わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



101〜120




101 赤い実は、みな「ぐみ」 ?


          

2002・05


   早春、雑木林の落葉小低木に、小さなピンクの花が咲きます。「うぐいすかぐら」です。いち早く狭山丘陵に春到来を告げてくれる花、その象徴とも思えます。そんな花との出会いを歌に詠み、新聞に投稿しました。

この花の名を教えたくて待ちており
          林のへりのうぐいすかぐら

    この歌が「朝日歌壇」に採られました。新聞で歌を読んだという人から、「教えたくて待ちおり」のその人は誰か、と、電話やはがきが届きました。恋人? と見た人もいたようです。 「ご想像に任せます」と答えましたが、そう見て貰えばそれはそれで、作者冥利(みょうり)につきると言うものです。
   この新聞がお手元に届く頃、この木には赤い実が熟れ、食べられます。東大和ではこの実も「ぐみ」と呼ぶと聞きました。 赤い実に共通の呼び名として、そう読んでいたのかも知れません。 (狭山・数)

102  だんご屋の椅子(ベンチ)


          

2002・06


   志木街道沿いの狭山四丁目に、焼きだんご屋があります。 しょう油味のだんごの焼ける匂いに勝てず、時々寄っています。 ここの主人(67)の器用さは仲々のもの。切り文字の店の看板や、のぼり旗は、みな手づくりと言います。
   だんご屋と、その近くのバス停に、最近、手づくりの木製ベンチが置かれました。足弱の老人やバスを待つ人から喜ばれているというので、話を聞きに行って来ました。 「このベンチは、手づくりですか?」「そうだよ…」ちょっぴり自慢げに、主(あるじ)は言いました。
   店の前のべンチには、大きく「焼だんご」と切り文字の広告が入っています。 なかなかの 商売上手とお見受けしました。「バス停のべンチは、本来なら西武バスが置くべき・・・」とだんご屋主人。「でも、数が多くて管理しきれないでしょう」と、私。 
   ここの主人は話し好き。客とのやり取りを楽しんでいます。バス停まえのベンチに、広l告は入れられませんでした。 さればと、背もたれの横板に「たばこ 空缶 ぽいすてやめて」の文字を、控え目に入れました。 常々から思い続けていた、だんご屋主人の地域社会へのメッセージです。  (狭山・数)

103 東大和のシンボル 狭山緑地を歩こう

          

2002・07


   病後の体力づくりのため、しばらく中断していた散歩を再開した。 多摩湖周辺の緑道や公園を気ままに歩いているが、久しぶりに市立狭山緑地に足を踏み入れた。
   この日は東側半分だけ歩いたが、「荒れてるな」との印象だった。 民家との境界の朽ち果てた木柵や、産廃業者の廃棄物の山が今にも崩落しそうな姿だったからだろう。
   それから旬日を経た梅雨の晴れ間にもう一度緑地を歩き、先日の印象が杞憂だったことにほっとした。枯れ木や枯れ枝を切って束ねてあったり、木道を補修したり、予算をかけないで管理に苦労していることが窺えた。 気分も晴れ、濃くなっ木々の緑、鳥の嘲りなど自然を満喫した。
   それにしても、こんな好環境の緑地に人影がない。出合ったのは総合学習とかで自然観察をする中学生の一団だけ。多摩湖周回道路や狭山境緑道の賑わいに比べて段違いだ。 管理事務所で貰った案内栞は手作りの温もりは感じるが近隣他市のこの種のチラシに比べて見劣りがする。
   「うるおいとふれあいのあるまちずくりを目指す東大和市のシンボル(前記案内栞)」として、大ぜいの市民が利用するよう、市報などでの宣伝、案内板や案内莱の置き場の設置などを望みたい。 (狭山・I)

104 甘い梨より「うまい梨」
                         好評です東大和の梨 


          

