わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



61〜80




061 雑木林の会が炭焼き
                       出来た炭は環境改善に


          

1998・05


   狭山丘陵の再生をめざして活動する「雑木林の会」では、今年も「炭焼き」に挑戦しました。 伐採した「コナラ」などを炭に焼いて再利用することを考え、一番簡単な伏焼きとドラム缶焼きにしました。 
   山の斜面に穴を掘り、今回は四方と天井を鉄板で囲い、土を盛って、朝八時に火入れ。 昨年の経験をもとに火を強め、煙の色を見ながら順次火を止め、密閉、一週間後のカマ出しを楽しみに… さて焼き上がりは? 竹を焼いたドラム缶だけ成功し、残りは失敗、伏焼きは全部燃えてしまいした。失敗の原因は、「燃やし過ぎ」「十分に密閉しなかった」などかもしれません。しかし、本当のことは分かりません。  
   そこで再度挑戦、今度は、マニュアル通り慎重に、この新聞が発行される頃は祝杯を上げているかもしれません。 炭焼きで感じたことは、粘土がとれないために、密閉するのに苦労したこと、一回一回天候などの条件が違い、経験不足で判断が分かれたこと、などがありました。 
   焼けた炭はどう利用するか、川の水をきれいにする、空気をきれいに等、環境をよくすることに使えれば一番いいのではないかと、私は思います。 (清水・H)

062 ダイオキシン…子どもたちが危ない


          

1998・06


   爺は、市長さんに手紙を書いた。東大和市は、ダイオキシンに汚染されていませんか、という質問状である。「文芸春秋」(七月号)掲載の(ダイオキシン 所沢は日本のべトナムか)と題する報告を、やっぱりそうだったかという思いで読んだ。
   環境総合研究所の「ダイオキシン濃度シュミレーション」によると、風下の東大和や武蔵村山のほうが、当の所沢市より高濃度になるという。
   話は変わる。犬との散歩道、幼稚園の送迎バスを待つ母子グループ三組と毎朝出会う。立ち話が楽しそうだ。 その輪に加わりたいのに、挨拶さえできないでいる。 帰りには決まつて洗濯物が干してある。  キティちゃんマークのシャツにズボンにタオルが並んでいる。 お隣は男の子だろう。 やんちゃを想像させる干し物だ。
   お母さんの願いや楽しみ、それに苦労も伝わってきて頬笑ましい。つい空を見上げて「お日様、よろしく」と頼む。
   爺は、この幼い子どもたちの将来と、お母さんたちの願いや楽しみを、ダイオキシンが奪うかもしれないと心配だ。しかし、これはお日様には頼めない。そこでまず市長さんに質問することにした。返事がきたら、この欄で報告させていただく。(清水・爺)

063 圏央道反対14周年集会
                       ー裏高尾JC予定地で


          

1998・07


   今年は、友人二人を誘って行った。会場の梅林(圏央道ジャンクション予定地)でプルーシートの片隅を遠慮がちに借り、缶ビールを飲んでいたら、「あの人…」と友人が言った。振り返ると井上美代参議院議員がいた。握手しながら「お若いですね…」と友人がお追従を言う。「皆さんからの若さを貰っているからですよ」。すかさず切り返された。さすが!
   会場にアドバルーンが三本上がっている。「あの位置に道路の橋脚が建設されるのです。 今は何もない空間に、とてつもない建造物ができる。それが周囲の自然と相容れないものであることは誰の目にも明らか。「高尾山は僕たちのもの」との大会宣言が小学六年生・峰尾俊太郎君から提案され「百万人署名」の取り組みが大きな拍手で採択された。
   1…僕たちの住んでる町のそばにトンネルからの排気塔も造られます。空気の汚い高尾山には誰も登りません。絶滅する草木もあるでしょう。 遠足やハイキングに一年間250万もの人が高尾山に登ります。100万人署名といってもその半分以下です。わけないよ、と思いました。高尾山は子どもたちのものです。
   政府に100万人署名を届けて、高尾山トンネルに反対している人が大勢いることを分かってもらいたいと思っています。 来年の集会には、私も署名を持って参加したいと思っている。(狭山・数)

064 武蔵大和駅前の
                       安らぐ風情を惜しむ 


          

