わが故郷 東大和

東京都東大和市






散 歩 歳 時 記



目 次 1〜60



    地域新聞「やまと東」の散歩歳時記に載った記事です。 

    発行されてから20年になります。

                                筆者の思いで書かれています。 

                                「エッセイ」のような感じでお読みいただければ幸いです。

                                 挿入の写真、図は新聞より複製の為、不鮮明のものもあります。


 


1  90・11 川よよみがえれ 水に親しむ河川づくり
2  91・11 小鳥の楽園が危ない、カラスの大群が巣荒らし
3  91・12 フン害に憤慨、マナーを守り美しい道路に
4  92・01 東大和のお正月、昔は農村らしい風習
5  92・02 萌芽更新に市民の知恵を
6  92・03 「まんさく」の知恵 「花芽保護する枯葉」
7  92・04 「多摩湖の桜」 五十七年の星霜
8  92・05 「かたくり」の花とさんしょううおの卵
9  92・06 園乗院の「殉国産業戦士供養塔」に思う
10 92・07 武蔵大和駅前の「根曲がり松」によせて
11 92・08 東大和の「水道水」の源流をたずねて
12 92・10 市内の震災対策指定井戸の実態は?
13 92・12 「農業に親しむ会」 15家族が農業体験
14 93・01 東大和の小正月行事、「まゆだま」と「女の日待」
15 93・02 狭山丘陵の「くず掃き」、林と農家のかかわり
16 93・03 湖底の故郷見下ろす「慶生門」の今むかし
17 93・04 「開発現場」は建物崩壊の跡?
18 93・05 散歩の収穫 山椒魚と立浪草
19 93・10 「森と水と人と 精霊達の行進」
20 93・11 花を咲かせよ、はんてんぼく


21 94・02 豊作をねがって東大和の「初午まつり」
22 94・03 欅は市の木、いきなり丸坊主はひどい
23 94・04 「あれ なんだ?」 不親切な水門の解説
24 94・05 続・「水門」のこと 歴史物語る隧道の壁
25 94・07 『野の花のいのち』 休耕田にイヌゴマ
26 94・08 「東大和の雨乞い」昔の天候は神だのみ
27 94・09 「愉快な立看板」 お役所にもユ−モアが
28 94・10 私の散歩マップ 『火の見櫓が灯る風景』
29 94・11 私の散歩マップ 『犬との出会い』
30 94・12 『忘年会』のつもりが、行方不明の材料
31 95・01 金色に輝く東の空 多摩湖の「日の出」
32 95・02 清流よ よみがえれ 奈良橋川の思いで
33 95・05 私の好きな東大和 何気ない風景の発見
34 95・06 私の好きな東大和 観覧車の見える街
35 95・07 私の好きな東大和 ビラ配りの道で
36 95・08 私の好きな東大和 頭上で蝉の大合唱
37 96・02 『宅部池』と瀧見橋 元は農業用水池
38 96・03 全国の凧との出会い 清水の「凧展示館」
39 96・04 ベランダから見える富士山の景観はいま
40 96・05 新茶のころ 消えた手揉み"のお茶


41 96・06 先人が残した自然 「狭山丘陵の生き物たち
42 96・08 容器代、5円のおまけ、南街の手作り豆腐
43 96・11 重い氏神様の責任 秋祭 新氏子の弁
44 96・12 牛と牛車と祭りばやし、来年の干支に想う
45 97・01 異様な14階建てビル 「高層住宅に思う」
46 97・02 東大和公園にシュンランを探して
47 97・03 狭山公園の山歩き 四季の出会い求めて
48 97・04 東大和の都市農業 農地の多面的役割
49 97・05 鶯の鳴く音に誘われて、街道沿いの雑木林で
50 97・06 "いつまでも咲かせつづけてください
51 97・07 「援助交際」とオバタリアン
52 97・08 美しい狭山緑地に犬猫の糞尿の匂い
53 97・09 いつまでも保存して、「高木獅子舞」
54 97・10 もう、お疲れでしょう おひきとりを
55 97・11 雑木林や川の再生に 、ボランティアの活躍
56 97・12 ゆずまきの香り 東大和の郷土料理
57 98・01 森林は都市のかけがえのない水源地
58 98・02 たつ鳥跡を濁さず、シジュウカラの巣箱
59 98・03 自然界の仕組み「食物連鎖」
60 98・04 実録ー毛沢東のスズメ退治と、スズメの逆襲


 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。