わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



121〜140




121 来年も来てね 「ふくろう」さん


              

2004・04


ふくろう

   狭山丘陵には沢山の野鳥が渡ってきます。 この冬、私は1月と3月の観察会に参加しました。 1月の狭山湖の観察会では、湖畔のくぬぎの木に、オオタカの勇姿がみられました。
   3月の観察会では「コンコン」と木をつつく、アオゲラ(キツツキの仲間)や、大空を飛ぶトンビ、ツミという小鳥は、灰色のふっくらとした姿でした。 そして今年は、ふくろうの仲間であるオオコノハヅクが姿を見せ、「トトロ」そっくりの姿は多くの通行く人を楽しませてくれました。 
   四月になれば、北の国に帰ってゆきます。来年もまた姿を見せてくれることを願っています。 市内では植物、動物、星、さまざまな観察会が行われています。指導員がついて、初めての人にも援助をしてくれます。 あなたも参加してみませんか、きっと新しい発見があると思います。 (清水・H)

122  湖底のふるさと
                      今に残る「溜池や川」 


          

2004・05


た取水塔

   多摩湖底におりたつと、そこには森に囲まれた大きな湖が広がっていました。 今から九十年前、私の家も多摩湖の建設のため、住みなれた土地を去ることになり、田畑を失い、家屋から墓まで、すべてを持って湖底を後にしました。 
   今回、境防強化工事のため、水が減らされ、湖底の村を立ち退いた家の家族の「ふるさと見学会」が催されました。 昔、内堀集落と呼ばれたところを訪れました、90年の時を経て、私が祖母から聴いた当時のおもかげはありませんでした。
    その中でも、米作りのために築いた「堂の池」という溜池は、しつかと残っていました。そして、何よりも驚きは、湖底を流れていた宅郎(やけべ)川が、今でも流れていたことでした。 この湖には石器を使っていた時代から、大正時代まで、人々の生活の歴史が残っています。 
   もう、二度と水が抜かれることはないでしょう、そんな係員のことばに、記念に、大正の頃のどんぶりのかけらを拾ってきました。 工事が終われば、また湖底は、永い眠りにつきます。 (清水・H)

123 富士山の見える散歩道
                      「空堀川の遊歩道」


          

2004・06


   空堀川の改修工事がすすみ、工事はこの春、第四小学校の脇まで到達し、流域の景観は大きく変わりました。 まず、清水四丁目の調整池から第四小学校までの拡張によって空がひろビろと広がって見えるようになったことです。
   冬空に真っ白に輝く富士山がのびのびと稜線をひろげ堂々と見えます。 富士山を見る第一のビューポイントは清水四丁目の清水橋付近です。清水橋は富士見橋と名を変えたらと思うほどです。 目を河川敷に転ずると、ミズヒキグサやオシロイバナなど可憐に咲く草ぐさを見ることができます。 
   流れには今年も幾組みかのカルガモのペアが泳いでいます。ただ、去年あんなにたくさん泳いでいたコブナやクチポソがさっぱり見えないのはどうしてでしようか。 この流域の東岸には遊歩道が整備され、西岸の道路は車も少なく、散歩にはもってこいの道になりました。あなたのお気に入りの散歩道に空堀川のコースも加えて見てはいかがですか。(清水・三)

124 コゲラが芝中団地に


          

2004・08


こげら

   六月の末も近づいた心地よい朝であった。私は芝中団地管理人事務所にいると、外でお−い井口さん「デジカメ持ってるか−」と呼ぶ声がする。 私の仕事の相棒で団池内の清掃担当のTさんと、毎朝近辺を掃除している六号棟のIさんの声だ。
   植え込みの枯れて根葉を伐採された小木に、すずめ大の鳥が下からとまってくちばしで猛烈に斡を叩いている「とろろろう」 「とろろろう」。「コゲラだよー小さいキツツキ」と言ってカメラを構えたが、我々から5メ―トルぐらいしか離れていないのに、かまわず叩いている。
    ときどき上に普通にとまって様子を見ている。「虫もたまったもんじゃないよな」「ちゃ−んと、どこにいるのか判っているんだ」「巣を作っているいるんじゃないか?ほら、穴が大きいぞ」と我々が余りにも近寄りすぎたせいか、コゲラは枝の上に出ると「バッ」と飛び立って直線的に団地の棟の向うへ消えた。
   こげらはアジア大陸に生息し、日本でもよく見かける鳥だ。私は、その羽音に感動した。「バッ」という音の中に、すすめなどと一回り違う行動のエネルギーを感じた。(蔵敷“井)

