わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



141〜160




141 里山を歩いて みませんか


          

2006・04


    春になりました、北の山を見てください。萌木色に染まる木々・・・・。 早春に咲く、ウグイスカグラ、シュンラン、カタクリが終わり、これから山ツツジ・イチリンソウ・イチヤクソウ・ギンリョウソウと次々と林床に花が咲き、訪れる人を楽しませてくれます。
   東大和公園や狭山緑地は、長い間、農業用の林(里山)として管理され、今は東京都や、東大和市に引きつがれ整備されています。 ある観察会の時、チョウの羽化に出会ったことがありました。子どもたちは、サナギからチョウになり飛びたって行く様子を、ワクワクしながら見守っていました。
   自然環境や植物・動物についての知識は、テレビや本などで知ることはできます。 しかし、それは仮想体験に過ぎません。今の中・高年の人が体験した、野原や林で遊んだ思い出、今の子どもにはこれがありません。
   チャンスがないのです。 お子さんをお孫さんを連れて、狭山丘陵を歩いて見ませんか。 きっと新しい出会いがあると思います。(清水・H)

142 進む堰堤工事のなかで 


          

2006・05


   多摩湖下堰堤の補強工事が進んでいる。先日、工事の様子を見渡せる「見晴台」が設けられたというので見に行った。 堰堤の南詰から見晴台に通じる細い道は新緑のトンネルで緑が身にしみるようだ。見晴台はその先にあって、工事中の堰堤からは、削り取られて雑草が生える湖岸や、減水した湖面まで一望できる。 小さなベンチもあって一休みするのにもってこいの場所だ。
   四季通じて私のお気に入りの散歩道だった。 趣のある玉石の堰堤がもう無くなっているのは淋しい。空襲に備えて補強されたこの部分は耐弾層と呼ばれ、いわば戦争遺跡でもあった。
   東大和市史・資料編Uに、ここの工事の殉職者の碑が玉湖神社にあると書かれているのを見て訪ねたことがあった。二基の碑に六人の名前が刻まれて逢った。そのうちの二人の本籍地は朝鮮とあり、いずれも昭和二十年、敗戦直前の殉職である。そのうえ、この二人の名前は創氏改名で、日本名であることに二重に胸が痛んだ。
   たとえ戦争遺跡である耐弾層が今回の工事で消えてしまっても、美しい狭山丘陵の中にも、戦争の傷跡が刻み込まれていることを忘れてはなるまい。(清水・三)

143 狭山緑地を豊かな林に
            「雑木林の会」に環境賞が贈られました 


          

2006・06


   郷土博物館から西に続く市立狭山緑地、ここの管理をしている「雑木林の会」に環境省より、その実績に対して「環境賞」が贈られました。狭山丘陵を豊かな林にしようと「雑木林の会」が97年に結成され、ひたすら作業にはげみ、今では人が入れない林からキンラン・ギンラン・カタクリが咲き、クワガタなどの昆虫も増え、狸も住む林になっています。
   里山といわれる雑木林は農業のための林として落葉樹の「クヌギ・コナラ」が植えられ、落ち葉は肥料に、木は燃料に使われてきました。狭山緑地も東大和の農業に役立ってきましたが、農家の減少とともに、林の管理も十分にできない中で、常緑樹のシラカシやヒサカキが生え、林床にはササが茂る状況になっていました。
   そうした中で、市の呼びかけでつくられたのが、雑木林の会です。月三日の定例活動日を中心に、臨時活動日も含めて、昨年は四十七日の活動をしたということです。会員の多くは、子どもの頃に林で遊んだ思い出を持っています。会員が今までの体験と知恵と力を出し合って作業をする、ボランティアならではの作業です。きれいに整備された狭山緑地を歩きませんか、作業に参加しませんか。(清水・原)

144 賞品もイベントもたくさん
                      商店街の七夕まつり


          

