わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



221〜240




221、左 卜全さんと山村総さん


   左 卜全さんも山村聡さんも映画俳優です。 左卜全さんは、廻田の小町さんの親戚ということで、遊びに来ていたそうで、その時見かけたのでしょう。 映画に出てくるように着物を着てひげを生やして杖をついていました。  
     山村 聡さんは、武蔵村山に住んでいたときでしょうか、一時、武蔵大和駅から電車で通勤していました。 自転車を自転車預かり所に預けていました。 まだテレビ等ない頃で店主が職業を聞いてもはっきり言わなかったそうです。(2012.02.08記)

 

222、御岳講


    御岳講というのは奥多摩にある御岳神社の講で、かなりの講員がいたようで、私の家も講員でした。 1955年頃には講の形はなく、御岳神社の神主(御師 おし)が家々を回り、オオカミの印刷されたお札と農作物の出来を占った紙を配り、なにがしかの寄進を受けていました。
     神主は、講の担当が決まっていた様で、代参をしていた頃はその家に泊まったそうです。 こちらに出向いてくるようになってからは、泊まる家が決まっており、このあたりでは原 仁三郎さんの家に泊まったということでした。 今では自動車で来て泊まることはないようですが、お札配りは続いています。(2012.02.11記))

 

223、仕事に出された子ども


    1955年頃の話、私の近所で突然学校に来なくなった子がいました。 話によるとどこかに働きに出されたということでした。
     2年ぐらいして家に帰ってきて2年遅れて中学を卒業しました。 さまざまの事情があるにしても、中学をやめて働きに行くというのは考えられない事でした。 少しでも収入をほしいということで本人も納得で働きに出たのかもしれません。
     その後も遅れても中学を卒業したのは立派だったと思います。(2012.02.14記)

 

224、習わなかったカタカナ


    私は1948年(昭和23年)に小学校に入学しましたが、なぜかカタカナを習いませんでした。  今は2年生で教えるそうですが、この頃はカタカナを教えないという方針だったようです。
     戦後はカタカナ表記は外国の品物等だけになり、読むのにはそれほどの不便を感じた事はありませんでしたが、書くには「ラヂオとかウヰスキー」などは書くのに戸惑いました。(2012.02.17記))

 

225、障害のある子の就学と就学猶予制度


   私が小学校4年生の頃(1952年)のこと 私の家の近くに、障害のある子がいました。 口がきけない、歩く事ができないという重い障害がありました。 私と同じくらいの年齢ですが小学校には行っていませんでした。 
     就学猶予制度の適用を受けていたのではないかと思います。 この頃は、自分で学校に行けない子は学校は受け入れてくれませんでした。
     義務教育とは、本来、国が子どもの教育に責任をもつということですが、なぜか「親が子どもを学校に行かせる義務がある」ときめて、学校に通うことができない子どもは、親が教育委員会に申し出て、就学を猶予してもらうという制度になっていました。
     身体障害を除けば、元気な子でしたが、毎年お医者さんが訪ねてきて身体の様子を診察して決めていたようでした。
     子どもが遊びに行っても、はじめは親が嫌がりましたが、子どもが喜ぶので認めるようになりました。 この子も学校に行きたかったのかもしれません。 
     今では障害のある子も学校に行けるようになりましたが、そうなるまでは長い時間がかかりました。(2012.02.21記))

 

226、農家の嫁さん


   1955年頃のこと、私の家の近くに働きものの息子さんがおりました。 縁あって心やさしいお嫁さんがきました。 このあたりでは嫁を「ものをいう道具」といっていました。
     この家の息子もまさに諺(ことわざ)を地で行く人で、炊事、洗濯から農業の手伝いまで嫁さんを酷使していました。 ひとより早く起きて、朝食をつくり、夫と一緒に畑にで、帰っては風呂を沸かし、洗濯をし、朝から夜半まで一生懸命働いていました。
     子どもが生まれても、子どもを寝かしておいて畑に出る、 そのために、子どもの頭が丸くならず後ろが平らになるほどでした。 
     この嫁さんは、2人目を産んで間もなく亡くなりました。 すべての家がそうではありませんが、特に農家に嫁いだ嫁さんの苦労は多かったようでした。(2012.02.25記))