125  あなたの8月15日は?
                       記録集を読んでの思い 


          

2004・09


   被いのない電燈の下で囲んだ夕食、食べ物は貧しくてもとてもおいしくこんな幸せがあったのかと、とてもうれしく思った。 戦争が終わった日の思いが、いきいきと語られています。 東大和市発行の「昭和20年8月15日、その時私はU」に寄せられた原稿の一つです。 
   戦争が終わってほっとしたという気持ちを多くの人が寄せていますが、敗戦に涙したこと、またこれからどうなるのか不安も…。 そして戦争から解放された後の夢も語られています。 直接戦争に参加した人の寄稿が少ないのは残念ですが、多くの人に読んでほしいと思います 
   この日を境に、日本は国民が主人公の国、平和憲法を持つ、戦争をしない国に生まれかわりました。 戦争は、夫や兄弟を奪い、家を焼き、青春を奪い、親子を引きさきます。 
   それから五十九年、戦争をしないはずの日本が自衛隊をイラクに派兵し、さらに憲法九条を変え日本を戦争をする国にしようとする動きが強まっています。 私も戦争で父を亡くしました、再び戦争の悲劇を繰り返さないためにも私も力をつくしたいと思います。(清水・H)

126 蛍の飛ぶ日を夢みて
                      よみがえった「谷ッ池」 


          

2004・10


   東大和から蛍か飛ばなくなって久しい。昔、谷ツ池という池があり蛍が飛んでいた」、そんな思い出を話す人かいた。再び蛍を飛ばすことができないか、そんな思いから 「谷ツ池をよみがえらせよう」という話になった。 谷ツ池は、狭山緑地にある、かつて雲性寺前の田んぼに水をひくために作られた池、今では役割を終えている。 池はゴミで埋まっていた。
   市役所の協力も得てゴミを捨て、泥をさらい残土で島を作った。子ども達のために、橋もかけた。昔の人がやったように一年に一回、みんなで池の回りの草を刈り、池もさらった。 あれから5年、今では夏でも冬でも、水をたたえる池になった。 トウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)も姿を見かけるようになった。 ゴミを入れる子どもも無くなった。 
   今年は、奈良橋川への流路の整備にかかる。田んぼを作っていた人も協力してくれるという。 流れができれば、蛍の餌になる巻貝も育つ環境かできる。今はここまで。お金のかからないロマン、あなたも参加してみませんか。 (清水・H)

127 時報に合わせ打つ
                      圓乗院の明け六ツの鐘


          

2004、11


   以前、明け六ツ(午前6時)の鐘は、三光院からのがよく聞こえていました。寺と我が家の間に高い建物が無かったからで、新青梅街道ぞいに高い建物が並ぶようになってからは、聞こえなくなりました。朝、散歩に出るころ鳴り出すのは圓乗院からの鐘で、『ニトリ』の建物に当たって反響し、別の方向からのように聞こえて来たりします。
   寺では日に2回、日の出と日没に鐘を撞きます。明け六ツ(午前6時)のは励ましの鐘=A暮六ツ(午後6時)のは感謝の鐘≠ニ呼ばれるそうです。或る朝、明け六ツの鐘を撞くところを見たいと思い、早めに家を出ました。
   時刻を違えず鐘を撞く工夫は何なのか、知りたい思いもありました。本堂に向かって右、鐘が釣り下げられている辺りからラジオが聞こえていました。やがて6時。「ボ〜ン」と時報が鳴り鐘が「じゃ〜ん!」と鳴りました。そうか、ラジオの時報に合わせ、打ち始めていたのか。納得しましたが、これは気の抜けぬ瞬間だな、とも思いました。

128 「宮嶋 厳之塚」
                       明楽寺最後の堂守り


          

