わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



161〜180




161、非農家と配給


   戦後、1945年(昭和20年)以降も食料の配給という制度が続いていました。 私の感じでは配給を受けられるのは、食料になるものを生産しない家、「非農家」と言われている家でした。
    年ごとに作付を調査して国(あるいは都、市町村)が食料の配給量を決めたようでした。 我が家は農家ではありませんが、いくらかの畑があり、そこで正月の餅用の米を作っていました。 それを調査に来た正直な調査員(なんととなりの農家の当主)はその通りに申告して1年に2日分の配給が止められたといいます。
   その事自体はなんでもない事ですが、地域のつながりを作ってゆく上でそこまでやる必要があるのだろうかと、私の母親が言っていました。 それまでの調査員は、「わずかの作付であり、戦争未亡人で子どもを養うために働きにでている」そういう家の配給を止めるなどという事は考えられなかたのでしょう。 
   また、配給にパンというのがありました。つづりの回数券の様なものにパンの数量1斤、2斤などと書いてあり、それをもって買いに行きます。 お店は狭山の消防団詰所の志木街道を挟んで向かい側あたりにありました。 パンは一日おくとボロボロになりました。 なぜか、ものすごい量の券がきていました。
   米の配給は米穀通帳によりましたが、加配米というのを買ったような記憶があります。 字の通り通常の配給量にいくらか加わるという事ですが、私の母親が駐留米軍の管理下の工場で働いていたからか、そういう趣旨の加算のようでした。    そのほかに、ニンジンの缶詰や、アスパラガスの缶詰が配給になりました。 白いアスパラガスの缶詰は食べ方がわかりませんでした。(2011.8.19記)

 

162、「行事」 提灯


   清水のお庚申(庚申神社)のまわりの膳腕組合が解散する時に、倉庫の中を整理したところ、行事と書いた提灯が出てきたといいます。長老の話によると、もめごと等があった時にこの提灯をもって出かけ、仲裁にあたったといい、行事の意見(仲裁案)には従かわなければならなかったといいます。 
   歴史の中には,月行事とか、お祭りの責任者等に行事提灯をもつ人がいますが責任者、担当者という意味でしょう。 水戸黄門の葵の印籠の様なもでしょうか。いつのものか(膳腕組合ができたのは、明治中頃以降)は判らなかったという話しでした。(原 初雄さんの話)。(2011.8.22記)

 

163、つぶれ屋敷の再建 


   江戸時代、田、畑は支配者の者、農民は年貢を納めて田畑を耕し生活をしていました。 後継ぎがいないとその家はつぶれ屋敷となりますが、その地域の有力者が「預かり」という形を取り、耕作をしてかわりに年貢を納め、自分の子どもなどをたてて家を存続させていたそうです。
   ある有力者の家にいた、作男(さくだい、さくおとこ)がそこの娘と恋仲になり、親は2人を一緒にしてつぶれ屋敷を再興させたといいます。  これだけでは何の面白味もない話しですが、恋心はいつの時代にも変わらぬもの、身分の差を超えて一緒になろうとした二人、そして娘の願いをかなえてやる親、この時代は貧しくても温かみがあったのでしょう。(2011.8.21記)

 

164、軽自動車のできた頃


    軽自動車ができたのは1958年頃ですが、この自動車は、当時「軽自動」という免許証でも乗れることになっていました。 軽自動という免許は2輪車(オートバイ)の免許でした。 
   私の友人が自動車を買って乗せてもらいましたが、オートバイしか運転の経験なかったので、走っていてもまっすぐに行かないでどちらかに寄ってゆきました。 この頃は自動車が少なく事故にはなりませんでした。 その後、2輪と4輪の免許は別れるようになりました。(2011.8.22記)

 

