わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



261〜280




261、狐にまつわる話


   @ 砂川(立川市)の三番、四番から芋窪に至る道に松並木があり狐がいた。 芋窪のおばあさんが尻っぱしょりで帰ってくると、狐が「おちょうちんでも、おちょうちんでも」と言ってついてくる。 いつしか、フッといなくなる。
   A 廻田(東村山市)の北のあたりにある、どうけん場というところに狐が出た。 若い衆が仕事帰りに通りかかると、てんびん棒に腰をかけて娘が呼んでいた。
   B 高木に住んでいたが、奈良橋に建前(たてまえ、家の棟上げ)に行って、夜になり帰りに高木神社のあたりで、ちょうちんがついてくる、きっと狐のちょうちんではないかと思いゾッとした。
   C 貯水池(多摩湖)ができるので、土地が売れて、その代金を立川に持って行った帰り、桜並木のところで、道がわからなくなり、どの方向に行ってもおなじところにでる、さては狐に化かされたと思い、煙草を吸うと正気にもどった。
   D、小川(小平市)との境にある新堀(野火止用水)にかかる土橋の近くに、お伊勢山というところがあった。 このあたりには沢山の狐が住んでいて、雨の降る夜になると、沢山のちょうちんの灯が点り、行列をつくって土橋のほうに進んでいった。 あれは「狐の嫁入り」だ、見ているとフッと消え、元の闇に戻るという。
   E 昔、新堀のあたりは、雑木林が続き、夜になるとふくろうが無く寂しいところだった。 小川(小平市)の親戚の結婚式に行き、夜更けに新掘(野火止用水)の土橋を渡ってお伊勢山にさしかかると、どこからともなく、芸者風の娘が現れ「道案内をしましょう」と、先に立って歩き出した。 ところが、どうしたわけか、行けども行けども村につかない、そのうちに夜が明けてきて、さては狐の仕業ときずくと、娘の姿は消え」、持っていた肴も消えていた。
   F 昔、芋窪から正楽寺(山口貯水池の湖底にあった村)にリヤカ―でとうなすを運んでゆく途中、寺の上の山に狐がいて、人をだまし、行けども、行けども山でゆきつかなかった。そのうち正気にもどった。
   G 清水囃子の面芝居に狐に化かされた話があります。(清水囃子の項を参照) (2012.11.08記)

 

262、獅子舞 三河万歳(みかわまんざい)
            (芋窪、大正年代の、お正月)


    大正の頃、芋窪のお正月は、大晦日から新年にかけて、鹿島神社(豊鹿島神社)は大かがり火を焚き、参道には、縁起物を売る露店も出てたいそう賑やかでした。
@ 獅子舞 
   正月になると獅子舞(一人たまには太鼓をたたく人と二人)がやってきて家々を回り、頭をかんでもらうなどしてもらい、おひねり(お礼のおカネ)をわたしました。 所沢の方からきたようです。
A 三河万歳(みかわまんざい)
     三河地方(愛知県)で行われていた漫才。 太夫と才蔵という2人組で、才蔵は鼓を叩き、2人がかけあいでお祝の口上をのべる。 三河出身の徳川家康が江戸に幕府を開いてから盛んになったといわれ、芋窪には、2〜3組きていました。 このあたりでは、太夫と「ちょぼ」と言っていました。 例年同じ組が来るようです。 家によっては、座敷に招き入れて祝いの口上を述べてもらい、おひねり(お礼のおカネ)をわたしました。 
   小榑さんにきた組は、鶴の摸様の衣装で「鶴太夫」と名乗っていました。 才蔵をなぜ「ちょぼ」というかは、わかりませんでした。 江戸時代に、「ちょぼくれ」という 願人坊主が、小さな木魚をたたいて、世間の 出来事などを節を付けて、おもしろおかしくうたう門付芸があり、関連があるかもしれません。(2012.11.08記)

 

263、火事見舞い(親戚の当日の行動)


