わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



81〜100




81、たっちゃん池


   たっちゃん池という人工の池が狭山公園の中にあります。
   地図の上では宅部池、古くは宅部の貯水池(略して宅貯・やけちょう)といわれていました。 なぜたっちゃん池というのかは、たっちゃんという子どもがこの池で水泳中に死亡、それで通称名としてたっちゃん池が使われるようになりました。 この時の様子は、現場に居合わせた田那部さんという方が「多摩湖の記録」に詳しく書いています。
   この池には湧水があり、表面と水中では温度差があり、これが原因で死んだのではないかともいわれています。     私の友達で、この池に飛び込んで頭を切った人がいました。 とくにこれといって原因となるものもなく、そういう時にはこのあたりでは「カマイタチ」の仕業といわれています。 
   「カマイタチ」がどういうものか全くわかりませんが、人に悪さをする妖怪のようなものとも伝えられています。 (2010.08.01記)

 

82、奉公(ほうこう)、奉公人


    奉公、年季奉公、前金で期限を決めて雇い主の元で働く事、10歳くらいの子もり奉公から、機織り(はたおり)や、農作業(作代・さくだい)など、かなり広範に行われていた様です。  ドラマに出てくる「遊女の身売り」とは違うようで、借金(前金)が増えるような事はなかったようでした。 
   私の母は、大正6年生まれですが、小学校5年の時に砂川(立川市)の機織りの家に子守り奉公に出されたと話していました。 他所の子が学校に行ったり、楽しく遊んでいるのに自分は子守や主人の家の手伝いをしなければならない、主人の家の子どもがおやつをもらっても、自分にはまわって来ない、仕方ないと思っていても寂しかったと言っていました。
   娘の頃に機屋(はたや、織物工場)に奉公に出た人は、朝から夜まで働かされたが、親の生活の事を考えると帰るわけにはゆかなかったといっていました。 いまなら、子どもを虐待する悪い親という事になりますが、子守に出した親は、子どもも多いし、食べさせてゆけないので、口減らしになるしお金も入る、生活のためしかたないということで申し訳ないという感じはなかったようでした。
   雇い主と奉公を希望する人をあっせんする人を桂庵(けいあん)あるいは口入屋(くちいれや)といい、そういう屋号をもった家が清水地区にありました。 ただ、この家が行ったのは、村山貯水池の工事の人夫を出す仕事で、それ以前からの職業だったかどうかはわかりません。 
   1945年(昭和20年)を境に新しい憲法のもと、働く人たちの権利が確立され、口入屋といわれる私的な職業斡旋の禁止と、前金での労働契約が禁止され、原則とて年季奉公は無くなっています。 
   奉公という言葉は、本来の意味とは違う意味で使われている事を記しておきます。 (2010.08.02記)

 

83、1957年(昭話32年頃、)
    私が中学を卒業の頃)の農家の様子


   このころの農家は、主に畑作であり一家総出で仕事をしていました。 特に現金収入になるものは、にわとりの卵を売る事や養豚をして、こどもを増やしたり、大きくして売る、お茶を摘んで売る等などですが、畑での作物で現金になるものに乏しく、子どもは中学を卒業すると就職か家の手伝いをする人が多数でした。 
   高校にゆくのは、卒業生の3分の1くらいでした。 やはり、高校に行かせるだけの収入がなかったのだろうと思います。 しかし、定時制(夜間の高校)に行かせるというのでもなく、まだ学校に行くのは大尽こ(金持ち)の家という考えがあったのかもしれません。
   みんな一生懸命働いていましたが、お金になる作物が作れなかったのが最大の問題でした。 それから5〜6年たって、農家の若い人たちが4Hクラブという組織をつくって、いろいろの試みをしていますが、打開の道は険しかったようでした。
   その後は東大和も都営住宅(団地)の建設が始まり都市化が進み土地が売れるという状況になり、農家の環境は大きく変わってゆきます。(2010.08.04記)

 

84、水道道路と畑作


   村山貯水池から武蔵境の浄水場へ水を送る地下水路があります。 今は武蔵大和西信号から遊歩道になっているところです。 太平洋戦争中に、ここをカムフラージュするために地上の部分を畑にするという指示があり、近くの人が開墾して畑にしていたそうです。
   戦後も食料難の時代に引き続き畑にして重宝していました。 我が家でもジャガイモや葉物野菜をたくさん作りました。 だんだんと世の中が豊かになり作る人も少なくなって、東村山の浄水場ができて、導水管も新しくなり、敷地は遊歩道になりました。(2010.08.05記)