2002・08


ナシ

   市内のところどころにある「梨園」、市内では十六軒の農家が梨を作っています。  生産組合を作り、都や市と協力しながら、食べる人も、作る人も安全な農業をめざしているという話でした。 
   始まってからもう五十年、東大和の「土」は梨には合うようで、面積こそ少ないものの、たくさんの品種が作られています。 甘い梨より「うまい梨」を作ることを目標に、研修会をもったり、農薬を少なめに有機肥料をたくさん使い、土を豊かにする、除草剤は使わないなどの努力をしながら、組合員全員でそれぞれの農家を回り、経験を聞き、意見を出し合い交流を深めています。 
   こうした努力の結果、多くの農家で跡継ぎができたことがうれしいと話していました。   果樹は、天候に左右されることが多く、苦労も多いようですが、今年は豊作になりそうという話でした。  販売は、ほとんどの農家が直売です。地方発送も受けつけるそうです。 (清水・H)

105 永く残してほしい 圓乗院の山門


          

2002・09


   狭山丘陵の南の峰、狭山三丁目に、圓乗院というお寺があります。 道路から石段を上がると、りっぱな門があります。鐘楼門といわれ、二階につり鐘があります。 
   寺の伝えによりますと、この山門は、1749年(寛延2年)に建てられ、同じ頃に、梵鐘も作られました。 それから、250年、地域の人達の協力のもとに修理をかさね、現在もその姿をとどめています。 はじめは、茅葺きであったものでしょう、 近年になって、瓦葺き、トタン葺き、現在は板で葺かれています。 
   鐘も、二百年間、時を知らせてきましたが、太平洋戦争で、金属の供出(政府が強制的に品物を買い上げること)にあい、いずこへか持ち去られてしまいました。
   戦後、鐘の無くなった山門の二階は、子ども達の遊び場になったとか。 現在は、鐘や仁王像も作られ、元の姿にもどされています。 近年、木造の古い建物が消えて行く状況にあり、永く残してほしいと思います。
   圓乗院には「むくろじ」の大木があります。 秋にはたくさんの実を落とします。一つ、拾って皮をむいてみてください。きっと子どもの頃の思い出がよみがえるかも知れません。(清水・H)

106 高木神社の獅子舞を見て
                       狐の演技,秀逸


          

2002・10

獅子舞

   九月十五日のよる、高木神社の社前には二基の松明(たいまつ)があかあかと燃え、四方に青竹を立てて注連(しめ)が張られていました。いつもの、闇(やみ)の境内とは違う別の世界がありました。獅子舞が奉納されるのは7時からなのに、30分もまえから私は待っていました。
   定刻、笛の音が一段と高く聞こえ、獅子が勇ましく登場しました。一頭の雌獅子をめぐって二頭の雄獅子が舞います。 ストーリーはよく分かりませんが、獅子舞は、疫病退散を願って奉納されたと伝えられています。激しい動きは、その思いを表現しているのでしょう。
   やがて狐が登場して、獅子とからみます。飛んだり跳ねたり、獅子を翻弄するかのような大熱演。私はすっかり圧倒されました。秀逸でした。約四十分、獅子舞の終わった境内には、また元の闇が戻りつつありました。 どこの獅子舞も、後継者には苦労しているようです。獅子舞にかぎって言えば、若い担い手が立派に育ってきていると思いました。 (狭山・数)

107 大地の偉大な浄化力 
                       きれいになった空掘川


          

2002・11


空堀川.

   空堀川の改修工事がすすんでいます。工事は下流から上流へとすすんで、清水大橋まで到達しました。 これまで空堀川は悪臭を放つ汚水の流れる川でした。いま、改修の済んだところはみちがえるほど澄んだ水が流れています。
   川の三面を固めていたコンクリートが剥がされて、流れる水と大地がじかに触れ合うようになったからでしよう。 まだ生活廃水が流入しているところもありますが、それでも100メートルも流れると川底がきれいに見えます。 大地が大きな浄化のカをもっていることを目のあたりにして強く心をうたれます。
   近頃、清水大橋から川面をのぞいている人たちの姿がよく見られます。橋下の深みにはたくさんのコブナやクチボソか元気に泳いでいるのした。小魚をねらうコサギの端正な姿も見られるようになりました。 先日はルビーのような色をしたカワセミの飛翔にわが目を疑いました。 つり糸を垂れる子ども達の姿が川辺に並ぶ日がやってくるのが楽しみです。(清水・三)

108 人と自然結ぶ水の道 
                       狭山境緑道をある


          

2002・12


お地蔵さん.

