わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



241〜260




241、清水神社の大太鼓


   清水神社には子ども達に人気の大太鼓があります。 太鼓は昭和22年(1947年)にお庚申様(三角神社)の境内にあった大木を売却した代金をもとに、氏子の総意で作られたと伝えられています。 そしてこの太鼓には「憲法発布記念 昭和二十二年」と刻まれています。  
   戦中、この社からも多くの人が出征し、少なからぬ人が還らぬ人となりました。 戦争が終わり、二度と戦争をしないと誓って、あたらしい憲法が出来ました。
   多くの国民が、新しい憲法のもと、自由と民主主義の世の中を歓迎しました。 長らく出来なかった、お祭りもできる世の中になり、みんなが平和な国が続くよう願って、大太鼓を作り「憲法発布」と刻んだのでしょう。(発布−公布と同じ意味)(2012.04.17記)

 

242 鹿島橋のふくろう


    2004年頃のこと、鹿島橋の近くで「ふくろう」の仲間であるオオコノハヅクが姿をまじかで見る事ができました。 
   狭山丘陵には沢山の野鳥が渡ってきます、オオコノハズクも渡り鳥で特に珍しいものではありませんが、鹿島橋の自転車道から10mくらい先のコナラの木の洞に住んで、目の高さで見られました。 
   天気が良ければ、入り口で目をつむって時々動く位、なんともかわいい、この情報がインターネットで流れると、野鳥の愛好者や、沢山のカメラマンが集まってきました。
   鳥の観察をする人は静かに見ていますが、カメラマンは朝早くから、自転車道を占拠し、三脚を立てて場所取りをするやら、目をあけさせるために、大きな音を出す、棒でつつく等大騒ぎになりました。 数年で姿が見えなくなりました。 (2012.04.20記)

 

243 中堂墓地


   清水6丁目に中堂墓地があります。 森田、北田、原の三つの家の一族の墓地で、多摩湖ができる前は湖底になった上宅部(かみやけべ)というところにありました。
   中堂という名前は、湖底にあった頃、宅部川に添って3つのお堂があり真ん中にあったお堂ということでその名がついたそうです。
   この3つの姓の家が血縁があったかはわかりません。 村山貯水池の建設にともなって、現在地に堂宇や境内にあった地蔵さん等も移し、記念碑も建てました。 新青梅街道ができるまでは、畑の真ん中にありました。
   中堂墓地の所有者は、広い面積の墓地を持っている数軒で、その他の人は無償で借用しているそうです。 移転してきた当時の堂宇は、かなり大きく、1950年(昭和25年)頃は、住む家の無い人が堂守を兼ねて住んでいました。 その後、無住になり老朽化したために建て替えました。 
   現在の堂宇の裏には、土葬の頃に棺(ひつぎ)をのせる車と棺の上に載せる天蓋がのこっています。
   東大和の墓地の多くは、個人墓や共同墓地で寺院に所属している墓地は近年に作られたものです。 管理は、墓地の使用者が管理費を出して、世話人といわれる方が管理をしています。 
   墓地には湖底にあった氷川神社、現在の清水神社の神主であった「清水」さんの墓もあります。  中堂墓地のとなり合わせで、五十嵐家、日橋家の墓地もあり、三光院も近くにあり、移転地を相談して決めたのかもしれません。 (2012.04.23記)

 

244 屋敷林 


    このあたりの農家の家は、昭和の20年代はワラ屋根の家が多く、台風や火災から家を守るために、家の周囲に木を植えました。 一般的に防風林と呼ばれているもので、欅(ケヤキ)や樫(かし)の木を植えました。 
   南には樫の木を、夏は日を遮るように、冬は日が入る位置に植え刈り込みによって、高い壁のような作りにしていました。 「樫ぐね」(くねとは垣根の意味)とよばれていました。 時々枝を切って燃料にしました。(枝下ろしと言っていました)。
   欅は建築用材としての価値があり、昭和の30年代には、船の材料に使うという人達が沢山買って行きました。 この頃はまだ外国からの輸入が無かったのか、伐採の費用も含めていくらかの利益になりました。 その後、あまり売れなくなり、伐採と廃棄に持ち主がお金を払うようになります  
   樫ぐねは、すきまの無いように作っていくためには、毎年手入れをする必要があり、大変な仕事という話でした。(2012.04.27記)