 

227、おとぎ電車


    今の西武遊園地のところからユネスコ村(今のワッハの森予定地)におとぎ電車という乗り物がありました。 
     バッテリーカ―が客車を引っ張って走ります。(正確にはおとぎ列車というのでしょう) 客車は最初の頃は窓ガラスが無く、風がよく通り快適な乗り物でした。 しばらくして蒸気機関車が列車を引っ張って走りました。 おもしろかったのは機関車の方向転換ができないため、帰りは炭車の付いているほうが先頭になっていました。運転手は大変だったでしょう。
     やがて、おとぎ電車は廃止になり、同じ路線を一部変更して、西武遊園地駅から西武球場前駅間をレオライナーという、ゴムタイヤの電車に変わります。 
     今でも、元のユネスコ村入り口までは線路跡がのこっています。(道路を渡る跨道橋は撤去されました。慶性門の北にありました。) 鉄道マニアがユウ・チューブに動画を沢山のせています。(2012.02.28記))

 

228、清水の庚申神社


   清水3丁目に在る庚申の社は、今は庚申神社という名前になっていますが、以前はお庚申様と呼ばれていました。 1945年以前は、ここには大欅(ケヤキ)と井戸があったそうです。(bQ5参照) 欅は1946年頃に伐られ、私の見たのは庚申の社と井戸でした。 
   井戸はやがて埋められますが、其の経緯はわかりません。 井戸については、別項(bQ34)で書きます。 社の中には石の塔が2つあり、向かって右側にあるのが庚申塔で東大和市の文化財に指定されています。 左側にある石塔は、多摩湖ができるにあたって、移転してきたと聞いています。 運んできたまま、しばらく寝かせておいたそうです。 子どもが遊びのなかで石塔の上で草を叩いたりしたために、字が欠けて読めなくなっています。
   市の案内板には、こちらも庚申塔ということになっていますが、古くから社殿に草履等をぶら下げて、足腰のしっかりするのを願っていますので、昔の人は馬頭様だと思っていたようです。  古くは、馬頭観音も祀られていたのかもしれません。
   1955年(昭和30年)頃までは 4月15日に祭りをしていたようで、清水ばやしの演奏もやっていたと言っています。 いまは、清水神社の祭りの時に扉をあけています。 (2012.03.05記)
    最近( 2015年)、ここが、清戸道と八王子道、所沢道の分かれる三叉路と写真入りで書かれている方がおられますが、ここは三叉路ではありませんので、疑問の残るところです。(2015.02.22追記)

    林志翁百庚申巡礼記という記録を目にする機会がありました。(遺稿を家族の方が公刊したもののようです。) 林志翁とは、地誌「狭山乃栞」を書かれた杉本林志さんのことで、狭山丘陵を囲む村々の庚申塔を回った記録で、1番から100番あまりの庚申塔の所在地が書かれています。     その中の 第1番 武州多摩郡上宅部中堂前、享保十二年猿十一月建之、施主三光院、円達院、源光法印尊海入道外村中連名 という記録があります。 その後の追跡調査では、多摩湖ができたために 行方不明ということになっています。
    これが庚申神社の左側にある庚申塔にあたる可能性があります。 1番の中堂とは、原、森田、北田の墓地のことです。多摩湖の移転の時に墓地も中堂の堂宇や地蔵尊なども移転しています。この時に一緒に移転した可能性があります。       この庚申塔は摩耗がはげしく、現在読めるのは、「山口領宅部村」というところだけだといわれています。 もう少し読むことができれば、所在が確認されるとおもいます。      中堂のあったところは、上宅部というところで、以前は下宅部と一つの村を作っていたといわれています。      明治まで残っていた宅部村は、内堀村と杉本村が合併してできた新しい村で、明治に後ヶ谷村と合併して狭山村になっています。(2017.03.26.追記)

