わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



81〜100




081 空堀川を親しめる川に
                       進む市民の取り組み


          

2000・03


   市内を西から乗に流れる「空堀川」の改修が始まっています。 空掘川は、その名の通り水のない川でしたが、今は工場や家庭の排水が流れています。 大雨が降ると洪水を起こすということで改修が進んでいます。 
   改修が終わった東村山地域では川幅は3倍位になりその一部は親水河川として川に入れるように作られていますが、大雨が降ると土砂が流され、探い掘の中を悪臭を放つ水が流れています。 
   2月5日、柳瀬川・空掘川流域の環境保護団体と、埼玉県、東京都の担当者で「水環境保全のとりくみ」をテーマに「柳瀬川流域フォーラム」が開かれました。 治水のため広い川幅になっても、両岸はコンクリート張り。 直線に近い流れのため渕もできず、魚が棲む森陰もない。 まさに人工の排水路という状況を少しでも変えようと、桜の木を残したり、森や林を残したり、炭を焼いて川に入れ、水をきれいにする取り組みが報告されました。 
   東大和市環境を考える会も、市民の協力で空堀川、奈良橋川の清流復活をめざして、池を掘ったり、雨水を地下に溜めて少しづつ川に流す役割をになう雑木林の再生(保全)にとりくんでいます。 池に湧き水が甦り、トンボやカワセミもみられるようになりました。 雑木林にシュンラン、リンドウ、ヤマユリが咲く林になりました。 数年後にはきっと良い報告が聞けるでしょぅ。 (清水・H)

082 「たこ揚げ今昔
                 糸の主流はナイロンに」


          

2000・04


   一月のある朝、雨戸を開けたら、たこ糸くらいの太さのナイロンの紐が二階の屋根からぶら下がっていた。何だろうと庭に降り、引っぱったら次々手繰り寄せられ、最後にプラスチック製の糸巻きが転げ落ちた。紐の長さは、20メートル弱あった。
   たこ揚げに使ったものだろうと見当はついたが、念のため、近所で文具と雑貨の店を開いている老主人に見てもらった。「木綿のたこ糸もあるけど、主流はナイロン製になったようです。これは上等品だ‥もともとは釣糸だけどね」「でも、ナイロンだと糸と糸が結べませんね」「合わせた糸に熱を加えて、接着させるんです」
   私が、子どもとたこ揚げをしたのは三十年ほど前になる。揚げていたのは、手づくりの「ぐにゃぐにゃ凧」と呼ばれるもので、ビニール一枚と竹ヒゴ二本で作った。作り方は当時の新聞に出ていて、簡単に作れた。風をはらむと、垂直にぐんぐん上がった。たこは、畑の中の小高い原っぱで揚げていた。今、その原っぱは消えて住宅が立ち並んでいる。
   我が家の屋根にナイロンのたこ糸を引っ掛け、飛ばされて行ったたこはどこで揚げられていたものだろう‥。 (狭山・数)

083 こどもの四季 『春』


          

2000・05


散歩ロゴ こども

   とりこんだばかりの日なたのにおいのする布団によりかかる。ひらひらと踊りながら落ちてくる桜の花びらを眺めながら、うとうと‥‥。 どこからか、みみざわりのよい音楽が聴こえてくる。いや、音楽じゃない。声だ。子供の声だ。楽器のような、響き。 
    外を見ると、陽だまりの公園を小さな子らが、花びらをつかまえようと、くるくる回っている。 春の光は、その子らの髪に金色の輪をつくり、さらさらと揺らしている。
   二階のベランダ越しに見ているのが、なんとも勿体ないような気がしてきて、急いで外に出た。 うぶ毛の先きまで金色に輝かせながら、頬や耳たぶを桃色に染めて遊ぶ子ら。 
   この子らが成長したとき、その声はまだ楽器の響きを残していようか。 花びらと戯れる無邪気な心を残していようか。 そしてこの土地には、豊かな自然が残り続け、春を、桜を、陽の光を、恵み続けてくれるのだろうか。
   私たちは守っていけるだろうか、子どもたちの未来と自然を。ブランコに揺られ、ふと気づくと膝の上にも花びらが揺れていた。(奈良橋・八戎)

084 四季折々の移り変わり
                       三千七百歩の散歩道


          

