わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



181〜200




181、さいかちとサイカチ車


   「さいかち」とはカブトムシのことで、関東地方の南あたりで使われている呼び名だそうです。 このあたりでも、私が子どもの頃(1945年〜55年)は、たくさん捕れました。
    さいかちが出る頃は、柿の実が沢山落ちます、その実を使って「さいかち車」をつくって遊びました。 柿の実の大きさのそろったのを2個用意して、竹串を刺して車を作ります。 竹の皮を用意し竹串を包むようにして先端に紐をつけて車をつくります。 これをオスの角や首にかけて引かせます、力のあるカブトムシだから車を引けたのでしょう。
   サイカチとは、木の名前で鋭いトゲのある木、一説にはそのトゲの形がカブトムシの角に似ているからついた名前と言われています。   江戸時代にこのあたりでは、サイカチの実を鷹の餌として幕府にさし出す必要があり、植えられていたようです。    麦打ち唄の歌詞にサイカチ原と言う地名がでてきます。 また、武蔵村山の小学校(どこかは不明)の校章にサイカチの花がデザインされているという話しを聞きました。(2011.9.06記)

 

182、西武遊園地の近くににあった射撃場


   射撃とは、オリンピック等で見た方もあるでしょうが、散弾銃で空中を飛ぶ素焼きの円盤を打ち落としその数を競うものです。
   今の西武遊園地の近くの松林の中に射撃場がありました。 子どもの頃に見物に行きました。 競技は数人で競うものですが、一人で練習をする人もいました。  
   銃を構える人の立つテラスの様な建物の左右と正面の地下に円盤の発射台があり「マーク」と叫ぶと発射台から円盤が飛び出します。 左右順に飛び出す時、ほぼ同時に飛び出す時等、競技によって違うのでしょう。   正面からの発射は、どの方向に飛び出すかわからいようになっていて打ち落とすのが大変のようでした。
   射撃場は一応囲いはありましたが、囲いの外の松林に散弾が飛び散り、それを拾い集めて鉛として「クズ屋、(金属を買う人)」に売ったという話を聞きました。 毎日営業していたかはわかりません。(2011.9.07記)

 

183、お灸(きゅう)と病


   国民健康保険が無い頃の話、このあたりでは生活が苦しく病気になっても医者にかかる事はできませんでした。 激しい労働で足腰や胃腸をはじめとする内臓の病気にかかる人が多く、そこで登場するのが「お灸」。 背中に2つから6つ位据えます。(「お灸」をすることを据えるという)
   何人か連れだって出かけて行きました。 東洋医学で、有効とされている事で効果はあったのでしょうが、後が大変、1個が2〜3センチもあり皮膚のかなり深いところまで焼けているので、やけどの治療と同じ要領で、化膿しないように お灸用の絆創膏を貼り皮膚ができるまで待ちます。絆創膏貼りは私も手伝わされたが、なかなか皮膚ができませんでした。 
   熱い、痛い治療だったようでしたが効果はあったようでした。慢性の病が対象だったのでしょう。(2011.9.09記)

 

184、縄跳び唄の移り変わり


    私が子どもの頃(1950年前後)女の子の縄跳び唄に、♪郵便屋さん、走らんかい、もうかれこれ12時だ、1時、2時、3時、4時‥‥‥♪という唄がありました。 
   この唄も郵便制度ができて郵便配達が日常化されてできた唄でしょう。(たぶんこれ以前は別の歌詞があったのでしょう。)
   2000年ころに唄っているのを聞くと、
            ♪郵便屋さん、落し物、拾ってあげましょ、1枚、2、枚、3枚‥‥‥♪
    と歌詞が変化しています。 郵便配達も歩きから自転車に、今はオートバイと変わって、子ども達もそれを見ていて歌詞も変えたのでしょう。 (2011.9.10記)

 

185、ササを使った遊び
                 笹舟と亀のミニチュア


    私が子どもの頃は、東大和にも小川(せせらぎ)がありました。 丘陵に生えているササを取って笹舟を作って遊びました。
   またササの先の芯のよなところ(新芽)を沢山取ってきて、亀のミニチュアを作りました。
   それほどむずかしいものではなく、3本の芯の両端を縛って、残りの芯を横に交互に入れてゆくだけ、格好はかめの様に楕円に作ります。これは遊びですが、大人になると役に立つ事があります。 藁草履(わらぞうり)の編み方と同じで草履作りにたいへん役にたちました。(2011.9.11記)

