わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



161〜175




161 『歩き』のすすめ


            

2008・07


   最近『メタボ』というのをよく聞く。メタボリック・シンドローム(代謝症候群)のことで、糖尿病・通風・高脂血症・肥満など代謝障害による病気の総称だ。メタボの予防には日頃の食生活と運動、それに睡眠が大事と言われる。
   生活習慣病とも呼ばれる所以である。 運動にもいろいろあるが、一番手軽にできるのが『歩き』だ。 『なかなか最初の一歩が踏み出せなくって』という嘆きもあるが、大抵は時間がないからだという。まず歩く時間と場所の確保から始めよう。
   悪天候の日はお休みにするとして、一応毎日歩くことを原則にしたい。自分に合った無理のない時間帯を見つけ、確保したいものだ。 歩く場所は、狭山丘陵や空掘川河畔なら遊歩道があるし、多摩湖の周囲には周回道路がある。 こんな好環境を活用しない手はない。 
   『歩き』は実に愉しい。遊歩道を『逍遥』したり、『散歩』したりしながら詩想を練ったり、犬の散歩をさせたり、連れと談笑したり、山野草を愛でたり・・・できる。 また『ウォーキング』、『スポーツ・ウォーキング』、『競歩』などとスポーツとしても楽しめる。 自分に合った歩き方を選びたいものだ。  
   最初は1キロから始めよう。家から500米、行って帰ってくれば1キロになる。 『百里の道も一歩から』だ。さぁ、今日から最初の一歩を踏み出そう。 (湖畔・S)

162 子どもが自由に遊ぶ
                      「七森プレイパーク」 


2008・08

七森パーク

   子どもが自由に遊べる広場として、「七森プレイパーク」が開かれています。 この広場は七小の南、空掘川に沿った子ども広場で、大きな「コナラ」のある雑木林です。 私が訪れた時には、父母の人達が準備をしていました。
   子ども達は綱わたりをしたり、カブト虫探しをしたり・・・。また、お昼の準備で「たき火」をしていました。 私も子どもと一緒に、「カブト虫」探しをしてみました。 子どもが一匹、私が一匹見つけました。 「ここにいるよ」と子どもに教えて、「しまった」と思いました。 子どもにとって「発見」することが大切なのだ、見つけられなければそれも経験、大人は「成果」を問題にし過ぎるようです。 
   大人にとって「何のため」と思うことも、子どもにとっては楽しい遊びでもあります。 大人が静かに見守ることによって、子どもは体験を通して、成長していくのでしょう。 午後からは、もっとたくさん来るということで、お菓子も用意していました。 今は、月に一回開かれているということ、長く続いていくことを、願っています。 (清水・H)

163 ヤマユリの咲く駅に、かげの努力が


          

2008・09


武蔵大和のヤマユリ

   都内から電車に乗り、武蔵大和駅に着くと、緑が多く心がなごむ、多くの人がそんな思いをもっています。 今年の七月はヤマユリがたくさん咲きました。 かってはヤマユリの群生が見られた駅でしたが、草刈りの時期が変わってユリも見られなくなりました。
   ヤマユリの群生を見て住居を決めたSさんが、数年前より西武鉄道と交渉をし、一昨年から、冬に草を刈ってもらうことになり、昨年より花が見られるようになりました。今年の七月には五割増しのユリが咲いたという便りがありました。 
   ユリは、自然の条件がととのわないと咲きません。 Sさんのかげの努力が実りつつあります。 どこに咲いている? ホームの西武遊園地方向の土手に咲いています。 これからは、秋の花が咲きます。 花を愛し、自然を愛するSさんを思いながら見ると、いっそうきれいにみえるでしょう。 (清水・H)

164 富士山の見える街 東大和
                     (空掘川通信5)


          

2009・01


   空掘川は、いま定住の鳥たちに、渡ってきた水鳥たちが加わって、散歩する人たちの目を楽しませている。 街のカメラマンにとっては、格好の撮影スポットにもなっている。 撮影スポットといえば今年の冬は富士山にカメラを向けるひとも多く見られた。 
   乾燥した晴れの日が続いたこの冬、清水大橋から清水橋辺りにかけての空掘川の上に見える堂々とした富士の姿に感嘆の声を上げる人も多い。 朝日が昇る直前のピンクに染まった富士と、夕暮れ、オレンジ色の空をバックにくっきりと立つシルエットの富士はことに見事だ。 
   東大和でも高層の住宅では富士の見える所がたくさんあるけれど、街なかの道路から、こんなに見事な富士が見られる場所は東京でも少ないのではなかろうか。 富士山の見える街東大和が、いつまでも富士山の見える街でありつづけてほしいものである。 (清水・三)

