わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



41〜60




041 先人の遺した自然をまもろう


       

                「狭山丘陵の生き物たち」の発行  


          

1996・03


    大鷹が舞い、カタクリが咲き、狸も住む林、東大和北側の狭山丘陵は、私たちの憩いの場として、また、近年まで生活に欠かせない林として長い間親しまれてきました。
   今年3月、市が発行した「狭山丘陵の生きものたち」は、丘陵とその周辺に生きる植物、昆虫、鳥、小動物を沢山のカラー写真で紹介しています。 狭山丘陵は、古多摩川の扇状地に残された島で、丘陵の中に谷や湿地があり、多くの動・植物が生育しています。
   人工の林として、広葉樹林としての特徴も持っています。 この林を住宅建設から保存へとねばり強く運動した市民の力と、市の努力も語られています。人工の林は手入れをしなければ維持できません。こうした努力が、いま必要になっています。
    自然は、動・植物にとっても、人にとってもかけがえのない財産です。先人が遺した財産を後世に遺すためにも、いま何が必要なのか。こうした課題を提起しています。(清水・H)

042 容器代、五円のお負け
                         南街の手作り豆腐


          

1996・08


    「おっ、これはうまい豆腐だね」「南街の、栄屋豆腐店のだよ」
   その店を知ってから私は、豆腐が食べたくなるときまって自載車を走らせています。 一丁、120円の豆腐が、容器を持って行けば五円おまけしてくれます。スーパーのレジにはない客へのぬくもりが伝わってきて、嬉しくなります。 昔、と言っても二十年くらい前までは、鍋や丼を持って豆腐を買いに出るのが普通でした。 今、そんな買い物風景は見られません。豆腐は皆、パックされてス−パーに並べられています。
   私が一番旨いと思う豆腐は、製造された日に食べるもので、それも、朝作り、夕方には売り切れてしまうくらいの小さな豆腐屋さんの手作り豆腐なら最高です。 
    きょうも、真夏日でした。こんな日の宵には、冷や奴に冷えたビールがあれば何も要りません。さあ、南街まで一走り。手作り豆腐を買いに行って来よう。 (狭山・数)

043 重い氏神様の責任 秋祭 新氏子の弁


          

1996・11


   清水神社祭礼のお知らせが、各戸に配られたのは八月中旬だつた。それから「秋季大祭」のポスターが、町内にくまなく貼られた。
   9月1日こは、清掃された境内に櫓が組まれていた。お世話役の方々は、いつ頃から準備を始めたのだろうか。お骨折りに心から感謝。
   昔の祭りは、氏子たちの祈りの日であり、感謝の日であり、親交の機会でもあった。また、錬守の森は談合の場であり、ときには一揆の拠点になっている。氏神様の責任は、重大だったようだ。 
   が、今は少し様子が違ってきた。それでも祭りを旧交を暖める日にしている方もあろう。私のような新しい氏子は、知人をつくる機会になる。毎日電車で顔を合わせていた方と、初めて言葉を交わしたのは、祭りの夜店だった。 
   ところで、今年は氏神様になにをお願いしようか。「禁煙成就」といきたいのだが、ご宣託はわかっている。「減煙努力」なら、私も気楽だし、神様の責任も軽いだろう。  (清水・福)

044 牛と牛車と祭りばやし


          

1996・12


   97年は牛(丑)歳。牛は長い間人々の暮らしにとって良き協力者でした。 まだ自動車のなかった頓、牛は沢山の荷物を運びました。夜の明けぬ頃、牛方は薪や穀物、野菜を牛車に積んで、江戸(東京)に向かいます。 
   荷をおろした午後、牛方は牛車に乗ってのんびりと帰ります。 そのうち「うとうと」、牛は道草を食いながらも、通いなれた道をちゃんと家まで戻ってきます。 時移り、自動車の時代、牛もいなくなり、牛車も小屋の片隅に。
   東大和も「村」から「町」へ。 町をあげて町制施行パレードをおこなうことになりました。祭りばやしも参加しようと決めましたが、山車(だし)がこわれて動きません。 そこで小屋で眠っていた牛車に屋台を載せて、無事参加。 あれから四十年、今でも牛車は屋台を載せて動いています。 (清水・H)

