わが故郷 東大和


わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



101〜120




 

101、山口観音の十夜講


   12月、山口観音で十夜講というのが行われ、近郊から主にお年寄りが出かけていました。 私の家でも、祖母とみ(明治13年の生まれ)が80歳位になるまで行っていました。 
   年よりが集まって、お堂でお籠りするらしく、普段行き来の少ない人も集まるので会えるのを楽しみにしていました。
   なにがしかの寄進をすると、戒名を書いた掛け軸(このあたりでは、「ひょうご」と呼んでいる)を下さるようで、盆棚をつくるとその左右等に飾ります。 ひょうごというのは、どうも表具の事ではないかと言われています。(2010.08.26記)

 

102、銅や真ちゅうの売れた時代


   1945年から1965年位までは、鉄、銅、真鍮等金属は、わりといい値段で売れました。 東大和にも、金属を買う所(くず鉄屋と呼んでいました)がありました。 その頃は、今ほど豊かではなく金属製品は大切にされていました。 
   そこで、目を付けられたのは消防ポンプの部品、格納庫には、普段は人がいないので部品を盗んでくず鉄屋に持ってゆく、くず鉄屋は消防ポンプの部品と知りながら買い取る。
    消防団は点検で部品がない事に気づき、クズ鉄屋に部品を売りに来た者はないか問い合わせる。 クズ屋は取っておいた部品を買ったよりかなり高い値段で買い戻させる。 盗んだ子どもはわかっているが、貧しさからの犯行であり注意で済ませている。
   私が中学2年生の頃、南街の日立航空機の工場跡地(1945年(昭和20年)に爆撃で工場の多くが破壊され、戦後建物は取り払われ空き地になっていた)。 そこを掘り返すと、金属の部品が出てくる事がわかり、たくさんの人が掘り返し、クズ鉄屋さんが出張して来るほどになっていた。 
   これに中学生も加わり学校で話題になっていたが、あるときに間違って、硫酸のようなものを掘り返したために 火傷をした人が出てこのブームは終りになった。(2010.09.08記)

 

103、アメリカ人の野外パーティー


   私が小学生の頃(1950年頃)の事、立川に アメリカ空軍基地があり、兵隊が家族とともに基地の付近に住んでいました。  その人たちが家族とともに車で狭山公園にきで野外パーティーを開いていました。  
   子どもが通りかかると食べ物を分けてくれました。 その頃は、ハム、ソーセージ等ほとんど食べた事がなかったので大変おいしかった。 珍しかったのが「ポテトサラダ」でその頃はマヨネーズと言うものを知らなかったので、こんなおいしいものがあったのかと思いました。 ピックルスをすすめられたが、子どもには食べられませんでした。(2010.09.08記)

 

104、ネズミ捕りと報奨金


   私が子どもの頃(1955年 昭和30年)農家を中心にネズミを捕まえると報奨金が出る制度がありました。 農家が中心だったので、農協か関連の団体が行ったものと思われます。
   ネズミを捕ってもそのまま持ってゆくわけにはゆかないので、保存のきく尻尾を取っておいてまとめて持って行く。 ところが、尻尾といえどもネズミの匂いがするのか、猫が箱をひっくり返して食べてしまうという、笑えない話もありました。 
   この頃は、ネズミが沢山いて、私の家などでも、夜、明かりを消すと、とたんにネズミが動き出す。今、ネズミがいなくなったのは不思議な気がします。(2010.09.11記)

 

105、蝿(はえ)取りコンクール 


   私が子どもの頃(1955年 昭和30年)小学校でハエ取りコンクールがおこなわれました。 言うまでもなく沢山のハヱを取った人が1番になる、賞品の記憶はありませんが、とにかく沢山取った人がいました。 
   豚を飼っている家等は沢山ハヱが飛んでくるので、私など勝負にならないほど取って新聞紙に包んで学校に持ってきました。
   その頃の考えとしては、病原菌を媒介するので少しでも少なくしようという事と、子どもに実践で教えようという事だと思いますが、病元菌を媒介するハヱを集めることは、病原菌をたくさん集めることを奨励するコンクールということになり、今の世の中では考えられない事だと思います。(2010.09.19記)

 

106、石臼(いしうす)