165、清水囃子の伝播


    清水囃子は、東京都東大和市の清水地区に伝わる祭り囃子で、江戸時代の終りころに伝えられました。 師匠「半次郎」は、高円寺村に住んでいましたが、清水地区に居を移し引き続き囃子の中心になりました。 明治の初めに、縁あってこの囃子が所沢の久米に伝わり指導は半次郎が中心になりました。
   その後、久米から金山町と北野(いずれも所沢市内)に伝わったと言われています。(指導者等は調査していません) 清水から久米に伝わった事は記録にも残っており間違いはありませんが、金山と北野については現在(2011年、平成23年)の囃子連に伝わったものかは確認されていません。 
   金山町については、まだ久米から伝わった囃子を叩ける人が健在のようですので、比較的新しい時代の話かもしれません。 囃子の特徴では、清水と久米と、今の北野神明組の「ニンバ」(囃子の曲目)は強弱やバチの数はほぼ同じです。 偶然かもしれませんが伝播の参考になるかもしれません。(2011.8.23記)    その後の調査で、久米の囃子は、鈴木流の囃子も導入されており、金山町や北野に伝わった囃子は、久米の囃子が伝わったというのが正確かも知れません。

 

166、日露(にちろ、にちろう)戦争
                 従軍記念碑 


   私の家に日露戦争従軍記念碑がありました。 明治37年に起こったロシヤ帝国との戦争を日露戦争と呼んでいます。 東大和(当時は東京府北多摩郡清水村)に住んでいた私の祖父にあたる原 萬次郎も招集されて清国(現在の中国)での戦いに参加しています。 
   この戦争では沢山の方が戦死し、祖父も負傷して陸軍病院(世田谷にあったという)に入院していましたが、負傷がもとで死亡し戦死の扱いとなりました。  戦死をすると国から金杯をくれた(祖母の話)、それを売って従軍記念碑を建てたそうです。
   祖母の話によると、当時の東大和の地域で日露戦争で戦死したのは4人でそれぞれ記念碑を作ったと言っています。  建設の時は多摩湖の湖底に沈んだ清水村の下宅部(しもやけべ)というところ住んでいたので、はじめはそこに建てましたが、移転に伴って記念碑も移設しています。
   大きさ等は省きますが、かなり大きなもので、原兄弟従軍記念碑という表題は、乃木希典(まれすけ)陸軍大将の揮毫で、内容は、兄弟2人が戦争に行き万次郎が戦死したこととその功績を讃えています。 記念碑等の文章の書き方は決まりがあるようでその域を出ていません。
   記念碑も移設には、いきさつがありそのことも参考に書いておきます。 建設当時、この記念碑は本家(兄の家)にあり、移転に伴って記念碑も引っ越してきましたが、兄の家では建てないままでほうっておいたところ、分家の萬次郎の家では、家人が病気をしたり、けがをする事が度々起こりました。 そこで「祈祷師」の様な人に頼んで原因を調べてもらうと、「れいじん(霊人?)」の祟りだと言う話でした。 思い当たるのは記念碑の事、早速記念碑を建てたといいます。
   もうひとつ、この記念碑を移転のときに馬車で運んだそうですが、田無警察署(当時はこのあたりは管轄であったのでしょう)の許可証が残っています。 この頃(大正8年頃)はこんなことでも警察の許可が必要だったのでしょうか。(2011.8.24記)

 

167、子どもの壁土踏み


    私が子どもの頃(1950年頃)は、家の壁は土壁でした。 大きな家を建てるには大量の壁土が必要になります。 壁土は乾くと固まる土(粘土質)を使いますが 土だけを塗ってもひび割れて落ちてしまうので、つなぎに藁を切って入れます。 
   庭に土を広げて水を加え、切った藁をその上に蒔きます。 それだけではよく混ざらないので、子どもを呼んで素足になって藁を踏みつけてもらいます。 大人がやれば費用がかかりますが、子どもは,こづかい(10円かキャラメル)でも用意しておけば大喜び、上手く考えたものです。(2011.8.25記)

 

