わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



21〜40




021 豊作をねがって 東大和の「初午まつり」


          

1994・02



       ♪あの山で光るものは 月か星か蛍か 蛍か
   蛍なれば手に取る 手に取りて 篭に入れて
   裏のお稲荷さんにささげる さんにささげる
    裏のお稲荷さんは何が大好き赤い強飯だ−い好き♪

   この東大和の地で唄われていた「わらべ唄」の一節です。  お稲荷さんは、子どもにも親しまれた、神様だったようです。 
   2月の初めての 「午(うま)」の日、稲荷のある家には一族が集まって、五色の幟(のぼり)を上げ、赤飯(強飯)をそなえ、「めざし」などの魚を焼いて豊作を祈りました。「初午まつり」といわれています。 
   今のように農薬や肥料のなかった時代、天災や病害から作物を守るには、神様に願いをかけるしか方法がなかったのでしょう。 
   ところで、稲荷といえば狐を連想しますがこの地に伝わる昔話しでは、狐は、人間をだます悪者として登場します。 (清水・H)

022 欅は「市の木」 いきなり丸坊主はひどい          


          

1994・03


   「これは、何事!」上仲原公園東側の「けやき通り」の欅(けやき)に唖然としました。 枝を切り落とされ、まるで電信柱のようです。 元の姿のまま残されているのは、公園側の43本だけ。239本が見るも無残な姿をさらしています。 
   「けやき通り」に面して住む人達は、秋から冬への落ち葉の苦情を言います。散った葉が樋に詰まったり、掃除も大変だ、と。集めた葉を燃やす場所もありません。 農家の方々は、畑に侵入してくる欅の根に手を焼いています。 耕運機がひっかかることがあるそうです。 またホウレン草などに落ち葉が挟まり商品価値が下がることがあると言います。
   それにしても、ここまで徹底した枝打ちの必要があるでしょうか。また数年すれば、同じような問題がおこります。  その時にはぜひ共存を前堤に、話し合いの場を設けて欲しいと思います。いきなり丸坊主は、ひどい。欅は「市の木」なのですから。  (狭山・数))

023 「あれなんだ」 不親切な水門の解説


          

1994・04


    街を歩いていると、よく「あれなんだ?」と思う物に行きあたります。その一つに、武蔵大和西信号下から隧道橋を渡って、青年の家に向かうと、右手に見えるミニチュア建造物があります。 
   石柱と鎖に囲われて、由緒ありげです。だが、中はゴミの吹きだまり。ぐるっと廻ってみましたが、由緒書きはありません。長いこと「あれなんだろう?」と思い続けてきました。 先日、何気なく道路わきの案内板をみていたら「水門・昔あった水門を二分の一に復元したもの」と書いてありました。
   それにしても不親切な解説。市の水道局、都の管理事務所に電話して聞いてみましたが、要領をえない対応。 どこにあんな水門があったのか、いつ項の水門なのか。そんなことがわかれば、昔の貯水池を想像する手がかりになるのですが。ご存じの方はいませんか。(清水・Y)  右は市制施行ニ○周年記念誌の「昭和45年水門」と題する写真。これにも特に解説はありません。)

024 水門モニュメントのところは
                     開渠の送水路


          

1994・05


どうどう

    あの場所には、かって多摩湖から武蔵境浄水場に水を送る水路が隋道(トンネル)で通っていました。 この場所は、山から平地に出るところ(古い地名で原口と言われた)です。その近くに前川の流れがあり、山の隋道から地下の隋道へ入る、わずかの間の水路の側面に堰を造り、排水路で前川に流せるようにしたところです。 
   地元の人は「ずいどう」と呼び、こども達は「どうどう」といい、豊かな流れで「わかさぎ」が沢山釣れました。 「水門」は、山側のトンネルの壁の部分を形づくったものです。 東村山浄水場ができる時に、新たにトンネルを掘り、この施設も取り壊され、今に残るのは、堰の上の石橋と水門の模型、隋道橋という名前です。
   そして今でも役立っているのは隧道橋から川下を見ると流れ落ちている清水です。 ここがかっての排水路に当り、前川の数少ない水源になっています。(清水・H))

025 野の花のいのち 休耕田にイヌゴマ


          

