わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



201〜220




201、伊勢参り


   伊勢参りとは、伊勢神宮への参拝を中心とした旅行のことです。 清水にも講があり、明治から昭和にかけて何回か行われたようでした。
     名前は、伊勢講であったり伊勢大々講だったリしたようですが、何年か旅費の積み立てをして費用が溜まると、伊勢神宮の(御師 おし)」という人が案内人となって出かけました。 清水神社に参拝の記念碑と参宮記念の石灯籠があります。その碑文によると明治34年と大正9年に出かけています。 また、碑文には、参加者の氏名も刻まれています。
     昭和に入ってから出かけた原 仁三郎さんの話によると、総勢20人位で着物にマントの格好で出かけています。(原さんの家に記念写真がありました)  旅行は汽車で行き、伊勢神宮に参拝して神楽をあげ、参拝が終わると近くの温泉に行き、旅館では芸者をあげてくつろいだといっていました。 宴会の席では、東大和のあたりで踊られていた伊勢音頭を踊ったということで、この頃は踊りをする人がいた事がわかります。
     お土産は萬灯という箱の形をしたものをもち帰っています。 私の家に残っている萬灯は 幅16cm、奥行き11p 高さ34cmの木の箱に和紙が貼ってあり、表には「天照皇大神宮御神楽祈祷大麻」と書かれて(字は旧字)中には割り箸の様な木が紙に包まれて入っています。 この木は、護摩を焚いた残りか、式年遷宮で解体したものか、あるいは新築の際に出た木くずではないかと思われます。
     伊勢神宮の式年遷宮の施工で、解体した材料を別の建築物に使うという記述があり、2011年に清水神社(この地域の神社)の新築に際して解体した神社の廃材で木のお札を作り配布したこともあり、そういう慣習があるのかもしれません。(この二つの石造物については項を改めて書く予定です)(2011.10.14記)

 

202、税金不払いと差し押さえ


   昭和の1〜20年の間のこと、当時の大和村の村長選を巡る争いから、反村派が税金の不払いの運動をしていました。
     村長派は最後の手段として、差し押さえを考えていたようで、反対派は、家の中のめぼしい家財を親戚に運んで家の中を空にして対抗したといいます。 村としては土地や建物のなどすぐに売れないものより、すぐに売ることができる家財を押さえようとしたのでしょうか。
     昭和20年以前の行政のことは東大和町史の中に少しのっています。  東大和は、昔から争いの多いところで、大和村ができる時のは大いに和して暮らそうということで大和という名前をつけたといわれていますが、それ以降も争いは続いていたようです。(2011.10.17記)

 

203、清水神社の神主(宮司)