 

186、竹の皮と梅干


   タケノコの皮をはいでゆくと、根元がうすむらさきの半透明に近い皮になります、その皮で梅干を包んでしゃぶりました。 
   シソでつけた梅干は赤く染まっています。 それを竹の皮で包んでしゃぶっているとだんだんと色が移り、竹の皮が赤く染まります。変わった食べ方の一つとして紹介します。(2011.9.12記)

 

187、紅梅キャラメルと巨人軍


   私が小学生の頃、わずかな期間でしたが「紅梅キャラメル」というのが売りだされました。  飴は美味しくなかったが、中に入っている巨人軍の選手のカードを集めると、さまざまな景品がもらえるシステムになっていました 
   テレビがなかった時代ですが、巨人軍は大人にも子どもにも人気があり、その効果を狙ったのでしょう。子どもはカードや景品欲しさに競って買うようになりますが、どういうカードが入っているかは、外箱ではわからりません、子どもの間ではマークの色の薄いのがいいカードが入っている等いろいろと情報が飛び交いました。 1箱は10円でしたが卸をしている店では8円で売っていました。
   ところで、カードは 水原監督以下10人のメンバーが揃うと野球用品と交換できる事になっていましが、私の知っている範囲では、交換した人はいませんでした。
   キャラメルは工場で出荷する時に大きな箱に詰めます、その時に一定の割合でホームランカード(このカードが出ると、もう1個もらえる)の入っているキャラメルの箱を入れることになっていて、その位置が決まっていたそうです。 通常はお菓子屋さんで売るときにばらばらにして出しますが、几帳面なお菓子屋さんは箱ごと出すので、それを知っている子どもは、店に出るのを待ってホームランカードの箱を買っていたそうです。
   その子がどこでその事を知ったかは分かりません。 紅梅キャラメルが一時子ども達の間でブームになりましたが、突然販売されなくなって終りになりました。 理由は子どもにはわかりませんでした。(2011.9.13記)

 

188、ヒイラギの風車


   ヒイラギは、多くの家で垣根に植えていました。葉の大きい方でトゲの少ないほうが風車の材料になります。 1本の枝に4枚の葉が直角についていて、枝がまっすぐのを選んで取り、少し葉をひねっておくと好く廻ります。機織り(はたおり)の管がら(篠竹で作った10p位の管)に差すとなお好く廻りました。(2011.9.14記)

 

189、アルミニュ―ムの弁当箱


   戦後、アルミニュームの弁当箱がありました。 この頃は表面加工がしてないため、梅干を弁当に入れると、その部分が塩分に侵されて穴があいてきます。 その後にアルマイト加工と言う塩分に強い表面加工が施され、絵や漫画のキャラクターの書かれている華やかなものにかわってゆきます。
   一時折りたたみのできる弁当箱もありましたが、もちかえる時にわずかに薄くなるだけでそれほどの必要性もなく姿を消してゆきました。 そのほかにも、箸入れのついたもの、汁もののためにゴムのパッキンで密封できるものなどありました。(2011.9.17記)

 

190、根通り道、うちご道、馬入れ道


   根通り道とは、山の根(ふもと)を通る道、うちご道とは、家々を巡って通る道で、どちらかと言うと生活道路といえます。 馬入れ道とは、畑の中に作られた私道で、農作業の必要から作られた道、運搬用の馬を入れる道という意味から転用されたのでしょう。  
   このあたりでは。根通り道は志木街道、うちご道は、清戸街道(庚申街道)を呼んでいます。 どういう使い方をするかというと、子どもが出かける時に、「根通り道は自動車が多くて危ないから、うちご道を行きなさい」と言うように使います。 その後、バスが走るようになるとバス通りという名前ができ、古い名前は忘れられてゆきます。(2011.9.18記)

 

191、多摩湖の下堤防 聞きがき


    多摩湖の下堤防(堰堤)は昭和2年頃の完成で、できた当時は所々にある塔に灯が入りきれいだったといいます。 太平洋戦争の時に、アメリカ軍の爆撃から堤防を守るためにかさ上げされ、(「耐弾層」と言うそうです。)塔も黒く塗られています。 欄干の上までかさ上げされたために、貯水池側、公園側共、欄干がありませんでした。 
   傾斜はかなり急でしたが、貯水池に降りることができました。 花見の時などは酔った人が堤防から落ちた事が度々ありました。私の知っている人で、片腕を失った人がいます。  
   この工事で死んだ人の慰霊碑が玉湖神社跡に2つあります。 犠牲者の中には朝鮮半島から連れて来られた人もいたそうです。