1994・07


   空堀川に沿って歩いていたら、休耕中の畑にピンクの花が見えました。 穂になった花の一つひとつは、くちびるの形をしています。茎は四角、粗い毛が下向きに生えていて、触ると痛い。対生する二枚の葉は剣のようにぴんと横に張っています。シソ科のイヌゴマと見当をつけましたが、確認のため一茎を手折ってきました。
   その花は、家に着くころすっかりしおれてしまい、花穂もぐったりしてしまいました。 さっそく水切りをして、古びた壷にさしました。野の花は、しゃれた花びんより、その方がふさわしいと思えたからです。 
   壷にさして間もなく、目の前で不思議が起こりました。 それまでしおれていた葉が少しずつ動きだし、うつむいていた花穂も首を持ち上げてきたのです。元通りの、しゃきっとした姿になるまで、時間にして十分くらいかかったでしょうか。葉から葉へ、確実に水を揚げてゆく植物。そのいのちの不思議には、感動させられました。(狭山・数)

026 昔の天候は神だのみ
                      東大和の「雨乞い」  


          

1994・08


   昨年は、長雨, 今年は雨の少ない夏のようです。東大和も、昔は農家が多く、長雨は畑に積んだ麦の穂から芽がでてくるし、日照りは陸稲が乾燥して立ち枯れてしまう。いずれにしても、天候は「神だのみ」しかなかったようです。                  
   「雨乞」(あまごい)とは、神に雨を降らせてくれるようお願いすること。明治のはじめ頃は、「雨乞」が決まると、足の強い若者が、前日に御嶽神社に向かい、「七代の滝」の水をもらい、地元に向けて出発します。 途中で休むと、その地に雨が降るという言い伝えで、かつぎ手を交替して、一日がかりで地元の神社に水をとどけます。 
   これを、水を張った大きなたらいにそそぎ「さんげ、さんげ、六根清浄」ととなえながら、ふんどし一本の男衆が水をかけ合いました。 雨が降れば「万々歳」。降らなければ、もう一度。 (清水・H))

027 「愉快な立看板」 お役所にもユーモアが          


          

1994・09


   「犬のひとり歩きはいけません」 ---こんなキャッチフレ-ズの看板が「用水北緑地」に建っていました。タテ15センチ、ヨコ30センチ、長方形のプラスチック製で、「散歩のときは引さ綱などでつないで歩きましょう。ふんの始末も忘れずに」とコピーか続きます。まさか犬に読ませようというのではないでしょうが、そんな気にさせる愉快なな広告です。
   自転車を止め、もう一度見に戻ったほど。手書きでないところを見ると、ほかにもあるのでしょうが、「おや?」と思わせる意外性ががあって、うまいと思いました。 建てたのは東京都衛生局と保健所。お役所にもユーモアを解する人がいたんですね。
   この「用水北緑地」は犬の散歩道にもなっています。それは良いのですが、糞の始末をしない人が多く、回りから迷惑がられています。 「ええ、看板のことは知っています。 ほんと、あの道には犬の糞が多かったですね。 それが、植え込みの刈り込みと清掃をLてからは、あまり見かけなくなりまLた。
   立看板の効果も少しは出てきたのかも知れません」り近所に住む、Tさんの話しです。(狭山・A))

028 「私の散歩マップ」
                      火の見櫓が灯る風景


          

1994・10


火の見 荷車









   私が清水3丁目に住みはじめて六年あまりになる。移り住んで心が安らぐのは、朝夕にお寺の鐘を聞き、暮れかかるとベランダから火の見櫓が灯るのか観えるからだ。
   周囲の畑や自然が沢山残っている風景が好きで、退職したら曲がりくねった道をたどってみたいと常々おもっていた。
   この春に漸く定年を迎えた。それまでは家の近くの入り組んだ道に全く足をむけたことがなく過ごしてきた。そのような歳月が探検をするような心地にさせるのだ。石垣を曲がると農家の庭先に新鮮な野菜が安い値段で並んでいて、思わずその家の主に声をかけてしまった。 それから気をつけると野菜の無人スタンドをみかけ、切り花もあったりする。近くに養鶏場もあった。 わが家はなだらかな坂の清水神社の裏の公園を左に見て道なりに行くと畑が広がる辺だ。
   さらに南に進めば、見通しの悪い四又路に出るが、車の運転はカーブミラーが命綱となる場所だ。そこを左に行くと、清水神社の表通りから来た地点とぶつかり二股になり三角地帯をつくっている。
   とても車の交通量の多いところだが、赤い鳥居に古い祠が祀られている。その傍らに火の見櫓が見下ろすように立っているし、少し歩いても郷土色の豊な土地柄で行きも帰りも楽しみながら通っている。ここの住民となって久しい。 もっと人も地域も知りたいので、時間の許すかぎり近くから歩いてみたい。静かな環境が続く事を祈りながら自分なりの散歩マップを広げてゆきたい。(清水・E・K)