045 異様な14階建てビル
                       「高層住宅に思う」


           

1997・01


   アイワールド西側の道を通り、中央通りを超えると、正面に大きなビルが迫ってきます。高木団地建てかえの、第一期工事として完成間近い14階建ての高層住宅です。このビルは周囲の住宅街の景観からも浮さ上がり、異様でさえあります。
   私は、なるべく土に近い所で生活したいと思っています。14階に住むなど考えただけでぞっとします。確かに、平屋を高層にすれば住める人の数は増えます。効率も良くなるでしょう。しかし人間は、効率だけで生きられるものでしょうか。
   話は変わり、豚もかっては土の上で飼育されていました。 それが臭い、汚いと追われ、コンクリートの豚舎に押し込められました。すると豚に「情緒不安定」という病気が出てきました。
   治す動物薬も開発されました。 原料は、何と「土」。コンクリートの高層住宅と、そこに住む人との関係と無縁でないものがあるように思えます。
   折角のビルを壊すことはありません。これは「負のモニュメント」として残し、残る団地の建てかえには、もっともっと衆知を集める必要があるでしょう。 (狭山・数)

046 東大和公園にシュンランを探して


          

1997・02


   1月中旬、シュンランを探して、久しぶりに東大和公園を歩きました。 雑木林の道では、大きな犬を連れた男とすれ達ったり、双眼鏡を手にバードウォッチングしているご夫婦とおぼしき熱年の二人連れにも合いました。 
    雑木林との付き合い方は、様々です。ここを利用する他の人達の迷惑にならなければ、何をしようと自由です。 しかし、山芋を掘った穴を埋め戻さなかったり、野草を乱獲する人達がいるのは、残念です
    。「最近、シュンランの花を見なくなった。掘っている現場も見た‥」 そんな話を耳にすると、雑木林を歩こうと思う私の気持ちも萎えてしまいます。 「ところで、シュンランは?」 ありました。 見つけたのはたった一株ですが、花のつぼみは小筆の先くらいにふくらんでいました (狭山・数)

047 狭山公園の山歩き>
                         四季の出会い求めて


          

1997・03


    健康を維持するために多摩湖畔・都立狭山公園の山野を歩いています。 コースは「青年の家」の裏山から山道を南門に下り、反対側の山道を登り下りして広場に出ます。 
    宅部池(たっちゃん池)の横道から正門前を経て堤防下を池の辺りまで歩きます。  そこから、来た道を引き返すおよそ一時間のコースです。 
   山歩きにはいろんな出会いがあります。楽しみあり、微笑みあり、感激ありのひとときです。 秋、篠竹の薮でカマキリの卵を見つけた時や、色とりどりの紅葉の美しさを眺める楽しみ。 幼稚園児たちが急斜面に挑戦し、キャーキャーいいながら登る姿や、釣り人がのんびり釣り糸をたらしている光景など、微笑ましい限りです。
   冬のある日、クマザサの密生する小道でコジユケイの親子に出会った時、コゲラが木の幹をつつきながら登っていく婆を見っけた時など「こんな所で ‥‥」と感激しました。 もうすぐ桜が満開、新鮮な空気と四季それぞれの出会いを求めて山歩きをつづけたい。   (高木・有)

048 東大和の都市農業 農地の多面的役割


          