2006・07


  武蔵大和駅前通り、元銀行跡地の前を通りかかると、近くの商店の方たちが賑やかに七夕飾りをしている最中でした。 聞くと、毎年の行事、武蔵大和駅前通り商店街の七夕イベントの準備とのこと。
   翌日、西川市議とさそい合わせて、会場を訪れて見ました。 あいにくポツリポツリ雨が落ち始めた中でしたが、会場はいっぱいのお客さんで賑わっていました。 舞台ではお母さんたちが迫力いっぱいの「よさこいソーラン」の競演のまっ最中。 ラムネ片手にしばし見物。
   ちょうど商店会長の森田憲二さんがいらっしゃったのでお話を伺いました。森田さんは「このイベントは地域の商店もお客さんも、一緒にげんきになればという思いでやっている。 そのためには毎年新しい工夫を加えていくことが大事。」と話していました。 なるほど地元の商店のよいところは、お店とお客さんの両方が元気になることをいつも考えている点だなと納得。   
   舞台の出しものには、よさこいソーランの他にも「まほろば太鼓」「清水囃子」なども用意されているとのこと。イベントは、商店街の元気だけでなく、地域の伝統芸能や文化をも元気にしているように思われました。 後日、七日、八日両日で、このイベントには1200人の参加があったと聞きました。来年も、大型店に負けず、いっそう盛んになったイベントが楽しみです。(清水・三)

145 村長さんの願いでつけられた
                     駅名「武蔵大和」


          

2006・08


   武蔵大和駅、勇ましい名前の駅名ですが、緑に囲まれた静かな駅です。昭和5年に村山貯水池という名前で設けられ、昭和25年に青梅橋駅(現東大和市駅)が開設されるまで、東大和の唯一の駅として兵士の出征などにも使われました。
   昭和の初め、村山貯水池(多摩湖)が完成すると、東京近郊の一大観光地になります。この観光客を運ぶ目的で萩山駅より路線を延長し、駅は道路の南側につくられました。昭和11年になり、さらに貯水池方面に路線が延長され通過駅になります。
   駅舎も現在地に移されます。 所在地は駅舎もホームも東村山市域で、敷地のほんの一部が東大和にかかるだけ、通常ならば東村山の駅名がつけられるところでした。 大正8年に六ヶ村が合併して大和村が誕生します。 時の村長は何とか大和の名前を駅名にと、駅の敷地を提供した地主と協力して鉄道会社に申し入れます。
   その願いが稔り、「武蔵大和」の名前がつくことになりました。武蔵とは武蔵野に代表されるこの地域の古い地名で、多くの駅名に使われています。 ちなみに、軍艦の「武蔵」「大和」は昭和十五年以降の建造ですので、駅の開設より後です。(清水・H)

146 安産の神、塩釜神社
                     今に伝わる三頭獅子 


          

2006・09


   志木街道の塩釜神社バス停を南に入ると、塩釜神社と高木神社が並んで建てられています。左側の高木神社は、江戸時代までは「尉殿権現(じょうどのごんげん)」と称し、水の神といわれ、三頭獅子舞が伝えられています。
   塩釜神社は、明治の初めに境内に移された社ですが、安産の神として人々の信仰を集め、「縁日には、近郊・近在からたくさんの人が参詣におとずれ店も繁盛した」と、昭和の初めまで居酒屋をしていた人が話していました。 
   子どもが生れることは誰にとっても喜びですが、体力のなかった昔はたいへんなことだったようです。子できたと判ると塩釜神社に詣で、灯明(ロウソク)を上げ、残りをお礼とともに持ち帰ります。  出産になるとその灯明をともし、灯明が消えるまでには生れるといういい伝えがあり、近年まで続いていました。 
   尉殿権現も塩釜神社も数少ない社で、獅子舞や出産の儀礼とともに、庶民の歴史を今に伝えています。(清水・H)

147 人・鳥・魚 賑やかになった空堀川
                     (空掘川通信1)


          