029 「私の散歩マップ」 “犬との出会い”


          

1994・11


犬

   今年の夏は猛暑で野菜をもりもり食べようと、近くの農家へよく買いに行った。トマトや胡瓜を下げて通りかかった家の前で、今帰ったばかりか大きな犬が前足をだしてくつろぎ、飼主も汗を拭いていた。
   よく見かける犬だと思い「こちらの家ですか」と話しかけると、そうだと言う。 「大きな犬なのでこの辺では有名でしょう」「あれは向こうのです」と東の方を指して否定をされた。 一瞬戸惑ったが、フランダースの犬のパトラツシユに似ているので同じ犬だと思っていた。
   セントバーナード犬で子牛のようだが大小の違いいに混乱をした。 犬の姿が先にインプットされて、飼い主の姿に気づきはじめた。向こうのだという犬が道で手綱を噛んでおり、テコでも動かぬ様子で抵抗している事があった。
   その後に早朝の散歩で出合うとゆさゆさと近寄ってきた。 「おはよう、わたしより大きいね」と声をかけたが、秋も涼しくなれば重たげな散歩も少しは楽になるだろうかと思った。(清水・E・K))

030 「望年会」の材料が行方不明に


          

1994・12


   路上に落葉が舞い年の瀬となった。早々に「望年会」を終えて一息ついている。今年の政局も一層わたし達の願い とほど遠い事ばかりで忘れられないし、望める年を迎えたい。 会費を格安にして飲んだり食べたり喜んでもらいたいと走り回った。温かいうどんとの声もあり掘りたての葱や牛蒡を準備した。
   当日は会場まで用意した物を車で運び、煮物その他机に並べたが、昨夜から詰めて置いた物がない。大変だ、戻って捜したがない。急いで材料を煮てとって返した。 会が始まり各々の短歌を合評し、今年最後の歌会となった。そ後はビールで乾杯、昼どきなので先ほどの鶏肉と葱の煮込みうどんがよろこばれ全くほっとした。
   今年の事、来春に望む事など、一人ひとりの思いを聞き楽しいひとときであった。 来年も元気で合うことを約して会を結び、巻寿司他お持ち帰りいただく。 数日たつが料理の材料が行方不明のままだ。その事はもう忘れよう。皆さんに喜んでいただけたのだから。 (清水・E・K))

031 金色に輝く東の空 多摩湖の「日の出」 


          

1995・01


   95年は晴れで明けました。 園乗院で打鳴らす鐘の音をききながら身支度を整え出かけました。 めざすは、日の出の名所、多摩湖の堤防。十分ほどで到着、沢山の人がいました。
   毛布持参の小学生,ワンカップ片手のおじいさん、ジョキングの仲間、犬と散歩の人、そして、暴走族までけたたましい爆音を轟かせて通ってゆきました。 東の空がわずかに染まり明けの明星が輝いています。少しずつ空が青く明るくなり、カラスが三羽 五羽と空高く舞います。
   ひがしの空が黄色にそまり左右にひろがってゆきます。すっかり明るくなり狭山丘陵から一筋の光が、まさに金色の光りが、日の出の瞬間です、日の出に手を合わせる人、万歳をする人、それぞれの思いをこめて… 今年もいい年でありますように。(清水・H))

032 清流よ よみがえれ 奈良橋川の思い出


          

1995・02


奈良橋川

   今から二十七年前、狭山丘陵の自然にひかれて奈良橋川のほとりに越してきました。 当時、いつも利用していた塩釜神社のバス停付近には、数軒の養鶏場もあり、田舎風景が魅力でした。
   わが家の前を流れる奈良橋川は、護岸工事がされた今の川と違って、自然の土手のままでした。 寒い冬が過ぎ春になると川岸の野草とともに、川ぜりが生えその味を楽しんだものです。 秋には、向こう岸の土手の上を、うずらの親子が歩調をあわせて歩いているのが眺められる川でした。
   それが、年々生活廃水などで汚れ、洪水対策のためコンクリートで護岸された今の川にその面影はありません。でも最近、下水道が完備してきたせいか、清流がもどってきているように見えます。
   狭山丘陵の湧き水が入る川、魚が棲める川へと清流を早くよみがえらせたいものです。   ー奈良橋川をしみじみと眺めながら!ー  (高木・A))