 

85、ある新興宗教の施設


   東大和にも、明治期に作られた信仰宗教の施設(礼拝所のようなもの)がありました。 戦争前(1945年以前)からあるもので、歴史的には古い家が中心になって祭事をしていました。 
   保守的な東大和では珍しいことで、理由を聞いてみたところ、中心になっている家の人が、難病になり家人がその宗教に救いを求めたということでした。 その結果については聞いていませんが、礼拝所はその後も続いており後継者が祭事を行っていました。
   その方が亡くなったのを期に (1960年代) 廃止になりました。 
   私の家も信者として会費か寄付のようなものを払っていました。信仰という堅苦しいものではなく、近所、親戚の付き合いというようなものだったと思われます。
   国策で神社(神道)が推進されている時代に、地域の住民に受け入れられたという事は、地域の人も病気で困っている人に理解があったのではないかと考えられます。(2010.08.06記)

 

86、火事と腰巻


    火事になった時、鎮めるのには腰巻(こしまき、女性の着物を着るときの下着)を吊るして願うと鎮まるという言い伝えがあります。 全国的な言い伝えで、理由として火は清浄なもので、汚れたものを嫌うとから言われています。 
   私が子どもの頃に近くに火事があり、そこの嫁さんが腰巻を木に掛けて鎮火を願ったと聞いています。 火災保険のない時代には火事を出した家は、大きな損害であり、社会的にも肩身の狭い思いをしたようです。
   私が子どもの頃は、火事になるとみんなが駆けつけて鎮火のために働く、私も子どもの頃に危険のない所で荷物運びなどを手伝ったことがあります。 藁屋根を多かった時代に火事が起こると、近くの藁屋根の家では、竹を切ってきて屋根のてっぺんに登り、火の子を払っていました。(2010.08.07記)

 

87、囲炉裏(いろり)あれこれ 


    農家の囲炉裏の多くは、下座敷という座敷から入り口の土間を挟んで反対側の一段低い板の間に作ってあり、農作業の地下足袋(裸足足袋)という履物のままでも暖が取れるようにできている家もありました。  
   作り方は、粘土質の土で長方形に箱型に固めてあります。 屋根裏から自在鉤というなべや鉄瓶をぶら下げるものが付いていました。 また、五徳(ごとく)というなべなどを載せる台のようなものも置いてあり、餅焼き網等もありました。 天井は無く煙出しの窓や煙出しの引き戸がついていました。  燃料は、薪や粗朶(そだ)という木の枝や藁等を燃やしました。 
   冬は一家が回りにござや座布団を敷き暖をとりながら食事をし、もち等は、薪を燃やしてオキ(炭火)をつくって焼いたりしています。
   なんでも燃やせる便利な半面、問題もありました。 一番多かったのが火傷(やけど)です、囲炉裏に落ちてやけどをする、とくに子どものやけどは悲劇でした。 おばあさんが孫を抱いて囲炉裏にあたり、居眠りをして頭から囲炉裏に落とし大やけどをする、私の近くの子がやけどをした時はかなり遠くまで泣き叫ぶ声が聞こえたといいます。 
   私の知り合いでも頭にケロイドのある人が2人、手のやけどで指がくっついてしまった人が一人いますので、かなり多くの被害者がいたと思います。
   もう一つは、トラホームという病気の発生です。 目に煙やばい煙が入っておきると言われ、(病気そのものは病源菌によるもの)お年寄りに多くかかり、このあたりでは逆さまつ毛といい瞼の裏に白い毛が生えるために非常に痛いそうです。 時々まつ毛抜きで抜いてもらっていました。
   話は変わりますが、少し前に、東大和市郷土博物館で、「いらっしゃい」という代わりに「ふんごまっしぇい」という方言を使っていたことがあり、この語源の「ふんごむ」というのは入る、立ち入るという方言で、どうぞ、土足のままで囲炉裏に入ってくださいという意味で、私にとって懐かしい言葉でした。(2010.08.08記)

 

88、野番(のばん)