2006・12 


   多摩湖線鉄橋の上流から第四小学校グランドの横まで、空堀川の拡張工事が終わった。 東大和と東村山の境にあった調整池は、両市住民の運動もあって、広々とした緑地帯に生まれ変わった。川の両側に作られた道は気持ちのよい散歩道となり、朝方や夕暮れどきは散歩をする人が絶えない。
   秋の日差しを浴びて、車椅子のお年寄りが行く姿もあたたかい光景である。 川面をみればたくさんの小魚が水面に跳ね、セグロセキレイから「空飛ぶ翡翠」ともよばれるカワセミまで、鳥たちもなかなか賑やかになった。水鳥もいまはカルガモだけだが、もうじき北の国からどんな水鳥たちがとんでくるのかも楽しみだ。  
   コンクリートの三面張りだったころの空堀川には誰も見向きもしなかったのだけれど、いま改修なった川とそのほとりは、小魚や鳥たちや、そして、散歩を楽しむ人たちで見違えるほど賑やかになった。 この川を、みんなで狭山丘陵とならぶわが街の宝に育てていきたいものである。 (清水・三)

148 肥満対策と頭の体操を兼ねて
                     山歩(さんぽ)5年


          

 2007・01


   肥満対策と頭の体操を兼ねて、山歩(散歩)を始めて5年経ちました。3000メートルを超える山々から近隣の里山などに、これまで100回を超える山歩をしています。 ふだんから健康に気をつけるようになり、仕事でも発想の仕方が変わるなど、山歩の効能は予想を超えるものがあります。何よりも大きな成果は、感動することが増えたことですね。
   時間が数時間しかない時は、市内を歩きます。 清水神社のイチョウなど行く度に違う様で迎えてくれる。 各地の神社仏閣はいつも新鮮です。 東大和公園や玉川上水では、四季を堪能することができます。 都立南公園では平和を考えることができ、27のモニュメントや東大和20景を巡ると我がまちの隅々も見えてきます。
   狭山緑地を歩くと多くの小鳥たちに出会い、最終地点の鹿島台南の畑では富士山と対面出来るご褒美もあります。
   もう少し時間があるときは、瑞穂町の六道山を起点に歩きます。 展望台からの眺望は絶景です。周囲道路から自然公園に入り、所沢に抜けて戻る周回路では、狭山湖にそそぐ3本の小川との遭遇や、遠くの山に来たかと錯覚できる山歩を体験でき、運が良ければ大鷹との出会いもあります。 まだまだいっぱい、歩く度に東大和に住んでよかったと感じています。(狭山・実)

149 電柱は地下へ
                     (空掘川通信2)


          

2007・02


   冬、寒気が流れ込んで空気の澄んだ日、拡張されて広くなった空堀川の上の空には、くっきりと大きな富士山が見えるようになった。 そこで、本紙の新年号を飾りたいと年の暮れに清水橋付近から富士山の撮影を試みた。何度か早起きをして通ったある日、富士は見事な姿を見せてくれた。
   ところが、どこからカメラを構えてみても、くもの巣のような電線がファインダーを横切ってしまう。 なんとか電線が入らないようにと苦労して撮ったのが「やまと東」一月号に掲載した写真である。 やはり電線は写り込むけれど、えい、ままよ、これもリアリズムだと居直ってシャッターを切った一枚である。  
   あらためて頭上を見れば、細いのやら太いのやら日本の空は線だらけ。美しい日本の景観もだいなしである。 何度かヨーロッパを旅して羨ましいと思ったことは、彼の地では(経済的には豊かとはいえない国でも)電柱・電線は郊外の幹線道路沿いか、鉄道線路沿いの送電線ぐらいしかなかったことである。 
   その後、テレビの旅番組などを気おつけて見ているのだが、やはり電線は目につかない。ヨーロッパの国々の空に電線ががないというのは、あながち私の狭い体験からの独断でもなさそうである。 経済大国を自称する日本であるなら、そろそろ電柱をなくして、各種の線は地下へ、と考える時期ではなかろうか。(清水・三)

150 コサギの魚捕り
                     (空掘川通信3)


          