   消防署のない時代は、火事が起きると消防団をはじめ、近くの人が駆け付けて火を消します。 親戚が火事になると、何をおいても火事見舞いに駆け付けます。親戚のある方向で火事があると、まず確かめにでかけます。
 火事になった家の親戚では、消火に協力してくれた人に、御礼の気持ちとして、握りめしと沢庵を持って駆けつけます。 握り飯は、味をつけないで、沢庵は切りはなさないでつながったままにします。 沢庵を切る時に箸を一緒に並べ、沢庵がつながるようにして切ったそうです。
 どうも、私達も急いで駆けつけたという証拠にするようで、なんともへんな習慣があったものです。 いつ頃まで行われていたかはわかりませんが、消防署ができてからは、消防署か消防団の人以外は火災の現場に入れなくなりましたので、習慣もなくなりました。 (2012.11.08記)

 

264、疱瘡日待ち


   疱瘡というのは天然痘のことで、種痘という予防注射の実施で今は無くなった病気です。  明治の40年代に国の制度として種痘が実施されるまでは、流行する年もあったようで、明治の頃は あばたや、失明をした人がかなりいたようです。
   1月6日に疱瘡日待ちがありました。 疱瘡の神様はいわゆる「厄病神」で、病気を持ってくる神、お祀りして疱瘡を免れたり、軽くすむようをお願いします。 清水の湖底にあった上宅部の集落では、明治のはじめ頃から中頃まで女性が集まって行われました。 
   芋窪では1928年(昭和3年)頃に、農家の大きな家を借りて20〜30人位の女性が集まって、赤飯を供へ、一緒に食べました。 (2012.11.08記)

 

265、雨乞い(あまごい)


   雨乞い、夏に日照りが長く続くと農作物は枯れてしまいます。 そこで神様に雨が降るようにお願がいするのが、「雨乞い」です。 
   おおよそのやり方は、水神の祀られているところから、水をいただいてきて、神主が祝詞をあげ雨の降るのを願い、それを大盥(たらい)にうつし水を足して男がふんどし姿で水をかけあう。神社の境内でおこなわれていました。
   芋窪の雨乞いは、鹿島神社の境内でおこなわれています。 昭和の30年代にも行われていたようです。 水は御岳山の七代の滝から汲んできました。 途中で休むとそこに雨が降るという言い伝えがあり、リレー式に運んだそうで、古い獅子頭(鹿島神社にある3頭獅子舞の獅子頭、もう舞われていなかった)も飾られたそうです。
   清水の雨乞いは、清水神社で行われ、水は御岳山から汲んできたそうです。
   狭山の雨乞いも同じですが、昭和の30年代にも行われていたようです。 たらいは当時そうめんの製造をしていた二見さんから借りた半切桶を使いました。(2012.11.08記)

 

266、妖怪(魔物)がやってくる日


   @ めかりばあさんのくる日
   めかりばあさんという妖怪がやってきて、悪さをする、家の軒や入り口に、目の大きい籠や水のうを飾り、家に入るのを防いだ。 話をしてくれた方は、詳しいことは知りませんでしたが、めかりばあさんは1つ目で、目の沢山ある物を嫌うと言われています。 十一月か十二月の行事のようでした。
   A ハゲンボウズのくる日
   ハンゲショウ(半夏生はんげしょう)の日(七月二日頃、旧暦)に、ハゲンボウズが来て井戸に毒を入れるといわれ井戸にむしろ等で蓋をした。
   こうした、異界から魔物が来て害をなす話は、比較的多くありますが、正体がはっきりしない等、日常の平穏を願うおまじないのようなものとおもわれます。(2012.11.08記)

 