1997・04


   私の作った野菜を地元の人に食べてほしい、地元の人と交流しながら農業を続けたい、農業シンポジウムでの農業者代表真野さんの発言です。 真野さんは、工場勤務三十年の後、両親の後を継いで業に入った人、農産物の大部分を地元の人に買ってもらっています。
   お客さんの希望に応じるため、多品種の野菜を作るなどの努力をしています。しかし、虫食い野菜は売れない、農薬や肥料は臭いといわれる、労働の割には収入が少ないので、どうしても家族の労働に頼ることになる、など悩みも多いようです。 
   反面、自分の力でいろんな工夫をして作物を育てる喜びがある。地元の人との交流ができる、家族の絆がつよまる、などの良い面も話されました。 
   農業は、農産物を生産するだけでなく緑の保全や防災の面など、さまざまな役割をします。 今までは、農家は農作物を供給する人、消費者は食べる人、これからは、協力して都市農業を守っていくことも考えていかなければと、農業シンポジュウムに参加して感じました。 (清水・H)

049 鶯の鳴く音に誘われて
                         街道沿いの雑木林で


         

1997・05


   ホ、ホ、ホ−、ホケキョ ホケキョ、ケキョケキヨ...
   朝早くから毎日のように、やけにはっきりしたウグイスの鳴き声が聞こえてきます。 あまりにも模範的な鳴き方に、かみさんなど、「あれは機械のウグイスだ」と言います。
   私も「そうかな…」と思うものの、確かめてみないことには、うなずけません。 一体、どこから聞こえてくるのか。二階の窓を開けて耳を澄ますと、どうやら東の森からのようです。
   声を頼りに探しに出ました、新青梅街道沿いのスポーツ用品店「アルペン」の、奥の雑木林と見当をつけました。 入っていくと、そこにはひと抱えもあるコナラやクヌギがあり、ウグイスは、その上の方で鳴いているようです。 でも、姿は見えません。
   空堀川に沿ったその雑木林は、東側が塀で区切られています。ぐるっと回って、林と地続きの家を訪ねました。 「この辺に、ウグイスはいますか?」「いるよ。ちらっとだけど、見たことがある。この森だよ。声はきれいだけど、姿はそれほどでもないね。二羽はいるよう…」庭に出ていた主婦が、そんな話をしてくれました。 (狭山・秋)

050 ”いつまでも咲かせつづけてください“


          

1997・06


    犬との散歩道、挨拶を交わすようになったお婆きんがいる。毎朝玄関に佇んで、垣根に這わせた朝顔を眺めていた。あいさつの返事は、きまって 「かわいい花が咲きました」だった。新種ではない、紫色の小さな花を、いとおしんでいるようにみえた。
    秋には、茶色に変わった実から、ていねいに種を採っといた。 来年もまた、「かわいい花を」と思っていたに違いない、生きでいたい証である。 自分も爺のくせに、朝顔をいとおしむお婆さんをいとおしく思った。 その朝顔が今年も芽をだしている、よかった!花が咲いたら「かわいい花が、咲きましたねぇ」と声をかけよう。
   このお婆さんに敬老の日のお祝い『寿』と一緒に「毎年、かわいいお花を有難う」の一言を届けていただけたらなあ、お婆さんの、笑顔が見られそうな気がする。知事さん、無理なお願いでしょうか。 (清水・爺)

051 「援助交際」とおばたりアン


          

1997・07


   爺はとんだ誤解をした。「援助交際」を、ボランティア活動だと思い込んでしまった。 命名した奴も、騒ぎたてるマスコミもけしからん。参加したいと思うような命名だ。 
   それと逆の命名が「オジン」や「オバタリアン」。 この名前が、おばさんたちのあらを探す色眼鏡になっている。言葉って、怖い。
   爺には「おじちやん」「おばちゃん」の呼び名がなつかしい。親しみをこめた呼び方だ。 いい響きがあるではないか。だが、もう死語になったようだ。 それと一緒に地域の結びつきも粗略になってきた。 
   犬との散歩道、ごみ収集車が行った後、今日もあの「おばちゃん」が、掃いて水をまいている。 「おばちゃん、ありがとう」といいたかった。だが「お暑うございます」と、紋切り型の挨拶しかでさなかった。 
   今度、孫を散歩に連れ出していわせてみよう。 おばちゃんと孫は、いっペんに仲良しになれそうな気がする。「ありがとう」も、きれいな言葉だ。(清水・爺)