2007・05


   コサギは空堀川で一年中見ることができる鳥である。 嘴は長くて黒く、足は黄色なのが特徴だからすぐに分かる。 コサギは小魚捕りの名人?である。 新しく整備された川辺の道から、その名人ぶりを見ていて飽きない。
   最近は人間に眺められることにも慣れたのか、真上の道から見下ろされても魚捕りに夢中で逃げることもない。 眺めているうちに、コサギは、魚捕りに三つのテクニックを使っていることに気付いた。
   その1、待ち伏せ型 流れがせせらぎ状になっている川辺に、いつまでもじっと待っていて、小魚が目の前に来ると、すかさず長い嘴で捕らえる。
   その2、足を小刻みに震えさせて、小石の蔭から小魚を追い出して捕らえる。
   その3、羽をひろげてばたつかせ、魚を浅瀬に追い詰めて捕らえる。
   これは、クチボソなど小魚が増えて活発に泳ぎまわる、夏から秋にかけて見ることができる。 これからのあたたかい春の日差しの中で、コサギの魚捕りを見ながら、親子の会話を弾ませるなどというのはどうだろうか。(清水・三)

151 がんばれ!ローカル線


          

2007・06


   五月、入院中の姉を見舞うために、久しぶりに、鹿児島の阿久根に帰った。時間があったので姪一家とドライブに出かけた。 この地方の山間部では、いたるところでザボンが白い花を咲かせていた。 港には、魚網の匂いと潮の香りが満ちていた。 素足で砂浜を歩いた。出水(いずみ・鶴はもういなかった)では武家屋敷は健在だが、海軍の特攻基地は跡かたもない。 
   数日後、東京へ、阿久根からオレンジ鉄道(川内〜八代間、第三セクター)に乗ろうとしてびっくり、無人駅なっていたのだ。 かつては鹿児島本線の急行の止まる駅だったのに。 今は一〜二両で、一時間に一本程度。 聞けば、全28駅のうち、無人駅が18もあるとか。 出水で新幹線に乗り換える予定だったが、無人駅を応援したくなったのと、トンネルだらけの新幹線を避けて、八代まで乗り越すことに。
   おかげで、海岸線を走る車窓から波の音を聞きながら、甑(こしき)島列島や東シナ海を眺め、八代海では長島や天草をゆっくりと望み、話題になった水俣工場のことも考えながら八代へ。

   「やせ蛙     負けるな一茶      ここにあり」

   缶ビールを飲みながらつぶやいたことであった。(高木・N)

152 白鳥の子育てを見た


          

2007・08


   五月初旬、松本城の濠端を妹と歩いていたらめずらしいものに出会った。 いつも濠にゆったり浮かんでいる白鳥が、土手にあがっているではないか。 よく見ると二羽が上下に重なり合っている。(交尾?)と思ったら突然上の鳥がすべり降りた。 その時、下になっている白鳥の腹の下に大きな白い卵が見えた。
   鶏卵二つぐらいの大きさだ。すべり降りたほうは卵を抱いている白鳥の回りに、少し離れた場所から芝草をひとつまみずつ地面からはがしてほうり投げている。 どっちが父さんでどっちが母さんかは分からない。だが、交代した時に見えた白鳥の卵は、たしかに下の方が少し濡れていた。
   啄(そつたく)という言葉がある、ひなが卵の中から生れ出たいと鳴く声と親鳥が殻の外からつつく呼吸が一致しないとひなは孵(かえ)らないとういう。 啄の刻をむかえる夫婦白鳥の連携プレイの見事さに心を打たれた。 (狭山・A)

  

    交代で卵抱ける 白鳥あり
       夫(つま)はまわりに 草取り投げつ

 

    啄(そつたくの 刻(とき)も間近か
       白鳥の卵はしっとり 濡れにけるかも 

153 日本が平和であってほしい
                      その願いが憲法に


          