168、力道山、プロレス、テレビ中継


    プロレスは今でも興行されているようですが、私が子どもの頃(1955年)は力道山が人気で、外国のレスラーを空手チョップで打ち倒す、時代劇のヒーローのようでした。 
   子どもにとって興行を見る等はとてもできない事、この頃よりテレビ中継が始まり、子どもは、テレビをもっている家にお願いして見せてもらいました。
   この頃まだテレビは高価で持っている家はわずかでした。 1週間に1回位の中継だった様に記憶していますが、その日は部屋を開放して見せてくれました。 大きな駅では街頭にテレビを設置して沢山の人に見せていたようです。 ラジオからテレビに変わる時代のひとこまなのでしょう。
   面白かったのは、スポーツの様な体裁を取りながら、反則を認めること、外国人のレスラーを悪役にして日本のレスラーを引き立たせる、まさに時代劇の現代版というところが、観客を熱狂させたのでしょう。(2011.8.26記)

 

169、風呂の水くみ煙突掃除は子どもの仕事 


   このあたりは農村だったので、ほとんどの家に風呂がありました。水道もガスもない時代、水くみは子どもの仕事でした。 私の家では表の入り口の横に風呂があったので、裏の井戸から木桶や後にはバケツで水を汲んみました。 10往復位はするようでした。 
   煙突掃除も子どもの仕事、薪を燃している時はそれほど煤(すす)は溜まりませんが、石炭になってからは煤が多くなり、すぐに燃えが悪くなるので度々煙突掃除をするようでした。 
   沢山の煤がたまると飛び散らないようにするのが大変、煙突の下から煤払いのブラシ入れ、煙突の出口の手前で止め、何回か往復させる、まちがって出口から外に出してしまうと、いちめんに煤が散り、洗濯物を汚すので気を使う仕事でした。 
   やがて、自家水道が普及し、石油やプロパンガスになり、こういう仕事も無くなっ行きました。(2011.8.27記)

 

170、井戸、水汲み、跳ねつるベ井戸 


   水道が普及するまでは、多くの家が井戸をもっていました。  井戸を掘った人に話しでは、水脈との関係で、浅い井戸と深い井戸があり、山の根あたりでは、浅くても沢山水があり、台風等の時はあふれる家もあったといいます。 中には、どんな日照りでも水が枯れることのない井戸というのがあり、水の豊富な水脈にあたったのでしょう。 
   自家水道になるまでは、だるまポンプという人の力でくみ上げるポンプがあり、それ以前はつるべでの水くみでした。 つるべは井戸の上に櫓(やぐら)や小屋を組み滑車(古くは木製、のちに金属製)を吊るし縄をかけて、両端に桶をくくりつけます。 
   水を汲むのには、桶を水中に沈めて水の入った桶を引き上げます、理屈は簡単ですが、かなりの勢いをつけて落とさないと桶は水面に浮いてしまったり、少ししか水が入りません。 水の入った桶を引き上げるのにはかなり重いし、ゆっくり引き上げると反対側の空の桶は勢いがつかない、ある程度の経験が必要でした。
   「跳ねつるべ」を使っている家が僅かだがありました。 跳ねつるべは、シーソウの要領で、てっぺんが2股の柱を建て木や竹の竿を渡して片方に重りを付けます。 反対側にロープと桶を付けて井戸に降ろします。 
   これは子どもでも水が汲めて楽でしたが、桶が一つしか付けられないので沢山水を汲むのには適しません。 跳ねつるべのあった家は居酒屋をやっていた家で、景観の一部として作ったのかもしれません。
   時々、井戸の中に滑車や桶が落ちることがありますが、小さな錨のような引っかける道具をもっていました。(2011.8.28記)

 