052 美しい狭山緑地に、犬猫の糞尿の香り


          

1997・08


   最近、友人に誘われトリム体操会に入会。早朝、多摩湖堤の憩いの広場で中国体操にほどよい汗を流し、身も心もリフレッシュし心持よい朝を迎える。 もとより緑豊かなこの地を好み移り住んで十年、残された狭山丘陵の四季折々に彩なす緑の美しさや、清澄な空気を満喫している私である。
   先日、新婦人の会の友人たちと信州安曇野へ旅をし、北アルプス連峰と穂高の山々に囲まれた高原を散策し、心ゆくまで花を愛で清澄な空気を吸い、生きる喜びと幸せをさらに深めた。
   帰宅し、早々に体繰に出掛けた。今まで何げなくきれいな空気と思い込み、全身で探呼吸していたのだが、この数日来の雨の故もあってか、動物の糞尿の強烈な匂いに不快な思いをしたのは私だけであったか、それとも信州の空気があまりにもおいしかったせいか、終日憂鬱な気分であった。
   動物の糞尿も、樹木には肥やしになるかも知れないが、人間はさすがにタレ流しはしない。ますます増える動物愛好家の皆さんに問う  緑地でのトイレはところ構わず、自由でいいのか? 道路では最近はきびしく規制され、シャベルや袋を片手に散歩の姿をみかける。
   「すばらしい緑地に、かぐわしい緑の香りをいっぱいに」との願いをかなえてほしい。 (狭山、Y・M)

053 いつまでも保存して 高木獅子舞


          

1996・09


   30度を超す猛暑の日が続く。その日も汗をかきかき道を歩いていて「盆踊りと高木獅子舞」のポスターが目に入った。八月九日(土)夜「高木獅子舞」を見に行く。 すでに大勢の人が集まっている。3〜400人も居たろうか。子どもからお年寄りまで、夏の夜にふさわしいくつろいだ姿だ。遠いふるさとを思い出す。いや、ここも私の新しいふるさとなのだ。
   やがて、獅子舞の人たちが笛や太鼓の音と共に高木神社の石段をゆっくりと上ってくる。先導の後に、子どもの踊り子、獅子・キツネ役の人、笛・太鼓の人などが続く。盆踊りの舞台の横の庭を、見物人がグルーツと取り囲む。あちこちでフラッシュがたかれる。 アナウンスによれば、獅子舞にはストーリーがあり、霧の中に消えた雌獅子をめぐって二匹の雄獅子が争い、それを近くで眺めて居たキツネがはやしたてて雄獅子に退い払われ、その後、霧がはれて雌獅子が姿を現し、以前のように仲良く舞い踊るとか。 
   江戸時代に京から伝わったとされ、悪疫退散と五穀豊穣を祈願して受け継がれ、高木神社に奉納されてきたとのこと。 夏の夜の一時を、猛暑を忘れて「獅子舞」に見入り、長く保存してほしいものだと思いながら提灯を後にしたことであった。(高木・中)

054 もうお疲れでしょう おひきとりを


          

1997・10


   犬との散歩道、毎日お目にかかるポスターがある。あの「私は、逃げない」と大書きした選挙用のポスターだ。(火達磨)氏の象徴だろうが、暑苦しい絵で爺は嫌い。
   その絵とひと夏つき合わをれて閉口した。 前を通るだけで汗がにじんだ。たんとお金をかけたポスターだろう。 だが、四ケ月たった今は、色も少々褪せた。せっかくのお面相がお気の毒な姿になり果てたのもある。もう逃がしてあげたいと気がもめる。なんとも、罪なポスターだ。
   「日本の未来のために断固『改革』をすすめます」というスローガンも好きではない。 「改革」というと、何かいいことをしてくれそうな気がする。だが、期待とは大違い。(改革=暮らしが苦しくなること)と辞書に書き加えたいくらいだ。
   もっとも、偉い人のいう改革」は昔からそうだった。「享保の改革」も、「天保の改革」も、幕府の財政を立て直すために庶民に勤勉と倹約を強要し税を取りたてたと、爺は小学校で習った  (清水・爺)