033 私の好きな東大和 何気ない風景の発見

          

1995・05


吉岡邸の長屋門











   わが町の多摩湖に近い地域は自然が豊かで辿るのが楽しい。多摩湖の森に添って大きなカープがうねっている志木街道、それを避けるように裏道が人と自転車を通して道と道をつないでいる。
   清水神社の裏手の坂より細道に折れて左は公園が運動場として整い、右のなだらかな坂は繁っていた木の下枝が刈られ明るくなった。 また、秋に木の実がバラバラと降るとよい。
   車の行き交う表を避けてよく通るが、その先に生垣をめぐらせた故吉岡堅二画伯邸がある。 タイムスリップしたような長屋門は威厳があり近寄りがたい趣だが、ここも好きな風景のひとつである。 市報によると長屋門、土蔵、母屋はご遺族から市へ寄贈されて、市の美術園にしてゆく計画とのことだ。
   仮称として東大和郷土美術園と呼び、3月21日には邸内が公開された。何気ない風景の発見は以外と町の中で見つけることがあり、その一こまを変わらないうちに描きたい。(清水・K))

034、私の好きな東大和 観覧車の見える街


          

1995・06


観覧車

   所用の帰りに西武遊園地まで足を伸ばした。新緑が匂うぼかりの堤防の橋を散策したくてきた。光る湖面からの快い風に吹かれる。 ウイークデーだからか遊園地のジェットコースターの歓声は聞こえない。 どこからでも見える観覧車は巨大なマシンで、振り返りながら遠ざかり、縦に見えていた物体が丁度よい楕円形になった。
   あるかなしの風にでも動いているようで、休園日でないかぎりは、ひとりでも乗せてまわっているのだろうか。一定のの距離をたもち美しい風景となる。 
   別な角度からは、けやき街道から新青梅街道を抜ける道路である。 幅広く整備されて交通が便利となったが、そればかりでなく、街路樹とともに真正面に多摩湖の森に弧を描いて観覧車が望める唯一の所ではないかと思う。カンランシャという響きもよく遠く眺めているとメルヘンの世界のような気がしてくる。
   一本の道から空へ、あざやかに観覧車の見える風景は市内の新名所ではないかとひそかに想っている。(清水・K))

035 私の好きな東大和 ”ビラ配り“の道で 


          

1995・07


狛犬

     ビラ配りを手伝って一年余りになる。 「やまと東」と共産党の政策ビラを家々のポストへ届けながら、季範の移り変わりを感じている。 一年の間には塀越ししの竹群や壁の落ちた土蔵がなくなり、そのイメージが眼裏に残っているが家が建ち、安らぐ窓に灯がともるとほっとして夜道を辿る。
   ビラ入れが増え路地から路地へ集合住宅のの登り降りも慣れて「ぜひ目を通してみてください」と願いをこめてボストヘ向かう。庭に繋がれている番犬にとっては侵入者で、目ざとく吠えると猫までびっくりして隠れてしまう。
   はじめて間もない頃、ポストヘゴソゴソとビラを入れようとしていると、そのアパートの主婦がくばって あげるからと言われた。朝からの物音で申し訳なく思い、それ以来は声をかけてお願いするようになった。 
   戸口で手をひらいて粒のようなデンデン虫を見せてくれる子がいたり嬉しい出合いもある。ホームグランドの清水神社や季節の花を眺め、歩幅を広く歩いていこう。(清水 E・K))

036 私の好きな東大和 頭上で蝉の大合唱


          

1995・08


狭山公園

   昨年をしのぐ暑さのなかで、朝の涼しいうちにスケッチをしようと思い立った.。 昨夜の雨の跡もひんやりとして、畑の里芋の葉や茄子に露が光っている。 路地を透きとおる朝光が斜めにふり、いつも歩いていを道だが清らかで至福のひとときに思えた。
   志木街道から清水観音堂の前を通り多摩湖へ向って行く。慣れた足取りでジョギングする幾人かに出合った。 ゆるやかな坂道を山の木立が影を敷き、頭上から降るような蝉の大合唱に思わず幹を見上げる。 
   ふと足元に目を移すと蝉の抜け殻がたくさん落ちており、指に触れるとまだねばり気が残る。 今朝に脱皮したのだろうか、三つほど拾い先へ行く。 水道局研修所はひっそりしているが、狭山青年の家からは子ども達の声が聞かれた。 坂の途中でスケッチしたい所は幾つかあったが短い時間に留めた。
   はすかいに見た多摩湖や、茶店の風景を未完成にしたまま涼しいうちにと道をひきかえしたが、すでに眩しい日差しとなっていた。 (清水・E・K))