165 見た! モズのはやにえ(速贄)


          

2009・02


モズのはやにえ

   わが家の南側の木には、メジロ、ウグイス、シジュウカラなど年間を通して、いろいろな鳥がやって来て目を楽しませてくれる。   秋の終わり頃のお客様は一羽のモズである。 いつも朝七時頃、カエデの木の決まった枝に止まる、まるで指定席のよう。
   窓の内からそっと(お早よう)と挨拶するのが楽しみである。 十一月の末のこと、モズが長さ五〜六センチほどのハヤをくわえて来て、小枝に上手に刺しているではないか。 朝食前のわが家全員に緊急集合命令。 そっと見守った。 
   「モズのはやにえだ!ケータイ、ケータイ!」家内が押し殺した声で小さく叫んだ。それから・・。モズは二〜三回やって来たが、中々食べない。 からからにひからびて食べ頃になったのにな−。 
   しばらく姿を見せないが、ハヤを刺したことを忘れてしまったのだろうか。 ところが、年が明けて一月の初め頃、ムク鳥がやって来て、モズが刺していたハヤをくわえて持ち去ってしまったのだ。 何んとれ礼儀知らずな・・。 モズは自分の大事な物を盗まれたような気がしたのだろうか。 この頃はほとんど姿を見せない。   「秋になったら、またおいで」 (狭山・N)

166 斜面いっぱいに咲く カタクリの花


          

2009・05


野山北のカタクリ

   3月23日、カタクリの花を見に行こう、武蔵大和駅に集合し、三時間かけて、武蔵村山市の野山北公園まで歩きました。 たっちゃん池から貯水池へ、村山貯水池付近は堤防補強工事が完成近く、突貫工事が進められており、騒音でゆっくり景色を見ているどころではありませんでした。 円乗院から東大和公園へ。 
   タンポポやスミレが咲き、小鳥も現れ、ゆっくりと楽しんで歩きました。 湖畔ビオトープと.二つ池の、東大和の二つの湧水を見て回りました。 それから狭山緑地に入り、カタクリの花もいっぱい咲いていて、とてもきれいでした。 木道の階段を上り下りしながら歩きました。
   途中ちょつと外れて、サンショウウオの卵を産むところに行きましたが、サンショウウオの卵よりカエルの卵が多かった感じです。 
   貯水池周回道路を武蔵村山市の野山北公園へ、池があり、釣りをしている人、ミズバショウも咲いていました。左手斜面にカタクリの花が、赤紫色で斜面がうまっているように見えました。(奈良橋・S)

167 ぐるっと360度
                     快晴の展望に大満足


          

2009・12


   年金者組合の秋山行に参加した。 10月19日、大型バスで市役所を七時出発、総勢四十二人。 甲府を過ぎたあたりで山楽会の役員さんの声、「左手を見てください。あれが鳳凰三山、その先が甲斐駒・・、右手を見てください、あれが八ケ岳、その先が蓼科・・、富士見駅を過ぎて左に曲がり、程なく入笠山下のゴンドラ駅に到着。
   八人乗りのゴンドラに分乗し、十分の空中散歩を楽しむ。 後方正面の八ケ岳連峰、その下に広がる富士見の山村がすばらしいパノラマだ。 頂上駅から十五分位歩いて入笠湿原。 ここはスズランなど高山植物の宝庫だとのこと。 今日は秋深しという茶色っぽい風景であった。 御所平駐車場から山道となる。三〜四十分で頂上へ(1955m)。
   明るい裸地でかなり広い、頂上へ着いたとたん「ワ−ッ」というあちこちからの歓声。 北、中央、南アルプス・・、360度の息をのむような大展望、疲れも寒さも忘れての一時であった。 昼食、熱いコ−ヒ−のおいしかったこと。 
   帰路、ゆ−とろん水神の温泉で、汗を流したり、ビ−ルでのどをうるおしたり・・。 スズランの季節にきっとまた訪ねよう。 満ち足りた気分で、十九時頃、市役所に帰ってきました。 (高木・中)