1998・08


   武蔵大和駅前は、川が流れ、土手には松や銀杏の大木もあり、駅から降りてきた人が「心が安らぐ」といわれています。 この駅前も道路拡張のために、遠からず姿を消そうとしています。 
   武蔵大和西信号先から東村山赤坂信号までの間、川に蓋(ふた)をして、道路の拡張をする計画が進められています。 川の土手にある「根曲がりの松」は、川の改修を記念して、皇居の土手の松になぞらえて植えられた松の一本であり、 銀杏も昭和のはじめに青年会(団)が記念樹として植えたものが今に残ったものです。
   前川は東大和で唯一の清流の流れる川で、珍しい野鳥のくる川として話題になったこともあります。 今の駅前は、片側にしか歩道がなく、歩行者にとっては危険がともなう場所であり、志木街道も道幅が狭く、拡張が望まれている場所でもあります。 
   しかし、いまバブル時代の経済優先で自然が破壊された反省から、自然保護の方向に施策が進んでいる時に、先人の遺した自然の財産が消えることを惜しむものです。 (清水・H)

065 残したい緑の遺産 
                         欅の大木や雑木林


          

1998・09


   街の大木や屋敷林は、四季折々にその色や姿を変え、私たちの目を楽しませてくれます。東京都の緑の推進委員・東大和地区会は、こうした街に残された緑を長く残すために見学会をしました。   
   雑木林の地主は、亡き主人にかわり、春秋の野草の咲くのを楽しみに手いれを続けています。 大きな欅をもつ家の主人は、先祖が残してくれた財産を私の代で失うは寂しい。 保存樹の手入れには十万円以上もかかるが、今でも落ち葉は農業に使っている。  
   一本の大欅の持ち主は、早世した息子が手入れをした木であり、思い出として残したいと話していました。 それぞれ思いは違っても、「緑の財産」を守って行こうと言う大きな流れを感じました  
   街の林は、住宅が増えるとともに、日陰になる、落ち葉が迷惑だ、手入れにお金がかかるなどの理由で、急速に失われています。これらを「私有財産」と見る限りは、やがて消えて行くでしょう。 「先人の残した緑の遺産」だと考え、行政も、そして恩恵を受けている私たちも、いっしょに考えて、これらの財産を残してゆきたい、そんな思いがしました。(清水・H)

066 子どもの遊びと「むくろじ」の大木


          

1998・10


   狭山の圓乗院という寺の境内に、むくろじ(無患子)の大木があります。 私の子どもの頃(1950年頃)、この実を拾ってきて、皮は泡がでるので石鹸のかわりにしたり、実にニワトリの羽根をつけてハネつきの羽根を作ったりして遊びました。 
   落語の「茶の湯」という話にも出てきます、仕事一筋の人が小憎を連れて隠居しますが何もやることがありません。 そこで「茶の湯」をやろうということになります。緑の色や泡はどうすれば手に入れることができるか小僧にたずねます。 小僧も知りませんが緑の色は青きなこ、泡をたてるのには 「むくの皮」がいいと答えます。 この小僧はむくろじの皮で泡がでることを知っていたのでしょう。  
   住職の話によると「むくろじ」というお経もあるということで、お寺にふさわして木なのかも知れません。 近年になって料亭などがこの実をつないで「箸置」として使うために求めて行くと聞きました。
   植物図鑑によると、むくろじは中部以南に多いと記されています。 いま、さかんに実を落としています。 散歩の折りに立ち寄ってみてください。(清水・H)

067 返事をする「むじな」
                       声はすれども姿は見えず 


          

1998・11


   今から五十年位前、私の子どもの頃は、どこの家も屋敷の回りに沢山の樫(カシ)の木が植えてありました。 大風や火災から家を護ったり、燃料にするためですが、秋になるとどんぐりが沢山落ちます。 
   人々が寝静まった夜更け、外でカリカリ、カリカリ」という音がします。 私は「あれは何の音」と聞くと、家の者が「あれは「むじな」が山から下れてきて、どんぐりを喰べる音だ、「オーイ」と呼ぶと「オーイ」と答える、「呼んでみろ」と話してくれました。 
   早速、ふとんの中から「オーイ」と呼んでみました。 たしかに「オーイ」という返事が返ってきました。 何度でも返事をしてくれます。 月夜の晩に戸の隙間からそっとのぞいて見ましたが、音は聞こえても姿は見えませんでした。 
    やがて、どんぐりを喰べる音も「オーイ」という返事もなくなり、人々は深いい眠りに入って行きます。 昔は、動物と人間は仲良しだったのです。 ところで「むじな」ってどんな動物? 誰も見た人はいません。 (清水・H)