037 宅部池と瀧見橋 元は農業用水池             


          

1996・02


   狭山公園に宅部池(やけべ池)、通称「たっちゃん池」という池があります。休日には、子ども達の釣りでにぎわうところです。この池は長い間下流の水田に水を供給していた大切な池でした。 
   今から80年前、多摩湖の完成によって、川がせきとめられ、下流の水田へ水を供給できなくなった代わりにつくられた池です。 池の近くに、滝見橋という橋があります。この橋の上流は、十二段の桝によって多摩湖までつながっています。宅部池の水がなくなると多摩湖から一番上の桝に、水が送られます。あふれた水は次の桝へ。次々と下の桝に水が入り、池の近くの桝に水がたまると、水門を開けて池に水を入れるのです。                       
   この時、橋から上流を見ると、八段の滝となって水が流れ落ちます。「滝見橋」とは、昔の人は好い名前をつけました。 (清水・H))

038 全国の凧との出会い 清水の凧展示館           


          

1996・03


   あなたの故郷の「凧(たこ)」に会えるかも。清水一丁目にある和凧展示館には、北海道から沖縄まで、全国の凧がかざられています。 五十歳以の人にとってタコ上げは冬の楽しい遊びでした。 北風の吹く中で、手を赤くしながら、空高く舞いあがらせる。 洋凧と違って、かなり経験かいりました。
   この展示館の主、野沢さんは二十年以上も凧作りをしているベテラン、難しい図柄の凧でも、二日もあれば仕上げるそうです。 形は四角だけでなく六角、七角とさまざま。 絵は武士の武者絵、金太郎のような子供絵などたくさんあります。展示館では凧作りもできます、絵を画くところから骨組みまで親切に指導してくます。 
   親子で凧を作りながら、凧の歴史も聞けるかも。 館長さんは、長い間小学校の先生をしていた人です。(清水・H)

039 ベランダから見える
                       富士山の景観はいま


          

1996・04


   冬の冷え込んだ朝などわが家の二階ベランダから雪の富士山が、手に取るように見えます。 旧冬、大感激した大阪の義姉はバチバチ写真を撮って帰りました。 ここに越してきた当座は、まさか富士山が見えると思いませんでした。
   家の南側の、新青梅街道沿いにあった倉庫が取り壊され、平屋の和食レストランになった冬のある日、突然、白銀の富士山が婆を現したのです。その感激を年賀状に書いたりしました。 
   ところがいま、ベランダから見える冬の富士山は、縦に真っ二つに割られています。 突っ立っているのは、大きな眼鏡の広告塔です。 折角の景観を台なしにし、しかも悪趣味な広告塔に、毎度、腹立たしい思いをしています。 
   しかし、建造物には必ず寿命があります。せいぜい数年から十数年でしよう。 それを思って私は密かに広告塔が崩壊する時を待ち望んでいるのです。 (狭山・数)

040 新茶の頃 消えた“手揉み”のお茶


          

1996・05


   私がこの市に住むようになったのは、1969年の5月から。6月のある日、突然、裏でボイラーがうなりエントツから蒸気が噴き上がりました。 倉庫だとばかり思っていたのは、お茶の工場だったのです。うなりは、昼夜なしに続き、やがて静かになりました。
    「手揉みのお茶を飲みたいという人がいるが、もう作れる人はいないんじゃないかな。オレだって子供のころ手伝わされた記憶しかないもの‥」 茶畑を見回っていた60歳代の農家の人の話です。 「おいしいお茶が飲みたければ、好みに合わせてブレンドして貰うしかないね」 昔ながらに木の茶箱から計り売りしている新宿のお茶屋さんが言いました。
   今は、ほとんどがパックされたお茶ばかり、これは無理な注文のようです。 そんなことを言いながら、知人から届けられたパック入りの新茶を「寿命が延びる‥」と、私はその香りを楽しんでいる。(狭山・数))

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。