 

245 2つある東大和市の歌


   平成5年頃のこと、東大和市の歌をつくるということで、まず歌詞の募集がありました。 それをもとに、作曲を募集して、集まった応募曲を「選定委員会」のような組織が選考して、曲がきまり、補作を経て、最初の「東大和市の歌」が出来上がりました。 市内の合唱団等が中心になって練習をし、めでたく発表会で披露されました。
   ところが、しばらくたって、別の人が応募曲を監修・編曲をした、第二の市の歌ができました。 細かないきさつはわかりませんが、はじめの歌を選定した人達が納得せず、訴訟が起こされる事態になりました。
   合唱団の人達の中では、はじめに出来た歌は、歌いにくいという話はあったようですが、第二の歌をつくる時に、制定にたずさわった人達に話が無かったようでした。
   市は、市議会で、両方の曲を市の歌として作ったことにするということで終ったようですが、 市の歌を2つも持っている市民は、幸せなのでしょうか。 歌う時には2つ一緒に歌うのでしょうか。 
   市のホームページには、応募曲と市の歌2つがのっています。(2012.04.30記)

 

246 大和中学校生徒会の歌


   東大和に中学校ができたのは、1947年(昭和22年)、新たにできた中学校に、生徒会と言う組織ができました。
      私が中学に入った頃(1955年)は生徒会の歌がありました。
   生徒が歌詞を作ったもの、作曲は大和中学の先生のようです。 作詞した人は南街の方ときいています。
生徒会の集まりで歌った記憶がありますので、音楽の時間に教えたのでしょうか。
      歌詞は
キツネ1
(2012.05.03記)

 

247、中学生も参加した
             大和基地設置反対闘争


   朝鮮戦争の頃、1952年アメリカ軍の基地(後の大和基地)が、玉川上水駅の隣接地に作られる計画がもちあがりました。 私が小学生の頃なので、仔細はわかりませんが、大和町あげての反対運動が展開されたと大和町史に書かれています。 
   この運動に中学生が、町中の電柱に基地反対のビラを張って歩いたのを記憶しています。 運動に熱心な先生がいて、始められたようでした。(2012.05.06記)

 

248 絹や繭を使った、子どもの「お守り」


    その1、白い繭を2等分して、さなぎをぬき、中に絹の糸を赤い布に包んで入れる。 ひもを付けて赤ん坊の着るものの腰のあたりにつける。 魔よけのおまじないと言われています。
   その2、和泉の廻り地蔵がくると、絹の布で「柿」の実を作って祈願をし、それを子どもの着物の襟につける。 こちらは子どもが健やかに育つようにという願いがこめられています。
   和泉の廻り地蔵は、「延命子安地蔵尊」で東大和市域にも回ってきていました。  話しをしてくれた人は、いわれ等は知りませんでした。
   繭や絹には、目には見えない力のようなものがあるのでしょうか。(2012.05.10記)

 

249 和泉のまわり地蔵


   1923年(大正12年)〜1935年(昭和10年)頃、芋窪に「和泉のまわり地蔵」がきました。 村山方面から来ることもありましたが、反対に村山に送って行く事もあったということでした。 行列は20〜25abくらいの鉦をたたく人を先頭に 地蔵さんは、手車に乗せられて運ばれてきました。
   鉦は、3回ずつ叩き、その後に赤と青の「和泉地蔵尊」と書いたのぼりを立て、地蔵は厨子に入っていました。 まわりの欄干には、沢山の飾り物が下がっていました。
   村には世話人がおり、地蔵さんが泊まる家は事前に申し込んであったようです。 泊まった家の中には尾又金作さん(西八ッ)川鍋芳太(東谷ッ)さん等がありまた。 泊まる家は子どもが早く死んだり、病弱の子の家、大きな農家などでした。  
   宿になる家に着くと、周りの家の人がお参りにゆき、賽銭やよだれかけ、子どもの帽子、柿の形をしたかざり等を廻りの柵にぶら下げます。 子どもが病弱の家等では柿の飾りをもらいうけて、子どもの袖無し半纏の襟のところに縫い付けて、子どもが無事に育つよう願っています。 翌年には御礼として供え物をしました。 柿の形の飾りものは、得意な人がいて沢山作って供えたそうです。
   その他、習字や絵を供えて上達を願った子どももいました。  宿は1晩だけと決まっており、二晩泊めると地蔵が泣くといわれています。(1晩しか泊まらないことを和泉の地蔵さんの様だという諺が残っています。)  次の泊まる家へは、世話人と泊めた家の人が送ってゆく、あるいは迎えが来ました。
   地蔵さんは、狛江にある「泉龍寺」に祀られおり、「延命子安地蔵尊」としてかなり広範囲にまわっていたようで、清水にも来たことがあるそうで、それぞれの地域に講があったのではないかと思われます。(2012.05.15記)