068 たき火と小石のカイロ 子どもの知恵 


          

1998・12

   五十年くらい前(1955年頃)、このあたりは冬ともなると、木枯らしが吹き、霜が降り、池や、用水にも氷が張ります。 子どもはそれでも、元気に学校へ行くため白い息をはきながら広場に集まります。まずは、 みんなで「たきぎ」を集めて「たき火」をします。
   体を温かくしてから学校へ行こうというわけです。 ついでに、たき火に小石を入れておきます。 ほどよく温たまったところで、防火用水に張った氷を持ってきて火を消し、たき火に入れておいた小石を取り出します。 
   ぼろ布に包んでポケットに三つも入れておくと、学校まであたたかく行けます。 即席の使い捨てカイロです。 時代が変わって、子どもが外で遊ぶことが少なくなってきました。たまには落ち葉を焚いて「焼き芋」などやってみてはいかがでしょう。

069  えせ道学者よ 目くじらはたてまい


          

1999・01


   犬との散歩道、壮大な落書きを目にした。画布は簡易舗装の路地。画材はチョーク。制作しているのは、小学校1・2年生ぐらいの少女3人組。物語りを絵にしているらしい。相談しては画面を広げていく。
   そこには少女がいる、花がある、長々と道がのびる。車のクラクションもさして気にしいるようすはない。 こうなると、えせ道学者の爺は、我慢ができない。 懐かしい光景なのに、つい「こら!」と怒鳴った。怒鳴ってから照れることしきり。さんざん落書きして育ったくせに、もう子どもの心を忘れてしまっていると。
    いいではないか、路地なんだ。画用紙に収まらないスケールの絵は、ここでしか描けない。道学者ばかりじゃ子どもを萎縮させる。そう思う反面、暴走族らしい文言「××参上」と大書した落書きが頭をよぎり不安になる。しかし、その不安は消えた。 きれいに消してあるのではないか。 子どもが消したのか、お母さんが消したのか爺は知らない。(清水・爺)

070 空堀川に魚が 残念な魚の大量死


          

1999・02


   空掘川、このあたりは「砂の川」と呼ばれ五十年位前でも、水がきたなくてザリガニしか棲んでいない川でした。 もともと、水源の乏しいうえに畑の中を流れる川で、秋から冬にかけては水のほとんどない川でしたが、住宅が沢山できて下水が流れこみ、今では水のある川、魚の棲める川になっています。 
   川の自然浄化のたまものでしょう。 そこに、突然の魚の大量死、奈良橋川から清水まで500匹以上、何とも残念なことです。 大きなものは50センチ以上もあったということでした。
    川の上から見た限りでは魚がいるようには見えません、こんなに沢山の魚がいたとは驚きです。 原因と思われる工場排水などを調べたが原因は不明と言うことでした。 
   私たち自然保護グループは、自然の回復をめざして山の手入れをし、川の水源となる溜め池を掘っています。何年かたったときに、清流に魚がもどってくることを夢見て。 (清水・H)

071 個性ある街づくりを
                         都市基本計画急ぐな


          

1999・03


   所用で東大和市駅に行き、付近の変貌ぶりに驚いた。歩道部分で拡幅工事が進んでいる。「交差点すいすいプラン1〇〇」という車の渋滞解消の工事なのだそうだ。計画は前からあったのだろうが、私には突然の工事のように思えた。
   拡幅工事で車の渋滞は解消されるかもしれない。しかしそのことで、まちは車の通過点にされ、壊されていく。「東大和の未来(あした)をこんなまちにしたい」という都市マスタープランづくりの地域懇談会(第5回・狭山)にでた。コンサルタントの構想を聞いているうち、私はいらいらしてきて、こう発言した。
   「‥‥計画はきっちりとまとめられ完成予想図もカラフルだが、余りにも箱庭的だ。人が生活するまちの臭いがしない」 コンサルタントに計画づくりを任せれば、A市もB市もC市も同じまちになってしまう。これは避けられない。「金太郎あめ」のようなまちがいくらできても、住む人にとって幸せとはいえない。
   朝日新聞の「ミニ時評」(3月8日)に我が意を得た記事があった。 「住民にとって何が大事だと考えているかを首長はきちん示し、住民が首長や住むまちを選ぶ。そんな当たり前のことがようやく始まろうとしている
   都市マスタープランの計画づくりを、私は急ぐことはないと思う。 (狭山・数)