2004・12


   私の散歩コースに、高木(塩釜)神社の脇を通る道があります。その東側の小高い丘には、六地蔵が置かれ、少しまえまでは小さな雑木林でした。 今では、樹齢30年ほどのクヌギ一本を残して、きれいさっぱり切られてしまいました。
   以前、円乗院の長老から、「今は廃寺になっているが、かって明楽寺という寺があった。住職を長年勤めた人の隠居寺になっていた」という話を聞さました。その寺はどこなのか、多分ここ…と見当をつけていました。 
   夏の或る朝、丘の木を切り掃除をしている人に会いました。「ここは、円乗院の隠居寺だったそうですね…」と、声を掛けたら、「いや、ここは明楽寺の墓地で、隠居寺ではない、先祖の墓があるんだ」と、返事が返ってきました。
   丘には気になるものがあります。斜めに傾いて立っている自然石で、碑面には『宮嶋巌之塚』と彫られ、裏には「明治六年八月一五日没 妻清‥‥」とありました。妻の名の下の文字は、土中に埋もれて見え無くなっています。 宮嶋 巌は、「明楽寺を守った最後の堂守り」と聞きました。『東大和市史』にこんな話が載っています。
   「維新の変革の際、旗本の家来であった宮嶋鉄右衛門が、縁者を頼って高木村に移り住み、神官となり、近隣の弟子の教育に当たった。‥‥名を岩保(巌)と改め、死後、妻と共に葬られ、比翼の塚として明楽寺墓地東側にひっそりと立っている。 圓乗院の隠居寺・明楽寺は、今、高木神社の社務所になっているところにあったそうです。(狭山・数)

『故郷の唄1』


129 『となりの婿さん餌差が好きで』
                      うたで幕府を笑う農民


          

2005、01 


   江戸時代からうたい継がれた唄に「餌差の唄」があります。

♪おらがな 隣りじゃ いい婿もらったよ
           医者で、伯楽で、大工で左官
  ひとのたのみじゃ 臼目もきるし
           なにが因果か 餌差が好きで
餌差するには 元手がかかる
           紺のももひきに ビロードの脚絆
  腰にもち箱 背中に刺籠
           裏の細道ジョナジョナ行けば
  小松・小枝に 小鳥が一羽
           あれを取ってくりょと 竿さしなおす
  竿は短し 小鳥は高し
           そこで小鳥が 申することに
  おまえ餌差か わしゃモズの鳥
           縁があったら またきてなよ差しなよ♪


  「餌差(えさし)」とは、鷹匠のもとで鷹の餌になる小鳥つかまえる仕事で、鷹番所(管理所)の鑑札が必要な職業で、名誉職の面もあったようです。 江戸時代、この地域は尾張藩の「鷹場」で鷹場法度という掟によって、小鳥やけものを取ることができない、その上 鷹狩には人足として狩り出され、農民はかなり苦しめられていました。 
   こんな中で仕事もしないで、鳥を取って歩く道楽婿さんを笑った唄ですが、殿様の鷹狩という道楽のために、農民が苦しんでいる様子を笑い飛ばしているようにも思えるのです。(清水H)

『故郷の唄2』


130 『もりっ子の唄』
                      子守ののつらい思いをうたう


          

2005・02



♪ねんねん寝た子にゃ 香箱七っ
         おきて泣く子にゃ石 七っ
子もりこじきだと 皆 言うけれど
         一文おくれと 手をださぬ
泣いてくれるな 病むよりつらい
         病むは じせつと あきらめる♪

   子守り唄、今では親と子の愛情あふれる唄として伝えられていますが、この地域では、「もりっ子の唄」と呼ばれ、もりっ子のつらさ、悲しさ、さびしさがうたわれています。 私の母は大正六年の生まれ。十歳で立川(砂川)の農家へ子守りとして年季奉公にだされました。年季奉公は、前借りで仕事をすることで、年が明けるまで家へ帰ることはできません。家が貧しくて仕方がなっかた、晩年そう母は話していました。
   子守りをしていても、同い年の子が遊んでいれば一緒に遊びたい。子どもが早く眠ってほしいという思いがうたわれています。そして、奉公という身分差別の中で、こじきと同じにされたくやしさもうたわれています。戦争が終わり、新しい憲法ができ、前借りによる労働の強制は無くなりました。再びこんな時代が来ないことを願っています。(清水H)