2000・06


   糖尿病と診断され、医師から食事のカロリー制限、運動による減量を申し渡された。長続きさせる運動には、「散歩が最速」とすすめられ、一回40〜50分程度の計画で取り組むことにした。 
   午前五時半、狭山五丁目の我が家を出る。志木街道を越え、円乗院の脇から都立東大和公園の道に入る。 突き当たったら左折、やがて水道事務所側の公園出口だ。 左手の眼下に市街地が広がる、 
   その眺望がすばらしい。急坂を降り、再び志木街道を渡る。塩釜神社の横を抜けると、旧農道幅ほどの細い道が曲がりくねって続く。やがて新青梅街道、左折すればもうすぐ自宅である。少し汗ばむほどの運動量(万歩計で約3700歩)だ。
   このコースは、住宅街、畑、雑木林と変化に富んでいて、私は気に入っている。四季折々、雑木林の移り変わりが見られるのが、何より楽しい。 初めての日(5月4日)カマツカの白い花が咲いていた、この木で鎌の柄(つか)を作ったのが、名の由来と言う。 
   一週間ほど遅れてサワフタギ、続いてエゴノキの花が咲いた。晩春から初夏にかけてこの道の雑木は揃って白い花をつける。 この道には、食べる楽しみもある。オレンジ色に熟した苺(モミジイチゴ)の実である。夏の収穫の日が待ち遠しい。(狭山・数)

085 こどもの四季 『夏』


          

2000・06


散歩ロゴ 子どもと西瓜

   ベビーラッシュだ! 2000年に出産する友達が11人もいる。 少子化なんて本当かしらと思えるほどだ。 横では我が家の2人の怪獣達が西瓜にかぶりつきながら日焼けのくらべっこ中‥蚊に喰われた数までが競争になる、この後は種の飛ばしっこらしい。 
   夏というのは子供の季節だとつくづく思う。暑さにへこたれる大人を尻目に、太陽も山も海も子どもたちのオモチャだ。 カブト虫や花火や金魚すくいはやがて君たちのキラキラした思い出になるのだろう。めいっぱい夏を楽しんで大きく大きくおなり。
   テレビが今日もまた、親が子供を虐待死させた事件を伝える。その3秒後は大企業倒産のこユース、なんて世の中だろうか。表情のないアナウンサーは淡々とした口調で、天気予報を読み上げる、梅雨明けしたようだ。せめて空だけでもカラッとしておくれ! (奈良橋・八戎)

086 関東大震災の思い出
                         竹やぶに蚊帳を吊って


          

2000・06


   狭山老人会「福寿会」総会後の懇親会は、古老たちの大和村の昔話が聞けるから楽しみだ。 狭山一丁目在住のKさんは、関東大震災の思い出を話してくれた。 当日は、はるか都心の方角が真っ赤になっていたことを、子ども心に覚えている。
    当時の大和村は頑丈な柱に支えられた藁葺き屋根の家が多く、震災で倒壊することはなかった。 それでも住民の多くは、「竹やぶなら安全」と竹やぶに避難して寝泊まりした。 ヤプ蚊が多く蚊帳を吊って寝た。
   そのうち、「朝鮮人が暴動を起こすらしい」とのうわさが飛びかった。 「今でいう流言飛語であるが、村の消防団員を中心に竹槍をつくって警備に当たった」という話を後に聞いた、とのこと。 私は、時の権力の暴圧の史実を、目のあたりにした思いで頷いた。
   狭山四丁目のМさんが話の輪に割って入ってきた。その頃の大和村狭山地区は、今の第六都営住宅周辺など見渡す限り桑畑だった。 現在の西武信用金庫の東角には馬頭観音像が立っていた。 電柱もない一面の桑畑は、格好の子どもの遊び場で、たたみ一畳ほどもある大凧を、何十人もの子どもたちが集まって揚げたものだ、と。 何とも牧歌的な話である。( 狭山・松)

087 こどもの四季  『秋』


          

2000・10


散歩ロゴ 月""