    (2011.9.19記)

 

192、火事は3代にたたる 


   火事は,近年までは失火がほとんどでした。 ほとんどが火の不始末のため、人の口に上る事が多く、その事で生活で不便になる事はないようでしたが、3代にわたって人の口に上るといいます。 「火の用心」をするようにと言う教えなのかもしれません。(2011.9.20記)

 

193、西村和泉守の伏鉦


   過日、「なんでも鑑定団」というテレビ番組で、祭り囃子に使う「西村和泉守」(にしむらいずみのかみ)作の鉦がほしいという人がいました。 たいそういい音色の鉦を造る人と言う。 その番組を見た人から私の家にあるという話があり尋ねました。
   鉦は、伏鉦と言う種類の鉦で真鍮の鋳物で念仏等で伏せてたたく様に足が付いています。 たたくための棒(撞木、ハンマーの様な形の物)も一緒にありました。  鉦には、縁(ふち)に次の様な彫り込みがありました。、
   「武州多摩郡清水村 五十嵐半之丞隆法 文政三辰年六月吉日 江戸西村和泉守作 (略字を判読 文政3年は1820年)
   このあたりでも、念仏講と言う組織がありその時に使ったものでしょうか。 現在の持ち主が五十嵐さんという方で、購入者もたぶんこの家の方(先祖)と思われるますが、武士のように姓、通称名、本名をもっている人は武士以外では学者、修験者(山伏の様な人)等社会的に尊敬されている人であったと思われます。
   鉦の善し悪しについては私には判断できませんが、注文で作ったという事はわかります。
   西村和泉守と言う人は、江戸時代の延宝年間(1673年)に江戸、神田、鍛冶町に住み大正時代まで、代々鋳物師をしていた家で梵鐘等の鋳造品を作っています。地誌 「狭山之栞」(杉本林志著)に、現在 東大和の清水にある三光院と言う寺の梵鐘のことが記録されていますが、この文面によると、この梵鐘も西村和泉守作となっています。但しこ記録は明治のはじめ頃のもので、太平洋戦争中「金属供出」で供出された鐘の事と思われます。(2011.9.21記)

 

194、谷ッ池と雲性寺前の田んぼ


   狭山緑地の東のはずれに谷ッ池と言う池があります。 この池は戦後(昭和20年以降)に近くの農家の人たちが浚渫して池を作り下流に田んぼを作ったといいます。 池のあたりは湿地帯で湧水もありホタルもいたといいます。
   時代が変わり田んぼも住宅に変わり堀も暗渠に 池も浚渫しないまま沼の様になっていましたが、東大和環境を考える会によって浚渫して池らしくなっています。
   ただあまりにも小さいために、市は水路の一部として見ています。 湧水は今でもありますが、ホタルを復活させるほどの水量にはなっていません。(2011.9.22記)

 

195、泥富士と高射砲陣地?


    泥富士(どろっぷじ)は村山貯水池(多摩湖)の上貯水池の北、元の玉湖神社の敷地にあり建設のいきさつは沢山の本に書かれています。 
   私が登った時(中学生、1957年頃)に頂上に鉄でできた円形のレールの様なものがありました。 太平洋戦争のころ、近くに高射砲の陣地が置かれていたので、その名残りかと思いましたが、研究者の調査ではそのようなものを設置した事はないという事になっています。
   それとも、頂上にコンクリートを打ったというからその基礎なのでしょうか。最近は頂上に登れるようになったというので、もう一度調査をしてみようとおもいます。(2011.9.23記)

 

196、しらくもとどじょう
              ミミズと熱さまし(民間薬2) 


   病気をしても貧しくて医者にもかかれない薬も買えない時代、経験で薬になるもの(薬草の類)を探して治しました。 
   頭の髪の毛のはえてるところにできる「しらくも」と言う皮膚病にはドジョウのヌルヌルしたところをつけます。 ドジョウを焼酎に入れて殺し取りだして、ぬるぬるのところを患部に塗ります。   ミミズの熱さましは、ミミズを取ってきて泥を吐かせ煎じて飲みます。 これは好くきいたそうで 医者が急に熱が下がってびっくりしたという話しがあります。 ただしこれはあまりにも急激に熱が下がるので体にはよくないようです。
   逆にミミズに小便をかけるとチンコが腫れるといいます、 全く根拠のない事ですが、汚い手でいじるので雑菌が入って腫れると言う事だと思います。 これを治すにはミミズを取ってきて水をかけると治るそうです。(2011.9.25記)

