わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



141〜160





141、郵便配達のおじさん


   子どもの「縄跳び」の歌に、「郵便屋さん走らんかい、もうかれこれ12時だ、1時、2時、3時‥‥」という歌詞があります。私の子どもの頃(1948年〜55年)は郵便配達の人は徒歩で配達をしていました。 
   その頃の集配局はどこかわかりませんが、たぶん朝に郵便局から手紙をもって出発、12時になると知り合いの家によって弁当を食べていました。 その頃の郵便局は、配達に関しては親切で、私宛に北多摩郡大和町 原万次で郵便が届いた事がありました。 私のところは多くの郵便物が届くので郵便局の人が覚えていたのでしょう。 今は団地などは号棟が書いてないと住まいがわかっていても配達しないといいます。 (2011.5.2記) (参考、bP84)

 

142、道者街道


   今の新堀(野火止用水)に沿ってはしる道を「道者街道」と呼んでいました。 富士登山(浅間信仰)に行く人たちが行きかった道で、神社仏閣にお参りの人を道者と呼んでいたのでその名がついたのでしょう。 九道の辻の方向から来て、先は八王子道につながるのでしょう。 
   この道には異説もあると、「道の会」の田久保さんから聞いています。 その話によると、玉川上水の土砂を上げるための道「土砂街道」ではないかという事でした。 玉川上水の土砂上げ場は、野火止用水の取り入れ口付近にあったといわれています。 水死人等もここからあげたといい、あげ場といっていました。 この道について、小平、東村山ではなんと呼ばれていたかは調べていません。(2011.5.5記)

 

143、正月迎えあれこれ(清水の様子)


   正月迎えといっても、私が子どもの頃(1950年頃)は農村であり地域の行事(今行われている、初詣でなど)はありませんでした。
   正月が近づくと天気のよい日に畳を外に出して叩いて埃を落とす、障子を張り替える、家の内外の大掃除をします。 
   年末には、清水神社の神主(清水やすあきさん)が氏子である家々を廻って「シメ」と言っていた御幣(ごへい)を切って歩きます、それぞれの家ではお礼(お金)を渡しますがとくに取り決めはなかったようで、財力や家の格によって出す額がちがっていたようです。 
   高木に「おしんめい」という家がありますがこの家の人は、明治のころに、神主について歩いて割り竹等材料をもち、家々でだされた米などのお礼を担いで廻ったといいます。 
   なぜ「しんめい」というかを聞いたところ、家々を廻る時に「シメの割り竹だ」と大声をだしながら篠竹を叩いて触れて回ったという事によるといいます。 昔のお礼は現物だったようです。
   廻る順序は正確にはわかりませんが、原一族では総本家に一番に行ったということでした。 家によって祀る神が違います、我が家では水神は水色、厄神は赤色、そのほかは白の紙を使っていました。 その他に「晦日祓い」という注連を篠竹に刺したものを作ってもらいます。 
   正月用の餅は、多くの家で親戚や一族が集まって必要な分をつきました。 31日になると、大神宮、戎、大黒、荒神、水神などの神棚の注連縄、神酒の口、御幣を新しいものにかえ、夜はご飯と灯明を供えます。 夜は晦日祓いといって家人の頭を払って回りました。 
   我が家では、大晦日に厄神という神を祀ります(bT4の項を参照) 門松をたてる家はほとんどありませんでした。大晦日にそばを食べることはありませんでした。  
   正月の朝は、当主が雑煮をつくり、お供え餅と共に供えます。 夜はその上にご飯をのせ、次の日はその上に雑煮をのせ三ヶ日続け、4日の朝に下げて家人が食べました。 神様に供えたものを食べることでその加護を願うということではないかとおもいます。年男(祭祀をする人)だけが食べるところもありました。 年男が若年のときは親が御祝儀を出した家もありました。 お供え餅は7日まで置き、8日の朝に下げました。
   三ヶ日の朝は当主(男)が食事をつくるという風習がありました。(bT5参照)    芋窪の鹿島神社等では、大晦日に大篝火を焚き、縁起ものの露店もでてにぎやかでした。  正月2日には、お寺にお金や品物を持って年始に行きます。 この返礼として、7日頃に坊さんがお経をあげにきます。 (2011.5.5記)

