わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



121〜140




121、野口家の石皿 


   野口家の畑で発掘された石皿という石器が東大和市の文化財として郷土博物館に展示されています。 発見場所は、近くの畑という事になっていますが、どうもかなり古くから野口家にあったもののようです。 
    野口家は今のところに移るまでは,山の根にあったのでそこから発掘された可能性もあると思います。 品物は破損もなく、りっぱなものです。 
    人が削ったものではなさそうなので、川などで自然に削られたものでしょう、古い多摩川が流れていた頃にできたものか、あるいはどこからか伝わってきたもでしょうか。(2010.10.12記)

 

122、婦人参政権と投票


    1945年(昭和20年)以降、新しい憲法のもとで婦人(女性)も選挙に参加出来るようになりました。 私の母親はこの頃会社に勤務していたので、平日の投票日にはいつも一番で投票に行っていました。 
    投票の開始時刻になると、一番早く来た男女が投票箱の中に何も入ってない事を確認したうえで投票したといっていました。 かなり長い間一番だったようです。投票所は狭山の出荷場でした。(今消防団第二分団のあるところ、神明社跡)(2010.10.16記)

 

123、養豚と繁殖


    私が子どもの頃(1950年 昭和25年)農家の多くは副業に養豚をしていました。 
    コロという子豚を仕入れて大きくして売る、あるいは、大きな農家になると繁殖もやっていました。 子どもを産ませて子豚を売る、雄豚は豚屋といわれている豚を買う業者で持っていました。 種付け料としては生まれた子豚の2頭を渡すといっていました。 
    現金が乏しい農家にとって、すぐにカネを払わないで済むし、豚屋にとっては長く付き合いができる、双方にメリットがあったのでしょうか。 
    豚屋は市内に何軒かあったようで奈良橋の糟谷畜産が大きく、そのなごりで獣魂碑が今でも残っています。 堵殺場は東村山にありました。
   餌は農家では野菜くずなどをやっていましたが、沢山飼っているところでは飼料を購入していました。 これに伴って「魚のあら(内臓)」を魚屋から集めてあるく人がおり、あら屋と言っていました。 (2010.10.20記)

 

124、乳牛を飼った人の顛末


   私が子どもの頃(1950年 昭和25年)、近所の農家で乳牛を飼った人がいました。 1頭だけでしたが、小牛を買い入れ育てていました。 
    牛乳を取るか成牛になって売るかはわかりませんでした。 残念な事に途中で死んでしまいました。あまりうるさい事もなかったようで、近くの山に埋めています。 乳牛を飼っている家はごく少なかった中で、農家の新しい試みだったのでしょうが成功しませんでした。 (2010.11.2記)

 

125、雪の降る夜


   冬、夕方から冷え込み、夜半から雪になる日があります。 
<    普段は狢(むじな)の声や、風に揺れるさまざま物音などが聞こえますが、雪が降り始めると人も動物も歩かなくなり、風もなくまさに物音一つしなくなります。 時折雪で竹がしなって限界にきて戻るときにバサッという音がします。
   今では考えられないほど静かでした。(2010.11.7記)

 

126、雪の止んだ日の小鳥取り  


    雪が降ると一面銀世界、小鳥は餌を取るのに大変になります。 そこで子ども達は畑のお茶の木の根元などの雪を掻き、餌になる穀物をまき、罠を仕掛けます。 
   罠はネズミ取りのスプリング等を使って小鳥が罠に入り支えの棒に触れると網がかぶさるという構造で手作りのものです。 
    ところがそうやすやすと小鳥は入ってくれません、危険を感じるか、普段と違うと感じるか本能というようなものがあるのでしょう。 子どもにとっては罠をつくる事から楽しいあそびでした。 (2010.11.16記)

 