    野番とは、まだ土葬(死者を土に埋める)の行われていた頃、葬式(葬儀)の時に穴を掘り埋葬の仕事をする人をいいます。 このあたりでは、葬式は隣組と言われた近所の組織がそれぞれ人を出して段取りの手配をしますが、野番の仕事は順番を決めて行われていました。 
   我が家の組(東原組)は線路を挟んで、北側と南側に分かれ、死者が出た組の反対側の組が4人ずつ担当することに決まっておりました。 その家の人が出なくても代わりの人でもいいが、必ず出なければならない決まりになっていました。 ただし、その時に妊婦のいる家ははずす、高齢者の家 女と子どもだけの家は除かれていました。
    私は1971年(昭和46年)頃に1回だけ野番をしたことがあります。 朝支度をして出かけると死者の出た家の人が立ち会って墓の掘る場所を決め、以前の埋葬者の上にならないように配慮します。 穴はお棺が入るのに十分な広さで深さは以前は9尺掘ったと行ってましたが、この頃には6尺位になっていました。 昼食は家の人がとどけてくれました。
    穴掘りが終わると死者の家に行き、棺を藁縄でしっかりと縛り墓穴に降ろせるようにして、そのお棺の横をに2丈位の長さの「さらし」の布をまいておきます。   葬列をつくりお墓に向かう時、野番は棺をのせた車を4人で引いてゆきます。 以前は荷車のような専用の車に、天蓋(てんがい)を載せて引いていたそうですが、私の当番の時はリヤカーになっていました。(以前に棺を乗せた車と天蓋は、中堂墓地に保存してあります)  お墓についたらさらしを外し棺を墓穴に降ろし、死者に近い人から順に土をかけ最後に野番が土を盛って、葬列に使った竹を立てておきます。
   会葬者は同じ道を帰ってはいけないといわれていました。 少し遅れて帰った野番の4人は風呂に入り食事をして、お棺に巻いてあったさらしを4等分して持ち帰ります、男の仕事でした。   
   この辺りのことわざに友達が沢山できることを「穴端が賑やかになる」といい、以前は近親者だけでなく、友人もお墓まで行っていました。 隣組の組織は、膳椀組(ぜんわんくみ、bX7参照)という共同組織があり、これとほとんど同じだったと思います。(2010.08.09記)

 

89、火の番


   火の番、冬 夜半2時間おき位に、地域を拍子木をたたいて廻る、長い間行われている「火の用心」の年中行事です。 冬は空気が乾燥しており北風も吹き火事が発生する率が高かったからでしょう。 この辺りでも1960年代までは行われていました。   
   自治会の地区組織(区)が中心になって行われており、私のところでは2軒が一組になって、毎日交替で区域を回ります。 火事は全財産を失うだけでなく、延焼で他人に迷惑をかけることなので、みんな協力をしています。 
   多くの地域では拍子木をたたいて回るだけですが、蔵敷では、一軒ずつ戸をたたいて、返事をもらって確認して歩いたと聞いています。 
   長い間火事を出さなかったことから、これからも火事を出したくないという思いからなのでしょうか。 いつからやらなくなったかの記憶はありません。(2010.08.10記)

 

90、地元にあった質屋


    明治時代から昭和にかけて、農家で質屋をやっていた家がありました。 この家は蔵を5棟持っていたので、質草を安全に保管しておくことが出来たのでしょう。 営業免許を持っていたのかどうかはわかりませんが、ほとんど地元の人が利用していたそうです。 
   面白かったのは、お金を借りる時には直接に品物を持って行くと人目につくので、質屋をしている家に出入りしている農作業の手伝いの人や、今でいう、お手伝いさんに品物を渡して頼んでいたそうです。 
   なお、地誌「狭山乃栞(杉本林志著)」の狭山村、神明神社の項に、盗賊が質蔵を破ったという記述があり江戸時代から質屋はあったと思われます。(2010.08.11記)

 

91、伝兵衛地蔵


伝兵衛地蔵

    志木街道の清水と狭山の境に伝兵衛地蔵という地蔵さんがあります。 この地蔵は五十嵐伝兵衛さんという人が建てたもので、そう呼ばれています。 
   いつ頃建てたかはわかりませんが、家人が行方知れずになり、無事を願って建てたものと伝えられています。 建てた時は古い道(現在の西田燃料と元タグチ写真館のあったところとの間の道)のところにあり、新しく道が出来たので現在地に移設をしました。 
   この地蔵さんは道路がカーブしているところにあるため、交通事故に会い幾度かばらばらになっています。 今は近くの斎藤さんが大切に守ってくれています。(2010.08.12記)