   脱ぎ散らかしたまんまのスカ-ト、裏返しの靴下、どろんこの半ズボン、やれやれ。 洗潅機の中へ放りこむ、風呂場から、ふたりの笑い声がする。ざぶん− ざぶん− キャハハハ! もぐりっこしてるな、おいおい、お湯が無くなってしまうよ。
   学校のプールはとうに終わった。拾ってきた貝殻の潮のにおいも消えた。 君たちの夏はいってしまった。背中や胸にはまだ水着のあとが残ってるけどね。
   気がつけばもう秋、空はおんなじ空なのに、どうしてこんなに違うのだろう。 その青さは澄み渡って、どの季節にも無い青だ。高くつき抜ける空には、天女の羽衣の雲が漂う。 燃え立つような紅葉の森にはどんぐりが転がる、そして、子どもたちは落ち葉の中を駆け回る。 明日は、多摩湖まで行ってみようか。
   三年生のお兄ちゃんが、オリンピック番組の録画を見ながらつぶやく。 「いいなあ、プール。」金メダルよりも水遊びがいいらしい。一年生の妹は窓のそばを跳ねまわり叫んでいる。 「また、おだんご食べるの?」 ああ、満月なんだね、ウサギさん。  (奈良橋・八戎)

088 東大和公園に狸が?
                       散歩の効用二つ、三つ


          

2000.11


   朝の散歩を始めて六ヵ月が過ぎた。その効用の第一は、糖尿病の状態を示す血糖コントロールが旨くいっていることだ。 散歩を始めるまえ8、4%あったヘモグロビンAIC(月平均の血糖値で、6%以下を目標(理想)、7%以下が(良)とされている)が、5,3%まで下がった。
   十月のへモクロビンAICの数値は、6、1%で、五ヵ月間、6%前後で推移している。医師からも「コントロールは旨くいっている」と評価された。 ほめられればうれしいもので、散歩の励みともなっている。 減量は、必ずしも旨くいっていない。75キロの体重が一時、72キロになったが、十月の計量では74キロ。行きつ戻りつしている。
   散歩コースの都立東大和公園の木々も葉を落とし始めた。林の道もこれからは日を追って明るくなり、季節のうつろいを感じさせる。

   道よぎり 薮に飛び込む獣あり 姿かたちは狸に似たり

      十月のある朝、圓乗院の近くを脱兎の勢いで走る獣を見た。口がとがり、毛は縦に縞がある。尻尾はずんぐりしている。 あっという間の出来事だったので狸とは断定できないが、住んでいる可能性は否定できない。  またの出会いが楽しみだ。その時はもっと良く見てやろう。 (狭山・数)

089 大きい、森や林の役割 「森の保育園」の話


          

2000・12


   今年の夏、群馬県玉原高原のブナの林を歩きました。風雪に耐えて大きく成長したブナの大木と、落ち葉が積もった林床は、ふかふかのジュータンの上を歩いているようでした。 会社でのストレスも解消しました。そこで、講師から「森の保育園」の話を聞きました。
   ヨーロッパのある保育園で、ストレスのたまった子どもが増えてきたことから、保母さんが近くの森に連れて行くようにしたところ、ストレスがやわらいだ。 その体験を聞いて各地から子どもが集まり、病状が良くなって家に帰って行くようになった。この保育園は「森の保育園」として知られるようになった。という話しです。
    人間を含む動物は、植物の恩恵を受けて生活していることは誰でも知っているし、散歩が健康に役立つことも広く知られています。しかし、森や林がどれだけ私たちが生きていくために役立っているか、自然環境の面からの体験が少ないように感じます。
   林には四季折々の花が咲き、川には清らかな水がながれ、魚が泳ぐことが、「見て楽しい」という以上に、私たちの生活の大きな役割を果たしていると私は思います。

090 こどもの四季  『冬』


          

2001・01


散歩ロゴ 冬柿"

   また十代の子どもが殺人を犯した。今年になって何度おなじようなニュースを聞いただろうか。 いじめや家庭内の問題、学校の在り方など、原因とされることは多い。 バーチャルな体験ができるゲームや映像は溢れているが、痛みや感傷はともなわない。
    人生で一番大事な心の土台を築くべきときに、その子らの中に広がった深い闇。他人事ではない。
   木々はすっかり葉を落とし、冬空を刺すように立っている。 一瞬の陽ざしも逃さぬように身構えているようだ。すべては春のため。花を咲かせ、実を結び、命を継いでゆく。
   無駄なことなんてひとつもないんだよ。辛い事、楽しい事、悲しい事。すべては春のために、君のためにあるんだよ。 春を待たず闇に呑み込まれてゆくな、子供らよ!  「おかあさん、あたし生まれた時痛かった?」一年生の娘が聞く。 「痛かったけど、うれしくて痛いの忘れた!」
   「エーツ? よくわかんないよう!」わかるさ、そのうち。 体の痛みも、心の痛みも体験するだろう。 でもきっと、春は来るからね。(奈良橋・八戒)