127、東大和にもあった飛び地


   東大和でも古い地図を見ると、飛び地があります。 奈良橋の中に高木があり高木神社の地番は奈良橋になっていました。
   地続きですが、第四小学校は清水になっています。  なぜ、こうなったかは、わかりませんが、今のあたらしい町名になるまでは、江戸時代から明治にかけて決められた地名で、高木は村山貯水池(多摩湖)になった地域には無く、野火止用水(新堀)に添って狭山、清水、のほうまで食い込んでいる事を見ると、持ち主が住んでいるところの地名をつけたのだろうと考えられます。
   高木神社の敷地については、明治になってからの話でしょうが、神社のあたりで畑仕事などをしていると、よく蛇が表れるので、何か異変が起きるといけないので、神社の敷地を高木の地名にしたという話が残ってます。
     住民は、近所の付き合いや自治会はその地域に入っており差し支えはありませんでした。 
    現在の町名を決める時に、道路を境界にする方針だったようですが、他所の地名になるのが嫌だと言って頑張った人がいたところは元の地名のままになっています。
    また、地名は変わっても番地は変わらないため昔の境界を推定することができます。(2010.12.06記)

 

128、安産の神、塩釜神社 


   高木の高木神社のとなりに塩釜神社(明治の頃は鹽竃神社)があります。 明治十年に勧請したと「狭山之栞」にはありますが、元は個人持ちの神社であったようです。
   塩釜様といわれ安産の神様とされています。 明治から昭和の10年代にかけては塩釜講という団体が近在にあり、かなり繁盛したようです。 縁日やまつりにはにぎやかで、近くで居酒屋と食堂をしていた「坂本屋」さんは大忙しだったと話しています。(店ではたらいていた 和地コヨさんの話)
      お嫁さんが妊娠をすると、神社にいくらかの寄進をして、安産の願をかけて、灯明の蝋燭を消して持ち帰ります。 出産のときにはそれを灯し消えるまでには生まれるといわれています。 昔は母親に体力がなく出産は大変だった名残りでしょうか。 
   私の子ども(昭和45年生まれ)の時はまだそういう習慣が残っていましたが、出産は病院で、灯明は家でという形になり時代にあわなくなってきていました。 それ以降の子どもからは願掛けはしませんでした。(2010.12.10記)

 

129、ぶどう園とぶどう酒


   1950年(昭和25年)頃、清水にぶどう園がありました。(出来たのはもっと前) 古屋さんという甲州(山梨県)から当地に移って来た人で、(いつごろか聞いていません)ぶどうを栽培する技術を持っていたのでしょう。 
   甲州ぶどうという名前で呼んでいる赤紫のぶどうが主で、かなり大きな倉庫も持っていました。兼業ではなかったので生業として成り立っていたのでしょう。 ぶどう酒なども作っていました。    シーズンには西武鉄道がブドウ狩りの募集などもしていました。(2010.12.12記)

 
 このぶどう園 については、娘さんが「矢島っ子」(矢島順子という大和中学校にいた先生の教え子の会・会報)に思い出を書いていますので、本人の了解を得ましたので、転載します。(2013.10.30記)