   病後の健康づくりに、平坦な道を選んで都立狭山境緑道(多摩湖自転車歩行者道路)を散策している。村山・山口貯水池から境浄水場まで生活に必要な水を送る水道施設を利用した散策路で、里と町をつなぎ自然と人を結ぶ『水の道』武蔵野の道とも呼ばれる。
     東大和から東村山小平を経て西東京に至る10キロメートルの道程で、行動半径を延ばすため自転車と徒歩を併用している。 途中には大小の公園、緑地、雑木林や花園、竹林、ふるさと村などが散在し、自転車を置いて歩き回ったり、一息人れる。 高低、段差がが少ないので車椅子の障害者や高齢者、小児が多く、若者や中年のジョギング姿も見かけ、人が絶えることがない程の賑わいだ。
   春は淡い緑の若葉や桜のトンネル、夏は木陰のベンチで涼をとり、秋は紅葉を満喫する。 洋服を着た地蔵尊や、大きなペットボトルの花瓶に可憐な花が差してあるのも面白い。 何よりも沿道の住民の丹精もあって桜や紫陽花、花菖蒲、牡丹、サルビア、菊、山茶花など四季折々の花々が気を休ませてくれる。 (狭山・M)

109 すずかけと むくろじの実
                         冬の狭山丘陵を歩く


          

2003・01


   久しぶりに冬の狭山丘陵を歩いてみました。 かさこそと鳴る落ち葉の道、葉を落とした木々は、静かに冬の日を浴びていました。 多摩湖の湖水にはたくさんの水鳥が浮いていました、遠くで点のようにしか見えませんでしたが、長い旅をしてきたのでしょうか。 
   十二段の上の広場にはプラタナスが沢山の実をつけていました。 日本名を「すずかけの木」、鈴がたくさんさがっているように実がなります。 一つ拾って手に取ってみました、粟大福のような形をしていました。 図鑑によると、この形で冬越し、春に種が飛ぶと書いてありました。 
   東大和公園の南の入口圓乗院では、むくろじの実がたくさん落ちていました、 落ちた実は、一見、白い梅干しのように見えますが、皮をむくと黒い堅い実があらわれます。 羽根つきの羽根の球になる実です。 
   林の中でもていねいに探すと、この地域で「じんだんぼう」といわれている、くぬぎの実や栗の実もあります。 ただし、歩くのは風のない暖かな日を選んでください。 (清水・H)

110 また一つ消える 戦争遺跡


          

2003・03


   多摩湖下堰堤の補強工事が始まるという。完成まで六年の予定とか。この間、堰堤の上を歩くことはできなくなる。 春を思わせる一日、久しぶりに堰堤を歩いた。 平日にもかかわらず、この日も堤の上はかなりの人出であった。カメラの放列をしく年配者の一群、犬と散歩する人、湖をバックに写真を撮る人たちなど、ここが広く都民の憩いの場になっていることをうかがわせる光景だった。
   そして、ここは東大和に暮らす私たち一人一人にとってそれぞれ特別の思いのこもる場所でもある。 東大和市史資料編2「多摩湖の原風景」によると、堰堤上部の玉石とコンクリートの混じった部分は、太平洋戦争末期に米軍の爆撃から堤を守る耐弾層として補強された部分だとある。この工事には6人の犠牲者もでている。
   東大和には東大和南公園の弾痕生々しい旧変電所をはじめ、先の戦争の被害を物語る戦争遺跡が少なくないが、昨年は旧日立航空機工場の給水塔が取り壊されてしまった。 今度はまた一つ貴重な戦争遺跡が消えてしまうわけである。
   米国がイラクへの攻撃を声高に叫び、日本か再び戦争をする国へと傾いている今日、戦争の遺跡は少なくなっても、戦争の記憶は決して消してはならないと思うこのごろである。(清水・M)

111 「オオムラサキ」が
                       再び空を飛ぶ日のために


          