    石臼とは、米や麦・豆などを粉にする時に使う道具で、農家には必要な道具でした。 このあたりの臼は、五日市(現在はあきる野市)の伊奈というところで作られたもので、伊奈から背負ってきた(もちろん汽車に乗って)と言う話もありました。
   臼も石でできているとはいえ、使えばだんだん「目(溝のこと)」が減ってゆきます、目立(めたて)という職業の人がときどき回ってきたそうです。  
   このあたりでは、葬式の祭壇に供える団子の粉を挽く時には、向かいあいで挽かなければならないという風習があると聞いています。 なぜなのかは話してくれた人も知りませんでした。 
   臼挽き(粉挽き)はかなりの重労働で、粉挽き唄に、
   ♪ 臼を挽いたり、臼元したり、
               それで唄えとは無理な事 ♪
 という歌詞がのこっています。(2010.09.20記)

 

107、競輪と物もらい、泥棒


   1950年(昭和25年)に所沢の村山競輪(現西武園競輪)が始まりました。 競輪は賭博であり「一攫千金」を夢見て沢山の人が押し掛けます。 立川から無料のバスが出る等、競輪は繁盛しましたが、東大和など近隣にとっては大変な迷惑でした。 
   競輪に来る人の多くは勤労意欲の無い人でお金に余裕がないし、また、勝負をしても勝てる人は限られています。 電車賃までつぎ込んで一文無しになり、立川方面に歩いて帰る事になります。 その通り道にあたる東大和は、こうした人たちの物もらい、(電車賃や食べ物)が多くなりました。
   もっとも被害の多かったのが金属(鉄や銅など)の泥棒で留守にしていると鍋、釜から農具まで金属製品を盗んで、くず鉄屋に売ってしまう。 朝鮮戦争が始まって金属が高く売れた時代でもあり又、くず鉄屋が外国人であったために、盗んできたとわかっていても知らないふりをして安く買う、競輪のある日は家を空けることが出来ませんでした。(2010.09.23記)

 

108、狭山公園の春の花見 


    狭山公園(多摩湖)はサクラが沢山あり、私が子どもの頃(1955年 昭和30年)は大変賑やかでした。 娯楽の少ない時、多くの会社が団体で花見に来ました。 
   今より泥酔する人が多く喧嘩が絶えませんでした。 この頃は今の村山貯水池駐在所のところから南の道はサクラの大木が並びサクラのトンネルが作られていました。
   子ども達にとっては、花見は楽しみがありました、桜を見に来る人が残してゆく酒の空瓶、これを集めて売るといいこずかいになりました。(2010.09.23記)

 

109、たてまえ(建前) 上棟式 


   家を建てることは一世一代の事業、上棟式は多くの人にお披露目をする日、私が子どもの頃(1955年 昭和30年)は、子どもにとってもこずかいが入る大切な日でした。 
   朝から家の組み立てを見ながら、上棟式を今か今かと待つている。 目当ては、「餅まきと小銭まき、」この頃はその家の財政状況によって金額に多い少ないはありますが、ほとんどの家でおこなわれていました。   
   拾ったお金は、家に持って帰ると、縁起物として2倍にしてくれました。 その後、だんだんと上棟式は行われても、餅まき等は行われなくなっています。 我が家で家をつくった時には(1971年昭和46年)子どもにお菓子を配っています。(2010.09.23記)

 

110、松こごれ地蔵


   高木駐在所の東側の辻に、志木街道に向いて松こごれ地蔵がありました。(現在は、高木神社のとなりにある妙楽寺墓地に移転している。)
   松こごれとは松笠(まつかさ)マツボックリのことで、この地蔵は目の病を治してくれるといわれており、願をかけて、治ったらお礼に松笠を紐でつなげたものを首に掛けました。(2010.09.24記) >    松こごれ地蔵は、「いぼ」をとってくれる地蔵として知られていますが、聞いたことですのでそのまま伝えます。(2015.02.10記)

 

111、子どもと競輪


    競輪が始まった1950年(昭和25年)頃、 競輪というのは、子どもにとっても楽しい催し、村山競輪(現西武園競輪)が始まると、みんなで出かけてゆきます。 当時入場は無料ですが子どもは入れてくれません、そこで大人の後ろについて一緒に来たようなふりをして入ります。 
   入ってしまえば自由、金網の1番前で、帽子の色で赤が勝つか白が勝つか予想をする。 場内には予想屋さんというのがいて、選手の情報を話しながら自分が予想した番号を紙に書いて売る、外れるといくらか返していた様な気がしました。 
   珍しかったのは両替屋、今のウエストポーチの横長に百円札を沢山つめておいて、千円札をいくらか手数料を取って替えてくれる。車券を買うのには、おつりをくれなかったので、商売として成り立っていたといいます。 競輪の初期の頃には、女性の選手もいました。(2010.09.24記)

