屋台囃子)の時は拍子木は叩かない。 にんばは、「おかめ」が踊る時はゆっくり演奏する。
   演奏は、始めに三番叟を踊るときは、三番叟の曲をを演奏し、その後、あらためて、〆太鼓のはやしの「打ちこみ」ではじまる。(通常は獅子を踊る)原則として、踊りに合わせて演奏する。
   曲目の変更は、笛の「切り」の合図により行う、演奏者の交替は、はやし(屋台)の時は地(じ)の部分で交替し、その他は随時行うが、〆太鼓は1人づつ交替する。
   鉦 拍子木は、大太鼓のリズムにあわせる。
   演奏者は、長い間、半纏だけを揃えていましたが、今ではそのほかの衣装も揃えるようにしている。
   〆太鼓は、使わないときはボルトをゆるめておき、演奏のときに締める。 〆太鼓が紐で締めていた頃の話として、〆太鼓は笛の音より遠くに届く、力いっぱいたたけといわれている。
   昭和の1ケタ生まれの人達は、農家の人が多く、力がある時代の話たと思われるが、ボルト締めが普及して、簡単に皮を強く張ることができるようになり、その必要がなくなったが、いまでも張りは近郷の囃子連より緩い(音が低い)。

四、道具 (太鼓 面 衣装)


   面は、三番叟、獅子、天狐、 おかめ、ばか面(だるま、ひよっとこなど、) 木の面と張り子の面がある。踊りの衣装は、ひととうり揃っているが、古いものはあまり残っていない。
大太鼓は、1つあり、張替ている。
〆太鼓は、3組あり、1組は別に書いたように、東村山の野口から譲り受けている。 その後、皮のみ買い替えている。
 2つ目は、1975年頃に購入、 3っ目は2000年頃の購入している。
   現在は、ボルトで締めているが、1948年頃に囃子連に参加した人の話によると、その頃は、〆太鼓は、紐で締めていたと話しているので、ボルト締めはその後である。  紐で太鼓を締めるのは大変で、立木に紐の片方を縛り、みんなで引っ張って締めたという。
    太鼓の張替や、用具の新調は、浅草の宮本卯之助商店で購入していたが、現在では、インターネット等を利用してさまざまな所から購入している。
 

五、踊 り


   はじめに三番奏(通称さんばと呼んでいる)をおどり、都合の悪い時は「しし」で真ん中、左、右を清めてから始める。以降は公演の前にきめる。

    三番叟。
   三番叟は「三番叟」の曲で踊る。 踊り手は、裃(かみしも)を着て面をつけ、兜を冠り白い足袋を履く、一番はじめに踊る。 演奏が始まる前に舞台に平伏しており、演奏が始まると、榊の枝に注蓮(シメ)をつけたものを持って,場を清め、その後、神楽鈴と扇子を持って踊り、後半は裃の肩衣(上衣)を持って踊る。
    最後は三方にお辞儀をして退く。 古い衣装の上衣にはツルの摸様があり、兜は白と黒の横縞の模様に赤い丸がかかれている。 舞踊の三番叟に比べて、昔風の感じがする。。

   獅子。
   鯉口のシャツに黒の股引で黒い足袋をはき、獅子頭を被って踊る。 獅子狂いという立って踊るおどりと、寝獅子とがある。  獅子狂いは「はやし(屋台)」の曲でおどる。 寝獅子は、「かまくら」の曲を使う。
   寝獅子の所作は、 獅子が昼寝をしている、時々あくびをしたり、耳を動かしたり、自分の足をかんだりしていると、 チョウチョウが飛んできて邪魔をする、 それを追い払う仕草をし、最後は起き上がって獅子狂いに移る。

    天狐。
    天狐は、「はやし(屋台」の曲で踊る。 踊り手は、狐面に天狐用の髪の毛を着け、白い上下の専用の衣装を着る。 手には、三番叟で使った榊を2本持って踊る。 「はやし(屋台)」の曲と合わせて、踊りの所作が決まっている。 口を開け閉めする所作もある、面の構造上、踊り手は、通常口を開いており、面が口をあける時は、口を閉じる。