 

250 ゆい(結)とまき(巻)


    ゆいとは、農作業等を、共同して行うためのつながりで、漢字では「結」の字をあてるようで、 結びつきを表す様です。
   農家が、麦打ちや「しき拾い」(繭をつくる直前の蚕をまぶしという囲いに入れる仕事)など短期間に多くの人手がいる仕事を、共同して行う組織で、兄弟等の血縁で繋がった人達で作ることが多く、労力を貸したり借りたりするが金銭は伴わないのが特徴です。 それぞれの家が、日を互えて作業を行っていました。
   多くの農家はほんとうに労働力の貸し借りですが、大きな農家になりますと少し様子が違うようです。
   清水の原さんという農家と高木の尾崎さんの家の関係では、原さんの家で仕事が忙しい時に 尾崎さんから手伝いにきてもらいますが、実際に来る人は農業のために雇っている人がきます。
   少したって、原さんの家ではその代わりとして、息子を尾崎さんの家に手伝いに行かせますが、尾崎さんでは、軽い仕事をしてもらい、明るいうちに風呂に入れ食事をさせて返したそうです。(2012.05.15記)
   まきとは、漢字では「巻」の字をあてるようですが、血縁でのつながりで、墓の利用等では、血縁がないと利用させてもらえない(分譲しない)等に現れています。 また、あの一巻きは「なまいきの系統だ」などという形でも使われています。
    このほかに、「さしば」、という冠婚葬祭のためのつながりがあった様ですが、お葬式の墓掘り(野番)等での助けあいの組織だとおもわれますが、つながりがはっきりはわかりませんでした。(2012.05.20記)

 

251、1945年頃の多摩湖と
                         村山ホテル


   村山ホテルは、東村山の方が、作られたホテルで、観光地の村山貯水池へ来る人が泊まったようです。 1928年に開業したとされています。  
   その後のことはわかりませんが、1943年(昭和18年)頃の話として、ホテルは「修養団」という団体の作った全寮制の正明中学の寮として使われていました。 1945年に敗戦になり、ホテルは中学生は退ちのき、アメリカ人(軍人?)専用の様にみえました。
   又この頃、日本を占領していたアメリカの軍人が、多摩湖に水陸両用車を乗りつけて、鴨を撃つていたということでした。 このことは、「多摩のあゆみ」122号にも数行書かれています。  また、戦争中の1945年頃の話として、ホテルの北側にかなり沢山の爆弾が落とされて、大きな穴が開いた、アメリカ軍は占領後のことを考えて、多摩湖を破壊しないで爆弾の威力を示したのではないかと感じたそうです。 この頃は爆撃が激しくなり、東村山の通信学校の機材が移されて、これを管理していた人が3人が爆撃で死んでいます。 アメリカの飛行機から、ビラもまかれたそうです。
   この中学は、戦争が長引く中で、資産家や外交官等が、自分の息子を安全なところに移しておくという意図があって作られたようで、生徒は大会社の息子や外交官の子等で、費用もかかるが安心して預けておける学校だったようです。
   多くの学校で行われた、軍需工場への動員も無かったそうです。 同じ敷地内に、満蒙開拓団の養成所や、北白川神社というのがあり、神社には祭祀の時に宮内庁から使いが来たそうです。(当時中学生だった大久保さんの話)(2012.05.23記)
   村山ホテルについては、戦後、「武蔵野夫人」という小説の舞台となっています。 多摩ら・び bR1 (2005 けやき出版発行)に野田正穂さん(故人、法政大学教授、東村山在住)が、歴史、文学史などの面から書かれています。