091 森や沼を守った農民
                       東大和の「つちのこ」伝説 


          

2001・02


つちのこ

   昔のこと、多摩湖に沈んだ宅部川(やけべがわ)の源流は人里離れた所でした。大きな沼があり、松や柏が生えて大きな森となり、沼は満々と水をたたえていました。 ここには「槌頭(つちんど)」という大蛇が住み、動物も沢山いました。 
   大蛇に護られたれた沼は、どんな日照りの時も涸れることなく、下流の田畑をうるおしていました。 村人は、森や沼を大切にしてきましたが、江戸・元禄時代になり、幕府の命によってこの森が伐払われることになり、沼の水も減り、大蛇もいずこにか姿を消してしまいました。 
   この蛇は槌の形をした頭をもっており「槌頭」という名がつき、この大蛇の棲む土地を槌の窪と呼んでいました。 この話は、明治の初めに書かれた「狭山乃栞」に載っている昔話で、全国に伝わる「つちのこ」伝説の一つです。 
   その後、槌の窪は、農民によって堤が築かれ、溜め池を造り、林をつくって大切に管理されていました。今でも堤が残っています。 (清水・H)

092 『遠い日の春』


          

2001・03


なわとび こま

   幾日か猛々しく牙をむいた地吹雪もぴったりと止む日が訪れ、やがて田圃や遠い村々をへだてた東の空の霞の中から、出羽三山の主峰『月山』が姿を現すころ、役所から「雪割り」の日の知らせが届く。
   「雪割り」の日は村中総出で、スコップや斧や雪割り専用の鉄棒などを手に一斉に道路の雪を割るのである。 割られた雪は路の両側にうず高く積まれ、この日を境に馬橇は馬車に変わる。この冬はもう終わりなのである。 だから人々はこの日をうき立つような気持ちで迎えるのであるが、とりわけこころ待ちにしているのは子どもたちである。
   子どもたちは大人にまじっておもいおもいの道具を、底はまだ固い氷の雪に突き刺し打ちつけ、誰が大きな固まりを掘りおこすかを競うのである。 畳一枚ほどもある固まりを掘りおこした者はまるで英雄なのである。ポカリと起こした雪の固まりの下から真っ黒な地面が現れるのは、何とも言えぬ喜びである。
   黒い地面は乾いて急速に白い地面に変わる。それを待ちかねて男の子はコマ回しを、女の子たちは縄とびやゴムだんを一斉に始める。 そのころ、子どもたちにとって「雪割り」はまさに春を掘り起こす行事なのであった。 (清水・英)

093 こどもの四季 『春』


          

2001・04


散歩ロゴ こども サクラ

   今年の桜は気が早い、寒かった冬のうっぶんを晴らすかのように我先に咲きはじめた.。桜ほど日本人に愛されている花はない。風にひらひらと舞い散る桜の花びらには、そこはかとない郷愁がただよう。
   富士山とならんで日本を代表するイメージを持っている花だ。子供の頃は、お花見というだけでうきうきした。 去年の今頃、娘は桜の木の下で一年生になった。 一年のくらしの節目、春をいろどっているのが桜なのだ。 ところが、である。日本人は国を代表する花すら大事にはしなくなった。きれいな時だけめでて、散ったあとはしらんぷり。花見のゴミは地面にちらばり、折られた枝は踏み付けられる。これは今の日本の姿だ。
   便利で快適な生活とひきかえに、私達は美徳や恥を知る心をなくした。親がそうだから子供速までが、物を、気持ちを、大切にしない。 美しく見える富士山もゴミだらけだそうだ。 外国人記者が、皮肉をこめて「これが日本の心の象徴の山です。」とつたえていた。
   「おかあさん、わたしねお花屋さんになれる?」 娘が聞く。おお、大変だ。それじゃあまず、お花を大事にするところから始めないとね。(奈良橋・八戒)

094 湖畔の四季の景観
                赤松の枯れ死を救う手立てを


          