072 早さを実感した空中散歩
                       多摩モノレール初乗りの記


          

1999・05


   孫娘の幼稚園入園式に行った帰り、JR青梅線の車中で眠ってしまい、立川まで乗り過ごした。 ここからなら東大和市駅までバスに乗るのだが、ふと気が変わりモノレールに乗ってみようと思った。 「立川北」から「玉川上水」駅にでて、西武線に乗り換えればよい。 先頭車両の運転席の後ろに座り、発車を待った。
   電車はやがてゆるゆる動き出した。 空中散歩である、「これは高い…」と思った。 上から見下ろすこの辺りの風景は初めてだ。前方を遮るものがないから、次の駅が指呼の間に見える。  風景は見慣れないと、今どこを走っているのか見当もつかない。五日市街道はどこだろうと思っているうちに越えてしまった。
   「時速はどのくらい出るのですか?」玉川上水駅の駅員に聞いた。「区間によって変わりますが、40キロから65キロは出ます」「そんなに出てますか」 きょう乗った区間の所要時間は、約10分。クルマで走れば、道路の渋滞にもよるが、倍はかかったろう。 都市モノレールの空中散歩は、思いがけずスピードの早さを実感させられる初乗りとなった。 (狭山・数)

073 住宅地での深夜営業
                         『新青梅街道最新出店事情』


          

1999・06


   その店(仲原三丁目)が外装工事を終えたのは六月半ば、これまでの何ともくすんだ色彩とは比較にならぬ派手派手さで、全体が黄と赤に塗り分けられ、西部劇映画のセットのようだ。この店は角店なので、商いの条件としては悪くない。なのに、これまで客が入っていたためしがない。  
   今度は、商売をがらりと変えた。「激安」を売り物にした、ディスカウントストアだ。同じような色彩の看板をよそでも見たことがある。同じ系統の店だったかも知れない。  なにを売ろうと自由だが、問題は、午前二時までの営業時間。幹線道路に沿った場所とは言え、少し南に入れば、そこは住宅地。こんな所で、深夜二時まで人を集めて商売しようというのは、非常識である。
   裏に駐車場はあるが、15〜17台収容が限度。あふれたら、どぅする? オートバイ族が集まって騒いだらどうする?  幸いというか、その店の南は消防署の出張所。深夜騒ぐ者に、その存在がブレーキとなってくれることを期待している。(狭山・数)

074 手作りのうまさ楽しさ
                       共産党後援会がうどん作り


          

1999・07


   そばは「打つ」と言うが、うどんも同じかな? など考えながら奈良橋の西川洋一議員宅に着く。 雨模様の庭に張ったブルーシートの屋根、分厚く大きな麺台、長い麺棒、こね鉢、揚げざるなど何組も用意され、脇のかまどに薪がくべられて大釜の湯がたぎっている。
   うどん作りの経験ある主婦の方お二人が先生。まず小麦粉に食塩と少量の水を加え「塩はひとつかみ」「あらあら水が多すぎる」と指導されながらこねる。こねた玉にビニ−ルをかぶせ、何度もたたみ直しながら足踏みする。これでうどんに力がでてグルテンが強靭になり、肌艶も良くなるのだそうだ。
   駆けつけた小松恭子都議も懸命に踏んでいる。自他ともに「適役」との冗談も。 踏み終わった麺を少し寝かせて、今度は麺台の上で延ばす。この辺の手つきが初心者と先生では大いに違う。たたんで大きな包丁で切る。茹でて水で洗って盛るのであるが、茹でる前に風に当てるとぼろぼろになると言うので気を遭う。
   参加者二十人ぐらいが広間に勢揃いして、自分たちが作り上げた「作品」を大盛りにして乾杯。太いの、細いの、白いのやら、黒っぽいのや様々だが、みんなで作ったうどんのなんとうまいものか。精進揚げがまた良く合う。
   自分の故郷の美味いものの話が飛び交い、今度は饅頭を作ろうか、うどん作りを家でトライしてみるとか、楽しいひとときでした。(蔵敷・井)