 

252、南街に工場が出来た頃の
                          大和村の生活


   南街に日立航空機会社(ガス電と呼んでいました)が出来た1939年(昭和14年)頃、東大和は農業と機織り(はたおり)いわゆる賃機(織り賃をもらう)が主な産業でした。 そこへ突然近代工場と社宅が作られました。
   農村は、早朝から夜中まだ働いて、やっと生活している中で、南街の人達は、夏などには、仕事を終って風呂に入り、浴衣に着替えて、農村のほうへ夕涼みに来る、農村側の人から見ると、怠け者と見えたようです。  
   ところが、違った見方をしている人もいました。 私の母は大正6年の生まれですが、その頃、25歳で、家で機織りをしていましたが、朝から夜まで働いて2日がかりで織りあげた織物の手間賃と、会社に勤めて1日分の賃金がほぼ同じであり、それならばということで、ガス電の社員のなったということでした。 
   親は反対したようですが、長い間の生活習慣や、農村の支配体制(大地主による支配体制)に逆らうことにためらいがあったのでしょうか。 その他にも、南街に店を出した人や、社宅の建設の材料を受注した人等チャンスを活かした人もいました。(2012.05.26記)

 

253、戎講(えびすこう)


   さまざまの本等に沢山書かれていますので、東大和の特徴のみ記録します。
   戎講の日に、他人の家で、ごちそうになると、一生腹いっぱい食べられなくなる。 
   戎様はよく深な神様で、他の神様のいない時にたくさんたべる、それでお勝手に祀ってある。
   この日に、娘が戎様の神前に上げたご飯を食べると、縁遠くなる。 このことは嫁入りのときに食べる高盛ご飯と関係があるとおもわれます。  
   その他、この日はもの日で、男も「ほっぽき」のなどの賭けごとをして遊んだといいます。(2012.05.29記)

 

254 みみだれの薬、(民間薬 4) 


    山まゆのさなぎと、野菊の黄色の花を陰干しにしたものを、すりつぶして、ぼた餅の様に丸める。それを、水につけて、囲炉裏の灰の中で炭にする。 これを絹の布に包み油に浸して患部につける。 痛みどめの薬と言われています。(原 仁三郎さんの話)
   みみだれの薬ということになっていますが、正確な用い方はわかりませんでした。 塗り薬のようです。 ただ、みみだれは中耳炎のことで、外から直接患部につけることはできないので、他の用途の薬を間違って記憶している可能性があります。(2012.06.02記)

 

255、病気を治すためのおまじない


   @ 「うおのめ」を取る。 うおのめの上に「鬼」という字を書く。
   A 「ものもらい」を治す。 井戸に篩(ふるい)を半分だけ見せ、治ったら残り半分をみせる。
   B 「あつけ」の治療。 桧玉(ひのきだま、ヒノキの板で編んだ笠)をかぶりその上から水をかける。 (2012.06.02記)

 

256、烏(からす)呼び


   東大和が農村だった頃、いつの頃からからかは、わかりませんが、豊作を願って、「烏呼び」という行事がありました。 明治の頃のはなしですが、正月の農耕儀礼として、2日には仕事はじめとして「麦踏み」に行く、6日には畑に出て鍬を入れる。 この頃に、畑にご幣をつけた松の木を立て、餅を供えて「からす、からす、こい、こい」と呼んで木の下に餅を千切ってまきました。 烏を呼ぶのが、何の意味かはわかりませんでした。
   参考になるかはわかりませんが、大国魂神社の頒布している、「カラスうちわ」は、これで農作物を仰ぐと虫除けになると伝えられており、カラスは、霊的な力を持っていたと考えられていたのでしょうか。(2012.06.05記)

 

257、火事見舞い(親戚の当日の行動)


   消防署のない時代は、火事が起きると消防団をはじめ、近くの人が駆け付けて火を消します。 親戚が火事になると、何をおいても火事見舞いに駆け付けます。 親戚のある方向で火事があると、まず確かめにでかけます。
   火事になった家の親戚では、消火に協力してくれた人に、御礼の気持ちとして、握りめしと沢庵を持って駆けつけます。      
   そのに握り飯は、味をつけないで、そえる沢庵は、切り離さないで、つながったままにします。 沢庵を切る時に箸を一緒に並べ、沢庵がつながるようにしてきる。 大きな飯台や皿に、真ん中に握りめしを置き、周りに丸く沢庵を置く。
   どうも、私達も急いで駆けつけたという証拠にするようで、なんともへんな習慣があったものです。 
   何時ごろまで行われていたかはわかりませんが、消防署ができてからは、消防署か消防団以外は火災の現場に立ち入りができなくなりましたので、習慣もなくなりました。2012.06.08記)