2001・05


   狭山公園は楽しい散歩コースの一つだ。 湖面を賑わしていた鴨たちが北の国に帰ると,桜の花が湖畔を飾る。今年は季節はずれの雪におそわれ、途中で駄目になるのではと心配された花たちは、それでも負けずに咲き通して私たちの目を十分に楽しませてくれた。
   そして今は新緑。胸の奥まで緑がしみ込んでくるようだ。夏は降りそそぐ蝉しぐれを浴びながら歩くのがいい。 秋、たっちゃん他のほとりの逆光に映える紅葉の色もまた言いようがないくらいだ。
   殊に、すらりと伸びた赤松の姿は狭山丘陵の豊かな景観の中でも四季を通じ王者の風格と言えよう。 ところが、今年はマツクイムシにやられた赤松が例年になく目につく。立ち止まって見回すと十本はくだらない痛々しい姿が目に入る。この調子で枯死がすすめば十年ともたたないうちに赤松は姿を消すだろう。
   環境を考える会の秋山さんは「枯死を防ぐ有効な手立てはまだないようですね」とおっしゃる。 クローン人間まで話題になるこの頃、人間の尊厳を犯す科学の「進歩」の一方で狭山丘陵の赤松は助ける手立てもなく枯れてゆく。 クローン人間の出現や核兵器よりも狭山丘陵の赤松を救う科学の進歩を私は切に望む。(清水・英)

095 『姑の旅立ち』
              引き合った魂の深い因縁


          

2001・06


   姑が今年、四月一日の深夜に旅立った。 大正元年生まれ、89年の苦労の一生だった。19歳で結婚、 夫を戦争に取られ、留守中稼業の農業と3人の子どもを育て、戦後の混乱期を切り抜けた。 
   54歳で夫に先立たれ、人の世の不幸を全部背負ったような人生だった。 死に際だけでも楽にと願ったが、80歳を過ぎてから二回の脳梗塞に見舞われ、右半身不随となった。  精神も損傷を受け、感情表現も出来ない状態で、生きているとは名ばかりの日々であった。 
   ことし一月末、体調を崩して入院、危篤状態となった。かねての希望通り、終末医療はしなかったが、危常状態のまま、うとうととまどろみの日々を、ニヵ月あまり過ごした。
   四月一日、深夜11時15分息を引き取った。 姑の命日は翌四月二日。 この日、夫が迎えに来ることを彼女はまどろみのなかで分かっていたのだろうか。待ち切れずにそっと旅立ったようだ。 私はこんな神秘的なことを信じない性質だが、夫婦生活35年、そして、旅立った夫を慕い続けた35年を思うとき、引き合った魂の深い因縁を信じないわけにはいかない。(清水・塩の道)

096 こどもの四季 『夏』


          

2001・08


散歩ロゴ ボンボン

   「おかあさ−ん、お兄ちゃんがイジワルした」「してないだろ!」やれやれ、また始まった。 三分おきにケンカだ。 よるとさわるとケンカするくせに、くっついている。仲がいいのか悪いのか。
   あれあれ、大変、取っ組み合いになった、裁判官の出番のようだ。 「こら−つ!」  また夏がやってきた。今年は、とびきり暑い。あったんだか、なかったんだかわからない梅雨を蹴散らしてやってきた。 異常な暑さだ、自然が段々と壊されて今や異常気象は珍しくもない。
   異常はまだある、便利で快適な生活には、大きな落し穴があった。自らが創り出した文明や社会が、人間自身を蝕み始めたのだ。 資源を喰い尽くし、自然を破壊し尽くしてなお、人の欲望はとどまることがない。挙げ句の果てが暴力だ。 聞くに堪えない話が毎日耳に入る。そして犠牲になるのは、いつでも弱い者だ。
   「おかあさん、どうして赤ちゃん死んだの?」娘が聞く ぎよっとして見ると、テレビには虐待されて死亡した乳児のニュ−スが流されていた。この子の夏はもう来ない。花火を見たり、スイカを食べたり、友達とプールにいくこともない。
   気付けば、お兄ちゃんもやってきて、じつとその画面を見ている。 見せたくないニュースと、答えにくい問い掛けに黙っていたら、「こころが悪くなっちゃったんだよ」お兄ちゃんが言った。  「なおんないの?」「やさしくなったらなおるんじゃねえの?」ああ、そうだよね。ハッとしている私の横で二人はもう新しいケンカを始めている。(奈良橋・八戒)

097 祭りばやしが復活
                        狭山神社のお祭り 


          