2003・05


   小鳥が飛ぶように、紫色の羽をひるがえして、大空高く舞う蝶、オオムラサキ、今でも目にうかびます。 東大和から姿を消して四十年、再び、狭山の丘にオオムラサキを長い間の私の夢が実現の一歩をふみ出しました。
   狭山丘陵の一角、老人ホーム跡地に、大きな榎(えのき)があります。 自然観察会の折り、榎があったらオオムラサキが呼びもどせるかも…、そんな一言で運動は始まりました  みんなで調査をしたところ、ゴマダラチョウの幼虫が見つかり、同じ生態のオオムラサキもきっと呼びもどせる、そう考え私の所属する「東大和市環境を考える会」では、林の所有者である、東京都に協力を申し入れました。 
   都もさっそく、木を保護するための柵を作ってくれました。現在、オオムラサキの生息は、武蔵村山市で確認されています。 東大和まであと一里(四キロ)そす。 ただ榎を育てただけでは十分ではありません、雑木林全体を育成、整備していく必要があります。 
   環境を考える会では、この活動を公開で行うことにしました。 市民に、活動の状況をできるだけ多く知らせます、榎にも案内板を作り保護を呼びかけます。 林の手入れなど、作業が必要なときは、市民の方に呼びかけます。 みんなのカで、オオムラサキが飛ぶ日が来ればほんとうの市民の林になると思います。 (清水・H)

112 圓乗院のむくろじ


          

2003・06


   朝の散歩に、いつも見上げる大樹があります。圓乗院(狭山)のむくろじです。これほどの大樹は、東大和でも珍しくなりました。 5月から6月にかけては、新緑の季節で、淡い緑の若葉を枝いっぱいに付けます。下から見上げると、天童(てんがい)のように枝を広げ、若葉を通して光が透けて見えます。何とも清々しい思いにさせられます。
   寺の長老は、今年、92歳になります。この寺に来たのは昭和9年(1934)24歳の時だと聞きました。 その頃、すでにこのむぐろじの樹はあり、「このくらいの太さがあった」 長老は両手で輪を作りました。 この話から推して、樹齢は、優に百年を越えているでしょう。 太い幹の皮が、次々に剥がれていきます。 幹が今も太り続けているからでしょう。いのちのたくましさを感じます。
   むくろじの世話で大変なのは、無数と言って良いほどにある落ち葉と落とされた実の掃除だと聞きました。 そうだろうなと、私も思います。 (狭山・数)

風つよき よるの明けたる寺の庭 
          長老九十二歳 むくろじを掃く 

113 多摩湖ー2003・6・30
                         堤体工事始まる


          

2003・07


   村山貯水池(多摩湖)の堤体強化工事が始まりました。堤防の上は、すでに立ち入り禁止になっていて、フェンスが張られています。そのはずれから覗くと貯水池は、底が見えるほどに水が引いていました。
   27年まえの冬、市民参加で湖底の遺跡璃査が行われたときに歩いたと同じ姿が、目の前にありました。 遺跡調査は、1ヵ月で終わりましたが、こんどの工事は7年にわたります。ほとんどの水の抜かれた貯水池は、飛来する水鳥の戸惑い、周辺の湧水の減少など、自然への影響は計りしれないものがあります。
   自転車を押して土手を降り、都立狭山公園へ入りました。目に入る樹木のほとんどに、ビニ−ルテープが巻かれています。伐採を示す目印でしょう。 伐採される樹は、約200本と発表されています。太いのもあれば、さほどでもないのも混じって様々です。
   工事が終わったら、また、植樹をすると言います。しかし、ここまで育つのに何年かかったと思っているのでしょうか。 多摩湖の上堰堤が竣工したのは、大正11年(1922)11月。その時の植樹と考えても、80年が経っています。それだけの歳月を掛けて、今の公園はあります。「破壊は一瞬、復元は大事業」です。「堤体強化工事」がその代価に見合う仕事なのか、私には疑問が残ります。(狭山・数)

114  多摩湖のできた頃


          