『故郷の唄3』


131 喜び いっぱい
                       嫁の里へと孫だきに 


          

2005・03



♪おばばな どこゆく三升樽さげてよ
          背中に背負ったる ふろしきは
   お米にうぶ着にかつおぶし
           お手に下げたる三升樽
   新酒か古酒かもろ白か
 ただしはみりんか しょうちゅうか
          嫁の里へと孫だきに「ころばったい」
   おちて なんとでもせ♪

   この唄は、お婆さんが初孫をだきに、嫁の実家へ出かける様子をうたったものです。 お嫁さんは、初めての子どもを生むために、実家に帰ります。自分の母親のほうが安心してめんどうを見てもらえるということもあったようです。やがて、子どもが生まれたと知らせがとどきます。
   お婆さんは、初孫に一日も早く会いたい。そこで、実家へはお酒をおみやげに、母親には、普段は食べられないお米やかつおぶしを、孫には産着を背負って、喜こび一パイで出かけます。 「ころばったい」という言葉で、小柄なお婆さんが、沢山の荷物を持って、チョコチョコと道を行 姿がよくあらわれています。
   歌詞の中の「もろ白」とは、上等の酒のことです。(清水H)

132 狭山緑地にかたかごの花


          

2005・04


   この春、市立狭山緑地を歩いていて驚きました。西南の斜面いっぱい、カタクリが葉を広げていたのです。芽ばえたばかりのから、二葉のものまでさまざまあり、「こんな所に!」まさに驚きでした。かつてこの辺りの山にはカタクリがあって採って干し、澱粉したという話を聞いたことがあります。
   三十年くらいまえ、その饂が娘さんだった頃と言いますから、ざっと百年くらいまえになりますか。 そのことを知る人がこの斜面に種子をまいたようです。 近くの手作りの看板に、こう書かれていました。《平成9年より「カタクリ」の種をまいて育てています。カタクリは8〜9年で花をつけるといわれています。花の咲く日を楽しみにして、大切に見守ってください》。
   看板は、東大和市環境課、郷土博物館、狭山緑地雑木林の会の連名でたてられました。 看板の根元には、小さなカタクリの花が一つ咲いていました。今年は、あと二、三の開花で終わりになるでしょうが、斜面にびっしり出ている葉を見れば来年以降、大いに期待が持てます。
   桜に先駆けて、狭山緑地でカタクリの花が見られる―楽しみが一つ増えます。斜面に咲くカタリクの花は、大切に見守り育てていきましょう。(狭山・数)

133 三多摩メーデー参加の記
                        井の頭公園(西園)に9500人


          

2005・05


    5月1日(日)、井の頭公園の第76回三多摩メーデーに行ってきました。 心配された天気もまずまずの曇り空。三鷹駅で降り、玉川上水沿いに会場まで同行の仲間(年金者組合員)と歩きました。
   会場入り口で私は、女性に声を掛けられました。振り向くとMさんが居ました。娘さん夫婦に孫との四人づれで。Mさんは二科会の会員で、毎回、彫刻(脱活乾漆)を出展しています。エッセーも良くする才女で、この日の出会いには正直、驚きました。
   しかし、メーデーのスローガン 《働くものの団結で生活と権利をまもり、平和と民主主義、中立の日本をめざそう》 を考えれば、彼女が参加していたのも陶然の事だったかも知れません。式典が終わりデモに出発する頃、風が強くなり土埃が上がりました。  
   周辺の森にミズキの白い花が咲き始めていました。横に張った枝に上向きに付ける細かい花の集団は、初夏を感じさせてくれました。デモは吉祥寺通りを、シュプレヒコールを上げながら行進しました。(狭山・数)

   デモしゆく 吉祥寺通りにふと思う
                                父と来たりし寿司の屋台を

   少年の頃、自転車の荷台に乗せられ、屋台の寿司を食べに来ました。屋台は公園に降りる道の角に出ていました。寒い日、肉厚の湯飲みいっぱいに注がれた熱いお茶を、両手で抱えて飲んだ記憶が蘇ってきました。(狭山・数)