2001・09


太鼓

   今年も、秋祭りの季節になりました。今年の狭山神社の祭りには、いよいよ「地元」の人達で祭りばやし演奏が行われます。 狭山の祭りばやしの始まりは、祭りばやしの舞台になる「山車(だし)」の記録によると、文久年間(幕末)に作られたもので、この頃すでに祭りばやしがあったことがうかがわれます。
   昭和三十年代まで続いた祭りばやしも、後継者がなく終わってしまいました。 三年前、祭りばやしの復活をめざして有志が練習をはじめ、月二回の練習日ももうけて、「急がず、あきちめず」がんばってきました。
   昨年は、痛みがはげしかった山車の修復もおこない、今年は小学生から高齢者まで二十人が演奏に参加します。 近ごろ、地域のつながりが薄くなっていくなかで、みんなが力を合わせて地域をもりたていくことは、大切なことだと思います。 (清水・H)

098 こどもの四季 『秋』


          

2001・11


散歩ロゴ 枯葉

   秋特有の色がある。極彩色の紅葉の山々。日本の秋の独特の色が溢れる。 それぞれが主張の強い色をしていながら、渾然と溶け合っている。オーケストラのようだ。 さらに、そこには空がある。高く高く突き抜ける青の色。なんという美しさか。自然というものの凄みすら感じさせる。
   そして空は宇宙へつづく扉であり、私達は芥子粒にも満たない小さい命。 荘厳の時のなかでは、人の一生など一瞬の光にしかすぎない。 テレビが映し出すテロの場面。声高に自分達の正当性を叫ぶ男達。手に銃を構えて、神の名を叫ぶ。この場面のどこにも神はいない。おろかな人間たちよ、争って奪いあって、傷つけあって、なにが残る。
   戦地の子ども達が廃墟の中を駆け回ている。この子らは、落葉で遊んだり、雲をゆっくり眺めることもない。 いつ消されるか分からぬ命を必死に守るだけの日々だ。2年生の娘が聞く。  「外国にも小学校がある?宿題もある?」「あるよ。世界中に」、小さいけど、大事な大事な命が世界中にあるよ。 馬鹿な大人たちが、それを思い出してくれるといいのにね。(奈良橋・八戒)

099 こどもの四季 『冬』


          

2002・01


散歩ロゴ ゆきだるま

   雪が降った。すぐに溶けてなくなったが、一瞬すべてが覆われて美しかった。 普段は色が氾藩する街をやわらかく包んでいた。 色に限らず、街は全てが氾濫している。
     子供たちが通学する道には、性を売り物にする看板が立てられている。 お年寄りが腰掛けるベンチには、ファーストフードの食べ散らかし。 歩道に乗り上げた車の前で車椅子は立ち往生する。氾濫というより煩雑、混乱している。 「人にやさしい……」という売り文句の商品は、流行っているものの、肝心の「人」のほうが、人にやさしくない現実。 なにか変だ。
   活字や言葉で、「愛」はたくさん語られるのに、人の中に根付かないやさしさ。 私達がなくしたものは、自然や美徳だけではないようだ。 「クリスマスはサンタさん、みんなのとこに来たの?戦争のとこも?」
   二年生の娘には疑問だらけのようだ。「爆弾あたんなかった? プレゼントあげたの?」  返事ができない。人が人を殺し会う世界をどう説明すればよいか。 やさしさを忘れないようどう伝えていけばよいか・・・一緒に考えるとこから始めようか。(奈良橋・八戒)

100 昔の遊び 「芝そり」


          

2002・03


芝ソリ.

   1月、2月は、寒い日が続きます。子ども達にとって、冬は遊びの少ない時期ですが、その中に、「芝ぞり」というのがあります。 冬の暖かな日、子ども達は「木のそり」をもって、貯水池(多摩湖)の堤防に向かいます。 
   この頃になると、芝も枯れてすべりやすくなります。十二段の滝に沿って広がる芝生を、上からすべり降ります。木立をぬってすべり降りる気分は、気持ちいいものでした。
   しかし、上から下まで、いっきにすべり降りることは、難しいものでした。 そりに「ロウ」を塗ったり、バランスの取り方を考えたり、いろいろと工夫もしました。そりは簡単にできます。自分で角材を切り、カンナをかけ、釘を打って出来上がり。年長者に指導されながらノコギリやカンナの使い方を学んでいきました。 お金がなくても工夫をしながら遊んだ、もう50年も前の思い出です。 (清水・H)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。