わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



61〜80




61、青年学校を使った新制中学校


    1945年、戦争が終り「昭和20年)、義務教育の中学校が開設されました。 東大和では南街にあった日立航空機会社の青年学校の校舎が使われました。 場所は桜が丘のダイエーのあたりにありました。
   私が入学したの1954年(昭和29年)の頃も、そのままの建物でカタカナの「ロ」の字の形をしており廊下が内側にあり、中庭がありました。 建物はどういうわけか天井がなく、風が吹くとほこりで弁当も食べられないようでした。 
   その頃は小学校が南街にもあり、中学校は2つの小学校の生徒が一緒になります。 入学した頃は、都会育ちの南街の生徒は弁舌たくましく、田舎の本村(ほんそん、古い集落)のわれわれは、言葉も悪く圧倒されていましたが、 しばらくすると腕力に勝る本村組が力をつけてきます。 勉強は南街の人たちはよくできて、常識をわきまえているという感じはあり、文房具等も沢山もっていました。 貧しい農村と多くがサラリーマンの家の違いだったのでしょう。
   その頃は、職業家庭科という授業があって、女生徒は洋裁や料理などを習っていましが、男は農業実習という科目があり、肥桶を担いで、学校の便所から糞尿を汲んで畑にまいた事がありました。 またパンジー等を育てて南街の家庭に売って歩きました。 金額的にはいくらにもなりませんでしたが、私にとっては珍しい体験でした。 
   農業の担当の先生は山田恵三と言い、後の大和基地反対闘争で活躍する元気な先生でした。 女生徒の料理の授業で、茶巾絞りとか、みつまめをつくって食べさせてくれましたが、材料の関係かあまり美味しくありませんでした。   
   その後、今の玉川上水駅のあたりに、アメリカ軍の基地ができることになり、1956年頃に現在の一中のところに移転しました。 (2010.07.12記)
   (追記) 校舎の天井がなかったのは、戦争中に、空襲で落とされた焼夷弾が天井でとどまり、火災が発生するのを防ぐために、とり払ったとのことです。

62、小学校の2部授業


    私は1948年(昭和23年)に当時の大和小学校に入学しました。 
   その頃は児童の数に比べて教室が少ないため、一年生と二年生は、午前と午後の二部授業が行われており、早番と遅番がありました。 
   遅番の時は、冬には暗い道を帰ってきたのを覚えています。 私の住んでいる清水から奈良橋の小学校のゆくには30分はかかり、雨の日などは街灯もなく寂しい思いをしまた。  その後、新しい校舎が出来て解消したように思います。(2010.07.12記)。

63、青年学級


    私が高校を卒業した1960年(昭和35年)、東大和にも「青年学級)という、当時の大和町の主催する集まりがありました。 
   法律の趣旨によると、勤労青少年の教育や教養、社会参加を奨励するための組織といわれ、私が参加した1960年は、中学や小学校の先生を講師にして、勉強会(今でいう学習会)や、スポーツなどを中学校の教室を使ってやっていました。 講師として来てくれた学校の先生は、小学校の小町校長、清水に住んでいた五十嵐さんと言う女性の小学校の先生がいました。 指導者には市の職員であった安島さんがあたっており、仕事が終わった夜に週何回か集まっていました。 行事の中には、屋外キャンプ等もあり、世代を超えて交流が出来て楽しいつどいでした。 
   参加している人は気楽に参加していましたが、はた目では「夜遊び」の団体とみられていた面もありました。 とくに参加している女性は、まじめで意欲的な人が多く苦労があったと思います。
   私は2年くらいの参加なので、開設や終了の事はわかりませんが、印象に残っていることの一つは、4Hクラブという農業に従事する人たちの組織が青年学級の仲間で組織され、農業の将来を考えたり、新しい試みとして花卉(花)の栽培などをしていた事と、市場に出した時の値段があまりにも安かったので,がっかりしていたのが印象にのこっています。
   もう一つは、キャンプに行って、男女が同じ部屋で寝た事、話を聞いたところ、一緒に寝たからと言ってみんな一緒なのだから問題はないだろうということでした。 みんなが家族のような感覚で楽しく運営していたのでしょうか。  青年学級10年誌という記念誌が出されています、中央図書館のレファレンス室で見ることができます。 
   以下の文章は、記念誌に載ったものです。青年学級の姿がよくあらわれていますので転載します。(2010.07.13記)。