   清水神社は大正時代にできた神社(bP3参照)でその前身氷川神社の神主がひきつづいて宮司として祭祀をしていました。 氷川神社は園達院という人が祭祀をしていましたが、明治はじめの神仏分離令でこの人が復飾(僧侶をやめて髪を伸ばす意味)清水安清と名のり神官(宮司)となったと地誌「狭山乃栞、(杉本林志著)」に記されています。
     その子孫なのか、私の知る神主は清水安秋(やすあき)という人で、1960年(昭和35年)頃は神主をしていました。 その親は清水福丸という人だそうです。 安秋さんの息子さんも神主の資格をもっており、安秋さんの後をついで宮司をしていましたが、病気で亡くなり、清水神社の宮司は東村山の野口好古さん(八坂神社の宮司)に引き継がれています。
     福丸さんの代に氷川神社が移転し神主も神社の費用で家を清水5丁目に建て引っ越してきました。 安秋さんの代になって、生活に困窮し、かなりあった敷地を担保に借金をし、多くの土地が借金のかたに失われたそうです。
     家には最後まで住んでいた安秋さんの子どもが病気で入院し、其の友人と称する人が引き続き住んでいましたが、田口平八さんという神社の総代が交渉して立ち退いてもらいました。
    家を壊す時に、家の中の書類等を保管し後に調べると徳川幕府の朱印状があったそうです。 その経過は昭和60年10月23日付け朝日新聞地方版に掲載されています。 また、清水神社社殿新築記念誌にも転載されています。
     田口さんの話によると朱印状と思われる袋には中身のないものもあったそうです。 また、噂ではかっては刀もあったが府中の大国魂神社に借金のかたに取られているといっていました。 家の敷地には地蔵さんや破れた太鼓もありました。
     朱印状は、市の文化財に指定され、郷土博物館にあります。(2011.10.20記)  ここでいう朱印状とは、 徳川幕府が寺や神社に領地を与え、そこから徴収される年貢を、寺・神社の運営に使ってよいという 書状で、朱印がおしてあり、将軍が変わるたびに発行されています。
     明治政府になって、土地は政府のものになり、朱印状の多くは回収されます。 ただ、寺社が無住だったりしてこれが徹底せずに残されたものがあります。 これを持っていても、実際には領地は政府に返還されて、寺や神社の敷地のみが所有と認められました。 
     朱印状は、、将軍や領主が発行する書状で花押(花の形に似せて書かれた自筆のサイン)のある書類にくらべて、沢山発行されており「鼻紙朱印状」などと書かれることもあります。

 

204、紅葉稲荷(もみじいなり)の由来


   芋窪の鹿島神社の境内に紅葉稲荷が祀られています。 この稲荷は現在地に安置される前は、小榑さん(小榑青果店の家)の個人持ちの稲荷で、江戸時代にいずれかの地から勧請したもので、元の稲荷が紅葉稲荷という名前だったのでその名前をつけたといわれています。 
    稲荷は本来農耕の神ですが、小暮さんが大工をしていたので、近在の商店主等が講をつくり祀っていました。 1978年(昭和53年)頃までは初午の日に赤飯を供え、神主を呼んで祭祀をし、火を焚きめざしを焼いて食べる、という行事をしていました。 祭祀の係は、持ち回りで費用はみんなが出しあったと聞いています。
     稲荷が神社に移された経過は、次のように伝えられています。 明治になってのことと思われますが、小榑家の当主がよく怪我をしたり病気になったりするので、占いをする人に見てもらったところ、稲荷の祟りだというので、自宅に置けなくなり、鹿島神社の境内に移したそうです。
     その後、村山貯水池の建設に際には、補償金目当てに、敷地予定地に移したなどの話もつたえられています。(2011.11.1記)

 

205、昔の道、今の道 


    明治以降、道路は大きく変わっています。 現在市内の清水から芋窪に至る道は、清水から奈良橋までは志木街道、奈良橋から芋窪までは青梅街道と呼ばれていますが、古くは箱根ヶ崎から東村山の野口の府中街道までの道は村山道と呼ばれていたようです。 
     蔵敷に村山橋という奈良橋川に架かる橋があります。
     この橋ができた時にはこの道は青梅街道と名前を変えていましたが、昔の街道にちなんでつけた名前ではないかと思われます。 この道の南に古い街道がありその道に架かる橋は元村山橋と呼ばれています。
     東大和地内の志木街道は東は武蔵大和駅前からはじまり、清水観音堂の前を通り、神明社(現在の消防団第二分団のあるところ)の前を通り、宮鍋さんという名主の家の前にいたり、南に向かい、すぐ右に折れて松こごれ地蔵の前を通って高木方面に向かっていました。 道は奈良橋川に架かる日月橋(にちげつばし)を渡り青梅橋方面からくる山口道と出会います。
     (ここからは私の仮説)道は北西に曲がり雲性寺の前をとおり、蔵敷の太子堂から、高札場のあった内野家のあたりで南からきた道と合流して西に向かいます。 この仮説は、清水から高木に向かって道路が神社やお寺の前を通過していることから見て、古い道が主要な施設を巡っていると考えるからです。
     長い歴史の中では、逆に道路に面して建てた地蔵堂等もあると思いますが、それは多くの人の目に留まるというところに作るという理由であり、沢山の人が行き来する道路であったあかしでもあるとおもいます。
     さらに西にのびる村山街道の蔵敷、芋窪に関しては 調査不足でわかりませんが、林堂や鹿島神社の前も通過いたのではないかと思います。(日月神社は今の戦没者慰霊塔のところにあった。)  一つ一つの道については、別にのべます。 昔の道については東大和市誌の資料編9、「道と地名と人のくらし」にかなり詳しく書かれています。(2011.11.14記)