 

144、まゆだまの行事


   1月14日の行事です。まゆだまというのは、養蚕の神の祭日で、養蚕の豊作を願う日です。 家によっては養蚕の神(おしら様とよばれています)の掛け軸を飾るところもあったときいています。 多くは飾りをもって祭りをしています。
   我が家でも、養蚕をしていた時があったようで、畳を上げると板の間になっており、暖房用の炉が切ってありました。 その頃から続く行事ではないかとおもいます。 まゆ玉は、山から団子の木(ツゲの木)を切ってきたり、家にある樫の木を用意します。 
   我が家では山をもってなかったので樫の木を使いましたが、家によっては山に行って無断で団子の木を切ってきた人もいたようで、山の持ち主が見張りに出たといいます。 飾りは、蒸したうるち米で丸い団子をつくり、繭(まゆ)に見立てて枝に刺して座敷に飾ります。 
   石臼をもっている家では石臼の穴に立てて飾っていました。立てた木の根元には桑の古木を飾り繭の形の団子をのせます(16個と言われている)。 併せて大神宮などの神棚へも小枝に団子をさしたものを供えます。 家によっては、ミカンを差したり、樫の木の葉を飾りに残す家もありました。15日に団子を取り焼いて食べます。この事は特に意味はないと思います。 
   ただ、だんごは醤油をつけて食べると、「しび繭」(色のついた繭、不良品で売れない)ができると言う「言い伝え」があります。だんごの粉を石臼で挽くときは、挽き手の左右に手伝いの人はすわります、正面に座るのは「葬式」のだんごの粉を挽く時ということでした。
   1月15日には、「小豆かゆ」をつくり、この団子を入れて食べました。小豆がゆに意味があるかはわかりませんでした。
   各地に「どんど焼き」という小正月の行事がありますが、この団子を火で焼いて食べるということです。 このあたりでは、古老に聞いてもそれに類する行事は無かったといっていました。
   この頃は、「なりきぜめ(成り木責め)」という、果物の成る木(柿や桃など)を、ナタ等の刃物で叩いて、豊作を願う行事がありましたが、乱暴に木を傷つける者もいて困ったという話は伝わっていますが、「呪文」などは確認できませんでした。  この日は、女日待がおこなわれています。(bP00参照)(2011.5.18記)

 

145、雛祭り(ひなまつり


   雛まつりは、多くの家でやっています。 結婚して女の子が生まれると、このあたりでは慣習として母親の実家(親元という)から、雛人形が贈られてきます。 もちろん自分でそろえる家もあります。
   雛まつりはひな人形を飾り、菱餅をそなえます。 餅を搗いて御祝としてくばる家は財産家で、多くの家はひな人形を飾り、菱餅くらいは買ってきて飾ったようです。
   このあたりには嫁入りのときに自分がもらった雛人形を一緒に待ってくるという慣習もあります。 「送リ雛」という人もあるようですが慣習として一般化しているかどうかはわかりません。 そういう家では、嫁さんのひな人形と子どもの雛人形を一緒に飾っています。
   白酒(しろざけ)を飲むという習慣は無かったようにおもいます。ただ、親元からの祝は、はじめて生まれた子に対してのお祝という事で、二子、三子にはお祝がなかったようで、そういうところでは自分で人形を買います。(2011.6.8記)

 

146、花祭り(はなまつり)


   お釈迦様の誕生を祝う日で、私の子どもの頃(1950年頃)は、このあたりでは三光院でおこなわれていました。 
   廊下に小さなお堂のようなものを置き、中にお釈迦様の像があり、参詣者は甘茶をかけます。 子どもは暇なので出かけてゆきますが、大人は見かけませんでした。 甘茶をふるまってくれましたがあまり美味しいものではありませんでした。(2011.6.30記)

 

147、三光院の幻灯会(げんとうかい)


