わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



281〜300




281、 明治9年の清水村の土地台帳



土地台帳.

    徳川幕府から明治政府にかわり、それまでの土地(耕作地)は領主(将軍、大名、旗本 など)のもの、農民は土地を借りて年貢を納めるという制度から、土地はそれぞれにあたえる、そのかわり土地の価格に応じて「土地税(今の固定資産税のようなもの)」を徴収するという制度にかわりました。
     そこで、政府は土地の台帳を作りました。 わたしの見た台帳は、明治9年までの調査記録で、道路と川(掘割)以外の土地に、清水村字(現在の小字)林1番地から上新堀1509番地を地番毎に測量し、田、 畑、宅地、荒地、林、社地、寺院境内、堂宇、涌井、庚申塚、墓地、死馬捨場に分けて、その面積と所有者の氏名(他村の人は村名も)を記録して、最後に合計を出しています。
    測量は土地の形状に四角形をのせて、はみ出した分と不足分がおおよそ同じになるようにして、縦と横を測り面積をだしています。その際、畑については耕作できない「畔引き(畑と畑の境界分)」と「根際堀(意味はわからない)」の分は面積をだし、添え書きして、その分を差し引いて正味の耕作面積を記録しています。
    この台帳は2分冊にして、、明治9年に第拾壹大區拾小区、武蔵国多摩郡清水村から 神奈川県権令野村靖宛てに提出して、明治14年に「右検閲候也」と公印を押されて返却されています。
     多くの土地調査は地形図も作り、形状も調査記録していますが、付いていませんでした。
    一緒に、1枚、地形図の写しと思われるものがありました。そのほか、1枚、この台帳をもとに作られたものとおもわれる土地の価格の書かれた写しがありました。
     一緒にあった、地形図は番地と形状のみで、長さは記録されていません、縮尺も付いてないので 正確な長さはわからりませんが道路から道路までの長さを測れば、およその長さはわかるのではないかと思われます。
     これに先立っておこなわれた明治政府による、「上知令」によって、 大久保家、三光院,氷川社、成就院などが、朱印状などで徳川幕府などから年貢などを免除されている土地(権利)を返上した、「上知(あげち)」と書かれた記載もあります。
     その後、この台帳を基に地価がきめられ、地価が記載された、2番目の台帳がつくられ、それを基に所有権を示す「地券」が番地ごとに発行されています。(明治12年)
     この台帳は、たぶん2番目の台帳ができて必要がなくなって「廃棄処分」されたものと思われます。(2016.3.15記)

 

282、おびとき山 


    このあたりの農家は、やまと言われる「雑木林」をもっていました。 農業に使う堆肥(肥料)を作る材料や、燃料にする薪(まき)を取るためです。 クヌギ、コナラなど落葉樹の林で、15年〜20年たつと伐採します。その後は切り株から「ひこばえ」が芽を出し成長してゆきます。萌芽更新といわれています。   
   その雑木林の中で、木の成長が早い山を「おびとき山」と呼んでいました。 おびときとは、この地方で七五三の祝のことです、7年たったら伐採できるほど成長するという意味でしょう、 実際にはそんなに早くは成長しませんでした。
   近年、これに関連して、子どもが生まれたら、木を植えて7年たったら伐採して、おびとき祝の費用にしたという記述がみられますが、おびとき祝という儀礼が先にあって、それになぞらえて成長の早い林をおびとき山と呼んだのだとおもいます。(2015.3.15記)

283 大和村全図(昭和のはじめ頃)


    多摩湖ができた後の大和村の地図があります。 村役場の発行ということになっていますが、地図を作る会社が発行したようです。御大典記念大和村全圖という表題がついています。縦150p 横115pで、縮尺3000分のTで、区割り毎に番地がふられています。
   大字毎に色分けされ、水路は水色でかかれています。 道路は赤い線で描かれており、 今はほとんどたどるのが難しい、八王子道などがよくわかります。 
    有料で頒布されたということで、かなり沢山残っています。 古い道の調査などには役に立つとおもいます。
地図全体と、今は住宅になっている、狭山たんぼと2ツ池の部分を載せます。(2015.9.10記)



大和村.地図




























大和村.地図.

















284、御判塚(ごはんずか)


    東大和のよもやま話という本の中に「こさ池とかゆ塚」という話があります。 あらまし、昔、新田義貞の軍勢が湖底にあった「こさ池」の水で粥を炊いて、東村山の回田あたりにあるかゆ塚で食べた、という話です。 話は、ここまでですが、その後の記述に、この話を書いた人の説明として、こさ池に近い山の上に「ごはん塚」と言われた所もありました。と書かれています。 
   ところが、東大和モニュメント22、ごはん塚(2っ池に設置〉の解説に よもやま話の引用として、昔、新田義貞が、鎌倉を攻めた時にこの付近に陣を布き、こさ池の水を汲んで、ごはんを炊き、軍勢に食べさせたということです。食べさせた場所は、こさ池に近い山の上で、「ごはん塚」といわれ、当時の伝説にまつわる塚があったそうです。と書かれています。 
 言うまでもなく、この解説は、早とちりで、ごはんを炊いたなどという話はありません。
   ごはん塚というのは、たぶん「御判塚」のことで、地誌「狭山之栞」 多摩郡狭山村之内宅部の項に、いくつかあった塚の1つとして記録されています。 このいわれなどについては、記述はありませんのでわかりませんが、近年、観光ガイドの養成がされ、間違った話が広まることをおそれています。(2015.9.11記)
(注) 御判塚の 判 という字は旧字になるのか、右則の半の縦棒が下で左に曲がっています。(2015.10.10記)