 友    情   



    私は青年学級へ行くために5時頃畑を出た。 途中で妹の迎えを受けた。 
   学級生が三輪車を持つて麦引きに来てくれたのである。 5分後私はオートバイの人となり畑についた。 畑にいた母達が茫然としているうちに麦束は手から手を渡り車につまれていった。  
   わずか15、6分であつた。 私はうれしくてたまらない気持で助手台にのった、車の上からは幸の歌が流れて来た。   「流れる汗に 未来をこめて明るい社会を作ること‥‥‥」  本当にそうだ、来てくれた人達もそれぞれに職場を持つており つかれているにもかかわらず、その体にむちうつて手伝に来て下さったのである。 
   麦が運び終ると私が引きとめるのもきかず再びうたをくちずさみながら元気に帰つていった。 朝からの手伝で土と汗で真黒なその後姿をみつめながら、あの 土と汗の姿こそ真の学級の姿であると思うと同時に、私もみんな に負けないような立派な学級生になろうと心にちかつた。

 

64、狭山丘陵にあった防空壕


    太平洋戦争末期には、南街にあった日立航空機(戦闘機のエンジンを造っていた)や多摩湖をめがけて爆撃があり、どこの家でも防空壕をもっていました。 
   狭山丘陵に面した家は、狭山丘陵に防空壕を掘っており、戦争が終わった1955年(昭和30年)頃にも防空壕はまだ残っていました。 奈良橋の八幡神社のところや、高木の和地さんの墓地の所などにあり、八幡神社の防空壕では黄色い粘土が取れました。 
   なぜか今の東大和公園の山の中に大きな防空壕が残っていました。 その防空壕は英字のEの形に掘られており子どもが立って歩けるくらい大きなものでした。年代はわかりませんが、市内で頻繁に泥棒が入ることがあり山狩りをしたところ、この防空壕に住んでいたということでした。 (2010.07.14記)

65、干し柿つくり、渋抜き


    このあたりでは、「つるっこ」と言う名前の渋柿を干し柿にしました。 柿の実の形が鶴の頭のように先のとがった柿で渋柿です。 作り方は皮をむいて干すだけですが、秋の気温が下がって乾燥した晩秋に吊るします。ほとんどが自家用で販売したという話はきいていません。 
   老婆が縁側で、ひなたぼっこをしながら皮をむきます、その皮はぬか床(ぬかみそ)に入れると好いという話も。 時期になると軒先や物置小屋などに紐で縛って吊るします。 干し上がると渋がぬけて甘い干し柿ができます。 柿の状態によって出来上がりは様々で、カチカチになって肉のないものなどもありました。  
   また、渋柿の渋を抜く方法として、焼酎を吹きかけておく、もみ殻を入れた箱に入れておいて熟成を待つ等の方法もありましたが、甘くはなりますが柔らかくなって歯ごたえがありませんでした。  
   1950年(昭和25年)ごろの話で、時々、農家の軒先から子どもたちが一つ、二つ失敬して食べる等 おおらかな時代でした。(2010.07.15記)。

66、真土(まつち)と野土(のつち)


    このあたりの表土は、狭山丘陵の地域が真土で平地の部分が野土と呼ばれています。いずれも火山灰土ですが、火山の種類によって灰の性質がちがい色も内容も違うそうです。 
   野土の下には赤土というのがありますが、その辺の区分はよくわかりません。 真土は褐色で粘土質です、野土は黒色でさらさらしています。  
   地理の解説の本によると、狭山丘陵は多摩川が狭山丘陵の北側を流れた時代と南側を流れた時代があり、その結果今のような形で残ったと書かれています。また、大昔は狭山丘陵の上にも野土があったが雨で流れて粘土質で流れない真土が残ったとも書かれています。
    真土は、粘土質のために藁(わら)と混ぜて家の壁土に使われていました。 真土は固まるのが早く、「耕しても3日で固まってしまう」と表現されています。 そのかわり「ごぼう」などは野土の畑よりおいしいものが出来ると聞いています。 
     野土は軽く風が吹くと、風に乗って飛散します、このあたりで「赤っ風」と言い空が褐色に染まり、建て付けの悪かった昔の家では、畳の上にも薄すらと土が積もりました。(2010.07.16記)。

