わが故郷 東大和

東京都東大和市





散歩歳時記



1〜20




001 川よよみがえれ 水に親しむ河川づくり


          1990・1


    洪水対策だけに片寄った今の河川整備から、川を浄化し水に親しむ河川づくりという市民の声がつよまり、市でも検討をはじめています。(市の検討委員会が結果を報告)>

    川よ よみがえれ! ちょっと町を歩くと、清らかな小川のせせらぎが目にとまる。ふと立止まって見ると小魚が群れ遊んでいる。こんな光景が東大和市に実現するのだろうか。  
    市内には空掘川、奈良橋川、前川、東部1号水路の四河川と野火止用水がある。それぞれの特徴を持つ河川だ。いずれも清流と呼ぶにはほど遠く、人が近寄りがたい。昔のようにきれいな水が流れ、エビガニがいて小魚がいる。子供たち安心して遊べる。そんな川になってほしい。多くの人の願いが聞こえて来る。 
   いま、東大和市の 「まちづくり」 のなかで 「川」 をどう位置づけるか、の検討が始まっている。 市役所の内部に設置された、職員による 「東大和まちづくり検討委員会」が「みず班」 と「みどり班」にわかれて検討をすすめ、その結果の報告書が出来上がりました。
   この中で、「これからの都市内での河川整備は治水上のことを考慮するとともに、川の浄化や 『水』にふれ親しむ機能を備えた河川づくりをすすめる必要がある」 として、前川を対象に清流化、親水化の検討結果を発表しています。 また、市の環境課では、奈良橋自治会のうち約100世帯の協力をえて、「奈良橋川浄化のための実践活動」を11月21日から27日まで一週間行いました。    こうした努力が実をむすび、きれいな川が戻ってくるといいですね。 (清水・H)

 

002 小鳥の楽園が危ない
                        カラスの大群が巣荒らし


          1990・11


    多摩湖の周辺は、緑も多く、たくさんの小鳥がやってきます。 ところが最近、カラスの大群もやってきます。 本来なら、カラスと小鳥は仲良くすべきでしょぅが、実際の行動はそうではないようです。
   カラスは飛び回って樹の下から、枝ごとに小鳥の巣をさがし、卵や雛を攻撃するのです。 カラスもよく見ると可愛いいところがありますが、小鳥の生存をおびやかすのは正常とは言えません。 カラスの大発生で多摩湖周辺から小鳥がいなくなることはないでしょうか。(狭山・A))

003 「フン害に憤慨」
                        マナーを守り美しい道路に


          1990・12


   夜道を歩いていると車がきた。後を振り向いて避けた途端」グニャリ‥。あっやられた‥ ごく少数の飼い主でしょうが、犬の散歩時にフンの始末をせず、道路に放置していく人がいるようです。 
   幼児が快活に歩く道、年寄りが散歩を楽しむ道、すべて私たちが住み、歩く道です。 八月に道路を常に広く、美しく安全に使用できるよう 「道路をまもる月間」も行われました。 心がけの悪い一部の飼い主のためみんなが迷惑します。マナーを守りフン害をなくしましょう。  (高木・A))

 

004 東大和のお正月 昔は農村らしい風習


          1992・01


   昔、まだ南街が拓けなかった頃、東大和は農業、養蚕、機織りなどで暮らしていました。 その頃の正月は、まゆ玉を作り、あほへぽ(粟穂、ひえ穂に見立てた飾り)を庭に立てて豊作を願い、餅をついて祝いました。 
   正月の三ケ日、朝の雑煮は男が作る習慣がありました。「神を祀ることは男の仕事」ということもありますが、年に三日だけでも、朝の食事作りから解放される女性にとっては、良き風習でした。 今は除夜の鐘とともに、
    地元の神社やお寺に沢山の人が参りますが、何を願っているのでしょうか。 (清水・H))

 

005 萌芽更新に市民の知恵を
                        公園林伐採に思う


          1992・02


    都立東大和公園の北側、東邦住宅に沿った一画の木が、大量に伐採されているという話に、現場に行ってみました。
   「この作業は樹木の維持管理を目的としています」と看板には書いてあり、公園を管理している狭山公園事務所では「萌芽更新」の一環だと言います。 雑木林の維持管理に人手を入れることは必要です。そうすることで、二次林としての姿を残すことができます。 
   ただその作業を造園業者に任せて足れりとするのではなく、地元で長く農業をやってきた人達の知恵を、この「萌芽更新」にも生かすべきでしょう。 (狭山・A))

 