 

92、養蚕小屋 


    大きな農家は養蚕小屋をもっていました。 養蚕のための建物で、私の近くの家の小屋は住宅と同じ作りで十畳くらいの板敷きの部屋が3っあり、真ん中に囲炉裏が切ってあり、端に土間がありました。 
   屋根に煙を出す窓がついている建物もあり、屋根はトタン葺きでした。 私が小学生の頃(1955年頃)にはあまり養蚕が盛んではなかったので、住宅として使われていました。(2010.08.13記)

 

93、「しょったや」という乞食


   1955年(昭和30年)頃、天気が良くても唐傘を背負って「物もらい」に歩く(乞食)老人がいました。 
   子どもたちは「しょったや」という名前をつけました。 雨が降らなければ毎日物もらいに歩く、夜は今の向原あたりのお堂に寝ており、精神的に多少異常が見受けられました。 
   一軒づつ回って歩く、家の人がいれば黙って手をだす、あげるものは何もないというと言うと、遠慮がちに「一銭でもいいから」という、もちろん一銭などという貨幣はもうないが、そこは人情、一円でも上げようという気になる、なかなか知恵があると感じました。
   食料も衣類も貰いものお金を使うことがあったかどうか、亡くなった後お堂にいってみたところ木箱に沢山の小銭が残っていました。物を盗むような事はないので社会の中に受けいれられたのでしょうか。(2010.08.14記)

 

94、ひとだまを見た


   私が小学5年生の頃1953年(昭和28年)八月の盆の夜の事、盛んに盆踊りが行われていました。 私が盆踊り見物に行く途中、家の近くの原口の大日堂墓地を通りかかると、墓地からひとだまが「ふわっ」と浮き上がり盆踊り会場のほうに飛んで行きました。 
   明るく光ってかなりの早さでした。 人は死ぬと魂が抜けてゆくといいますが、その頃に墓地に埋葬された人がいたかはわかりません。 ひとだまを信じてはいませんが、世の中には不思議な事はあるもので、ひとだまを信じる人もいるだろうと思います。(2010.08.15記)

 

95、久米の水天宮 


   私が小学5年生の頃(1953年昭和28年)、所沢の久米というところにある水天宮に行きました。 正月5日の縁日には近郷から沢山の人が訪れました。 
   子どもたちも正月のこづかいをもって、今の西武園ゴルフ場をぬけて、大谷田んぼ(今の松が丘住宅)を超えて行きました。 だるまを売るお店が沢山出ていました。(2010.08.16記)

 

96、北野の天神様 


   私が小学5年生の頃1953年(昭和28年) 所沢の北野にある天神様の縁日に行きました。 
   寒い頃だったと思います、学校が終わると山口をこえてゆきました。 境内には「北野天神天満宮」と書いた半紙3枚つなぎで笹竹に吊るしたものが沢山奉納されていました。 露店が沢山ありにぎやかでした。子ども達だけで行きました。(2010.08.16記)

 

97、膳椀組合(ぜんわんくみあい)


    膳椀組合とは、隣近所が資金を出し合い、結婚式や葬式に必要な什器や布団、テーブルなどを30組位買いそろえ保管し、必要な時に使用する共同組合のようなもので、それを保管する倉庫を膳椀蔵といいます。
   本村(南街が出来るまでの村)にはすべてありました。   いつ頃できたのかはわかりませんが、昭和の10年代にはあったようです。 維持管理は使用した人が一定の使用料を払いその資金を充てていたと聞いています。 新しく組合に入るには加入料を払います。 私の家が所属していた東原組は、私が結婚した時,1968年(昭和43年)には使っていましたが、その後は倉庫が壊れたために、個人の倉庫に預けていました。
   時代の移り、使用する人がいなくなったため廃棄処分と決まり、私が角樽等、三三九度といわれる結婚式の儀式に使われる道具を貰いうけ、それ以外は廃棄処分にしました。 
   組合によっては程度のよい皿や椀などをそろえているところもあり、そういうところはみんなで平等に分けたようです。(2010.08.17記)

 

98、雹害(ひょうがい)資金の借り入れ 


    昭和のはじめ(昭和2年か?)ころ、このあたりに大きな雹が降って、作物に大きな被害が出ました。 
   政府は救済のために資金の貸付制度をつくりました。 このあたりの農家もかなり沢山の人が借りたようです。
   但し5人の連帯保証が付いており、返せない人が出てきてその相談を受けたと「大久保家の日記」に載っています。 「大久保家の日記」については昭和7年か、8年のものを読ませてもらった事がありますが、現在は所在が確認されていません。(2010.08.18記)