2003・08 


   多摩湖(村山貯水池)は、堤防強化工事のために水が抜かれ、昔の地形があらわれています。 この地域は宅部(やけべ)といわれ、静かな田んぼの広がる農村でした。 
   山あり、谷あり、田んぼ、ため池、大木、そして祠(ほこら)、春はつつじが咲き、夏には蛍が飛び交い、秋にはたくさんの柿がなる「となりのトトロ」に出てくる風景そっくりと語られています。
   江戸末期の文人、大久保狭南も「武野八景」という本の中で「宅部の寒雁」という冬にカリの飛ぶ様子を漢詩に残しています 大正のはじめ、この静かな寒村に降って湧いた貯水池を作る話、当時のこととて公共事業という名目で、一方的に価格が決められ、土地は取り上げられ、村人は立ち退きをさせられました。 この結果東大和の大半の水田を失うことになります。 
   一方、貯水池工事が始まると、工事に働く人が必要になり、桂庵と呼ばれる労働者を集める事業を始める人、土木工事を請け負う企業があらわれ、たくさんの人が貯水池を作る工事に雇われます。 工事にくる人たちに弁当を提供する弁当屋も店をひらきます。 またこの工事に便乗して、水力発電所をつくろうと呼びかける人まであらわれます。
   昭和の初め、多摩湖は完成します。 鉄道もひかれ、桜の名所としてたくさんの人でにぎわったといわれていますが、これといって地元の産業として残るものもなく、再び、貧しい農村にもどってゆきました。 (清水・H)

115 郷土の味 手打ちうどん


          

2003・09


   市内や近隣市で、うどん屋さんが目につきます。時間帯によっては行列もできるほどの繁盛ぶりで、郷土の味、おいしい手打ちうどんを食べさせてもらえます。 この地方になぜ手打ちうどんがふるさとの味として栄えたのでしょう。
   この地方、小平・東久留米・東村山・東大和・武蔵村山・所沢あたりまで畑作地帯で、古くから農家同士で結婚し、親戚のつながりができ、食べ物のほうも地域共通になっていきました。
   昔は食べ物も何もなかったし、お祝いごと、不幸、法事、春秋のお彼岸などの人寄せの宴で、ご馳走が出て、最後はあっさりした手打ちうどんが出されました。 お客にとっていちばん手近な御馳走だったのです。
   自分の家で取れた小麦を粉にし、練り鉢でしっかりとこねて、それから長時間足で踏むのです。 ある人は子どものころ「弟の子守りで背中に負ぶって踏まされた」と話していました。 夏は塩を多く、冬は塩を少なくするのがコツで、ゆでるのは男の人の仕事だったようです。
   うどん屋さんも現在はりっぱなお店になり、ほんとうに足で踏んで作るような、おいしい手打ちうどんは、食べさせてもらえないかもしれませんが、この地域の郷土の味、うどん打ちが現在でも古い家では行われています。伝統のうどん打ちの技を新住民たちにも教え伝える場がほしいものです。 (奈良橋MNS)

116 駅前ひろば BGMつきビラ配布 


          

2003・10


   東大和市駅前広場。時折ギターの音とともに明るい歌声がながれてくることがある。 ストリート・ミュージシャンというのだろうか、女性もまじえた数人のグループだ。学校帰りの女子高生たちがこのグループを取り囲むようにして聞き入っていることもある。
   先日、「自衛隊のイラク派兵をやめさせよう」の宣伝行動がこの広場であった。 準備もあって時刻前に行ったのだったが、そこはもう、くだんのグループが演奏を始めていた。 これは困ったと思いつつも、恐る恐る一緒にやらせてもらえないだろうかと聞くと、 「みんなの広場なんだからいいですよ」とさわやかなこたえが返ってきた。 期せずしてBGMつきのビラ配布となった。
   一曲終わると「青年たちに大きな拍手を!」 「どうもありがとう」などとエールの交換も。  いつもは一時間かかる300枚のビラが、この日は30分でなくなってしまった。 ビラの受け取りのよさは、「イラク派兵をやめさせよう」の訴えにたいする人々の関心の強さを示してはいるのだろうけれど、青年たちのかろやかな歌声のちからもあったにちがいない。
   ビラの配布を終えて、「今度はこの運動一緒にやりませんか」と声をかけると、「みんなと相談して」との返事、即答ではなく、「相談して」という返事が、かえって好ましく思われた。  (清水・三)

117 今に残る防風林 樫 「かしぐね」 


          

2003・12


   台風や火災から家を守るために、家の周りに木を植えました。 一般的に防風林と呼ばれているもので、この土地では、樫(カシ)の木が多く「カシグネ」と呼ばれていま−す。
   高木二丁目のこの家の防風林(写真)は、十三本の樫の木が家の南側に三〇メートルにわたって植えられ、古い木は百年もたっているそうです。 以前あった家は、二階三階のある大きな藁屋根の家で、その項はこの木も今の1・5倍の高さがあったという話です。  
   樫の木は、常緑樹で、四季を通じて「葉」があり、火災にも強い木とわれています。  また樫の木は材質が堅く、農具の柄に使われました。 写真のように、いちめん、すきまの無いように作っていくためには、毎年手入れをする必要があり、大変な仕事という話をしていました。  (清水・H)