075 蝉時雨(せみしぐれ)
                         トトロの世界の思い出


          

1999・08


どうどう

   50年も前、杉並の祖父の家に住んでいた。小学生時代は昭和20年代で、あのトトロのお話の設定よりも10年前であるから、 自作のセミとり綱を持って走り回っていたのはまさにトトロの世界そのものであった。 眼も良かったから高い梢の鳴いていないセミまでも継ぎ足した長い竿でつかまえた。
   セミの種類は今とさして変わらないが、アブラゼミと同じぐらいいた小さい「ニイニイ」ゼミがいなくなったように思う。 ミンミン、ヒグラシ、ツクツクポウシなど羽の透き通った種類は比較的すばしこく、「ギギギギ…」と我が綱の中に捕らえると胸が高鳴った。
   ここ数年病を得ているが、以前福島の駒止(コマド)湿原に行った。六月であったがワタスゲが咲き乱れる湿原の中の低潅木にたくさんの小さめのセミがいた。 羽は透き通っているのだが一緒に行った誰かさんでも手で捕まえたくらい、何かもたもたしている。その鳴き声がおもしろかった。
   「ジュミン ジュミン ジャナジャナジー ジュクジュクジー…」と数種の蝉の歌声を含んでいる。つまりこの蝉は日本の多くのセミの先祖ではないのか。  
   私はリハビリもあり、毎朝狭山丘陵をゆっくり散歩する。立秋を過ぎて蝉時雨も終わりのツクックボウシの季節になってきた。 (芝中・井)

076 身近な鳥たち 団地でコゲラに出会う


          

1999・09


こげら

   昨年五月、私がまだ電動車椅子で動いていた頃、芝申中央公園の桜の木でコゲラを見た。最初は雀だと思っていたら幹を垂直に上りながら虫を探している。背中に白い斑点がたくさんある。
   玉川上水沿いに山地のほうから移動してくるらしいとすでに本で読んでいたが、最小のキツツキの実物を見るのは初めてで感動した。小平の店の「こげらまんじゅう」を貰ったのはその後のことだった.銘菓になるくらいたくさんいるのだろう。
   大型のキツツキもつい先日八幡神社の境内で十分観察できた。芝中の南の空堀川に以前からカルガモの夫婦がその年の子供達を連れてやってくる。今年は最大十羽、泳ぎながらくちばしですくうように水草をはんでいる。親と同じ大きさになってからくるので、よくテレビで見るチビたちを引き連れての光景はどこかで済ませているのだろう。
   飛び立って団地の屋根をかすめて多摩湖の方角へ編隊飛行していくが、水上や地上にいるときと達って首を長く突き出して脚をたたみ大変スマートである。 この二年間で、団地とその周辺で見掛けた鳥は二十種類ぐらいになる。その鳥達を描いて集会所で展覧会でもと思っている。 〔芝中・井)

077 「月と人」兎が餅つくおとぎ話
                       中秋観月会


          

1999・10


お月見

   雲性寺の木立の上に、まあるく明るい月が出てきた。中秋の名月を見よぅというので郷土博物館の裏山の草原に集まる。台風は去ったのだが、再び月が隠れる。「あの雲がなければね‥」雲の悪口を言いながらご馳走や飲み物が配られる。 
   アポロ宇宙船で人が月に到着してからちょうど30年経つが、当時人類の科学カを「すごい」と思うと共に、「月が傷ものになった」感も持った。
   「お月さまに兎が住んでいて餅をついてるのよ」とは、日本のおとぎ話しの最後の「ねた」ではなかったか。どの大人も単純にこれを子どもに話しかけ、どの子どもも「月が地球の衛星だ」と知っていてもそれを「ふ−ん」と聞くことができた時代は過ぎ去ったのか。
   月は常に同じ面を地球に向けている。 そのために同じ模様がいつも見えている。「兎」だの「かに」だのと各国によっておとぎ話しが異なるのだが私には「顔」に見える。どこかとぼけた、しかし「なんでも知っているよ」というような顔である。
   帰る途中、また雲から顛を出した月が話しかけてきた。「いや、今でも月に住む兎の話しをする偉い大人と、それをふ−んと聞く偉い子ども達が所々にいますよ」と。 (芝中・井)