171、苦労が多かった戦争未亡人の生活


   太平洋戦争は、多くの夫を亡くした婦人をつくりました。  戦争未亡人と言われる人たちで、若い人が圧倒的です。 子どもがいる人は再婚もままならず必死に働いて子どもと共に生活していました。 
   そういう家は、火の番や野番(bW8)、道普請等は免除と言う扱いをしてくれていましたが、そのかわり身のまわりをきれいにしておかなければなりませんでした。 特に男関係についてはとかく噂の種になるので気をつけていたようです。 そのために奥さんのいない男の家には近づかない、普通の家に用事があるときでも奥さんのいる時に行く等苦労も多かったようです。
   私の友人の家では、母親が機織りをして収入を得ていたので、食事の支度は全部子どもがやっていました。  我が家も父が戦死していたので、母親は苦労して私たち兄弟を育ててくれました。 戦争未亡人同士は仲が良かったようで、時々たずねておしゃべりをしていました。(2011.8.29記)

 

172、草 餅 


   このあたりで草餅と言うのは、ヨモギ(餅草と呼んでいました)を使ったものを言います。 ヨモギが生えはじめて葉が4枚になった頃が一番香りが好いといいます。 
   ヨモギを摘んできてゆでる、すり鉢ですりつぶす、しんこに混ぜて皮を作るという順序でしたが、沢山作るところでは餅搗きの要領でヨモギを米と一緒に搗いて作ったようでした。(2011.8.29記)

 

173、食い節句 


   太陰暦、から太陽暦にかわり、年中行事も新暦(太陽暦)の暦に合わせるてやられています。 さて端午の節句は5月5日、柏餅を作って祝いますが、その年の柏の葉は育っていません。
   そこで柏の葉が育った頃にもう一度柏餅をつくります。 これを食い節句と言っています。(2011.8.30記)

 

174、焼け石のカイロ(懐炉)


    今は安価な使い捨てカイロが全盛ですが、 私が中学生の頃(1955年、昭和30年)は、それ相応の値段がするもので、子どもに買って与えるような時代ではありませんでした
   冬の朝は氷が張る位寒く、子どもたちは、学校に行くのに集まると、燃やせるものを持ち寄って焚火をして、暖を取ってから学校に行きました。  
   焚火の中に拳(こぶし)位の石を入れておくと、たき火が終わる頃にはかなり熱くなっています。 それをぼろ布に包んでおなかのあたりに入れておくとほかほかと暖かでした。 お金のかからない使い捨てカイロと言えるでしょう。(2011.8.31記)

 

175、井戸浚い(さらい)


    井戸は使っているうちに、崩れたりして、水が溜まらなくなります。 そうすると、井戸浚いといって土砂を取り除く作業をします。  
   櫓を組んで滑車をつけてバケツの様なものを吊るし、一人が井戸の底に降りて土砂をバケツに入れ、上の人が引き上げます。 井戸に入った人は2人分の手間(日当)がでたといいます。 上から石が落ちてきたりして危険を伴う事や、土砂を浚う仕事も大変だったからでしょう。(2011.9.01記)

 

176、中学生のキャンプ


    私が中学生の頃(1955年、昭和30年)自由参加でキャンプをやっていました。 五日市の増戸にある網代というキャンプ場を使っていました。 秋川で水泳をしたり、魚釣りをしました。 
   女性が参加していたかどうかは記憶にありません、 先生も参加していました。 魚釣りは、あんま釣りと言う針の先に川虫をつけて竿(さお)を引いたり押したりすると、あたかも川虫が泳いでいるように見える、それを魚が食いつくという仕掛け、ワカサギが沢山取れましたが、すべて先生の晩のおかずになりました。 (2011.9.02記)

 