 

99、昔の結婚式
          (昭和40年代の頃を中心に)


    結婚式については、貧富の差で大きく違っており、結婚式の内容についても明治以降の移りかわりが激しく 多くの人が、通過儀礼(人の一生にかかわる行事やしきたり)の中で書いているので、聞いたこと、体験した事のみ記します。 
   原 仁三郎さんが結婚した頃(たぶん明治30年代と考えられる)は、まだ結婚式は嫁入り(嫁迎え)であったといいます。 その日何をしていたか聞いたところ、結婚式のさまざまな手伝いをしていたという話でした。 このあたりでは、結婚式の事をご祝儀(ごしゅうぎ)と言っていますが「ご祝儀の日婿さんはお燗番」と言う諺もあり、かなり有力な家の跡取りだった人ですので、その頃は嫁入り婚だったのでしょう。
   1970年代 自宅で結婚式が行われた頃は、当日は隣組といわれている家は近所の男女2人が手伝いに行き、男は膳碗倉からテーブルや食器を運ぶなどの力仕事を、女は食事の支度をしていました。
   私が手伝った結婚式では、昼にうどんが出ましたが、なぜか外にゴザをしいて食べた記憶があります。 家の中は結婚式の支度が進んでいるので場所がなかったので外ということになったのでしょうか。
   この頃の結婚式は、神前とか仏前とかで契を結ぶということはなく、座敷の正面に、花婿、花嫁が並んで座り仲人がその隣に座る、親類縁者は、左右に並ぶという形になっていました。 近所の長老(男)が座配(ざはい)と言う進行役ですすめられました。   
   座配は挨拶をしたのちに、仲人に結婚式の進行について「いかが取り計らいましょうか」と尋ねる、仲人は「ご当地のしきたりに従ってお願いします」と答える。 仲人が花婿、花嫁を紹介した後、固めの杯として「飲み上げ」という、下座から固めの酒を順に飲んでゆく、このあたりのしきたりのようです。
   適当な頃に、お嫁さんが着替えをして参加者にお茶を出します。 これでお開きになります。 まかないの人たちはこれが終わった後に酒食が出されます。
   嫁入り婚の頃に、「高盛ご飯」というのがあって、あらかじめご飯(お膳)をつくって用意しておいて夫婦が2人だけになった時に一緒に食べるという習慣があったと聞いています。 原仁三郎さんに聞いたところ、私も食べたと言っていました。(2010.08.19記)

 

100、女日待(おんなひまち)


   1950年頃(昭和25年)女日待というのが行われていました。 日待とは本来の意味は、夜 お堂等に籠り、日の出を待つ行事ですが、このあたりでは近くの人が集まって酒食を共にしながら楽しむ、今でいう懇親会の事を言います。 
   私の住んでいるところ(大字東原)で行われていた女日待は、正月の14日に、地域の女性(ばあさんと言われる人が中心)で、回り持ちで宿を決めて行われていました。 お嫁さんが出るのは難しかったようでした。 
   参加者は会費を払い、宿になった家が食事を用意しました。 ここで行われていた賭けごとに「ほっぽき」(「宝引き」のなまったものと思われる)というのがあり楽しみの一つでした。 やり方は簡単で、人数分の紐を用意して、その1本に穴あき銭を結びつけておき、順番に親になり、親は紐の元のほうを握りそれぞれが紐の先端をもって引き、銭がついていた紐を引いた人が参加者の出したお金を貰う。 1回に出す金額が1円〜10円位だったので、負けた人もゲーム代位に考えていたのだと思います。 
   私の家では祖母(当時70位)が出ていました。 ほっぽきは女性の遊びで男はやりませんでした。 余談ですが、私の祖母はほっぽきには強い方で、お日待ちが終って帰ってくるとこずかいをくれました。
   この日は、「まゆだま」という養蚕の神(おしらさまと呼ばれていた)の祭日で、古くは一体のものではないかとおもわれます。(bP44参照) ほっぽきは、金額に関わらず「賭博」とみなされ、事前に駐在に話をつけていたにもかかわらず、田無警察の手入れを受けた事もあったそうです。(2010.08.24記)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。