  矢島っ子だより 第18号 平成22年12月1日発行

   「ブドウ園」の懐かしい想い出 
   私の父は昭和8年、私の生まれた年に、当時の大和村清水の寂しい土地に小さなブドウ園を開いた。広さは約3反歩(1千坪)あまりあった。    父は山梨の出身だったが、それまでブドウ作りには、あまり経験はなかったようだ。ここは山梨のような乾燥地ではなく、湿度が高いので、あまり適していないと言っていた。
   ブドウの種類は、小粒で甘いデラウェアが主で、黒い大粒のものもあった。かご詰めにして出荷したり、ブドウ酒(ここではワインとは呼ばない)に加工されたりした。デラウェアは、酒になると白色で、黒の方は紫色の赤に近い、きれいな色になった。    だが、戦中戦後にかけての食糧難の時代は、果物ばかり栽培していたのでは5人家族のお腹を満たすことはできないので、何時も畠の廻りには、麦とかトウモロコシやサツマ芋、南瓜などが作られていた。
   この頃と言えば、ブドウ園が珍しかったので、私の小学校の友達など芋窪あたりからも遊びに来てくれた。
   現在では、日本中のあちこちで特産のブドウでワインが作られ、観光客も楽しんでいるが、ここで私の子供の頃の我が家のブドウ酒作りを少し記憶をたどってみようかと思う。
   先ず、秋の取り入れが終わる頃から早、来年のなり蔓の選定が始まり、春の新芽が吹くようになると、新しい枝の伸びる向きを決め、ワラで止めていく。芽が伸びてブドウの小さい花が結果してくると、消毒を数回くらいやる。房が多くついたものは、おろ抜きをする。そして、8月の中旬頃ようやく収穫期を迎え.る。
   ブドウ酒作りの始めは、先ず手廻しの破砕機で潰していく。潰されたブドウは、大きな樽に24時間くらいそのままでおくと、自然発酵が始まり、次に搾り機にかけてブドウの液ができる。その中へ、砂糖(分量は不明)を加えて、樽や瓶に移される。すると、プツプツと発酵が進み、大きな気泡がだんだん小さくなってきて、アルコール分が生まれてくる仕組みだ、と思う。そして、2〜3ヶ月も経つと、きれいに澄んだブドウ酒ができ上がる。
   でも困ったことに、収穫期と同時に台風がやってくる。すると我が家は、緊張感が走り、 戦闘態勢に入る。ラジオで予報を聴いている父の声がとたんに大声になる。畠から次々と山積みのブドウが運ばれ、家中がブドウで一杯になる。益々大声になってくる父。母と、そして3人姉妹が泣き出しそうになりながら手伝う。やっと1年がかりでできたブドウが、ひと晩で地面にたたきつけられた年もあり、子供心につくづく台風の怖さを知った。
   戦時中のこと。ブドウ酒を作る過程で酒石酸(しゅせきさん)というものができる。これは戦地に送られて、飲み水の中に使用されるものとか。それは、発酵の途中で樽の壁に付着するキラキ ラと光る物質で、樽の壁をガリガリとけずりとった覚えがある。その酒石酸を供出するために、 砂糖が軍から配給になった。その砂糖を、母はこっそり失敬して、私達にお汁粉など作ってく れた。その美味しさは忘れられない。
   今では、いろいろな種子ナシブドウが出廻っているが、父は最後まで種子アリの甘いブドウに拘わり続けていた。
   この大和村も空襲が激しさを増してきた頃、小学校も突然休校となる日もよくあり、そんな時はブドウ棚の下で低学年の子供達が集まって、5、6年生が本を読んだり、自習をしたりしていた。また、空襲警報が鳴ると、ブドウ棚の下の防空壕へ逃げ込んだりもした。
       *
    時折、遠方の方に出会った時など「あの清水のブドウ園の?」と聞かれることがあるが、両親が苦労をして続けてきた小さなブドウ園が懐がしく想い出されます。
 

(筆者 注)>
   酒石酸は、海軍は潜水艦の電子部品に、陸軍は海水を真水にするために必要とされた。
 

130、雹(ひょう)の降る日 


    雹が降るときは、必ずしも寒い時ではないようですが、空が急に暗くなり空全体が赤い色になってきます、そのうちに一つ二つと落ちてやがて沢山降ってきます。 過去には沢山降り、地面に積もるほどの時もあったといわれています。 私の母親(大正6年生まれ)は子どもの頃雹が積り長靴で歩いたと言っていました。
   雹は作物をたたいて大きな被害をもたらすので、雹除けのまつりがあります。 この地域では榛名講と呼ばれ1945年(昭和20年)以前には榛名神社へ交替で代理参拝が行われていました。 それ以降はが講もだんだんとなくなっています。(2010.12.14記)

 

131、ベーゴマの遊び


   ベーゴマとは古くはバイコマ(貝殻をコマにしたてる)と呼ばれていたといわれています。 私が子どもの頃(1950年頃)は、鋳物でできており、表面には川上・小鶴・青田等の野球選手の名前が浮彫になっていました。 
   子どもは、ベーゴマを買ってくると、重心を低くするために底の部分をヤスリで削り、丸い縁は8角形に削ります、そうすると重心が低く角ができることにより、他のコマとぶつかった時にはじき飛ばす力が強くなります。
   ベーゴマを廻す場所は通称「床(とこ)」といって、樽や桶・ペール缶の様な口が丸い直径が50センチ位(高さはまちまち)にシートをしっかり張ります。ゴム引きのシートがもっともよく廻りました。勝負は、2〜5人位でおこない床から弾き飛ばした人がもらいます。ただしぶつけるのは反則です。
   「ホンコ」という実際に取り合いをする時と「ヘダラ」というやり取りなしの2種類がありました。 コマの善し悪しは多少はありますが、年齢が上の人が勝つことが多く、コマを早く回転させる力のある人が強いという事になります。
   ヘダラとは、このあたりの方言で、冗談、いいかげん、嘘、の意味で使われています。 雨の日のいい遊びでした。 (2010.12.16記)