    おかめ。
    おかめは「にんば」の曲でおどる。 踊り手は、おかめ面におかめ用の髪の毛をつけ、白い鉢巻をする。袂の長い着物を着てだらりの帯を着け、白い足袋を履く、赤い丸のついた扇子を帯に挟んでおき、踊りの小道具としてつかう。 。
    おかめの子もり、お化粧、まりつき等の所作の時は、「かまくら、こもりうた、かぞえうた」等をおかめの指図に従って演奏する。 おかめは、足で床を「どんどん」と二回踏んで合図をし、笛は曲目をかえる。 「まりとり」という道化芝居の時は、進行にしたがって曲をかえてゆく。

    ばかめん。
   ばかめんは「にんば」の曲でおどる。 ばかめんとは、道化面を付けて踊る総称で、ヒョットコ、だるま等の面を着け、赤や青、黄色等の頭巾をかぶり、ばかめん用の衣装を着る。
    小道具に赤まるのついた扇子や手ぬぐいを使うこともある。 昔は面によって、踊りの所作を変えた人もいたようですが、今は面によって踊りを変えることは無い。

   まりとり 。
   おかめが、子守りをし、子どもを寝かし、寝ている間に、化粧をした後、まりつきをしている。 そこへばかめんがでてきて、まりを取り上げてしまう。 おかめは何度か返してくれるようお願いの仕草をするが、ばかめんはうんとはいわない。。
    そこで、おかめは子どものお守をさせるからまりを返してくれとたのむ。 おかめはまりを返してもらい、子どもをばかめんに背負わせて、しゃん、しゃん、しゃんと手を打って、2人仲良く踊りながら帰ってゆく。 仲の良い夫婦を表現したものではないかとおもわれます。

    狐に化かされた村人。(面芝居という)
   ばかめんが2人で、畑で仕事をしていると、狐がでてきて2人を化かすという芝居。 大正から昭和にかけて演じられたそうです。 農村だった頃は、話の内容は理解されたでしょうが、現在では解説が無いとわからないと思われます。今は演じられていません。
   当時の演者の話によると、面をかぶっての会話は、良く聞こえないが、その分は所作で演じたということです。 登場人物の名前はサイコロの目からつけたということです。 内容は次のとうりです。

   ところ 早春の麦畑
 出 演 農家の作男  四の浦のさん太
         同   六の浦のぴん太
      白ぎつね  一匹

早春の日暮は早い、畑で一心に麦をふむさん太、そこへぴん太が通りかかる。
ぴん太 あれ、誰かと思えば、さん太じやねえかや
さん太 そういうおまえは、ぴん太じゃねえか
ぴん太 もう日もまもねえようだなあ
さん太 そうだけんど、これをふんじまあなきゃならねえ
ぴん太 そんじゃ、おれもてつだあべえ

 2人は熱心に麦をふむ、きつね、おはやしにのって登場。 そっとぼたもち(実は馬のぼろ−ふん−)をおいて、ものかげにかくれる。

ぴん太 ところでよ、だいぶはかもいったし腰も痛くなったなあ
さん太 そうだなあ、はかもいったし、ひと休みすべえ
ぴん太 あれ、こんなところに、ぼたもちがあらあ。ひとつもらって食うべえ
さん太 このぼたもちはうめえな
ぴん太 ところでなんだか、くせえようだなあ
さん太 腹もいっぺえになったし、一服つけべえ

2人はキセルを出し、たばこに火をつける(たばこを喫うと正気にもどるという)。

ぴん太 たばこはうめえなあ
さん太 こりゃぼたもちじゃねえ、馬のぼろじゃねえか
ぴん太 くせえわけだなあ
さん太 あれ、もうまっくらだ、夜があけるんじゃなかんべえか
ぴん太 長げえこときつねにばかされたなあ
さん太 東の空が白んできたぜ
ぴん太 早くけえるべえ


   女性と子どもの踊り。
   1974年の養成まで子どもと女性はいませんでした。 獅子、天孤、ばかめんは大人の踊りをそのまま取り入れましたが おかめの踊りは、大人の男が踊るように出来ており、そのまま子供が踊るには無理があり、一部、荒幡囃子連の踊りをとりいれています。

   女性が踊る三番叟について
   2014年 春から女性の三番叟の練習をはじめました  しばらくは、従来の三番叟のおどりを使い、衣装については、女性にふさわしい衣装を考えています。公式の場に出すまでは少し時間がかかります。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。