 

229、清戸街道


    清水あたりでは、庚申街道と呼んでいますが、東村山に入ると鷹の道という名前に変わります。 江戸の頃、このあたりは尾張藩の鷹狩リの地域(鷹場)になっており、今の清瀬市の清戸にあった鷹場陣屋に通ずる道ということだそうです。  
   庚申街道の名は、清水の道路に面している庚申様に由来するものです。 この道の西端は、奈良橋川に架かる日月橋のあたりで志木街道から分かれます。 高木の塩釜神社の前を通り、狭山の三角山のところで八王子道を分岐します。 庚申様の前をとおり東村山に入ります。
   大正の頃から昭和にかけて建設された村山貯水池(多摩湖))の工事では、この道に添って東村山駅から資材を運搬する軽便鉄道が敷かれていたそうです。(2012.03.09記))

 

230、紙芝居、ロバのパン屋さん
                    バクダンあられ 


   紙芝居は、1950年〜1960年頃、週に1回位で清水神社の境内に来ていました。 4コマ漫画のようなものと、続き物の黄金バットや鞍馬天狗、等がありました。 水あめ、酢昆布、せんべいのようなものを売っていました。 はじめは自転車でしたが、やがてオートバイに変わりました。神社の庭に来ると、近くにいた子どもにタイコ(ドラム)や拍子木を叩かせて地域を廻らせます。 集まったところで、水あめや、酢昆布等を売ります。
   水アメを買った子は、それをよく練り一番白くなった子が、水アメかお菓子をもらうことができます。 そのほかにも、すぐ割れる板に摸様がおしてあリ、それを壊さないで切りぬいた人が商品をもらえる等、子どもが興味を引くようなこともしていました。買う人がいなくなったところで紙芝居を始めます。 紙芝居の業者もエリアが決まっていたようで、たまに他の人が来る事がありましたが長続きはしませんでした。
   ロバのパン屋 ロバがパンを並べた車を引いて売りにきました。時々来る位で、ルートを決めてまわっているようでした。
   ばくだんアラレ 機械をリヤカーに積んでやってきました。 米やとうもろこしを機械にかけてもらいました。 雛あられやポップコーンが出来ます。作る時に大音響がします、それがばくだんアラレの名前になったようです。(2012.03.13記))

 

231、飛翼の塚


比翼の塚

   比翼の鳥、中国の故事に、それぞれ一つの目と一つの翼を持つた雌雄の鳥がおり、飛ぶ時は2羽が一緒になって飛ぶという、転じて仲の好い夫婦の事を表すようになりました。
   高木神社の道を挟んで東に、明楽寺墓地と言われているところがあります。 そこには、宮島巌さんとその妻嘉與さんの墓が並んでいます。  宮島巌の塚 宮島嘉與の塚と書かれ裏には没年と文字を書いた人の名前がかかれています。
   地誌「狭山之栞」によると、明治維新に武士であった宮島さんが高木村に移り住み高木神社の神官になったと記されています。  高木村では神官の傍ら地域の人達の教育にあたったようですが、明治6年に没し、妻も後を追うように亡くなりました。 
   村人はその死を悼み仲の好い夫婦であった2人のために、中国の故事にならって2つの塚をつくり比翼の塚として残こしました。    
   今ではかなり埋もれていますが、近隣の方がお花をあげています。  明治のはじめ、東大和にもこうした故事を知っている人がいた事はおどろきです。(2012.03.16記))

 

232、 東大和の郷土料理 「ゆずまき」


   東大和に伝わる郷土料理に「ゆずまき」があります。  
   大根とゆずを用意します。 ゆずの皮は、大根の切り口の長さに合わせて短冊型に切ります。大根は太さが5〜7センチのものを薄く切り、太陽に干して「しんなり」させます。 
   ゆずを大根で巻き、木綿糸で順々にさしてゆき、適当な長さになったら、軒につるして、もう一度乾くまで干します。 これを、食べる時に三杯酢に漬けてできあがりです。
   東大和が農村だった項は、おばあさんが、縁側で日なたぼっこをしながら「ゆずまき」を作っているのが、よく見られました。  柚(ゆず)のかおりがほどよく、昔なつかしい食べ物です。(2012.03.20記))