 

132、ぺた(めんこ)の遊び 


   ペタと呼んでいました、音からくる名前でしょう。 丸メンと角メンがあり、そのほかに蝋メンという2センチ位のものもありました。 いずれも表には、武者絵や野球選手や映画スター、漫画や劇画の主人公の絵が書いてありました。 遊び方は、地面に50センチ位の円を書き、その中にメンコを打ちつけてひっくり返すか円の外にはじき出した人が取ります。 
   丸メンでの遊びがほとんどでした。大きさは4〜10pが大半で、大きなものは遊びには使いませんでした。 勝負は。「ホンコ」という実際に取り合いをする時と「ヘダラ」というやり取りなしの2種類がありました。 
   蝋メンは周りに蝋が塗ってあり、親指と人差指でふちを挟んで力を加え飛んだ距離で勝負をしまししたが、取り合いをする事はほとんどありませんでした。 
   ヘダラとは、このあたりの方言で、冗談、いいかげん、嘘、の意味で使われています。(2010.12.18記)

 

133、南街の水道事業


   南街ができたのは、昭和14年頃で社宅ができると、水道の施設と下水(雑排水」が作られています。 下水は空堀川の高木橋あたりに流されていました。 正確には町史、市史を参考にして下さい。
   1945年に工場が無くなり、社宅が国のものになり居住者に払い下げ(売り渡し)られましたたが、水道事業は南街連合自治会に引き継がれています。 給水タンクとポンプ場は南街5丁目にあり、タンクは黒く塗られていました。 たぶん爆撃を受けた時に目立たないように塗られていたと思われます。 
   一時、私の母親の兄「小槫初五郎」という人が管理をしていました。市営水道の導入に伴って廃止され、設備は壊されて今はありません。(2010.12.20記)

 

134、年取り(節分)の行事


    このあたりでは、節分のことを年取り(としとり)といいました。節分の次の日が立春という事を考えると年の境目ということなのでしょう。 
   めざしになった小魚を焼いて豆がら(小豆・ささげ・大豆など )の茎に刺して、ヒイラギの枝と共に家の入口(裏・表・窓)等にさします。(焼きかがしといっていました。) 
   事前にお寺で節分の護摩を焚いてもらい、お札と一緒に豆(大豆の炒ったもの)をうけ取り、家で炒った大豆と合わせてまきます。
   豆まきは、主に当主が「福は内と三回唱えて家の中に豆をまき、縁側から外に向かって「鬼は外」と三回唱えて豆をまき、急いで戸をしめます。便所にもまきました。
   魚を焼くときには、我が家では「チイチイ虫もカアカア虫もみんなチーヂリリ」ととなえました。家の中にまいた豆は踏んではいけないといわれ丁寧にひろいました。 (2010.12.22記)

 

135、七草粥の行事 


    一月七日の朝、七草粥を食べます。 
   我が家では、ナズナだけの粥で、あらかじめ用意しておいたナズナをまな板に載せて「七草ナズナ、唐土の鳥と日本の鳥が渡らぬ先にトントンパタリ、トンパタリ」と唱えてきざみました。 呪文のように唱えるので文章は当て字です。 
   私が子どもの頃 (1950年)はまだ一月は寒くてナズナは日当たりの好いところにしか生えないので探すのに苦労しました。(2010.12.22記)

 

136、ビー玉遊び 


   ビー玉は、ガラス製で7mmから2cmくらいまでありましたが、13m位が多かったようです。
   遊びは、ころがして相手の玉にあたると取れるのと、地面に書いた輪の中に玉を溜めておいて、遠くからころがすかぶつけて輪の外に出たものを取るの2種類がありました。 
   緑色の作ったままの色のものが多く(値段が安い)、透明や中に摸様を入れたものもありました。 「ホンコ」という実際に取り合いをする時と「ヘダラ」というやり取りなしの2種類がありました。
   ヘダラとは、このあたりの方言で、冗談、いいかげん、嘘、の意味で使われています。(2010.12.26記)