2007・09

     映画「日本の青空を見て」
 1945年、戦争が終わり日本に青空が戻ってきます。そして、新しい世の中をつくる動きが国民の中に起こります。 占領軍(GHQ)は、政府に民主的な憲法をつくるよう命じますが、政府は、天皇主権の明治時代の憲法の手直しですまそうとします。 そこで、GHQは、国民がつくった憲法草案を採用し、これを土台として新しい憲法草案を作ります。
   この映画は、鈴木安蔵夫婦を中心とした民間の「憲法研究会」が、「主権在民」の憲法草案をつくる過程や、鈴木夫人の「女性は戦争に反対」という思いや、日本で育ったGHQ女性職員の「親の決めた男と結婚させられる」ような女性の悲しい状況を改善するために「結婚の自由」を憲法に盛りこむなど、国民のための憲法をつくる努力が生き生きと描かれています。
   憲法は「押しつけられたもの」ではありません。 多くの人達の思いが憲法を作りました。 日本が平和であってほしいと願う市民の皆さん、この映画を見てください。(清水・H)

154 神様も平和が好き


          

2007・10


の大太鼓

   今年の秋は好天にめぐまれ、各地で秋祭りがにぎやかに催されました。 祭りは地域の人達の交流の場として大切な役割を果たしています。 清水神社のお祭りも、踊りやお囃子もにぎやかにたくさんの人が集まりました。
   清水神社には子ども達に人気の大太鼓があります。 太鼓は昭和二十二年(一九四七年)に境内にあった大木を売却した代金をもとに、住民の総意で作られたと伝えられています。 そしてこの太鼓には「憲法発布記念昭和二十二年」と刻まれています。 戦中、この社からも多くの人が出征し、少なからぬ人が還らぬ人となりました。
   戦争が終わり、平和がもどり、お祭りもできる世の中になり、そして二度と戦争をしないと誓って(憲法)が出来ました。 みんなが平和な世の中が続くよう願って、大太鼓を作り「憲法発布」と刻んだのでしょう。 平和であってこそ、お祭りもできるのです。神様もきっと平和を望んでいるでしょう。(清水・H)

155 北から渡ってきた鳥たち
                      (空掘川通信4)


          

2007・12


空堀川

   空堀川は、北から渡ってきた鳥たちで賑わいを見せています。十月半ばにはマガモがやってきました。 頭部が、きれいな緑色の大型のマガモは、昨年までこの辺りでは見られなかった鳥です。 つづいてコガモ、渡りのカルガモもやってきました。 
   鳥たちは、川辺の道を散歩する人達の目を楽しませてくれていますが、ひそかに私の気になっていることがあります。 じつは、ひときわ目立ってきれいなマガモのグループは、雄が七羽なのに雌は二羽しかいません。 
   ときおり雄同士がつつきあっていることもあります。 動物たちのグループは、少数の雄に多数の雌で構成しているのが普通と思っていたのですが。 
   とにかく、来年の春、北国に飛び立つまで、みんななかよくして私たちの目をたのしませててほしいと念じながら岸辺を歩くこのごろです。(清水・三)

156 初詣 芋窪・鹿島さまへ


          

2008・01


   元旦の午前0時、神社に近づくと、太鼓の音やお囃子の演奏が聞こえてくる。 青梅街道から入ると、すでに参拝客の列が、本殿から階段を通り越してすぐ手前までずらりと続いている。 境内には大きなかがり火が焚かれ、正装した消防の人が数人で見張っている。 
   前に進むこと、牛歩のごとし「縁起物はいかがですか」、にぎやかな声がとぎれなく続く。 時々、威勢の良いかけ声と大きな拍手が、十数人のはっぴ姿の男衆からドッと湧き上がる。
   30分ほどで神前にやっと着き、後続の参拝者を気にしながら、初詣を済ませる。 甘酒とお神酒をいただき、さすが、都内でも現存する最古の神社本殿(正式名は豊鹿島神社、東京都指定有形文化財)と言われるだけのにぎわいだな―と、ふりかえながら、寒い夜道をわが家へ向かったことであった。 (高木・N)

157 武蔵大和駅前の風情をおしむ


          