 

233、東大和地域の手締め


   手締めとは、御祝や行事の終りに、参加者が手を叩いて締める事で、三本締めが知られています。  最近の会合で、この地方の手締めは「七締め」という話を聞きました。  しゃしゃしゃん しゃしゃしゃん しゃんと締めるような話でした。
   インターネット等での調べてみると、旧西多摩郡、入間郡あたりの手締め、川越の手締め等が伝えられています。  ただ、しゃ しゃ しゃんと早く叩く所と、しゃん しゃん しゃんとゆっくり叩くところがあり正確な事はわかりませんでした。 情報をお持ちの方の公開をお願いします。(2012.03.23記))

 

234、弥五右衛門さんの井戸


   清水の庚申神社の境内に、弥五右衛門さんの井戸というのがありました。 清水村に住んでいた、野口弥五右衛門という方が私財を投じて、道行く人の為に堀ったもので、1960年頃まではあったと思います。 
   掘ったのは明治時代と思われますが、動機などはわかりません。 この人は、清水囃子の導入にも力を尽くした人です。 井戸の完成のおりには、芸者をあげて、御祝をしたそうですが、家人にとっては財産を減らすため、あまり歓迎されなかったようです。 芸者をあげて御祝をする裏では、家人は泣いていたと子孫の方は伝えています。
   理由はわかりませんが、1960年以降に、井戸は埋められることのなりました。  このあたりのしきたりで、寄付された品物を廃棄する時は、寄付者の(その後裔の)許可を得ることになっており、そのしきたりに従って野口家に申し入れがあったので、 埋める時に、完成記念に取って置いた井戸掘りに使った木の桶を井戸の底に入れてもらったということでした。(2012.03.27記))

 

235、圓乗院の「殉国産業戦士供養塔」


    狭山の圓乗院本堂南側に、南街にあった日立航空機会社に働き1945年2月と4月のアメリカ軍の爆撃で亡くなった人の供養塔があります。 この塔は、日立航空機会社跡地に移ってきた日本繊維化工会社が、1961年に建立したものですが、工場の移転に伴って移設したものです。
   塔の表には「殉国産業戦士供養塔」と宗教的な碑文ですが、裏面には空襲のあったこと、200人あまりの人が亡くなったこと、など設立の経過が書かれています。
   この塔の建立には、次のような話が伝えられています。  ここに移ってきた会社で、仕事中によくけが人が出る、過去になにかあるのではないかと調べたところ、戦争中の爆撃でここで亡くなった人がいるという。 そこで供養塔を建てようということになったそうです。 建設当初は、裏側には、「南無妙法蓮華経」と経文が書いてありました。(2012.03.30記))

 

236、行人塚(ぎょうにんずか)


   今は、多摩湖の敷地になっていますが、湖底の村と、南の村の間の山の中に、行人塚と言うところがあったそうです。 この塚は、お坊さんの様な人で、諸国を巡り歩いていた人が、ここの近くで倒れて亡くなった。 村人がこれを悼み葬り塚を建てたとつたえられています。江戸時代と思われます。  
   一部で、ここが姥捨て山であったというような話が、おもしろ笑しく書かれていますが、 このあたりは、山といっても林で、落ち葉掃きや 燃料用に絶えず利用していたところで、人を捨てるような深い山ではありません。 近くに 捨て場山(動物等の死骸などを捨てたところという)というころがあり、この二つが合わさってそういう話が出来上がったものと思われます。
   芋窪で聞いた昔話として、時代はわかりませんが、丸山に祠のようなところがあり、60歳になるとそこに籠り鈴(りん)を叩きながら余生を送り、鈴の音が途絶えたら迎えに来てほしいという話がありました。(2012.04.03記))