285、隧道くぐり


    このあたりで隧道といえば、多摩湖から武蔵境の浄水場へ水を送るトンネルのことで、現在の多摩湖と武蔵境を結ぶ、遊歩道の地下にありました。
    途中今の武蔵大和西信号のところ(どうどう)と、東村山浄水場の西側(きゅうか)に開水面(地上にでているところ)がありました。
    子供たちは、ここをくぐって遊んだそうです。その距離は800mくらいはあります、隧道は下は平らになっていて、歩きやすかったようですが、薄暗い中を壁をつたってくぐりぬけ、(きゅうか)のところでは滝になっておちるので、左側によどみがつくってあり、そこから地上に上がったそうです。(鎌田さんの話)     どうどうときゅうかはbT3に説明があります。(2016.12.27記)

286、ばくちの親分


     昭和のはじめ頃の話、清水にばくち打ちの親分がいました。 杉本という方で、時々 狭山公園の林の中にあるすり鉢状のところで、ばくちを開帳していたそうです。見張りを立てて、警察が来るといち早くにげたということでした。
 ばくちについては、「ほっぽき」という主に女性が遊ぶばくちが有名ですが、男性もかなりやってたようで、あらかじめ、駐在さんに話をつけていたのに捕まったという話もありました。(2017.1.1記)

287、蔵敷庚申塚の道しるべ



    青梅街道の蔵敷駐在所の信号を芝中団地方面に向かい、元村山橋を渡って、坂をのぼった道路の交差するところに、蔵敷の庚申塚があります。市の史跡に指定されています。  庚申塔のほかにも、後に建てられたと思われる、百観音霊場巡礼の達成記念碑もあります。
    ここの入り口に道しるべの石柱があります。西の面に右、砂川、八王子 東の面に、左 小川、府中、江戸と書かれています。建てた年号などはありませんが、小川(小平市)は新田開発でできた村ですので、江戸時代でしょうか。
     東大和市発行の東大和市史資料編9 「道と地名と人のくらし」にものせられていますが、ここには、左 小川、府中としか乗せられていません、かなり読みにくかったため、判別ができなかったとおもわれます。 この道は江戸街道の庚申塚から蔵敷・芋窪方面に向かう道で蔵敷高札場にいたります。
 道しるべの石柱は、風化が激しく文字の面は、まだ大丈夫ですが、江戸の江の字は判読は困難になっています。見られる方はおはやめに。
道しるべの写真2枚

288 日月橋(にちげつばし)



   志木街道(奈良橋交差点から東村山に至るバス通り)の奈良橋川に架かる橋を日月橋と呼んでいます。歩道橋ができた時に「にちげつばしじんどうきょう」いうプレートが掲げられました。どこからついた名前と聞かれることがありす。
   奈良橋の交差点を湖畔に向かう道路の左側、現在の殉国慰霊塔(こども学園の南)にあった日月宮(明治以降は日月神社)にちなんだ名前です。今でも欄干の石に日月の名前が読み取れます。
     この宮がいつ頃なくなったかはわかりませんが、1928年(昭和3年)頃の地図には、南の道から参道と宮が書かれています。
     この橋は、通称「だんごやばし」と呼ばれていました。近くに団子を売るお店でもあったのでしょうか。

289、豊鹿島神社の獅子頭


     豊鹿島神社に東大和市の文化財に指定されている、獅子頭が3つあります。
   どういう名前がついているかはわかりませんが、雄獅子(角が2本)が2頭、雌獅子(宝珠をつける)が1頭の3頭獅子舞の獅子頭です。角や宝珠はのこっていませんので推定です。取り付け用の穴はあります。
    江戸時代の指田日記(武蔵村山市)に江戸末期に鹿島大明神で舞われたという記録があります。
 大正生まれの方の記憶ですと、昭和に入ってからは舞われることはなかったという話しでした。雨乞いの時などには出して飾ったそうです。
    写真で見る通り、かごの部分に頭をいれて、顔面に獅子頭がくる構造で、鼻の穴から外をのぞくと推定されます。
   下あごは、別に作られており、口は開くようになっていますが、手で操作するような作りではありませんので、かぶるときはどのように取り付けたのかはわかりません。
    3頭とも、黒塗りで、赤や金で装飾の跡がのこっています。大きさは、ケースに入っているために正確には計測はできませんでしたが、およそ雄獅子は、幅が24センチ奥行が30センチ、雌獅子はこれより小さく24センチ奥行が24センチくらいです。
    雄獅子に小さな耳がついていましたが、ひもでかごに括り付けてあり、どの位置に付いていたかは、わかりませんでした。
    作り方は、寄木つくりで、縦に3本の木を合わせてあります。下あごは別につくります。
   ただ、これだけ大きいものをかぶって踊ることができるか?と考えると、他の獅子舞の踊り方などを参考に検討する必要があります。
     獅子頭以外は、残っていませんので、どのように舞われたかわかりません。言い伝えのなかで、「高木の獅子は一人、芋窪は2人で踊る」といわれていますが、近郷の獅子舞にはそのような踊り方はありませんので、調査が必要です。一般公開はされていません 
獅子頭の写真3枚
   

 

 
   
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

 " 一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。