055 雑木林や川の再生に
                       ボランティアの活躍 


          

1997・11


   今から四十年前、私が小学生の項は、狭山丘陵の雑木林には、国蝶のオオムラサキが飛び、山つつじや山ゆり、おみなえしなど沢山の花が咲いていました。川には魚がいました。
   いま狭山丘陵は、公有地化が進み、緑地保全はなされましたが、その反面手入れが行きとどかず雑木林が常緑樹の密林となり、川はにごった水が流れています。 何とかしなければ、その思いが実り、市の呼びかけで、ボランティアによる雑木林の再生がはじまりました。 
    この一年、生い繁った榊などを伐り、林床を明るくし、伐った木は炭に焼きました。 明るくなった林には、キンランや山ゆりが咲きました。  
   ボランティアは、環境問題に詳しい人、植木を趣味にしている人、 写真好きな人、そして何よりの味方、山で働いたことのある人、みんなで力を合わせれば大きな力になります。  秋には林にドングリを播きました。春に芽を出せば、20年後には立派な林になります。  
   別のグループで、奔艮橋川に清流を呼びもどす取り組みも進めています。 今年は奔艮橋川の水源の一つである谷ッ池の手入れをしました。 十数年荒れるがままの池をさらい、護岸をつくりました。数年後には、トンボや蛍が飛ぶのを期待して…  皆さんも参加してみませんか。 (清水・H) 

056 東大和の郷土料理 「ゆずまき」 


          

1997・12


ゆずまき

   東大和に伝わる郷土料理、「ゆずまき」を紹介します。 
   大根とゆずを用意します。 ゆずの皮は、大根の切り口の長さに合わせて短冊型に切ります。 大根は薄く切り、陽に干してしんなりさせます。 ゆずを大根で巻き、挿絵のように、木綿糸で順々にさしてゆき、適当な長さになったら、軒につるして、もう一度乾くまで干します。
   これを、食べる時に三杯酢に漬けてできあがりです。 東大和が農村だった項は、おばあさんが、縁側で日なたぼっこをしながら「ゆずまき」を作っているのが、よく見られました。 柚(ゆず)のかおりがほどよく、昔なつかしい食べ物です。( 清水・H)

057 『森林は都市のかけがえのない水源地』


          

1998・01


    写真集「いのちの源・緑の森林」
「いのちの源・緑の森林」、タイトルがこの本の内容をぴったりといい現しています。「水を治める者が国を治める−治水は治山にあり」は中国古代の政治哲学ですが、日本でも同じでした。由緒ある神社、仏閣は山の上に建てられました。
   山を聖域として、水源地を守り、水田稲作を基本とする国づくりをすすめたのは先人の知恵でした。 いま、森林は地球的視点で重視されています。二十一世紀、人類の生存は地球温暖化の元凶ー二酸化炭素を吸収する森林にかかっているとさえいわれています。
   その森林が大変です。外材輸入で国内林業は成り立たなくなり、山は手入れもできず荒廃が深刻です。そのため山地災害・国士の崩壊が始まっています。林業の指導的役割を果たすべき国有林も「ハゲ山を見たら国有林と思え」といわれるほどです。政府は儲からない林業から手を引く方針で国有林職員の大幅削減を計画しています。
   森林は都市のかけがえのない水源地です。リアルな写真が迫力をもって「いのちの源・緑の森林を後世に残すことは現代に生きる者の責務」と訴えています。(狭山・星)