177、父親の戦死


   私の父、原 豊作(1914年、大正3年生まれ)は、1940年(昭和15年)に結婚し、1943年(昭和18年)に召集されています。 私が生まれ、弟は母親のお腹の中でした。
   戦死の公報が届いたのは1945年(昭和20年)、その内容は、ヒリッピンで戦死したと書いてありました。 実際にどういう状態でどこで死んだかはわかっていません。 遺骨と称するものが来たのは、1948年(昭和23年)で、母親の話によると、箱がきたが中身は確かめなかったということでした。
   母親は、父(夫)が死んだという事は1944年(昭和19年)頃には状況からわかっていたようでした。 こんな事も話していました。 
   夫が戦争に行くことは、国のために役立つというのは表向きの事、子どもを抱えて生活が成り立たなくなるのは目に見えています。 一日も早く無事に帰ってくることを願わない妻はいません。 毎日陰膳(家にいる時と同じように食事の膳を作る)を供えて無事を祈ったといいます。  ある日、陰膳を据えると、湯気が動いた様な気がした、後に考えるとあの時が最後だったのではと話していました。
   兵隊に行くと、今まで働いていた会社から、3か月位は給料の様なお金が送られてくるが、それからは全く収入がありません(職業軍人とは違う扱い)。
   兵士は衣食住を保障されているという事で、小使い程度の給料しか出ないので、ほとんど当てにはならなかったといいます。 それでも、夫は妻や子を思って給料を送ってきたそうです。 母親は乳飲み子を置いて働きに出ています。 1944年に入ると送金も無くなり生活はますます厳しくなってゆきました。
   1948年(昭和23年)に遺骨が帰ってきたので葬式をしました。 私は長男だったので、位牌をもたされましたが、他所見をしてはいけないと言われたことを覚えています。 
    「よそみ」をするとそちらに死人が出るというはなしでした。 葬式のしきたりの様なものがあるのでしょう。 
   母はこの時のために取って置いた白米を炊いて世話になった人にお礼にしたといいました。(2011.9.03記)

 

178、一朱大工(いっしゅ大工)


   江戸時代の終り頃、ある村に、一朱(一両の16分に1)で小規模の大工仕事をなんでも引き受ける大工がいたそうです。 人呼んで一朱大工。
   どういう仕事をしたかよくわかりませんが、仕事を頼む方は金に限りがあり、大工の方は頼んだ人が満足がいくように話合って仕事をしたようです。 儲けはほどほどで気楽に暮らす大工だったのでしょうか。 一朱が今の金額に換算するとどれくらいになるか、一両が10万円とすれば、6250円、どんな仕事をしたのでしょう。(2011.9.04記)

 

179、うどん作りと子ども 


   私が子どもの頃(1950年前後) このあたりでは、うどんをよく作りました。 小麦がとれることもあり、食費が安く上がることもあったのかもしれません。 
   うどん作りは、釜にお湯を煮たてて、小麦粉を薄い塩水でこねそれを足で踏みつける。 ここが子どもの出番、ひたすら踏みつける、理由はあるようですが、とにかく踏みつけると美味しいうどんができます。 沢山作る時は段取りがあるので子どものお手伝いは貴重でした。(2011.9.04記)

 

180、お庚申の火の見櫓(やぐら)


   このあたりの火の見やぐらは、火事を発見するというより、半鐘(はんしょう、火事を知らせる時に打つ鐘)を吊るしておくやぐらといっていいと思います。 
   この火の見やぐらが清水3丁目の庚申神社(通称三角神社)のとなりにあります。多くのところでは消防施設と一体のものとして設置されていますが、ここにも以前は消防小屋がありました。 ここの消防器具は、村山貯水池(多摩湖)ができるまであった清水の上宅部(かみやけべ)と言うところにあった消防設備が移転したものと言います。(原 初雄さんの話)。 
   土地の所有者はわかりませんが、清水農事実行組合(bQ9)の作業所もありました。 やがて、小屋は取り壊され防火用水と火の見やぐらが残ったというわけです。 消防ポンプの性能は宅部の方が良かったと言っていました。
   一つの地域に二つ以上の設備と言うのは、山間地では珍しいことではありませんが、清水の場合は、江戸時代より前は別の村だった事、人口がほぼ半分ずつだったこと、地理的に狭山丘陵を隔てて南北に分かれていたこと等の名残なのでしょう。(2011.9.05記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜160
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。