2008・3


   武蔵大和駅前通りのイチョウ並木が切り倒されることになりました。 道路を拡げるためで、すでに工事は始まっています。 このイチョウ並木は昭和10年頃に、地元の青年団が植えたもので、東村山側には、東村山の青年によってサクラが植えられたそうです。
   「戦勝祈念」に植えられたと伝えられています。日本が戦争に向かって動いている時代、こんな農村にもその波が押し寄せていたのでしょう。 また、東大和(当時は大和村)で初めてできた鉄道の駅として、表玄関としての思いがあったのかもしれません。  
   時は流れ、イチョウは大きくなりました。 東大和も新住民が増え、駅を降りると、サクラや川の流れ、イチョウ並木に「ホツ」とするという声が聞かれ、中には、武蔵大和駅の風情が好きになって家を買ったという人もいます。
   このイチョウにも、一時「歩道」をつくるために切られる運命にありましたが、多くの人の反対で残ることになりました。 それから、十五年イチョウも命運つきたと言うのでしょうか。 道路は大きく広がり、川は道路に呑み込まれ、並木はなくなります。 歩道もできて通行には便利になりますが、駅前の風情がなくなるのは残念でなりません。(清水・H)

158 狭山緑地を 歩いてみませんか


          

2008・4


カタクリ

   奈良橋から芋窪にかけて、北側に広がる市立「狭山緑地」は春のいぶきに輝いています。カタクリの花が咲き、運がよければ「シュンラン」にお目にかかれます。
   狭山緑地は、ボランティアの「雑木林の会」が明るい林、年間を通して管理作業をしています。今咲いているカタクリは、五年以前に種をまいて成長して咲いた花です。 四月から五月にかけては、キンラン、ギンラン、サイハイラン、ニリンソウ、イチヤクソウなどの花が咲き、エゴの木など木々の花も咲きます。
   森や林は、昔から私たちの生活をささえてきた大切な財産です。家をつくる木材や、燃料、たまには栗なども供給してくれました。そのほかに、緑の林を歩くと「いやし」の効果もあります。ギスギスしがちな世の中、少し気分転換をしてみませんか。(清水・H)

159 農産物直売所を 歩いてみませんか


          

2008、5


   市役所に近い梨園のある農産物直売所に、葉丈五〜六十センチにはなるお化けホウレンソウの束が、新聞紙にくるんで置いてありました。「無農薬」の表示と一束百円の値札に、 思わず手にとってみると優に一キロはありましたが、店番のご婦人によれば、自家用に植えてあったものが、梨畑のたっぷりの養分を吸って大きく育ったとのことでした。
   最近スーパーでは、200グラム程の一束が、150円から200円で売られていますから、この直売品は相当の割安と言うことになります。 さっそく一束仕入れて帰り、おひたしにしてみましたが、心配した味もいかにもホウレンソウらしい濃厚なものでした。 
   市内には、このような直売所が50箇所以上あり、各農家の得意な農産物が安く販売されています。 市で発行している案内マップを片手に、新しい散歩コースを歩いてみてはいかがですか。(狭山・木) 

160 あと数年の命
                      前川の「なわしろいちご」


          

2008・6


の大太鼓 散歩160前川のナワシロイチゴ.bmp

   苗代苺(なわしろいちご)、田植えの頃に実をつけるので名前がついたと言われています。 別の名を皐月苺(さつきいちご)、五月(旧暦)に実をつけるからでしょう。 苺といっても木イチゴの仲間で、つる状の小木です。 
   多くは日当たりの良い道路沿いに生えるのですが、武蔵大和駅前の前川の石垣に、それも日当たりの悪い道路側に生えています。 もう10年以前も昔から、毎年花を咲かせて実をつけています。 花は、赤紫の花を白い花びらのような「ガク」が囲み、ブローチのようなおもむきがあります。   
   前川の苗代苺は、花が終わり、これから赤い実をつけます。 七月の初めになると思います。 駅利用の折や、お買い物の時に目を留めてください。 道路が広がり、川は埋め立てられます。あと数年の命です。(清水・H)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。