 

206、野草を食べる


   もう20年も前のこと、東大和環境を考える会で、野草を食べる集いをしました。 摘んできたものはとろろ芋、ヨメナ等、てんぷらやおしたしにしましたが、ごみと菜を分けるのに苦労しました。 とろろはすりおろしたが、味が悪くて食べられませんでした。
     野草は摘むときにていねいに摘まないと手間ばかりかかる、タラの芽のような木になっているものがいいようです。(2011.11.14記)

 

207、槌頭(つちんど)とお止め山 


   狭山乃栞(地誌 江戸の終りから明治のはじめにかけての記録、杉本林志著)によると、多摩湖に沈んだ石川の谷に、つちんどという大蛇がいた、そのあたりは御料林(幕府等の林)で、村人は木を切ることができず、あたりは森になり干ばつ(旱魃)の時にも水が枯れることはなかった。 あるとき、このあたりが払い下げになり木を伐採したために、大蛇もいなくなった。
     また、別の項に、御料林が狭山丘陵にもあったと書かれています。 最近聞いた中で「お止山」というところがあったと言われており、これにあたるのではないかと思います。
     つちんどは頭が槌の様な形をしていると書かれており、近年話題になっている「つちのこ」のことではないかと思われます。 ただし「つち」とは蛇の別の呼び名でもあります。(2011.11.14記)

 

208、市内にあるモニュメント(27個)


    市内の主に公共用地(市の公園等)にモニュメントという彫刻があります。 市の解説によると、「東大和のよもやまばなし」から題材をとったものと言われていますが。 かなり話とはかけ離れているものもあります。
     二ッ池にある「ごはん塚」 湖畔2丁目の住宅の北側道路の西のはずれの公園にある「つちんど」はおよそなんだかわからない彫刻で、周りの人からも評判がよくありません。
     芸術作品は仏像や建物と違って作者の思いで型が決まってしまい判断のしようがなかったのでしょうか。  
     市が費用を出して作ったものですが、東京都が財政豊かな時に、大手の宣伝広告会社が都に働きかけて予算を組ませ、立案、製作までを請負い、市が負担するのは僅かの様な話でした。
     無駄かどうかは、それぞれが判断することですが、公共事業に群がる企業の一端を見た気がします。(2011.11.14記)
     追記、
     たまたま東大和市議会の平成22年の議事録を検索したなかに、議員の質問への答弁として、このモニュメントのことが載っていました。 
     作られたのは、平成3年から8年で、27個で1億8138万円、(1個500万円位)で都の負担は80%〜60%ということです。 市の負担が20%としても、およそ3600万円、バブル景気の置き土産でしょうか。(2013.2.6記)

 

209、打ち身の薬、切り傷の薬(民間薬 3)


   @  比較的知られていますが、クチナシの実(黄色い実)を潰して湿布します、かなりの効果があるようですが、衣服に色が付くと落ちないので用い方に気をつける必要があります。
     A 土用の丑の日に採った「にら」と小麦粉をこねて餅にして乾燥させる。それを粉にして練って切り傷にぬる。(2011.12.27記)

 