『故郷の唄4』


134 運の悪さに当たりクジ
                      戦争には行きたくない


          

2005・06



♪今年しゃナ―、二十一適齢にあたるよ 
        五尺二寸はきまり尺
  運の悪さに当たりクジ
        ふた親様には泣きわかれ
思うお方に言いおきと
          これこれ申しおなごさん
  私を思うてくれるなよ
          私を思うてくれるなら
  神信心をしておくれ
          私の信じる神々は
  八幡様にお大日 それを信じてくれたなら
          敵の征伐に いさぎ行くよ♪

   明治政府は徴兵制をしき、二十一(満二十)歳 五尺二寸以上を合格とします。 しかし、戦争の少ない時はクジを引かせ、当たった者のみ徴兵します。 日本は明治二十七年の日清戦争から昭和二十年まで、海外に軍隊を送っています。
   徴兵されれば、いつ死ぬかわかりません。両親にとっては、大切な息子を兵隊に取られるのは悲しいことです。本人にとっても、恋人とも別れなければならないし、再び会うこともできないかもしれない、私のことはもう諦めてください、それでも思ってくれるなら、神様、仏様に無事を願って待っていてください、という切ない思いがよく唄われています。
   兵役は国民の義務といわれた時代、表向き政府にたてつくことはできません。そこで歌にしてその気持ちをあらわしたのでしょうか。(清水・H)

『故郷の唄5』


135 七両二分でも間男は安い
                      おおらかだった江戸時代


          

2005・08



♪島田じゃおけども ありゃ俺のもの
          手をだしゃ 間男 七両二分
   七両二分でも間男は安い
          八両工面すりゃ 二分の釣り♪

   江戸時代から伝わる「ヨイトマケ」という仕事の唄の歌詞です。歌詞の「島田じゃ置けども」というのは、島田髷(まげ)は娘の髪型、所帯を持つと、丸髷にするのが普通でした。 仕事の音頭をとる鳶(とび)職の頭(かしら)は、嫁さんを若い娘の姿で置きたかったのでしょう。
   しかし、娘の姿をしていると男が寄ってくる。嫁さんと不倫をして見つかった男(間男)、約束にしたがって七両二分を払うために、八両出しました。 頭は思いました。間男は安い七両二分払えば間男ができる。八両あればお釣りがくる。
   江戸時代、武士の社会では不倫は固く禁じられたことですが、庶民の間ではもっとおだやか、見つかったら相手の亭主に七両二分払えばおとがめなしという決まりでした。
   武士の支配する社会でも、庶民は自分達で決まりを作って、おおらかに暮らしていました。 そして、この唄には男の気持ちもこめられているようです。(清水・H)

『故郷の唄6』


136 仕事の唄は恋の唄
              「あなたはいくつ、なんの歳」
                    「私十六、なり頃よ」


          

2005・11



♪来るか、来るかと 機(はた)音止めて
          てん棒詰めたり ゆるめたり

  おまえさんは いくつ なんの歳(とし)
        十六で、ささげの歳で なり頃

お茶はしまうし お茶衆は帰る
        火炉(ほいろ)ながめて 目になみだ♪

   江戸から明治にかけての仕事唄です。
   一つめは機織り唄で、若い衆が畑仕事を終えて、娘をたずねてくる、足音が聞こえないか、そんな気持ちを唄っています。
   二つめは麦打ち唄で、若い衆が「あなたいくつ」と問いかけると、娘は「年頃よ」と返します。 十六ささげとは、成長の早い豆の名前で、盆踊り唄では、「私しゃ十六ささげの歳よ、誰につましょか、初なりを」とうたわれています。
   三つ目は、お茶ができる初夏に出稼ぎに来るお茶衆に恋をした娘の唄。来年も来てほしい、そんな思いもあるのでしょうか。(清水・H)

137 数馬さん逝く』
                      狭山丘陵と平和を愛した人


          