 

237、信心参り(病気平癒祈願)


    隣組(現在の自治会のようなもの)で病気の人が出ると、近所の人が集まって、神社へ病気平癒のお参りをしました。  
   病気と言ってもかなりひどくなった時で、揃って病気の見舞いをしてから 出かけて行きました。 多くの場合は、間もなく亡くなります、一つの儀礼のようなものだったのでしょうか。(2012.04.06 記))

 

238、清水の凧展示館 


    清水一丁目に和凧展示館がありました。 今は閉まったままですが、この持ち主は、野澤 茂さんと言う方で、もう亡くなっています。 
   北海道から沖縄まで、全国の凧がかざられています。野沢さんは、長い間凧を作っており、難しい図柄の凧でも、2日もあれば仕あげるという話でした。  
   小学校の教員を長く務め、東大和市立第四小学校の校長を最後に教員をやめています 。 四小の校長時代には、卒業生に自作のミニ凧をつくって記念に渡していました。(2012.04.06記))

 

239、村長さんの願いで
            つけられた駅名「武蔵大和」 


   昭和の初め、村山貯水池(多摩湖)が完成すると東京近郊の大観光地になります。 この観光客を運ぶ目的で多摩湖鉄道(すでにこの名前がつかわれていた)が萩山駅より路線を延長し、昭和5年に現在の東大和地域に初めて鉄道がひかれました。終点の駅は、志木街道の南側につくられました、駅名は村山貯水池駅(仮)という名前だったようです。
   昭和25年に青梅橋駅(現東大和市駅)が開設されるまで、東大和の唯一の駅として兵士の出征などにも使われました。
   昭和11年になり、さらに貯水池方面に路線が延長され通過駅となります。 駅も現在地に移されます。  所在地は駅舎もホームも東村山市域で、敷地のほんの一部が東大和市にかかるだけ、通常ならば東村山に関係する駅名がつけられるところでしょう。
   その頃の東大和の地域は、大正8年に六ケ村が合併して大和村が誕生します。  時の村長は何とか「大和」の名前を駅名にと、駅の敷地を提供した大久保さんという地主と協力して鉄道会社に申し入れます。 その願いがみのり、「武蔵大和」の名前がつくことになりました。  武蔵とは武蔵野に代表されるこの地域の古い地名で、多くの駅名に使われています。
   ちなみに、軍艦の「武蔵」「大和」は昭和15年以降の建造ですので、駅の開設より後です。(2012.04.12記))

 

240、武蔵大和駅の今昔


    武蔵大和駅(開業のときは、村山貯水池駅)が開業した時は、八坂よりで、村山・境自転車道(遊歩道)と交差するあたりの南側にあったそうで、村山貯水池の観光客目当てで急いで開業したようです。
   やがて線路は村山貯水池(多摩湖)方面に延長され終点は、狭山公園の入り口近くになり、駅は現在地に移り、武蔵大和駅と名前を変えます。 電車の交差する駅として作られ、ホームが2本ありました。線路の切り替えをする設備があり、タブレットの交換が行われていました。
   タブレットとは、金属でできた円盤に真ん中に穴のあいたもので、電車が入ってくると運転手から駅員が受け取り赤く塗った器械に入れて操作をしていました。 電車が交差するには線路の進入路を切り替える必要があり転轍機がありました。
   やがて、武蔵大和駅と八坂駅の間が複線になり自動で線路が切り変わるようになり廃止になりました。
   電車は、国分寺駅と多摩湖駅の間を走り、小平方面へは萩山駅で乗り換えていました。 拝島線が開通すると、多摩湖と西武新宿の間を走るようになります。  
   駅舎は、何回か改修をしています、ホームに新聞を売る店が出ていたことがありました。 現在のバリアフリーの駅になる前は、改札のところに売店もありました。 
   桜並木のある駅として親しまれています。  最初にあった駅の跡地は、西武鉄道の合宿所の建物がありました。(2012.04.12記)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。