 

197、自治会の移り変わり
          (清水自治会を参考に) 


   地域自治会、この地域では清水自治会があります。 1945年に戦争が終り、新しい憲法のもとに自治会が作られました。 しかし、私が見てきた限りにおいては、2000年頃までは、市役所(町役場)のいわゆる行政の下請けの役割と、地域の有力者が会長等を務め、地域の支配もこの組織を利用して行っていました。 
   清水自治会も長い間、清水神社の宮係を自治会の会議で選んでいました。 また、市議(町、村議)選挙になると、自治会の推薦と言う形で特定の候補を応援します。
    町議選の頃、清水で3人の立候補がありましたが1人は推薦されませんでした。 理由は簡単で、清水の地域では3人を当選させるだけの票が無いという事です。 地域の有力者が集まって決めるのでしょうが、自治会の代表と言う名目で自分達の選挙に利用していました。
   1960年頃から、都営住宅が建てられたり、一般の住宅やアパートも作られて少しずつ様子が変わってきます。 アパートの住人や分譲住宅の住人は自治会に入れないところや、逆にアパートの住人は家主が自治会費を家賃と一緒に集める等というところも出てきて、いろいろと問題も起こってきます。 その後は、役員になるのがいやという理由で退会する人、加入しない人等で、今では自治会の会員も地域の世帯数の半分以下のところもあり、役員も苦労が多いようです。(2011.9.29記)

 

198、スイカ(西瓜)のちょうちん


    夏の終わりになると西瓜の稔らないもの(うらなりといっている)をもらってきて、中をくりぬいてちょうちん(提灯)を作り、中にろうそくを灯しました。 この頃になると、日暮れが早くなり、秋の鳴く虫が出てきて賑やかになります。 
   日が短くなると「こうろぎ」が「肩刺せ、裾刺せ」と冬の寒さをしのぐための、着るものの準備を怠るなと鳴くと祖母が教えてくれました。
   アメリカやヨーロッパにハロインというかぼちゃのチョウチンをつくる習慣があるといいますが、どこの子どもも同じことを考えるものだと思います。(2011.10.2記)

 

199、戦時中の金属供出と巧妙なやり方 


   太平洋戦争の末期に政府による金属の供出(強制買い上げ)があった事は広く知られています。 そのやり方が巧妙でした。   
   我が家でたまたま古銭の話が出た時、ビタ銭にまじって2分銀が何枚かあったが供出させられたという話でした。 私は、国は個人の所有物まで知っているわけはないし黙っていれば済んだのではないかというと、母親が言うには供出というのは、政府が一方的に安い値段で買い上げるので、誰も出したいとは考えない、まして金銀製の指輪等は地金の価値よりはるかに貴重で持っていたいというのは当たり前のこと。
   この事を知っている政府はあらかじめ「供出させる」という事を隠して、文化財あるい貴金属の調査と称して、それぞれの家に何があるか調査をしています。 供出があるとは気がつかないで多くの人が正直に申告します。 そのリストができると、リストに基づいて貴金属の供出をさせたといいます。 結局、何をもっているかを握られており出さざる得なかったと言っていました。
    数か月たって僅かの代金が払われたと言っていいます。 いつの時代でも、政府の巧妙なやり方にこ国民は泣かされています。(2011.10.6記)

 

200、かめのぞき(甕覗き)


    このあたりでも、紺屋(こうや)という屋号の家があります。 江戸の終りから明治にかけて「藍染」の仕事をしていた家の事で、紺色に染まるのでそう呼んでいました。 
   染め方は、土間に陶器の甕を上部を少し出して埋めて、その中に藍の染料を入れます。  それぞれの家でも自家用?に染めたのか、今でも藍甕をもっている家があります。 染めは藍色といっても濃い色から薄い色まであり、繰り返し何回も染料に付けると色が濃くなります。
   甕覗きという色は、藍のごく薄い色(淡い色)で、染色の世界では有名な言葉ですが、甕をちょっとのぞく位の時間漬けると染まる色という意味だそうです。 個人の家で染める時には染料の甕は1つか2つ、淡い色しか染められなかったのかもしれません。 昔の人は、いい名前を考えたと思います。(2011.10.9記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。