 

112、青年団と映画会 


    私が子どもの頃(1950年 昭和25年)青年団というのが若者によって組織されていました。 その人達 が、運営費を稼ぐために、今の第一小学校の校庭を借りて映画会を行っていました。  娯楽の少なかった時代、近くで安価で映画を見られることもありかなり客もあつまり、利益があったのでしょう。 
   夏場に行われ、校庭に映写幕を張り16ミリの映写機で映す、一台なのでフイルムが終わると取り替えの間は休みます。 無事終わればよいが、ある時に映写機のランプが切れた事がありました、 予備が無く取りに行くと1時間かかるという、お客はぶつぶつ言ったが誰も帰らりません、青年団は信用があったのだと思います。(2010.09.24記)

 

113、多摩湖電車の移り変わり 


   1948年(昭和23年)以降の話し、始めは1両でポールで走っていました。 終点まで行くと、ポールに付いてる紐を引き向きを変えます。 その後はパンタグラフになり小型の電車を2両連結して走っていましたが、大揺れで乗り心地はよくありませんでした
   そのつぎは大型車両が一両、やがて2両と増えてゆきます。子どもの頃(いつかは定かでない)多摩湖駅(終点)で車止めを乗り越えて電車が落ちそうになったことがありました。一度、電車が鉢合わせになったことがありましたが、事故にはなりませんでした。
   乗客の数は多くなく、通勤客は駅員と顔みしりになり定期券を忘れても乗せてくれたり、乗客が遅れると電車が待っていてくれました。 事故はあまりありませんでしたが、手動で扉を開け閉めしていたために戸に挟まれて大けがをした人、電車に巻き込まれて片腕を失った人がいました。
   いっとき満員で扉にぶら下がって走っているのを見たかとがありますが、いつの頃かはわかりません。(2010.09.24記)

 

114、石川の谷を遡(さかのぼ)る


   石川は村山貯水池(多摩湖)の湖底を流れていた川で、貯水池が出来る前は、上流から石川,宅部(やけべ)川、北川(後川)と名前を変えながら田んぼを潤していました。 川も貯水池の湖底となりましたが、上流は林の中に残っています。
   私が6年生(1954年)の頃、川を遡ってみました。 林の中を遡ってゆくと、土手が築いてありました、たぶん灌漑用の溜池のために築かれたものでしょう。 貯水池ができる時に真ん中を切り開いて水はたまっていませんでした。さらに遡ると崖になり、そこから水が滴り落ちており、水神が祀ってありました。 今は入る事はできません。(2010.09.26記)

 

115、道普請(みちぶしん)


   童謡に、「お山の熊さん道普請」という歌詞がありますが、道路をつくる、修繕する事を言います。 「舗装道路」ができるまでは道路は砂利が敷いてありました。 
   砂利が敷いてあっても車の輪だちや、雨で土砂が流されます。 道が歩きにくくなると、近所の人が、それぞれシャベルやジョレンを持って集まり、みんなで修繕をしました。 
   一家で1人が出るのを原則で、年よりや母子家庭は免除されるところもありました。 また参加しないと金銭を要求される所もあったと聞いています。 3月10日頃が多く、奉公に出た人が3月2日で年が明け、人が多い時に行ったという話もありました。(2010.09.27記)

 

116、雪の降った朝


    私が子どもの頃(1950年 昭和25年)雪の降った朝 一番にやる事は、家の周りで生活に欠かせない井戸や物置、鳥小屋などに行く通路の雪を掻く(掃く)。 それから道路までの道を掃き、となりの家までの道の雪を掃く、となりは又となりに掃いてゆく。   
   私の家は畑の中の一軒家だったので、となりの家までかなりの距離がありました。 途中に竹藪があり、竹がしなって道をふさいで、これを起こしながらの雪掻きでした。 
   私の家は、母子家庭だったので、母親が6時に仕事に行くので4時に起きて雪を掻いていました、大変だったと思います。 地域共同体としての約束の様な事でしょう。
   この頃は農家も多く「大雪は豊作の証し」と言われており、今ほど邪魔者扱いはされませんでした。子どもは大喜びでした。(2010.09.29記)