210、機屋奉公(はたやぼうこう)の体験談


   このあたりで奉公というのは、前金で期間を決めて住みこみで働く事をいいます。 一般には年期奉公と呼ばれています。
     話をしてくれた人は、芋窪の人ですが、親がばくち好きで、其の借金の返済のために、近所の機屋(織物工場)に3年の年期で奉公に出たそうです。 そういう事情なので覚悟をきめて一生件命働いた。織った布は雇い主が品定めをするので、なにか言われないかビクビクした。 男衆も働いていたので、夜這いをかけられたのには大変困った、親の面倒をみなければダメとことわった。明治の終り頃の話しです。
     中には、それがきっかけで、遠いところから奉公に来ていた人で、地元の若者と結婚した人もいるそうです。 いい男には、あちこちの娘から声がかかったそうです。(2012.1.2記)

 

211、二ツ池公園と厳島神社(水神)跡


1水神の碑

   湖畔三丁目にある二っ池公園は、その名のとうり、公園になる前は二つ池がありました。 池が二つにわかれているのは、谷のようなところでは、簡単な堤で沢山の水をためることができるからでしょう。 
     この池は、下流にあった「狭山田んぼ」と言われている水田のための灌漑施設(田用水、溜池)で、農民が管理をしていました。水神(厳島神社)が祀られていました。 時移り田んぼも宅地になり池もその役割を終えました。 
     池のあるところは国有地だったことから、東大和市が借り受けて公園にする事が決まりました。 池を管理していた農民は水神を残すことを要望しましたが、公有地ということでかなわず、やむなく厳島神社跡という石碑を建て、其の経過を記録として残しています。 この池は、今でも前川の源流になっています。(川は暗渠になっています。)(2012.1.4記)

 
   ここに、「こさ池とかゆ塚」というモニュメント(造形物)と解説板がありますが、こさ池は多摩湖の湖底になったところにあった池で 二っ池とは別の池です

 

212、吉岡堅二さん(画家)と地元の関わり


    吉岡堅二さんは、画家として名を成した人です。 東大和に引っ越してきたのは、1945年以前の様です。(豪農の家を買った。) 私が知ったのは1955年頃(昭和30年)頃ですが、機織りに使われた広い板の間で、熱心に日本画(鶴の絵)を描いていました。 地元の人とも気楽に付き合い、世話になった人や、近所の人に自分の絵をあげていたようです。
     かなり沢山の人がもらったようですが、地元の人は、あまり絵のことに詳しくなかったために、多くの人が古くなると捨ててしまっています。
     また、清水神社のお祭りには、入口の大きな灯籠に絵を描いてくれました。 何年か続けて描いてくれたようですが、終ると破って捨て、次の年また頼んでいたそうです。 大和町報の表紙にも絵を描いてくれました。
  引っ越してきたころは藁葺き(わらぶき)屋根で、時々修理をする必要があり、その際に、長い梯子(はしご)を近くの農家から借りており、そのお礼として絵を贈られたそうです。 このころの農家は絵を見る余裕などなく、好意は十分に感じるがなんの役にも立たなかったと話していました。
   いつの頃かわかりませんが、近くの方で絵をもらった人のところへ画商が来て、その絵と乗用車1台と交換してほしいという話をしたそうですが、冗談だと思って取りあわなかったそうです。
     住んでいた家は、農家の作りですが、藁屋根を瓦葺きに、入り口の門は建て替えています。 住居は現在東大和市郷土美術園として時々公開されています。(2012.1.10記)

 