118 『奈良橋バス停に椅子がほしい』 


          

2004・01


   湖畔に住んでいる高齢者のAさんから、こんな声が共産党西支部に寄せられました。 「奈良橋の立川方面行きバス停付近でバスを待っている間、腰掛けて休める椅子がほしい」という要望です。 理由を聞くと、湖畔から奈艮橋バス停に通じる道路は、坂を登って、それから急な大きな坂を降りなければならない、距離もかなりある。高齢者に足腰に相当な負担がかかり、バス停に着くと疲れがドッとでてしまうという話です。 西支部の人たちで話し合ったところ、スーパー「エスコ」奈良橋店の敷地内にある、青梅信用金庫キャッシュサービス・ボックスの南側の空間に椅子を置かしてもらえないかという結論になりました。
   さっそく昨年12月12日に西支部の人たちと西川洋一市議がエスコを訪問し、店長さんに会って要望しました。 店長さんは「店としては営業上、あの場所に椅子を置くことは何の問題もない、開発本部に話は上げておく、結果は西川議員に返事する」「歩道との境の金網の塀を取り外すことは、持ち主に聞かなければならない」という前向きの返事をしてくれました。 
   早く奈良橋バス停に椅子が置かれて、高齢者がホッと一息つけるようになることを期待しています。  (奈良橋・S)

119 「まれびと」 旅人の伝えた神様


          

2004・01


   多摩湖ができるまで、この地には宅部(やけべ)という村がありました。江戸の文人、大久保狭南が、漢詩「武野八景」に、「宅郎の寒雁」と歌われた名勝の地でもありました。 今からおよそ百年前、私の家が宅部にあった頃、歳(とし)もくれようとする頃、一人の旅人が一夜の宿を求めてきました。 
   夜が明け、旅立ちの時、旅人は、お礼にと赤い紙を取り出し「御幣」を作り、この神は「厄神(やくじん)」といい、一家が無事で過ごせるよう守ってくれる神である、この神は一夜の神であり、大みそかに泊り、元日には旅立って行く。 家人が起きている間は、灯明を絶やさぬようにと言い残して去って行きました。 
   それから百年、時代は大きく変わりましたが、今でも多くの家に祀られています。 
   まれびと、いずこの地から来たりて、人々に「しあわせ」をもたらし、いずこの地にかに去って行く、それは人だけではなく、花であれ、鳥であり、動物であり、雪であるかも知れません。 皆さんの家にも、今年はきっと訪れるかも知れません。 (清水・H)

120 多摩湖ー2004・2・28
                       耐弾層撤去し砕いて再利用

 
          

2004・03


堤防工事..

   本欄に堤体強化工事に着手した多摩湖の様子を書いてから、7ヵ月が経ちました。2月28日(士)多摩湖周辺で活動する自然保護団体への、工事の進行状況の説明と現地見学会に参加しました。
   今は、準備工事の段階で「耐弾層」を撤去し、破砕する仕事が進行していました。耐弾層とは、第二次大戦中に空襲から貯水池を守るために堤防の上に築いた玉砂利とコンクリートで固めた覆いです。厚さはおよそ2メートルと言います。 
   工事前、多摩湖の堤防へ入るには、平地から斜面を上りました。その斜面の高さに「耐弾層」は盛られたのです。その状態がよくわかるのは、堤防の東の外れにある「欄干」(「高欄」とも呼ぶ)です。 むき出しになったその欄干を見上げると、白い部分が耐弾層と呼ばれるコンクリートに覆われていた部分で、そこまでの高さが約2メートルあります。
   撤去された耐弾層のコンクリートは、貯水池北側の破砕工場で細かく砕き、材料として再利用するため、貯水池内に白く積み上げられています。 撤去した耐弾層の中から、昭和初期の転落防止の欄干がでてきました。モニュメントとして残すことを今、検討しているそうです。(狭山・数)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。