267、東大和の郷土かるた



    ろ ロマンスも 糸に綾なす 機(はた)織り唄

   郷土史グループ「みちの会」によって、1976年に「郷土カルタ」が作られました。 会員の方が、東大和の歴史や民俗の聞き取りをして、カルタにしたもので、絵札は多色刷りの版画でつくられています。
   読み札にあたる分は冊子になっており、それぞれに解説がついています。これを読めば、東大和の名所がよく解ります。 販売はしていません。 必要の方、興味のある方、連絡をくださればお見せします。(2012.11.08記)
い  今もむかしも 人の行きかう 青梅橋
ろ  ロマンスも、糸に綾なす、機織り唄
は  発掘に、市民の参加、三千人
に  如来像 風雨いくとせ大日堂
ほ  本尊は 錐鑚不動の圓乗院
へ  平和を 祈る 慰霊塔
と  都民の 水がめ 桜の名所
ち  中世の 面影残す 豊鹿島神社
    り  龍骨車(りゅうこししゃ)は 昔の消防車
ぬ  額(ぬか)づいた 八幡宮に 杉並木
る  累代(るいだい)の 記録豊かに 内野文庫
を  をどる音頭に 茶どころ 狭山
わ  若者の 勉学の場だった 林堂
か  要(かなめ)石の伝説 今は昔< br> よ  四っ街道の 馬頭様
た  大木が、地名のおこり 尉殿権現(じょうどのごんげん)
れ  蓮華寺の 本尊様は 不動明王
そ  蔵敷の 鎮守の森は 熊野神社
つ  つつじ市の花 市の木はけやき
ね  願いは厄除け 瘡守稲荷
な  ななめに走る 八王子道
ら  ランプで学ぶ 林堂
む  村民に 師と仰がれた 石原伴鳳(ばんぷう)
う  打ちこわし 天明のあとしるす 高木の名主
ゐ  ゐのこのぼたもち 十一月九日
   の  野火止用水 今は暗渠
お  大きな和 念じてなづけた 大和村
く  軍需でひらけた 南街地区
や  役所の前身 組合所
ま  まつられた 湖底の鎮守 氷川様
け  慶性院に 芋久保銘の鰐口
ふ  武野(ぶや)八景 郷土の紹介 大久保狭南(きょうなん)
こ  御朱印三石 三光院
え  江戸城へ 石灰運んだ 青梅みち
て  伝統を 今に受け継ぐ 高木の獅子舞
あ  朝夕の 六時の鐘は 三光院
さ  狭山の栞(しおり)に古きを偲ぶ
  き  機銃の跡 今でも残る 取水塔
ゆ  由緒も遠く 徳冶の板碑
め  目じるしは 三本杉の 調練場
み  皆に触れする 高札場
し  市制は 昭和四十五年
よ  絵馬を納めて 安産願う
ひ  ピーシャララ 清水囃子に 翁舞う
も  木食(もくじき)おわす 明楽寺(みょうらくじ)墓地
せ  石仏も 御時世で移転 庚申塔
す  諏訪山に 古代の住居跡
ん  雲性寺に並ぶ 地頭の墓。
(2012.11.08記)

 

268、下駄(げた)の歯入れ(職業 行商)


  今は下駄というのは、浴衣を着た時に履く位ですが、昭和の20年代には、日常、着物で過ごす人も多く、また靴が高価だったこともあり、「下駄」も使われていました。 狭山に下駄屋さんが2軒ありました、そのうちの1軒の店主は下駄の歯入れの「行商」をしていました。
 下駄には台(足をのせるところ)と歯があり、一体のものと、歯が台に挿し込んで使うものがあります。 さしこんであるものは、歯がすり減ると新しい歯に替えることができます。 歯入れとは、歯を「挿げ替える」職業で、この方は自転車に乗って、「パイ、パイ」と大声で知らせながら地域をまわっていました。
 「パイ」とは、たぶん「歯入れ」を短くした「売り声」ではないかとおもわれます。 この頃には、「売り声」をあげて来る行商は「納豆売り」位で、豆腐屋はラッパ、アイスキャンデー屋は(チリン、チリン)とカネを鳴らしており、売り声としては珍しいものでした。
  ただ、気の毒だったのは、そこの子どもたちで「パイ パイ」とからかわれていました。。(2012.11.08記)