168 なくしたい 空掘川のごみ
                     (空掘川通信6)


          

2010・01


空堀川

   元旦、空掘川の上には、真っ青な空を背景に、雪をいただいた富士山が堂々とした姿を見せていました。 寒さにも負けず川辺には朝早くから散歩する人たちの姿も見られました。 空掘川は、いま市民の大事な憩いの場所となっています。 
   この空掘川をきれいな川に保とうという努力が「空掘川を考える会」の呼びかけに応え、清掃にはいつも数十人の人たちが参加し、川の上流にある森永工場の労働者も休み返上で加わっています。 
   捨てられたごみには、お菓子の袋からごみの詰まったビニ−ル袋までいろいろあります。 ときには、なんと自転車まで。今年も元旦から橋の下にはいくつかの新しいごみが投げ捨てられていました。 
   心ないい人のごみの投げ捨てはすぐにはなくならないでしょうけれど、「拾う人」が多くなれば、その心はきっと「捨てる人」にも届くはずです。届いてほしいと願います。 (清水・三)

169 ぶらり、サイクリング
                     春を待つ多摩湖


          

2010・02


多摩湖

   2月14日、自転車でぶらり。 青年の家の跡の駐車場は満杯、あふれた車が交番前の道路に数台、今日は日曜日でお巡りさんも大目?ここ数日寒かったが今日は暖かだ、人出も多い。
   明るい陽ざしに湖面がきらきらと光っている。 散歩、サイクリング、ロ−ラ−スケ−ト、ジョガ−、老若・・。 自転車を降り、たっちゃん池、東村山方面、湖水をぐるっと見回し、深呼吸。 堤防の上は広く歩きやすきなり、椅子もところどころに、土手の下の散歩道も整備され、斜面の上下する階段もりっぱなものができた。
   遊園地らしくなったものである、遊園地、ゴルフ場を右に見ながら、西武球場方面へペダルをこぐ。 中の堤防を渡る前に一息入れて、さっき通ってきた下の堤防を眺める。 近くの桜の枝先に、かすかに赤みがかった小さな花芽がいっぱい。 「あと少し,がんばれよ、4月になったらまた会おう」 郷土博物館の方へ向かって、るんるん気分になって自転車を進めたことであった。(高木・N) 

170 桜とイチョウを惜しむ武蔵大和駅
                     桜のトンネルは見納め


          

2010・04


武蔵大和のサクラ

   武蔵大和駅のバリアフリ−化が進んでいます。 長い間親しんでいる駅の様子が大きく変わるようです。 駅を降りると桜並木があり川が流れ、イチョウの大木が・・。 こうした風景を愛する人は多い。 
   イチョウはご大典記念と言うから昭和3(1928)年近くに植えられて、もう82年になる。 桜は駅が出来た時、昭和11年(1936)一緒に植えられたなら74年になる。 正直言って惜しい。
    高齢者や障害者が大切にされる社会は誰にとっても住みやすい社会。多少我慢しなければ。 駅の景観は大きく変わるが桜は残してくれるようだ。 
   イチョウと川はまもなく跡形もなく無くなる。 今年が見納めになるのだろうか。 (清水・H)

171 懐かしい人に会える秋まつり


          

2010・10


鹿島神社の祭

   久しぷりに地域の秋まつりを見物して歩きました。 11日は宵宮、高木神社では、三頭獅子舞が行われていました。 厄病退散を願って舞われる東大和でもっとも古い芸能で、篝火のあかりで舞われる踊りは、華やかさはないが、力強さが感じられました。
   芋窪の鹿島神社では、宮神輿が市内を巡行して、お旅所へ入るところでした。お囃子が鳴り、獅子が踊るなか、元気な掛け声で進む、まさにお祭り、神輿の出る祭りは、ここしか無くなりました。 狭山神社では、奉納踊りでにぎわっていました。
   まつりは地域のみんなが集う、子どもの頃から、ちよつと前まで、沢山の友達に会えるのもまつりのいいところ、入院したと聞いて心配していた中学の同級生が元気で踊っているのに出会い一安心。
   開催する人は苦労が多いと思いますが、長く続けてほしいものです。(清水・H)