006 「まんさく」の知恵
                        花芽を保護する枯葉 


          1990・03


   枯れた葉の中から黄色い花をいっせいに咲かす「まんさく」の花。 今年は咲くのが遅いようでしたが、二月に入って冷え込み、花をつけました。 
   秋、この木は秋に葉が落ちたあとも、枝に沿って枯葉が点々と残っています。寒い冬の最中に花が咲き、葉が落ちたあと花芽を枯葉が保護して、その役割を終えると落ちていきます。何とすばらしいことでしょうか。 
   農民が「豊年万作」を願って、春にさきがけて黄金色に咲くこの花に 「まんさく」という名前をつけたと言われています季節感のなくなった今、こんなことを伝えるのも、生きた歴史というのでしょうか。 (清水・H))

 

007 「多摩湖の桜」五十七年の星霜 


          1992・04


   多摩湖の桜は、一九三五(昭和一〇)年の植樹に始まります。時計王といわれた服部金太郎(服部時計店初代社長)の一周忌に、二代目社長が東京府へ寄付した一万円が、その基金になりました。 
   植えた桜はソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど一万本。 第二次世界大戦中に、「桜なんか見ているときでもあんめェ、芋でも作れ」と、伐採されもしました。また、寿命が六、七十年と言われるソメイヨシノは、そのほとんどが古木となり、世代交代をしています。
   桜見物のひととき、桜を植えてくれた先人達に思いを馳せて見ませんか。(狭山・A))

 

008 「かたくり」と、さんしょううおの卵


          1992・05


    今年の春は嬉しい話が二つありました。 「かたくり」が花をつけたこと、「さんしょううお」の卵が見つかったこと。いつも絶滅の話しがある中で久々の明るいニュースでした。 
   ところが、かたくりの花はあっという間に無くなり、さんしょううおは、市が卵を保護したそうです。 これらの動植物は、個人が持ち帰って楽しめるものではありません。涌き水があること、木陰で適度な湿地であることなど、自然条件の整っている証明なのです。 
   さんしょううおはやがて自然に戻されるでしょう。 この動植物が生き延びられるよう自然を大切にしたいものです。  (湖畔・M))

 

009 園乗院の
               「殉国産業戦士供養塔」に思う 


          1992・06


    狭山の園乗院本堂左手に、南街にあった日立航空機会社に働き1945年2月と4月に爆撃で亡くなった人の供養塔があります。 この塔は、その後この跡地に移ってきた日本繊維化工会社が、61年に建立したものを移設したものです。 
   塔の表には「殉国産業戦士供養塔」と宗教的な碑文ですが、裏面には空襲のあったこと、二百余人が亡くなったこと、設立の経過が書かれています。 
   戦争の悲劇を再び繰り返してはならないと、国民の多大な犠牲のうえに定められた平和憲法が、なし崩しに変えられようとしている時に兵士として犠牲になった人達と共にこうした犠牲があったことをもう一度思い起こしました。 (清水・H))

 

010 武蔵大和駅前の
                        「根曲がり松」によせて


          1992・07


   雪国では、雪で根元が曲がり、そのまま育った松を「根曲がりの松」というそうです。武蔵大和駅前の前川の土手に、まさに「根曲りの松」が生えています。 
   この松は、この土地の持主だった大久保さんが、大正の終わり頃前川の整備を記念して皇居の松になぞらえて教本植えた中の一本が六十余年を経て成長した姿です。 
   根元が曲がった理由は分かっていませんが 前川は、この頃は二ツ池を水源とし、水も清く魚やからす貝も住み、子供達も遊べる川だったそうです。 
   その後住宅化がすすみ、生活排水の流入で死の川となりました。 都市計画では、道路拡張で川はトンネルのようになり、松もイチョウも消える運命にあります。 自然環境整備、とりわけ下水道普及で川の清流化が期待されている時、自然を子孫のために遺したいものです。 (清水・H))

 

011 東大和の水道水の源流をたずねて


          1992・08


    「水」パート1 
    「東大和に住んで水がおいしい、地下水だからなのかな?」そんな声が聞かれます。 いま、水道の水がまずい、発がん物質が含まれているのでは、などとテレビで報道しています。  
   そこで、東大和の水道の源流を探ってみました。現在の水道のシステムは、市の水道も東京都と同じになっています。水飢饉や事故の時を考えて、全都が配水網で結ばれています。   東大和の水道は、今は、主に多摩川の水が上北台の配水場に送られ、そこで市内の数カ所から汲み上げた地下水とブレンドされ、市内に配水していると言うことです。
   都内に主に配水されている、利根川の水よりおいしいかもしれません。ちなみに、多摩湖の水は東大和には配水されていません。 (清水・H))

 

012 市内の震災対策指定井戸の実態は?


