わが故郷 東大和

東京都東大和市





清水囃子・歴史と活動



清水囃子のあらまし




一、清水囃子 現在の活動


   江戸時代の末期に伝えられて以来、何回かの養成を行い、比較的古い形が残っている囃子の感じがします。 多くのところがそうであるように、大人の男性(主として長男)が囃子を習い次の世代に伝えると言う形で100年続いてきた囃子も、1972年頃の養成から、性別、年齢に関わらず参加者を募り現在に至っています。 
   清水囃子の演奏する団体には、伝承に責任を負っている「清水囃子連」と、清水囃子を演奏しながら、他の流派の曲目や踊りも取り入れて活動する「東大和おはやしクラブ」があります。 
   清水囃子連の約束として、構成員については20歳以上で清水地区に居住する人ということになっていますが、清水囃子の練習や演奏、懇親会などには、誰でも参加できることにして、転居した人や、清水以外の居住者も参加できるように門戸をひらいています。
   公演は祭だけでなく、市の福祉祭等の行事や、保育園、老人ホームなどの行事にも出演しています。
   2015年より、会計が清水囃子保存会に移りましたので、構成員については、年齢、性別、居住地などの条件はなくなりました。

二、清水囃子はどこから伝わったか


   江戸時代末の頃、この地域(東大和)も江戸の食料や燃料等の供給地として、一定の経済力もできていました。又、往来も盛んになり、若者が江戸で流行している祭り囃子を習ってみようと、地元の有力者で江戸に所用で出かける弥五右衛門(のち野口姓)に伝授してくれる人を探してほしいとたのみました。 
   幸い高円寺村(現在の杉並区高円寺)の料亭(あるいは料理屋)「しらがき」というところの料理番をしていた半次郎という人が、祭り囃子の名手である事を聞き、早速伝授を頼んだところ快く引き受けてくれました。 しばらくは通いで教えていましたが、やがて弥五右衛門宅に逗留して祭り囃子を完成させました。
   その後、縁あって清水地区の家(のちの鎌田姓)の養子となり引きつづき祭り囃子の中心となりました。 半次郎の居住していた高円寺の名をとって清水囃子の流派を高円寺流と呼んでいます。(ここまでは東大和市の発行している清水囃子概要報告書にも記述されています) 
   半次郎は、宮大工でもあり、弥五右衛門宅にお世話になったお礼として、屋敷神として祀ってあった熊野権現(神社)の御宮と、稽古場を提供してくれた五十嵐家、養子に入った鎌田家の屋敷神の御宮を作っています。
   また、半次郎は久米村(または吾妻村久米 現所沢市)にも祭り囃子を伝えています。

三、清水囃子は、「高円寺流」といわれています


   清水囃子が高円寺に居住する半次郎が伝えたことから、高円寺流と称しています。 しかし、半次郎が高円寺に住んでいたことと、囃子の名手であったこと以外には伝えられていることはありません。
   半次郎は、囃子を伝えるだけでなく、自らも清水地区に居を移し引き続き囃子の中心になって生涯を送っています。 当人は当然のこととして、自分が習い覚えた囃子の流派を知っていたでしょう、それをあえて高円寺流と名前をつけたのは、高円寺付近のさまざまな囃子を体験してそれを自分流に作りかえたとも推測できます。

    2014年になって、某囃子連が、高円寺流を名乗っています。(文書も出回っているようです)このことを、ブログに載せている方がいますが、清水囃子の高円寺流とは別の流派です。
    清水囃子連は、近年、よそに囃子を教えたことはありません。
     もとより、どの囃子連がどういう流派を名乗るかは、自由ですし、囃子の演奏にかかわりないことですので、事実関係だけをのべます。
     ただ、新高円寺流とか、地名をとって、○○流などと名乗っていただければ無用な混乱が防げるのですが、いかがでしょうか。


四、清水囃子 後継者の養成


   清水囃子は、明治以降3回(1879年、1912年、1930年、)後継者の養成をしてきましたが、太平洋戦争が激しくなるに従って演奏されなくなります。 戦後(1945年)、囃子が再び演奏されることになりましたが、小太鼓(〆太鼓、つけ太鼓)を叩ける人が2人となり、復活をかけて、1953年に後継者の養成に取り組み、その人たちが戦後の囃子を支えてきました。
   その後、東大和市の文化財指定を受けて、保存会ができ、1974年と1980年に養成をしています。 私が参加した、1974年の練習には、長老の池谷豊一さんも指導に来られています。 この養成の中心になっていたのは、原 初雄さんで、太鼓の指導を原初雄さん、堀内博さん、原利三郎さん、笛は原欣平さん、踊りは、緑川勝さん、池谷豊一さん、内田義一さんが主に担当しました。
   1980年は、主に太鼓の人の養成をしました。 それ以降は10年ごとに養成を行い、2008年頃からは常時練習を兼ねて養成をしています。

五、東大和市文化財「技芸」に指定


   1974年(昭和49年)、東大和市文化財保護条例にもとずいて、市が清水囃子の調査を行い「清水囃子調査概要報告書」にまとめ、「工芸技術、郷土芸能その他無形の文化的所産で、伝統を有し、かつ、技法上価値の高いもの」と評価され、市の文化財(技芸)に指定されました。 これに先立って、清水囃子保存会という組織も出来ました。

六、山車(だし)について

 

   清水の山車については、墨書きなどの記録はありません。 現在残っているのは舞台の部分のみで、台車にあたる部分は滅失し、二輪か四輪かもわかっていません。 構造としては、狭山にある山車とほぼ同じで、舞台と欄干の部分以外は組み立てで、 屋根にあたる部分は、盛留を建てる柱が立つようになっていますが、床には柱を立てる穴等はありません。
   彫刻はありません。 清水囃子連の五十嵐清重さんの話によると、明治のはじめのころ、雨が降らない日が続き、鎮守の熊野権現の境内で「雨乞い」を何回かやったが雨は降らなかった。 そこで山車を作り、亀の盛留をのせてお祭りでもやればと言う話になったと言う。
   山車は、地元の日橋太一さんのおじいさんが大工でこの方が作った。 盛留は出来ないままおわている。  それからは、山車を引く度に雨が降るので、引かれなくなったとそうです。 明治から大正、昭和にかけての記録も伝承も無いので、本当に山車が引かれたかは判明しませんが、 清水神社のの祭の聞き書き(東大和市史、別冊)の中で、他所からは、清水の祭は「とっくり祭り」と言われており、神社の関係者が酒を飲むだけの祭りだったそうで、山車も引かれないまま置かれたと想像されます。 やがて戦争が激しくなり祭りもできず、山車も引かれなくなり、車輪は腐り使えなくなりました。
   その後、町制施行(1954年 昭和29年)の御祝があり、祝賀のパレード(町内巡行)の為に、壊れた台車と車輪をはずし、森田憲太郎さんの持っていた「牛車」(荷車)に乗せ換えて、現在に至っています。 
   牛が引くのではなく人が引くので牛の入るところは小さくしてあるそうです。 もらいうける時には「木やり」を唄って引いてきたといいます。
   その後、祭りや、よその催しに出演するときにも使われています。 小平市にあった東京都の身体障がい者の訓練施設(補導所とよんでいました)などにも江戸街道を引いて行ったという話でした。 現在は、引ける状態ではありません、祭りのときに、居囃子に使用しています。

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。