213、駅前にあった商店の移り変わり


    武蔵大和駅前は商店街というほどの店はありませんが、何軒か店がありました。 
     そのうちの1軒で野口さんと家にパチンコ屋ができた事があります、1955年頃のことです。 オール15というスタイルになった頃で、子どもは入れませんでした。 なんでこんな田舎にできたのか全くわかりません、経営者は地元の人ではないようでした。 多摩湖に観光で来る人をあてにしたのかもしれません、あまり繁盛することもなく間もなく終りになってしまいました。
     この頃には、魚屋、八百屋、駄菓子屋、萬屋(よろずや、食料、雑貨など日常使う品物、酒、塩、切手などを売っていた。)等がありました。 
     大きな小屋をつくり、自転車を預かる店がありました。 バスの本数が少ない、会社によっては通勤費を出さない、あるいはバスはダメということで、多くの通勤する人が家から駅まで自転車を利用していました。 自転車が貴重品(値段が高い)だったので、盗難を恐れて月極めで預かり料を払っていました。
     この頃は多摩湖駅〜国分寺間を電車が走っており、武蔵大和から国分寺に行き国鉄を利用した人が多かったようでした。(2012.1.14記)

 

214、清水にあった
                くらやみ祭りの太鼓講中


    くらやみ祭りは、府中の大国魂神社の祭りですが、祭りを支える組織として講中があります。 
     清水にあった講中は御本社の太鼓講中で、原さんの親が講の責任者だたそうです。 今でも祭礼の時に着る白丁(はくちょう白装束)をおもちだそうです。 誰が講の構成員であったかはわかりませんでした 。
    府中市が作成した、くらやみ祭りの調査記録によると、大正15年には、清水から10人が祭りに参加したことが記録されています。また、地図にも所在地が記録されています。
      講はかなり早く無くなったようで、一番新しい御本社の太鼓をつくる時に協力の依頼があったそうですが、その時には講はなかったということでした。御本社の太鼓は1951年(昭和26年)に新調されています。(2012.1.19記)

 

215、芋窪の鹿島神社の子ども神輿


   芋窪にある、子ども神輿の一番古いものは、明治から大正にかけて、神社の近くにお住まいの田中喜代造さんと息子さんの一作さんが作ったものだそうです。(今は担がれていない) 神輿の裏に製作年と名前が書いてあるかもしれないといっていました。  
     職業が建具屋さんでお祭りになると祭礼道具等の修理も頼まれていたという話しでした。(孫のみのるさんの話)(2012.1.19記)

 

216、芋窪にあった祭り囃子 聞き書き


    芋窪には1945年(昭和20年)以前に祭り囃子があったことは知られています。 大正生まれの二人の方に聞いてみたところ、川島みつよしさんという方とその弟さんが囃子をやっていた、弟さんが笛を吹いていたが、この方は立川に転居したという話しでした。 
     川島さんの住んでいたところを訪ねてみましたが、現在住んでいる方は全く記憶にないといっていました。 したがって流派等や伝承についてはわかりませんでした。(2011年10月の調査)
     1954年(昭和29年)の町制施行のパレードに、4台の山車が参加しており、そのうちの1台は芋窪から出ていますが、武蔵村山の山車を借りてきたそうです。囃子連についてはわかりませんでした。(当時の清水の囃子連の人の話)(2012.1.23記)

 

217、コンクリートの用水桶


    今でも、いくらか残っていますが、農家に苗字(姓)の入ったコンクリートの用水桶があります。  これは、1943年から1945年にかけての戦時中、爆撃による火災を消すための備えとしてに作られています。 
     持ち主の話によると、国から強制されて作らされたそうで、水を入れておき、近くに「火はたき」という掃除に使うはたきの大きなものをおき、爆撃等で火災が発生した時に桶の水に浸して火を消すということでした。 
     形は円と楕円があり表面は木の皮に似せて作ってあります。(擬木という)  製造所は東村山野口の今の野島自動車のところにがあったそうです。 
     ただ、防火用水ならわざわざ名前を入れる必要はありませんので、流行りものだったのでしょうか。(2012.1.25記)

 