   

269、酒屋の大福帳 


   東大和市の狭山にあった、「田那部酒店」の判取帳というのを見せていただきました。 昭和9年8月から翌年の5月までの記録で、印紙も貼ってあり、帳簿して残されたもののようでした。
   小売りと卸(おろし)をしており、卸に使用したもので、次の形式で書かれています。(縦書き)
           記
 喜代川(清酒)    片馬
 徳 一(清酒)    壱駄
 甲子(大)(醤油)  15樽
 サイダー       1箱
 右正ニ受取申候也
    ○○商店
   ほとんどが毛筆で書かれていますが 万年筆(あるいはガラスのペン)もあります。  品物は、清酒、焼酎、ウヰスキー、ワイン、ビール等の酒類が中心で、サイダー、味噌、醤油、ソース等を扱っており、 エビスビール、ユニオンビール、ケンコーサイダー、赤ハタソース等、今は無い銘柄があります。
   取引先は、酒の小売店、居酒屋等、古くからのところに加えて、村山貯水池(多摩湖)ができてから開業した村山ホテル(後の多摩湖ホテル) 東家、入山園、湖月等の飲食店の名前が見られます。
   おもしろいのは、納入数で、一駄 片馬という江戸時代からの数量のかぞえ方が使われています。 江戸時代に伝馬という、街道筋で、荷を運ぶ制度が確立され、馬一頭の両脇に清酒4斗樽を一つずつ載せ、これを一駄として運び賃を決めており、片馬とは半分、樽一つを表しました。  こうしたかぞえ方がまだ昭和の時代でも残っていました。
   村山ホテルには二個のゴム印があり、大きい方は受領印で「受領、村山貯水池畔、村山ホテル、電話東村山二十一番」と書かれ、小さい方には、「村山ホテル、MURAYAMAHOTEL、9.11.22」と書かれています。
   外国人も訪れたのでしょうか、それともシャレで作ったのでしょうか。 東家のゴム印には「村山・山口貯水池畔 御料理」と書かれています。 山口貯水池の完成は昭和9年ですので完成が期待されていたのでしょう。(2012.11.08記)

 

270、三光院前、新青梅街道に架かる歩道橋


   三光院の前の歩道橋は、ほとんど使う人がいません。 それほど人通りもないところですし「なんでこんなところに」と思う人がいると思います。 この歩道橋は、第四小学校が開校されたときに、清水6丁目の児童が新青梅街道を渡って通学するために作られたものです。
  このころは、小学生が増え、5小、6小とあいついで開校し、清水6丁目の児童も新しい学校に行くようになり、新青梅街道を越えることなく、歩道橋の主要な役割は短期間でおわりました。 新青梅街道には、富士見陸橋の西にも似たような橋があります。(2012.11.08記)

 

271、第一小学校の校歌、戦前と戦後


  現在の東大和第一小学校(できた時は、大和尋常小学校)は、大和村になって、村域にあった3つの小学校を統合して作られたものです。
  校歌がつくられたのは、昭和の18年頃でしょうか、現在の歌詞は、学校のホームページに載っています。
  現在の歌詞は、「民主主義国家にふさわしい歌詞に」ということで戦後につくり変えたもので、一番の歌詞のうち「民主日本の輝く使命」のところは以前は「皇御国の輝く使命」だったようです。 二番の歌詞にも同じようなところがあります。 学校の教育がどのように変わったかがわかります。(2012.12.21記)

   