   私の子どもの頃(1950年頃)、三光院で幻灯(燈)会をしていました。 幻灯とは紙芝居の絵を写真にとりスライドにしたようなもので、電気紙芝居とも言われていました。 
   当時の住職は、門屋大寿という人ですが、非常に熱心な人で、時々、子ども達を集めて昔話やおとぎ話、仏様の話等を幻灯機でスクリーンに映して話をしてくれました。
   どんな絵が映されたか忘れましたが、一つだけ覚えているのは「藁しべ長者」という話、この話は三光院の本山である長谷寺という寺の縁起の一つで、たぶん毎回映してくれたので覚えているのだと思います。 
   学校でも幻灯会はたまにあるくらいなので私にとっては楽しみでした。 布教の一つとして作られたものなのでしょうか。 絵が映ると一番はじめに「コニカラ―」というタイトルが映し出されます、なんのことか子どもにはわかりませんでしたが、コニカ(当時は小西六写真工業といっていた)の宣伝が入っていたのでしょう。この頃はまだカラ―の写真フィルム等は一般の人は買える時代では無かったように思います。(2011.7.1記)

 

148、竹馬つくり 


    竹で作るから竹馬ですが、このあたりでは松の木を使って作ったこともありました。 根元から20センチくらいのところに枝の出ている若い松の木で同じ太さの木を切ってきて、枝の部分に足をかけるところを取り付けます。 
   丈夫な竹馬ができますが、切られた松林の持ち主はせっかく育てた松を切られるので大変、学校に苦情をいってきたこともありました。  もちろん竹を使って作るのがほとんど、高いのはひさし(庇)から乗るようなのをつくった人もいました。(2011.7.30記)

 

149、お葬式拾いがき


   1960年代のお葬式は、まだ古い習慣を残していました。 土葬のころの話しですが、葬式の後、身内親戚そろって7日間は毎日お墓に行く、その後は7日ごとに49日がくるまで出かけ てゆきます。 
   我が家の親戚でこれを実行した家があり、我が家ではサラリーマンだったので大変困ったことがありました。 農村だった頃の習慣で死者を弔うという点では好い事ではありますが、時代の移りかわりの激しい時代、だんだんと行われなくなってゆくのでしょう。(2011.7.31記)

 

150、端午の節句


    私の子どもの頃(1945年以降)、端午の節句といわれている5月5日頃は、鯉のぼりや吹き流しを立てたり、五月人形を飾り、柏餅を作りました。
    お嫁さんに男の子が生まれると嫁さんの実家(親元とよんでいた)から、鯉のぼりや五月人形が贈られてきます。 柏餅は、沢山作って親戚縁者に配る家もありました。 たまには、幟旗の飾りもみうけられました。 
   我が家では私の分は五月人形がありました。 子どもには鯉のぼりを贈ってもらいました。 柏餅も作りましたが新暦の5月は柏の葉が育っていないので、前の年の葉を蒸かして乾燥させたものを使いました。 旧暦でやれば、その年の葉を使えるので、新しい葉で柏餅を作り、これを「食い節句」とよんでいました。(2011.8.4記)

 

151、お盆の事あれこれ


    お盆というのは、宗教行事で、私が経験した頃(1950年以降)は、三光院や圓乗院の檀家は8月1日〜3日、正福寺(東村山)の檀家は8月15日〜18日でした。
   原仁三郎さんの話では、明治から昭和にかけて盆の日が何回かかわっているそうです。養蚕が盛んだったころには、農家の作業の合間を縫って盆行事をしたので7月の時も8月の終りに近い時もあったといっていました。  8月1日で定着した理由はわかりませんが、特にかえる必要がないまま今でも続いているのではないかとおもいます。  
   盆の行事は、まず、盆棚(正式には精霊棚というのでしょう)という棚を作り、仏壇から位牌や掛け軸等を移し三方に戒名を書いた掛け軸(ひょうごと呼んでいるが表具のことではないか)を掛けます。  その際にはチガヤ(茅)で編んだ縄を使います。 
   なぜチガヤを使うかはわかりませんが、神社等で作られている茅の輪の由来等では、神話でチガヤは疫病をはらうという効力があると伝えられており、関係があるかもしれません。 もっと単純で、青々としたきれいな縄ができるという理由かもしれません。縄にはほうずきを吊るし彩をそえる家もありました。 盆花という造花を新しいのに買い替えます。
   盆の前日の夕方には、一家全員が風呂に入り、先祖を迎えに麦わらで「たいまつ」のような形をつくり、お墓の近い家は墓まで、遠い家は道筋の途中まで火をつけた「たいまつ」の様なものをもって迎えにゆきます。  盆棚には、花や季節の野菜や果物を供え灯明や線香をたてます。 盆棚の下には、無縁の霊にも供え物をする家もあったようにきいています。 里芋や八つ頭等のイモの葉を取ってきてお皿に敷き、ミズハギの葉をそえ棚にのせます。 理由はわかりませんが、お坊さんがそれでお祓いの様な事をしていました。
   新たに仏になった人のいる家は、のきや玄関に盆提灯をさげます。盆にはお寺から坊さんがお経を上げにきます。 檀家が少ない所では全部廻りきれるようですが、檀家の多いお寺では2000年ころになると1年おきになるところもありました。 
   盆棚にはご飯の他にうどんを供えますが、うどんを盆棚の正面の縄にも掛けます。 荷縄(になわ)といって先祖が帰るときに牛に供え物をのせ縛るときに使うのだという言い伝えがあります。   
   三日目は、盆棚になすやきゅうりに4本の棒を刺し「牛」に見立てて供え、この牛をもって盆迎えと同じようにたいまつを焚いてお墓までゆきます。 なすは牛、キュウリは馬という話がありますが、馬という言い伝えは聞いていません。
   盆は、先祖が帰ってくると共に、家から出た人も帰って来て墓参りをします。 親戚も来るのでコミニケイションの場でもありました。1950年頃は青年団によって盆踊りが行われていました。 それ以前に盆踊りの様な事が行われていたかはわかりません。(2011.8.5記)