          1992・10


    「水」パート2 

    大地震が起きたら「水は確保されるのだろうか」。水道は破壊されて使えない。となると給水車、非常用水、学校プール、災害対策指定井戸‥。 一番身近な指定井戸は、この地域では、清水に四カ所、狭山五カ所、高木四カ所で湖畔にはありません〔図)。
   全市でも三〇ケ所で、新青梅街道から北側にあり、いずれも雑用水として使われていますが、飲料には使っていないようです。 
   市は年一回水質検査を行っていますが、飲料には適さないようです。そのため市では学校などに「濾過機」をニ十個設置して、役に立ててほしいと言っています。  関東大震災の時、井戸が枯れたという話は聞きませんので、井戸は生き残るでしょぅ。 でも、人口七万人余の市に三〇カ所ではどうなることでしょぅ。(狭山・R)

013 「農業に親しむ会」
                        十五家族が農業体験


          1992・12


    農業を体験してみよう、そんな思いの15家族が集まって 「農業に親しむ会」をつくりました。郊外に土地を求めて、春にはトマト、きゅうり、すいか、さつま芋、里芋などの種苗を植えました。 
   夏の草とりもみんなでがんばり、無農薬で育てようと、一日おきに害虫をとり、秋の実りを楽しみに、力を合わせて‥‥  努力の甲斐あって 秋にはたくさんのさつま芋、里芋などがとれ、会員、家族が集って収穫祭も行いました。                     
   会員は 「日ごとにきゅうりが大きくなるのを見ていると、畑に行くのを楽しい」「とりたての野菜はとてもおいしい」「子ども達も畑にゆくのを楽しみにしている」などと喜びを語っています。 
   しかし、作物によっては、無農薬で育てたため出来の悪いものもあったようです。 みんなは 「来年はもっと立派な野菜を育てるために、土作りから始めよう」とはりきっています。(高木・I))

 

014 東大和の小正月行事
                        「まゆだま」と「女日待」  


          1993・01


    1月14日から16日にかけて、全国的に「どんと焼き」など小正月行事がおこなわれます。東大和では14日に「まゆだま」という行事があります。 絹糸をとる養蚕が盛んになる明治以後に行われるようになったようです。 
   繭(まゆ)が沢山とれることを願って「つげ」や「かし」の枝に米の粉で作った丸い団子をさして、木に花がさいたように飾りたてるものです。 養蚕は、春から秋にかけて年に数回行いますが、蚕の病気、桑のでき具合、そして豊作貧乏などと言う絹糸の値下りに悩まされました。
    現金収入の少なかった農村にとって、切実な願いだったようです。 また、この日 「女の日待」という主婦の会食が行われます。
   日頃は男のために尽くす生活から僅かな間だけ解放され、夜更けまで食事を楽しみながら「ほっぽき」で楽しみました。 ほっぽきは、参加者が小額のお金を出し、参加者の数だけ紐を用意しその1本に穴あき銭を結びつけそれを引いた人が当たりで、かけ金を貰うというささやかなものです。 (清水・H))

 

015 狭山丘陵の「くず掃き」
                       林と農家のかかわり       


          1993・02


    北に見える狭山丘陵は、いま冬枯れ、木々は葉を落としています。 雑木林といわれる林は人工に作られた林で、くぬぎやこならといわれる肥料に適した木が植えられています。また燃料のまきとしても伐ったり割ったりするに都合の良い木でもあります。 
   冬のはじめ農家は林に入り落ち葉を集めます。「くず掃き」と呼ばれ農家にとって燃料や肥料に欠かせない資源でした。薩摩芋を作る農家は落ち葉は大切です。 くず掃きに先立ち七〇a位の高さの長方形に囲った苗床を作り、その中に落ち葉を入れます。水を加えるなどして発酵させます。   
   3月頃に温度が上がったころに芋を入れます、芋は一足さきに春が来たと思うのでしょう芽を出します。農家は暖かい日は日光に当て、夜は保温などして管理し、春になり50センチ位になった芽を切り畑に植えます。 
   麦を作っていた頃は麦の間に植えてゆきます。こうして寒い土地でも薩摩芋ができるのです。 東大和では薩摩芋を作る農家はわずかです。林も農家とのかかわりを終わり市民の散歩道や酸素の供給源として、新しい役割を果していくことでしょう。 (清水・H))

 

016 「湖底の故郷」を見下ろす
                       「慶生門」の今 むかし


          1993・03


   多摩湖の上堰堤を渡ったところに「慶性門」があります。この門は、湖底に沈んだ芋窪石川にあった慶性院という寺の山門です。 
   多摩湖(村山貯水池)は、大正の始めに工事が始まり、東大和に大きな変化をもたらしました。殆どの水田が失われ、沢山の人が移転させられました。 
   慶性院も山門を残して原に移転しました。山門は水際に建っていましたが、戦後、東京都が現在の地に移築しました。これにかかわった大工さんの話では、修繕に大きな手を加え、特に屋根の茅を集める為に貯水池中を廻ったそうです。 
    その後、手入れされず倒壊寸前になりました。 数年前土地も人手に渡り、二度目の運命が尽きようとしていたのを、市が歴史を語る建物として譲り受け再建したものです。
   村山貯水池の工事は住民の土地、建物、田の大半が失われたのに、その買収価格は十分なものではありませんでした。 一方、この大工事は、多くの人手を要し、沢山の人が働きにでました。この山門を見上げてこうした歴史をたどってみてはいかがでしようか。 (清水・H))

 

017 「開発現場」は建物崩壊の跡?