272、殉国慰霊塔と表忠碑


  奈良橋の日月神社跡に殉国慰霊塔があります。 殉国慰霊塔は、太平洋戦争までの戦争の中で、亡くなられた人を広く慰霊するために東大和市がたてたものです。 南街にあった日立航空機会社で働き、爆撃で亡くなられた人も含まれています。
  この庭に、2つに割れた石碑があります、「割れた下の部分は立っています。 これは、今の第一小学校の庭に建っていたもので、1945年の終戦後破棄されたものです。 1948年(昭和23年)、私が入学したときは碑が建っていた小山が残っていました。
  いつの頃かはわかりませんが、この小山が撤去されることになり、崩した中から、この石碑が出てきました。これが殉国慰霊塔の敷地におかれたものです。
  この碑は、軍人(兵士)で戦争で亡くなった人のみを祀った碑で、1945年の終戦まで、いわゆる「忠君愛国」、戦意高揚のシンボルとして、多くの国民を戦争に駆り出すために使われました。 終戦後、主権在民、民主主義の時代となり、取り払われ地中に埋められたものです。 このようなものが「復活」しないことを願うものです。(2012.12.25記)  

  

273、原口の墓地と大久保狹南さんの碑
              (狹は常用漢字では狭を使用)  


  清水2丁目に原口の墓地があります。 原口とは山(狭山丘陵)から原(平地)に出るところの意味だそうです。 この墓地は、正福寺(東村山市)の檀家が多く、江戸時代の文人「大久保狭南」の碑があります。
  狭南は、地元大久保家の出身で「漢詩 武埜八景」を著し、名所小金井桜の碑文などを書いています。 五十嵐伝兵衛碑(五十嵐家の墓地にあり)の碑文も書いています。   本人の遺言で、大久保家の墓地に埋葬され、その生い立ちなどが石碑に書かれています。 狭南とは、大久保 家が狭山丘陵の南にありそれを「号」としたと伝えられています。 生れた地、狭山丘陵を愛し、武埜八景の中で、「宅部(やけべ)の寒雁」という漢詩をのこしています。(2012.12.28記)    

274、高木の獅子舞


  高木にある高木神社(江戸時代頃は尉殿権現 ( じょうどのごんげん)に祭礼に舞う「三頭獅子舞 (さんとうししまい)」があります。
  高木の獅子舞は、かなり古いもので江戸時代から舞われているといわれ、高木神社の祭礼に奉納されていました。太平洋戦争で中止されていましたが、1946年(昭和21年)には再開されています。この頃にささら子をした方が存命ですので調査しています。1957年(昭和32年)頃まで行われていましたが、それ以後は行われなくなりました。
  1958年(昭和33年)に大和町が調査をして、8ミリ映画に収めたという記述が10月25日発行の大和町広報に載っていますが、この記録が残っているか、わかりません。その記事の中に、唄が20以上あったと書かれていますので、かなり長時間の演奏だったとおもわれます。
  1974年に、東大和市が「文化財」を指定することになり、高木の獅子舞も道具と衣装などが文化財として指定されました。 残念なことに後継者がいないということで、唄と踊りは、指定されませんでした。
  これを機に再度「踊り手」の養成を行い、復活しました。ただ、以前の踊りをすべて継承したものかはわかりません。 この時には、寄付を募り獅子頭の修理「塗り直し、飾り(たてがみなど)を新調」をし、映画を撮りました。
  映画の内容は、道行から退場までの演技と、はじめと終わりに解説がついています。このときは35分位の踊りでした。
 この映画では、1958年頃に踊っていた人が獅子や、狐を踊ったと聞いています。ささら子は以前は男の少年が、女装したそうですが、この時は少女にかわっています。
  その後、2〜3年で休止になり、私がビデオ撮影した1994年に20年ぶりの再度の復活と報道されています。 ビデオの撮影時には、笛方、唄い方が複数おり、6人の「ささら子」、男根ににせた棒と、軍配を持った「はいおい(幣負い、御幣を背負うの意)」という狐面をかぶり白い髪の道化、雄獅子が二頭、雌獅子が一頭でした。演奏の時間は約20分でした。
  古くから踊られていた三頭獅子舞がどんなものかわかりませんが、近郷の三頭獅子舞を見ますと、一つの演目に30分くらいかかっており、どの部分を復活させたのかは、わかりませんでした。
  それ以前に見た記憶では、境内の庭に四角の一段高い舞い庭(相撲の土俵の様なもの)をこしらえ、四隅に竹を立て、注連縄(しめなわ)を張り、そこにささら子が立っていたように記憶しています。 
  現在の保存会の方に伺ったところ、1945(昭和20)年以降に踊られていた演目は、「雌獅子隠し」のみ踊られているということでした。   私の知る限りでは、過去の舞い庭の大きさ、それぞれの、衣装、所作、などについて調査した記録は見当たりません、おもちの方がいらっしゃいましたら、連絡をお願いします。(2013.01.05記)
   近年、舞い庭に塩まき人、着物を着た男児、ささら子以外の女子が登場しています。(2015.01.31追記)
  保存会の会長をしたこともある宮鍋 二郎さんの話を載せます。この話の中に舞い庭は2間四方で、赤土で作りもみ殻を敷いた、(高さについては話されませんでした)と話されていますが、これでは狭すぎます、宮鍋さんの記憶ちがいか、聞き取りの方の誤記ではないかとおもいます。 (多摩湖の記録、19号記載)。(2075.01.14追記)