67、多摩湖の発掘


    1976年(昭和51年)に村山貯水池(多摩湖)が工事のために水が大きく抜かれることになりました。この間に私達の祖先がどんな生活をしていたか、さまざまな角度から調査する計画がたてられ、私も参加しました。
   発掘に携わったのは2〜3日でしたが、その後の整理、研究、調査にも参加しました。 湖底に沈んだ村という、なんとなくロマンを感じさせる設定のせいか、野尻湖発掘のイメージがあるのか、かなり沢山の人が参加しています。 
   市民参加の発掘ということも大きく影響し、お年寄りから子どもまで大変賑やかでした。 大学生の参加も多く、日ごとに発掘の様子をニュースにして発行するなど、かなり精力的に調査がなされました。 石器などでかなり古いものも発掘されたと聞いていますが、私は私の祖母の代まで多摩湖に住んでいたこともあり、村の跡を見ておこうという気持ちもありました。
   この発掘と調査の記録は「多摩湖の歴史」(発行東大和市)にまとめられています。この調査で田久保さんなど郷土史のサークル「道の会」の方々とも知り合え、それ以降のさまざまな調査に援助をいただきました。(2010.07.17記)

68、蔵敷高札場 


   蔵敷の内野医院のところは、江戸時代に高札場があった所として、四角い石が置かれ史跡に指定されています。 高札場があった事については広く知られている事ですが、その場所は青梅街道に面した停留所のところとされています。 
   ところが蔵敷 芋窪に住んでいた大正、昭和一ケタ生まれの人の話では、子供の頃、あの石はもっと東の現在の信号のあたりにあったといいます。 明治以降に道路は大きく改修されて、主要道路だったところが今は脇道のようになっており道路との関係も考えて、再調査が必要ではないかとおもいます。 (2010.07.18記)

69、蝉(せみ)取り


    セミには子供のつけた名前があります、ミンミン、チイチイ、ケケラス、オウシンツク、アカベラ、 蝉取りは子どもにとっては夏の楽しみでした。 
   夏休みに入ると子どもは朝早く起きます、なぜかと言うと、蜘蛛の巣を他の子にとられないためです。 
   蝉取りの道具は、竹の棒の先に竹の枝の葉を払って丸い輪を作ってとりつけ、そこへ雲の巣(あじと呼んでいた)をからみつけてゆく、蜘蛛の糸は獲物をとるために粘りをもっているので、それにセミをくっつけて採ります。透明ですのでセミも気づくのが遅れ、蜘蛛の糸に張り付くという仕掛けです。    
   立派な蜘蛛の巣は量も多いし粘りも強い、 蜘蛛はいつも同じ所に糸をはるので早い者勝ちになります。 昼頃になるとねばねばが弱くなって蝉取りは終りになります。 
   清水神社の裏手、今の公園になっている所にヒノキの林があり、少しうす暗く、そこにはケケラスが沢山いて手で捕まえることができました。  
   夕方になると、セミの幼虫が羽化のために地上に出てきます、それを捕まえてかごに入れておくと、朝に羽化します。 セミは地上に出るために地下から地表に穴を掘り夜を待つ、そこで夕方になるとその穴に水を注ぐと苦しくなって蝉が出てくるそれをつかまえました。 神社の裏にあったヒノキ林は、戦後林業の振興の一環として植えられたもののようです。(2010.07.19記)

70、どどめ(桑の実) 