172 多摩湖梨 ことしは 「味よし」


          

2010・11


東大和のなし

   ことしは猛暑で、米や柿の味が落ちるとか、多摩湖梨は? 元組合長の宮崎園を訪ねてみました。 「味もいいし、売れ行きも、昨年よりいいですよ。」と、明るい返事。 
   ここらあたり(東村山、東大和、武蔵村山)で梨作りが始まったのは昭和28年頃でした。多摩川梨(稲城辺りが中心)をお手本にしたとのこと、多摩川沿いの水に恵まれた土壌と異なる大和の土地に合った梨を工夫し、「多摩湖梨」と命名し、連合会をつくって、昭和35年から品評会も行ってきました。 
   今では、多摩川梨に遜色はありません、品種としては幸水、あきづき、豊水などが主です。 多い時は、30軒位の梨農家がありましたが、今では12軒です。採算がとれないという理由のほかに、農地の減少とか相続税の問題等もあります。 心がけているのは「うまい、安全、安心」で、低農薬で梨作りに努めています・・と結んでくれました。 (高木・N)

173 たっちゃん池の清掃
                     <ブラックバスに罪はない


          

2010・12


たっちゃん池.

   お気に入りの散歩道、狭山公園の太陽広場から宅部池(たっちゃん池)への坂を下ると池の水が無い。散歩している人に聞くと、外来魚の駆除のためという。 後日、池のフェンスにこの調査の簡単な報告が掛けてあった、
   そこには「外来種のブラックバスが大量に採取された一方、在来種のムツゴは少ししかおらず、密放流された外来魚によって宅部池の生態系が崩れているものと思われる」とあった。 公園管理事務所に立ち寄って聴くと、このとき採取された魚約1000尾のうち500尾ほどがブラックバス、カルムチー(雷魚)も採取されたとのこと。 
   ブラックバスもカルムチーも両方ともガンガン小魚を食べる外来の魚だ。 ふたたび密放流という人間の勝手な仕業で、宅部池の貴重な生態系を壊すようなことはないようにしたいものだ。(清水・三)

174 昔の旅は
          家族や兄弟の無事を願っての巡礼の旅


          

2011・02


百観音bmp

   狭山1丁目に百番観世音供養塔があります。 家人の話によると、明治時代に、この塔を建てた竹内さんら三人が、西国(近畿)33ヶ所、坂東(関東)33ヶ所、秩父34ヶ所の札所(お寺など)にお参りをするという、いわゆる巡礼の旅を成し遂げたあかしです。 
   古くからの観音霊場である西国、秩父、坂東を回り百観世音にお参りする事は、時間と財力がなければできない事ですが、なによりも、成し遂げようという意思がなければできない事です。
   旅の多くは、農閑期(冬)におこなわれ、この石碑は、明治15年に建てられていますから、これ以前に旅をした事になります。  巡礼の旅は、観音様に亡くなった人の供養や家族の無事を願って、願文や自分の名前を書いた木札を打ちつけて歩いたといわれています。 
   まだ鉄道がない時代、どのぐらいの月日が、かかったのでしょうか。 同行の関田さんのところにも石碑があります。(清水 H)

175 力くらべの「石」
          どの石を持ち上げたら、一人前


          

2011・06


力石bmp

   昔といっても、昭和の10年代までやられていた遊びに「力くらべ」があります。 主に若者の遊びで、このあたりでは石(一般には力石と呼ばれている)を持ち上げて力くらべをしていました。
   力くらべは、清水の観音堂、蔵敷の熊野神社の境内などで行っていたようです。 石は、持ち上げやすいような形になっており、一旦膝まで持ち上げてそれから肩に担いだといいます。 力石は、蔵敷の熊野神社の境内に3っあり、いわれ書きと共にそれぞれの石の重量も書かれています。
   清水の観音堂の石と思われる石も残っており、こちらには23貫目という目方が彫ってあります。  農村では、若者が一人前と認められるためには、力も必要です。 遊びというだけでなく、大人の仲間入りの意味もあったのでしょうか。(清水 H) 

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。