宮鍋さんの話 獅子頭の写真


275、前川(その2)と支流


 

><  前川については、bT2であらましを書きましたが、その後いくつかの情報が寄せられました。
  多摩湖の水を送るトンネル(隧道)の余水吐けに利用されたことは前回書きましたが、この工事で余水吐けを作るときに、川の流れを大きく変え、かなり深く掘り、下流まで水が流れるようにしています。
  現在は隧道橋あたりは、道路工事で暗渠になっていますが、開渠の頃、川が曲げられて、隧道と直角になるように作りかえられています。 昭和30年発行の地図には、その名残りと思われる古い川がかかれています。
  前川の上流は、狭山にある老人ホーム「やまと園」の南にある「さかえ橋」の上流で2つに分かれています、1本は二ツ池につながり、もう1本は東大和公園に沿って流れていました。いずれも東邦分譲地の造成で暗渠になっています。
  前川には、支流がありました。東村山で「旧前川緑道」と呼ばれている川で、東大和では名前はついてません。 東村山の廻田町から西武鉄道多摩湖線をトンネルでくぐり、狭山で蟹峰(圓乗院のある峰)の先端で2つに分かれて、1本は西の方向に流れ、高木との境界付近で志木街道を渡って東大和公園の南麓を流れています。
  もう1本は西に向きを変え、現在の狭山公民館の南側から東大和公園に入ります。(ここは谷ッ入りと呼ばれています)
  昭和の十年代にはかなりの水量があったようで、野菜などを洗ったという話をしている人がいました。 昭和の三十年代になるとほとんど水が流れなくなりやがて、志木街道の北側の流路を残して、川に蓋をして、通路に利用するようになります。(2013.01.17記)    

276、安宿(やすやど)


  江戸から明治、大正、昭和にわたり、このあたりにも、ごぜ(瞽女)やさまざまな行商人(石臼の目立て,飴や、富山の薬売りなど)が来たようです。
  こうした人達が泊った家を、安宿と呼んでいました。 旅館ではなく職業を持っていて、旅人が来たときに部屋と食事を提供する、今の民宿のようなところです。文字どうり安い料金で泊めたのでしょう。
  御岳神社の神主や、寺院や神社の「檀家廻り」などで、村に来る人は、世話人などの家に泊ったそうです。
  近郷の村の聞き取りによると、かなり多くの行商人が回って来たようですが、あまり調査が進んでいません。(2013.01.30記)  

 

277、旅芸人(一座)