 

137、「つけ木」のお返し


   私が子どもの頃(1953年位)、つけ木というものがありました。石油コンロやガスコンロのない時代、多くの家庭は、囲炉裏やかまど、七輪、コンロなどで食事を作っていました。 
   つけ木とは、囲炉裏からかまど等に火種を移す時に使うもので、杉やヒノキなど燃えやすい木を薄く板状にして、先に硫黄を塗ったものです。 
   普段の生活で品物をもらった時に、もらいものの入っていた器を返す時に中にお礼として入れました。(2010.12.26記)

 

138、馬跳び(子どもの遊び)


   10人くらいが、2組に分かれ、馬になる組は、一人が壁や立木を背にしてたち、ほかの人は、両足のあいだに頭を突っ込んで、馬の胴の部分をつくります。 
   もう一組は後ろから走ってきて馬に飛び乗ります。 人数が多くなると最初に飛び乗る人が、前の方に行かないと後ろの方の人は乗れなくなるので、身軽な人がはじめに飛びました。 
   沢山の人が乗るとかなりの重さになります。飛び終ったら交替します。 馬がつぶれるとやり直します、男の遊びでした。(2011.4.25記)

 

139、火 事 


   火事はそれほど多くはありませんでたが、私の子どもの頃(1948年〜55年)は消防署はありません、水道もなかったので、火を消すのは消防団の仕事でした。 主に防火用水の水を使って消火にあたりましたが、延焼の防止が背いっぱいというところでした。
   近くの農家の養蚕小屋が焼けた時は、母屋が藁屋根(カヤ、ムギワラで葺いた屋根)だったので、延焼を防ぐために、屋根のてっぺんに数人が登り、竹を切ってきて火の子を払い延焼を防いでいました。 回田の火事では母屋が焼けたので、延焼を防ぐために、燃えやすいものは遠ざける作業をして、子どもも手伝っています。(2011.4.30記)

 

140、清水神社の秋祭り


   清水神社の秋祭りは、このところ9月15日の前の土曜に宵宮、日曜に本祭りが行われていますが、それ以前は9月14日宵宮、15日が本祭りでした。 なぜ9月なのかはわかりませんが、東大和の主な神社が9月なので、どこからか働きかけがあったのかもしれません。 ちなみに東村山の諏訪社、金山社、八坂社はそれぞれ祭りの日は違っています。
   さてお祭りは9月15日、しばらくの間は、曜日に関係なくやっていましたが、9月15日が「敬老の日」になり比較的人が出やすくなっていました。 その頃は他所の地域では土、日に祭りを変更していました。 ところが、敬老の日が9月15日にならなくなったために、係の人が出られない等の理由で現在のようになりました。
   私が子どもの頃(1950年頃) は、祭りは祭祀と神輿と祭り囃子の山車がでました。 昼は大人の神輿を子どもが担ぎ太鼓と共に地域を廻り、夜は大人が神輿を担ぎました。 どういうわけか、大人が担ぐと神輿を壊してしまい、修理する人がいなくなって終りになりました。 
   たまに芝居(二宮歌舞伎等)よんだ時はにぎわいましたが、昼はともかく夜は全く閑散としている状況でした。 
   そこで、清水囃子連の長老だった「池谷豊一氏」が、すでにやらなくなっていた「盆踊り」を復活させて、「奉納踊り、豊年踊り」としてお祭りと一緒に行う事を提案し、踊りの人たちの協力を得て実施したところ好評で境内が広い事なども幸いして賑わうようになりました。 
   その後、市内の他の神社でも取り入れています。  一時、カラオケなども行いましたが、この時期は雨が多く降られれば踊りができないので2日の内1日でも踊りができるように2日共踊りになったようです。現在では、昼間は子ども神輿、大太鼓、祭り囃しの山車が地域を巡行しています。(2011.5.1記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。