 

152、咳(せき)止めの薬、(民間薬 1)


   せきどめの薬として、ホトトギスの塩漬けという家伝の薬をもっている家があったといわれています。 
   奈良橋の神谷さんという家だったと聞いていますが特定できませんでした。  塩漬けにしたホトトギスを小分けにして薄めて飲むようです。 内蔵を取って漬けたものかどうかまではわかりません。 昭和年代に入ってからもあったようです。
   せきどめの薬という名目になっていますが、結核の人が求めたようです。 (2011.8.6記)

 

153 食べられる、野草、果実


   桑の実、グミ、ヤマグリ、石梨、アケビ、シドメ、木イチゴ、ツツジの花  私が子どものころ(1950年頃)、桑の実は「ドドメ」と呼ばれ山や野原では一番のごちそう、良く熟れた実は、甘く美味しいが、子どもは親から食べてはいけないと言われていました。    
   食べ過ぎて腹下しを心配してのこと、かくれて食べても舌が赤く染まるので親にわかってしまいます。   ぐみはウグイスカグラの実でほんのり甘い。シドメ(クサボケ)の実は美味しくはないが焼酎に漬けて香りを楽しみました。 ヤマグリ(山栗)は小粒ですがなまで食べても美味しい、ゆでればなお美味しい。 石梨はかなり高いところにできます、棒等をもってきて、苦労して取っても好い味はしませんでした。(石の様に硬い梨なので子どもはそう呼んだ)  キイチゴは沢山ありました。   
   ヤマツツジの花は少し酸っぱい、根元を吸うと蜜がほんのり甘い。 のびる、つくしは季節のもの、餅草(ヨモギ)は4っ葉の頃が香りがいいので、その頃を選んで草餅をつくって食べました。
   タラの芽は私は食べた記憶がありません。 キノコについては知識をもっている人は探して食べたようでしたが、多くの人は知識がなかったのでたべませんでした。(2011.8.6記)

 

154、狭山丘陵のオオムラサキ


   1957年頃、今の東大和公園には、オオムラサキ(国蝶)が飛んでいました。追いかけると、急角度で大空へ舞いあがる、きれいなチョウでした。 
   いま、「オオムラサキを呼びもどそう」を合言葉に都立東大和公園の改善の取り組みが行われています。(2011.8.11記)

 

155、昔の村役場


   私の小学生のころ、(1950年)村役場では昼休みが終っても職場に戻らず、裏庭でテニスをやっていました。 どうしてこういう事になるかというと、村の議員も、村長も、みんな仲間内であり、職員も親戚縁者が多かったので、誰かが文句をいってもかばいあいをするだけ、役場は「お上」という感覚から抜け出ていなかったのだろうとおもいます。(2011.8.11記)

 