  私が小学生の頃、(昭和三〇年頃)に、旅芸人の小屋がかかったことがありました。
  時々テレビドラマに出てくる旅芸人とほぼ同じです。 数世帯が一座を組み村から村へと興行して歩きます。
  私の近所に来たときは、近くの空き地を借りて小屋を作りそこに寝泊まりをしながら十日くらい興行しました。
  私が見たところでは、股旅物のほか、新派といわれているような現代劇、洋舞もありました。 洋舞については、女性ではなく中学生くらいの男の子が女性の服装で踊っていました。たぶん適齢の女性がいなかったのでしょう。
  中学生くらいになると踊るのを嫌がったそうです。 一座の子どもたちが学校に行っていたかどうかはわかりませんでした。
  木戸銭(入場料)などは記憶にありませんが、子供でも見られましたのでかなり安かったのでしょう。(2013.01.30記)    

 

278、山口貯水池(狭山湖)にあった鴨猟場


  狭山湖(山口貯水池)に鴨猟場がありました、古い地図や写真があります。(多摩湖のページというホームページに載っています) 昭和の20年代は、自由に出入りができました。
  入った人の話によると、湖から掘割を作って水を引き込み、アヒルを飼っておりアヒルが湖と堀を行ったり来たりしており、これについてくる鴨を網で捕まえる、という話でした。
  施設は東京都水道局が管理していたようで、東京都(以前は東京市)の幹部や接待の為に使われたのでしょう。 (話者が鴨を網で捕まえるところまで見たかは確認しませんでした)  多摩湖、狭山湖は、都民の為ということで湖が建設され、住民は強制的に安い値段で土地を買いあげられ、移転をさせられましたが、一方では、ほんの一部の人たちの遊びの為にこんな施設もつくられていたのです。(2013.03.07記)

 

279、手まり まりつき(鞠つき 子どもの遊び)


  まりつきは、子供の遊びですが、ゴムまりが普及するまでは、「つく」だけでなく、「投げ上げて受ける」なども遊びとしてあったようでした。
   まりは手づくりで、布で丸い形をつくり、その中に「マリ芝」という弾力のある芝を詰めて作ったそうです。マリ芝がどのような種類の芝かは判りませんでした。 何日か経つと弾力はなくなるそうです。 まりつきは、座るか、立膝(たてひざ)でついたようで、弾力がなく高く弾むことがなかったからでしょう。
  清水囃子の演目に「おかめのまりつき」という演目がありますが、この所作では、両手で交互についています。  演奏されるメロデイーは数え歌で、歌詞には、「手まりつく」と唄われていますので、「蹴鞠(けまり)足で蹴り上げる」と区別していたのでしょうか。(2013.03.18記)

 

280、村山貯水池(多摩湖)の工事


   多摩湖、(当時は村山貯水池)の工事が始まったのは、大正になってからですが、降ってわいたようなはなし。 水田の広がる静かな農村で村ごと立ち退きという事態にかなりの抵抗もあったようですが、国策の工事で、多くが泣く泣くたちのきました。
   一方、工事に伴って沢山の村人が働きにゆきます。 「桂庵」(けいあん)と言う屋号の家があり、この家も人足の供給をしていたといいます 。 この工事には地元の有力者も組を作って工事を請け負ています。 宮鍋隧道とか入山組とかの名が残っています。
   宮鍋隧道は、高木の宮鍋庄兵衛さんの組が、当時の事業者(東京市)が投げ出した工事を請け負って完成させたという話が残っています。
   このほかに、 「弁当屋」と言う屋号の家は、工事に来ていた会社の職員等に弁当を供給していた家だそうです。    この堤防を作るときは、かなり深くまで地面を掘り下げて、下から順に土を固めてゆく工法で、掘り下げた時に沢山の貝がらが出たという話を聞きました。 土を固めるために、機械だけでは足りず、蛸突き(たこつき)と言う大きな石に縄を付けて持ち上げて落として固める仕事に沢山の人が雇われています。
   この作業のために、蛸突き唄と言うのがあったそうですが私は聞けませんでした。 (2014.02.04記)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。