078 「ご起立願います」 幼稚園の運動会で


          

1999・12


   十月の土曜日、孫娘の運動会に招かれ、幼稚園に行った。 聖母会の幼稚園である。女の先生方はすっぽり黒い衣装に身を包んでいる。こんな服装で運動会の指揮が取れるのかとおもったが、きびきびと子供たちを引率し、駆けているのには目を見張った。
   私は、運動会の始まるのを浮きたつ思いで待った。やがて定刻になった。その時、意外なアナウンスが聞えてきた。「国旗掲揚をいたします。ご起立を願います」応援席の父兄がぞろぞろ立ち上がった。私の前の、子を抱いた年配の婦人も、立ったものかどうしたものか迷っていた。
   私は、「立たなくても良いんじやないですか」と言った。「そうですね、子供を抱いているんだから」自分に言い聞かせるように言い、上げかけた腰をまた降ろした。「君が代が流れ、国旗掲揚が始まった。 応援席のほとんどの人が立ち上がり、声には出さないが、国歌も斉唱しているように見えた。 私は、座り続け、黙していた。
   今年、亀井文夫が戦時中に監督したドキュメンタリー映画『戦ふ兵隊』を見た。拡大する日中戦争の「武漢作戦」に従軍して撮影した記録映画である。進軍する兵隊の先頭には、日章旗がひるがえっていた。旗を掲げることで、すべてか免罪されるかのように…
   運動会の終わりも、国旗を降ろし国家の斉唱になった。私は座り続けていた。しかし、こうした個人の意思表示が、いつまで続けられるものか心もとない思いもする(狭山・数)

079 切られた政治ポスター
                          丑の時参り」を想起


          

2000・01


   まちに、衆議院選挙のポスターが目につくようになった。新しいポスターに交じって、前回のものの流用(?)と思えるものもある。 まちの風景は、ひと足早く選挙に向かって動き出している。
   ポスターの中に、顔を切られ、破かれているのがあって、ぎょっとさせられた。誰のしわざか。 「確信犯さ」と言った人がいる。 だとすればなおその行為を私は許せない。 「自分がされて嫌なことは、他人にするな」と私は教えられた。当たり前のことだと思う。
   ポスターの顔が、仮に自分だとしたらその顔を剃刀で切ったり、被ったりできるだろうか。 きっと二の足を踏むに違いない。それがまともな人の常識である。  
   いつ、ポスターが切られ、破かれるのだろう。 まず昼間は考えにくい。多分、夜に違いない。隠し持った剃刀で、顔を切る〜そんな光景につい「丑の時参り」を重ねてしまう。
   「丑の時参り」は、妬深い女が、ねたましく思う人をのろい殺すために丑の刻(午前二時項)神社に参詣した風景。 頭上に五徳をのせ、ローソクをともして手に金槌を構え、胸に鏡をつるし、のろう人を模したわら人形を神木に打ち付けた。 切られ、破られた選挙ポスターに、やった人の心根の貧しさを思った。 (狭山・数)

080 ケータイの普及で公衆電話が減る


          

2000・02


   ある夜、自転車を走らせていて、家に急な用事を思い出した。連絡しようと公衆電話を探したのだが、そんな時に限って中々見つからない。せっぱ詰まってある家の呼び鈴を押し、「電話を貸して下さい」とお願いしたが断わられた。
   考えてみれば見ず知らずの男が突然やってきて、「電話を貸して」と言われれば、私だって断るだろう。頼むこちらが非常識だった。
   ケータイの普及で公衆電希の数が減っているように思える。NTT大和村山局に東大和市の公衆電話の設置台数を聞いた。 大和村山局管内のデータなら「ある」と言うので、台数の推移もついでに教えて貰った。
   デ−夕では、98年3月に578台あったのが、99年12月には565台になった。 一年十ヵ月でまちから13台の公衆電話が消えた。 ケータイの普及で、「公衆電話の利用は減っています」と電話局も認める。 だからと言って、私のようにケータイを持たない (持つ必要がない)市民も少なくないはず。 13台の減をNTTは「13台しか」と言った。不便を体験した私は、「13台も…」と思う。 ボックス型の公衆電話はなくさないと言う。ぜひ、そう願いたい。(狭山・数)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。