156、アメリカ空軍軍楽隊の公演


    私が中学生のころ(1956年)中学校にアメリカ空軍の軍楽隊がやってきました。 
   私のような本村(昔から人が住んでいる地域)に住んでいるものにとっては、そんなに聴いてみたいという気持ちはありませんが、学校はいい音楽を聴かせたいということで呼んだのでしょう。  あるいはアメリカ軍の宣伝のためかいずれかだろうとおもいます。 
   学校はアメリカ軍にかなり気を使って細かな注意がありました。 曲目は覚えていませんが 最後の2曲ぐらいは日本の童謡を演奏し、指揮者が盛んに唄えというジェスチャーをしていました。 
   先生も躍起になっていましたが、多くの生徒は、校庭に立たされて面白くもない演奏を聞かされ、その上唄えといわれても、練習もしていないし誰も唄いませんでした。 
   指揮者は機嫌を悪くしたようですが、子どもにとっても勝手が違った演奏会でした。(2011.8.14記)

 

157、中学校の校庭の整地


    大和中学校が、近く(今の桜が丘)にアメリカの基地ができるという事で今の一中のところに移転しました。 校庭は南東に傾斜していて使いものになりませんでした。当時村も財政がなかったのか、校庭の整地をアメリカ軍に頼んだようでした。 
   夏休みに工事がおこなわれましたが、今と同じようにレベルを決めて杭を打つやり方で、ブルトーザーを運んできて僅かの日にちで終らせています。 このあたりではブルトウザーは見かけませんでしたので、その威力にはびっくりしました。 基地を建設するためのサービスだったのでしょうか。(2011.8.15記)

 

158、お月見


    我が家が、お月見飾りをするようになったのはいつかはわかりませんが、わたしが小学3年頃(1951年)には9月15日に行われていました。 一升ビンにすすきをさし、白いだんごを重箱に南天の葉を敷いて供え、季節の野菜も供えましたが、栗もまだできてないし早出しのサツマイモがある位で、みのりの秋には少し早い月見でした。 13夜(10月13日ころ)がイモや栗ができ沢山の供えものができますが、飾る家はほとんどありませんでした。
   この風習は何を意味するのかは伝わっていませんが、この頃が一番月がきれいに見える時だそうで月が信仰の対象だったころの名残なのでしょうか。
   私の母親が子どもの頃は、(1925年頃)芋窪に住んでいましたが「十五夜様を下げさせてください」といって家々をまわって、お供えものをもらって歩いたと言っていました。(2011.8.16記)

 

159、狸からロケットへ、中学の校章


   昭和20年、終戦の後中学校が義務教育になり東大和にも開設されました。 その時の校章が、英語のYに中学の中を重ねたもので、大和中学校は「やまちゅう」ではなく「わいちゅう」と呼ばれていました。 校章は狸の顔によく似ていました。
   私が中学生の頃(1953年)に、校章を変えることになり、生徒からも募集したように思います。出来上がったものは、今の一中校章、およそ東大和のイメージとはかけ離れたものでした。(悪口を言っているのではなく、斬新な校章だと思っています)  
   当時の説明では、しっかりと大地に根を張り、天に向かって伸びるという様な説明でした。 ロケットが今にも飛び立つようにみえます。タヌキからロケットへ大きく飛躍したい、作った人はそんな思いがあったのでしょうか。 
   ただ、あまりにもざん新なデザインで中学の校章と思われないようでし た。 ちなみに、少し後にできた校歌には、「麦の畝間に希望が湧きでる」という歌詞があり、この頃の東大和の状況をよくあらわしています。(2011.8.17記)

 

160、箱膳(はこぜん)


   今は、博物館でしか見られませんが、箱膳とは食事のための道具で、四角い箱にふたがついて、ふたをひっくりかえすと膳になるという優れ物でウルシ塗りの物もあったようです。  
   一人一人が持っており、食事の時に、出して食器に惣菜を盛り付け、食べ終わった後は、食器を洗ってしまう。 大岡越前のドラマの中の食事場面でたまに出てくることがあります。 
   私が小学3年頃まで使っていました。 その後は卓袱台(ちゃぶだい、足が折れるテーブル)にかわってゆきます。  茶箪笥(食器棚、このあたりでは「ネズミイラズ」といっている)の普及があったからでしょう。(2011.8.18記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。