          1993・04


    東京湾の埋立て地「臨海副都心開発」現場に行ってきました。「船の科学館」の、地上七〇メートルのクワーから見下ろすと、大小のクレーンが動き、まるで道具箱をひっくり返したよう。  
   巨大な何かが造られていることは分かりますが、私達とどんな関係があるのでしょうか。 途中で寄った「大川端リバーシティー」の見上げるような高層住宅・人工の町にも驚きました。 その名は「大川端」でも、隅田川の風情はなく、川遊びもできません。    
   ただ「ヒト」の住む「巨大な箱」が建っているだけ。もし地震が来て、液状化現象が起こったらと考えると不安になります。 建物はひとたまりもなく、泥の海にのみ込まれてしまうでしょう。
   杞憂とばかり言えません。 同じことは、これから高層建築が林立する「臨海副都心」にも言えます。建設中の「工事現場」が、ふっと、液状化現象で崩壊した建物の跡のように見えてきました。)(狭山・数)

 

018 散歩の収穫、山椒魚と立浪草 


          1993・05


    五月の狭山丘陵を歩いてきました。八幡神社の坂を上がり左に入ると、斜面が急に明るく開けています。昨年萌芽更新をしたところです。伐った株から新しい芽が出ています。 太い株に比べ、直径十センチくらいのものが、いちばん芽の出が良いようです。緑地の中ほどの道を南に向かって降りると道端に川とも溝ともつかない、小さな流れがあります。           
   「ひょっとして‥」と思って覗くと、黒っぽいふわふわした、皮だけのソーセージみたいなものが浮いていました。トウキョウサンショウウオの脱け殻です。 
   溝のへりに、淡いブルーのオカタツナミソウの花がちょうど盛りでした。私の好きな野草の一つです。 葛飾北斎など、江戸の浮世絵師たちが版画に描いた波頭に花の姿が似ているからと、立浪草。なるほど似ています。 今日は、山椒魚の生存が確認できたり立浪草との出合いがあったりと、思わぬ収穫がありました。 (狭山・数))

 

019 「森と水と人と‥精霊達の行進」


          1993・10


   9月12日(日)「東大和市ラシド・アート見学会」に参加しました。「東大和市の自然の美ししさをアートで表現することによってまちの魅力を再発見し‥」というのが開催趣旨。しかし、その意図がいかされていたとは思いません。                  
   その原因は、背景の処理にあります。「アルフォ・チャンネル・ストーン」は、張りぼての岩が、野っ原に晒(さらし)首のように置かれているだけだし、「WindMill」のある丘陵の斜面は、急造の宅造地のよう、作品に気の毒なくらいのものです。           
   「森と水と人と‥精霊達の行進」がわずかに背景(慶性門)を生か−した作品でした。寺の門を出た精霊達は、貯水地にでも入って行くのでしょうか。行進する一群の像に見る者はそれぞれの思いを重ねます。ただ、音のイベントは、私には騒音でした。     
   聞こえるか聞こえないかの、かそけき音楽こそ、この彫刻にふさわしいと思いました。

 

020 花を咲かせよ はんてんぼく


          1993・11


    市内に「緑道・遊歩道」は、延べ約3.6キロあります。その一つ、「仲原緑地」で嬉しいものを見つけました。ユリノキです。 
   その花を初めて見たのは、数年前の新宿御苑、五月のことでした。 チューリップに似た薄緑の花びらには、朱のワン・ポイントが入り、じつにかわいい。以来、すっかり魅了されています。 
    葉の形が半纏(はんてん)に似ているので、別名ハンテンボクともいいます。「なるほど、なるほど」と、納得の名です。散歩のついでに、そんな葉を探してみてはいかが。 
   そんな折、「用水北通り」の街路樹がこの木だとわかり、またまた嬉しくなりました。 ただ、この木は高木になるので、頭を切られず、本当の姿で成長してくれるかどうか。 ちなみに、新宿御苑のユリノキは、高さが三十八メートルもあるそうです。 魅力的なこの花が、・当市の街路樹に咲く日は、いつでしょうか。 (狭山・数)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。