218、多摩湖12段の滝もう一つの役割


12段の滝

   多摩湖の下貯水池の堤防に近い取水塔の近くに、池から北川に続く「12段の滝」と言われている施設があります。 
     この構造については写真等でわかりますので省きますが、この施設は多摩湖の余水吐(よすいはけ、あふれた水を川に流す)施設として作られたと言われていますが、もうひとつ大切な役割がありました。
     春になると、多摩湖から堰を外して12段に水が流されます。 1番上の枡に水が溜まりあふれると滝となって次の枡に溜まり、瀧見橋(下の道路に架かる橋)から見ると、見事な滝となって流れ落ちます。
     そして、滝見橋のすぐ上の舛に水門がありそれを開いて、宅部池に水を送ります。   この設備はできた当時からあり写真で確認できます。 
     多摩湖は村山貯水池という名の通り貯水池であり多摩川からの水をためておく所で、私が子どもの頃から見てきましたが溢れて滝ができるほどの満水はありませんでした。(たぶん多摩川からの水を調整していたのだと思います。
     12段に滝ができるのは、田植えの前と真夏の時期で水田に水が必要なときではないかと思われます。 真夏の時は12段の滝で泳いだことがありました。
      2010年頃の多摩湖堤防の大改修で堤防の下から北川(宅部川、後川)へのトンネルと導水管が見つかったという記事がありましたが、このトンネルと管は狭山公園の「栃の木林」のあたりで宅部川につながっており今でもあります。 この管については田んぼに水を供給すり時にバルブを開いて水を流したという話もありますが、私は流れを見た記憶はありません。
     わたしが考えるに、宅部池に水を供給できなくなった時に非常用に残しておいたものか、「水利権」との関係で川は完全にせきとめる事は出来ないというような理由があったのではないでしょうか。(2012.1.30記)

 

219、駐在さんの夜回り


   1955年頃に聞いた話、このあたりは、立川警察署の管内で狭山に駐在所というのがありました。 住宅と事務所が一緒になっており、勤務時間というのがあったかどうかはわかりませんでした。 
     駐在さんは、警備のためか夜半に管内を巡回して歩く仕事がありました。 巡回の経路の大きな家の玄関等に、箱があり廻った証拠に印鑑かサインをしていくというシステムになっていたそうです。 話しによると時々上司が点検するということでした。 
     今は行われていないようですが、2011年に、近くの有名人の家に行ったところ同じ箱がありました。 今でも、有名人等、警備が必要な人のところは廻っているのでしょうか。
     たまに、地元の人たちが、賭博(ばくちといっている)をして捕まることがありました。 駐在さんは、地元の人との人間関係を大事にするので、めったにそんなことはないのですが、派手にやりすぎたのでしょうか。(2012.2.1記)

 

220、野火止用水聞き書き


    野火止用水は、このあたりでは「新堀(しんぼり)」と呼んでいます。(玉川上水のことは大堀とよんでいます。) 玉川上水も東大和市域を流れており、分水として新しくできたのでそう呼んだのでしょう。 
     東村山浄水場ができるまでは、開渠で沢山の水が流れていました。 仲原や向原の畑に出た人は、新堀で水を汲んで飲んでいたそうです。 1955年頃は周りは雑木林や松林で人家はありませんでした。 東村山境の土橋あたりで狐に化かされた話が残っています。
     野火止用水が取り入れ口から東村山境まで、暗渠になった経過は、玉川上水の水を取り入れていた、淀橋浄水場が廃止になり、玉川上水の水を東村山浄水場に引く水路の敷地に、すでに役割を終えた野火止用水の水路が使われたものです。
     このころは、すでに野火止用水が家庭の排水などで汚れたこともあり利用者がなくなり、水利権は志木市長が持っていたと新聞に書いてあった記憶があります。
     暗渠になった経過とは直接関係は無いかもしれませんが、民俗学に詳しい伊藤好一先生が次のような話をしていました。
     どこかの市が主催した歴史講座で「野火止用水の成り立ち」の講座を開いたところ、用水の利用者(使用権を持っている人)が数人講座に訪れ、水利権とはどういうものかなど歴史に関係のないことを聴かれて困ったという話をしていました。(2012.2.4記)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。