058、立つ鳥あとを濁さず
            シジュウカラの巣箱 ( 野鳥三題 その1)


          

1998・02


   シジユウカラの巣箱をかけました。ヒナがかえると頻繁な餌運びが始まります。餌を取りに行く時は二羽ですが、餌を持ってくるのは決まって一羽です。一羽は近くの電線の上でさえずっているだけです。知り合いの共働さの奥さんに話しました。
   奥さんは言下に「餌え運ぶのは雄ですよ。ええ、そうに決まっていますよ。この話うちの亭主にも聞かせて下さいよ」。ある朝、仰天しました。猫が百日紅の上の巣箱までのぼって、箱をひっかいているではありませんか。あれこれ思案の末、プラスチックの樋で百日紅の幹を囲ったのは、我ながら上出来でした。これにはネコも爪が立たず恨めしそうに見上げているだけでした。
    かくしでこの一家は無事巣立ちました。その巣の中には糞の一かけらもなく、それはきれいなものでした。昔、人は鳥を見て「立つ鳥、跡を濁さず」と襟を正しました。いま、「小ぶな釣りしかの川」に昔の面影はなく、鳥は餌場を失いました。魚も鳥もいなくなった世界に、人間の未来はあるのでしょうか。 (狭山・星)

059 絶妙な自然界の仕組
                      食物連鎖 (野鳥三題 その2)


          

1998・03


   毛虫は「聞いただけでも身の毛がよだつ」などと嫌われています。嫌われ者の代表格にアメリカシロヒトリという毛虫がいます。 春、4,153匹の幼虫が生まれました。 小さいうちに半数がクモに食われ、大きくなるとシジユウカラに食われて成虫になったのは七匹だけでした。 人には嫌われ鳥には食われる毛虫もかわいそうです。
   「一寸の虫にも五分の魂」生きるため、子孫を残すためには知恵をしぼります。まず、卵をたくさん生みます。さらに「目くらましの術」で体を木の葉のように緑にします。
   危機が迫れば糸を引いて飛び降ります。ひたすら逃げ隠れるだけの涙ぐましい努力です。 しかし、シジュウカラにとっては子育ての貴重な蛋白源ですから見逃せません。そのシジユウカラもワシ、タカなどの猛禽類に食われます。自然界の「食う、食われる」の関係をといい、それで自然界のバランスが保たれています。
   毛虫の「目くらまし術」に学んだのでしょうか、このごろ日本の政界ではやたらと看板の塗り替えが流行っています。だまされてはいけませんよ。 (狭山・星)

060 実録ー毛沢東のスズメ退治と
                       スズメの逆襲 (野鳥三題 その3)

          

1998・04


   自然を破壊すれば、そのしっペがえしを受けるのは人間です。中国にその例があります。スズメは春の子育ての時、虫をたくさんたべます。雑食性の彼らは秋になると穀物を食べます。
    毛沢東は、「その食べる量少なからず、害鳥としで退治すベし」と断罪しました。今にして思えば懺愧の至り、かくいう私もそのスズメ殲滅戦に参加しました。 
   その日、ハルピン中の政府機関、工場、学校などを総動員しての人海作戦。定刻、一斉に戦闘開始。 ドラ、太鼓、ドラム缶、フライパン、音の出るものが武器。武器のないものはやたらに喚声を、あげる。天地鳴動。スズメは仰天して逃げ回るが止まるところがない。精根尽きてバタバタと落ち、スズメは集められて唐揚げにされました。
   翌年、スズメは激減、虫が大発生しました。農政の失敗も加わって、三年の不作が続きました。 そのため三千万人が餓死したという。 スズメの静かな逆襲でした。
   私は「鳥たちのいのち、私たちの明日」と題して野鳥カレンダーを発行して19年になります。スズメも主役として登場します。「スズメよ、以て冥せよ」…合掌。  (狭山・星)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。