 

258 日立航空機会社(南街)の爆撃
            聞き書き


   1945年(昭和20年)に南街にあった日立航空機立川工場(通称ガス電)が爆撃されました。 
   2月17日にアメリカ軍に爆撃され、沢山の人が亡くなりました。 このことは、東大和市発行の「市史資料編『軍需工場と基地と人びと』(1995年発行)にかなり詳しく載っています。
   当時の従業員の野澤さんと木村さんに話を聞きました。 2月17日の空襲では、沢山の死者がでました、どうして沢山死んだのかを尋ねたところ、生産第一ということで、すぐに働けるように防空壕は工場の近くに作り、空襲警報が鳴るまで働いていた。 2月17日は警報が鳴るとすぐに爆撃が始まった。  
   武蔵野の中島飛行機会社が爆撃されており、多くの人は爆撃は予想していたが、工場には軍人が見張っており、なかなか戦争の話しはできなかった。 ばらばらになった人や防空壕で窒息死した人もいた。これ以降は、みんな遠いところににげた。(2012.06.11記)

 

259、稲荷(いなり)聞き書き


   稲荷は、字のとうり、稲(農産物)の豊作を願って祀ったもので、東大和市内にも屋敷神として沢山まつられています。 、近年は商売繁盛、病気の平癒、失せものの発見等、でも信仰されたようです。
   @笠森稲荷(かさもりいなり)
   高木の宮鍋さん(屋号は、はこや)の屋敷神として祀られています。 明治の中ごろの話として、笠森を皮膚病の瘡(かさ、梅毒の為にできる皮膚病、一般には吹き出ものをさす)にかけて、この稲荷にお願いすると瘡が治ると言われ、「瘡ができたので、治してください」と供え物(団子)をしてお願いをする。 勧請等については、」東大和市発行の(武蔵野美術大学生活文化研究会編『東大和の生活と文化』、1983.3、『屋敷神調査報告書第一集 東大和の屋敷神』(1984.7)にかなり詳しく載せられています。
   Aあなもり稲荷いなり(穴守稲荷か?)
   高木の和地さんの屋敷神として祀られています。 大正15年頃 隣の家との境界争いがあり、土地を守ってもらうために勧請したと言われています。 名前をつけたのは、清水神社の神主だった「清水福丸」さんで、昭和15年頃まで、毎月1日、15日、28日に祝詞(のりと)をあげてもらっていたそうです。 この家は、商売をしていた家なので、他の稲荷とは違う信仰の形を取っていた事も考えられます。(屋号はおしんめい)
   B西山の稲荷(にしやまのいなり)
   高木の鎌田さんの稲荷は、子どもの夜泣きを治すといわれ、願を掛けてなおったら、御礼に豆腐をあげた。 近郷からもお参りがあったようです。(西山は屋号)(2012.06.14記)

 

260、「むじな」というのは?(2)


   むじなというのは、漢字では狢または貉とかき、地名にも狢沢、むじな入りなど狢の生息に関係がありそうなところがあります。 東大和では、次のように伝えられています。
   @ むじなは人のマネをする、「こんばんは」と言って訪ねてくるので、戸をあけるとだれもいない、何度かそういうことがあるので、黙って戸をあけて、棒でたたくと、「ころっ」と転がり死んだマネをする。
   A むじなはイタチより小さい、大人になると背中に十の字の摸様ができる。
   B 「むじなうた」という明治の頃の流行り歌があり、むじなが人に化けて娘のところへ通って来るという歌詞がついています。  
   ただ、これはそういう言い伝えがあるだけで、「見たのか」と尋ねても、ハッキリ見たという人はいません。 棒でたたくと死んだふりというのは、タヌキの死んだマネ(気絶 狸寝入り)のことかもしれません。(2012.06.17記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

 " 一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。