 

117、ある大農家の顛末


   1960年頃、日本全体が好景気で、このあたりでも住宅が建つようになり、今までより高い値段で農地が売れるようになっていました。 ある大農家の当主は、畑が売れてお金が入ったのを期に事業をおこし、老人ホームや幼稚園をつくり、建設にも手をだし日本に数台という土木工事の機械を買うなどして事業を広げてゆきました。 
   ついでに遊びをおぼえ、愛人をつくる等して過ごしていましたが、やがてお金が底をつき自宅まで失う結果になりました。 お金のあるところに寄ってくる人たちにみんな食われてしまったということでした。
   明治のはじめ階級制度が無くなり武士が国から貰った資金を元手に商売を始めたがほとんどものにならず「武家の商法」という諺を残す事になりましたが、似たような話です。 気の毒なのは、親で先祖代々守ってきた家を失い、失意のうちに生涯を終えてゆきました。
    最近2000年(平成12年)頃にもバブルがはじけて屋敷を失った農家があり,似たような話が繰り返されてゆきます。(2010.09.30記)

 

118、焼酎のコップと袴


   たぶん明治に入ってからだと思いますが、ガラス製の焼酎用のコップと袴(コップをのせる皿)が普及し、居酒屋などで使われるようになってからの話しです。 コップの形は高さが10cm位で上は丸いが底は八角形で袴も八角形にできていました。 居酒屋は焼酎の注文があると、袴にコップを載せて客の前に出し、コップに焼酎を注いでゆく、やがてあふれて袴に溜まってゆく、この分はおまけになる。
   お客はまずあふれそうになっているコップに口を寄せて、持てる位に減らす、それからコップを手にして半分ほど飲み、袴に溜まった焼酎をコップにあける。 落語にも出てくるしぐさなので、普通の商売のやり方なのでしょう、明治大正生まれの人は体験したのではないかと思います。
   焼酎のコップといわれているので焼酎の販売用に作られたものだと思います。太平洋戦争の末期、戦争で居酒屋が制限されるまで東大和の居酒屋でもやられていました。(高木で居酒屋をしていた和地コヨさんの話) ガラスの容器が作られた以前に陶器製で同じものがあったかは確認できませんでした。今でも骨董店に売っています。(2010.10.3記)

 

119、南街の社宅払い下げ


   南街の街は1945年の終戦まで日立航空機会社の社宅で構成されていました。 敗戦になり、会社がなくなり、社宅は国有になりました。
   時期はわかりませんが、元社宅が住んでいる人に払い下げ(売却)になりました。 ほとんどの人が土地と建物を購入しましたが、経済的に苦しい人は土地を買う事が出来ても、家までは買う事ができませんでした。 
   仕方がないので家より安く買えた土地を買い、住宅は借りることにしたそうです。   家賃が安いかわりに家が壊れても自分でなおすという約束、最終的には住人が家も買いとるということになります。(2010.10.5記)

 

120、東大和に都営住宅ができた頃


   東大和に都営住宅ができたのは、今の清水2丁目アパート(当時は第一都営住宅)で1959年(昭和34年)頃に建設されました。
   ほとんどが2種都営住宅で木造平屋の2軒長屋で、6畳、4・5畳、台所で庭がついていました。風呂はありまあせんでした。 風呂には電車にのって八坂までいっていました。 
   その後は比較的住宅の多い東大和市駅付近に建設され、向原にできた住宅(高木団地といっていた)は、ブロックの2階建ての長屋になり、東京街道団地ができた頃は,5階建の建物が建つようになっています。
   平屋と2階建ての住人は庭に風呂をつくり、子どもが大きくなると部屋をつくっていました。 東京街道団地については畑の真ん中にできた団地だったので、風呂屋、小学校、保育園、商店が比較的早くできています。 向原の団地ができた頃から東大和も大きく変わってゆきます。 
   清水の都営住宅ができた時には、自治会にも入り、日常的には交流もありましたが、清水神社の神主が お札をもって氏子になってくれるようにすすめて歩いたが、無理だったようでした。(2010.10.6記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。