2005・11




   東大和の風物を題材に(数)の筆名で、たびたびこの欄に執筆されてきた秋山数馬さんが急逝されました。 秋山さんは、狭山丘陵の自然と、その街にくらす人々をこよなく愛し折折のあれこれを短歌に、また洒脱な文章に書きとめてきました。
   六十歳を過ぎてから始めたという短歌は朝日歌壇やアサヒタウンズなどにも採られ、人々を楽しませました。 その、とつとつとした話ぶりと笑顔で、たくさんの知り合いをつくる特技の持ち主でもありました。
   平和憲法を守る「東大和9条の会」の呼びかけ人としても力をつくされましたが、病床では十月一日に開かれる「平和が好きだから9条・東大和市民のつどい」に参加できないことをとても残念がり、歌でこの会に参加したいと、

   「訓練」が「実戦」となる日を恐る
                    わがまちにも「9条の会」


   の一首を寄せられました。奇しくも逝去された日は「市民のつどい」が開かれた十月一日でした。 この欄をご愛読いただいたみなさまに、秋山さんに代わってお礼申し上げるととともに、ご報告とさせていただきます。(清水・H)

『故郷の唄7』


138 大人の数え歌
                      十で 年寄りは 杖の先がたより


          

2005・12



♪一つ 一人馬車 異人さんがたより>
                      (ナイチョコ ナイナイナイ)
        四つ 夜ばいは 日のくれがたより
 五つ 医者様は 薬箱がたより
          七つ 名主様は 筆の先がたより
 十で 年寄りは 杖の先がたより♪

   今の人が「お茶」するよ うに、昔のお婆さんも日待、月待、季節の変わり目などで、寄り合って楽しむことがありました。 
   この歌は、即興で歌詞を作って唄ったもので、この歌を唄ってくれた関田さんも、「十」は覚えてない、私が作りましょうと即興で唄ってくれました。 今の人達が本番にそなえてカラオケの練習をするように、お婆さんたちも練習をしたのでしょうか。。
   この歌は江戸から明治にかけての歌ですが、異人さんとか馬車など都市との交流があったことがうかがわれます。(清水・H)
   私も一つ作って見ました。
< ♪六つ 娘さんは ケータイがたより♪

『故郷の唄8』


139 お正月がくるくる
                       どこからくるのかな?


          

2006・02



♪お正月が くるくる
        どっちの方から くるくる
宮元街道から くるくる
        何に乗って ゆずり葉にのって
  ゆるりゆるり ござった♪

   お正月は子どもにとって、今も昔も楽しみの時です。正月は、歳神(お正月様)を迎えて、新しい年の五穀が豊かに稔る年になるよう願う行事で、子どもたちは、着物やはき物を買ってもらい、お年玉がもらえる楽しい時です。
   年末になると、宮本(神主)が家々を回って神の形代を切って歩きます。この情景を唄ったものでしょう。ゆずりは(譲葉)は、正月の飾りに使われる木で、新しい葉が成長してから、古い葉が落ちるのでこの名があり、正月にふさわしい木として使われています。(清水・H)

140 続いています
                      稲荷講の「おひまち」


          

2006・03




   八幡神社前の奈良橋の里では、今でも「稲荷講」を続けています。正一位稲荷大明神を祀りし、豊作、家内安全を祈願するもので、二月の初午の頃におこなう行事です。
   会場の正面には、「正一位稲荷大明神」の掛け軸を掲げ、米、塩、魚、野菜、果物などの山の幸、海の幸をお供えします。神主さんの祈祷の神事が終わると、神主さんの講和、講元さんの挨拶、講椀組合の会計報告があり、その後は酒を酌み交わし、カラオケなどの宴会になります。
   稲荷講を「おひまち」とも言っています。「お日待ち」と書くのでしょうか。昔は、「宿」となった人の家に寄って、イモの煮っころがしなど手近にあるものを肴に宴会をしていました。
   宿は順番に回ってきます。昔は40軒以上が入っていましたから、約40年に一度、宿が回ってきます。 今は会費制で、鳥山を会場にして行っています。この準備は、宿になった人が、会場を決めたり、会費集めをはじめ、すべてを準備します。宿の人は大変ですが、講の人達が楽しく過ごす、新年会のようなものでしょうか。  
   今年は、わが家が宿になりました。 (奈良橋・N)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。