   私が小学生の頃(1948年〜55年頃)このあたりは、養蚕が盛んで桑の畑が沢山ありました。 その実をこのあたりでは、「どどめ」と呼んでいます。 はじめ緑の実はやがて赤くなり完全に熟すとムラサキの濃い色になり、実が熟れると甘くて美味しい。
   子ども達は、熟れるのを待って食べますが、、大人からは食べてはいけないと言われています。 どうも、食べ過ぎて「消化不良」を起こしたりするので禁止ということのようでした。 子どもたちにとってはただでお菓子が食べられるようなもの、見つけては食べる。 ところがよく熟れている桑の実はムラサキの色で、食べると舌が染まり親にはすぐにばれてしまいます。
   「どどめ」の語源については知っている人はいませんでした。今ならば、ジャムの材料になりますがその頃はそういう事をする人はいませんでした。 どどめという名前については、関東に広く使われているようですが、熟れた桑の実の色を指して「どどめ色」という色があり、色の見本として、このあたりでは広く使われています。(2010.07.20記)

71、高木神社の大木立


   私が6年生の頃(1954年 昭和29年)高木神社の南の道路に面して、杉木立がありました。 およその数で10本はあり、直径は70センチはあり高さは20メートルはあったでしょうか。 
   下のほうは枝が無かったので私は登る事は出来ませんでしたが、登った人の話によると、カラスの巣があり、カラスにつっつかれたといっていました。 高木の地名の由来という人もいるがどうでしょうか。(2010.07.21記)

 

72、開拓の歴史を刻んだ昔の地図 


   新しい住居表示(町名の新設)になる前の東大和は、志木街道から南へそれぞれ「大字(おおあざ)」の土地が続いていました。
   大字清水は、野火止用水まで南にのびています。江戸時代に開拓が奨励され、住まいのある志木街道沿いから、江戸街道を超えて開拓がおこなわれています。 その頃の名前は、砂(今の」清水大橋付近)から南へ向原(むかいっぱら)中原(仲原・なかっぱら)その南は荒区(あらく)、新堀と続いています。 荒区というのは畑になってない土地、荒れ地という意味のようでした。 新堀は野火止用水の事で、私の子どもの頃(1950年頃)は松林や雑木林でした。
   今の地名では、中原の南が向原になっていますが、清水のあたりでは向原の南が中原で「上仲原公園」にそのなごりを留めています。ただし地名については、かなり入り組んでおり地図に書かれている通りでは無かったようです。(2010.07.22記)

73、高木の山車(だし)


    高木神社に祭りばやしの山車があります。 かつて高木地区に祭り囃子があり、町制施行の時はお囃子と共に山車をだしています。
   2010年に見せてもらいました、上物は解体され、牛車に乗った床台「舞台)のみがあり、神社の関係者の話では上物(欄干や柱・屋根)はどこかにあるだろうという話でした。 製作年等は見た限りでは確認できませんでした。 
   また、はじめから牛車に載っていたのか、のちに載せ換えたのかはもう少し調査が必要ですが、  写真には荷車として使っていた頃の棒を挿す金具や、縄をかける棒が残っているので、牛車として使われていた時代はあったと考えられます。 床の造りをみるとよく出来ており、何時か組み立てた姿を見たいとおもいます。(2010.07.24記)。 
    その後の調査で、山車には初めから車輪などはなく、組み立てた時は、宮鍋製茶の牛車を借りて、載せて引いたということでした。

 

74、村山貯水池とくずはき


   村山貯水池は大正から昭和にかけて建設されていますが、敷地内の尾根から湖面までは雑木林として残っています。 そこの落ち葉を農業用にほしいという農家が集まって狭山貯水池愛護会という団体をつくり、一定の費用を払い落ち葉の払い下げを受けていました。 
   落ち葉は農業用に堆肥や薩摩芋の苗床等に使われています。 狭山貯水池愛護会については沢山の方が書いているのでここでは省きますが、それぞれの農家が決められた区画の落ち葉を集めますが、区画によっては落ち葉が沢山ある所、無い所、傾斜が急で落ち葉が集めにくい所等あたりはずれがあったようです。 また、落ち葉掃きに邪魔になる小さな木を切ると水道局からえらく怒られたそうです。(五十嵐清重さんの話し))(2010.07.25記)

75、雑木林の利用 


   農家にとって、雑木林は無くてはならないものです。 このあたりでは「山(やま)」と呼んでいた雑木林は 1955年(昭和30年)頃までは、野火止用水、空堀川、奈良橋川周辺や狭山丘陵に広がっていました。  
   雑木林は、人が育てた林(二次林)で、コナラ、クヌギ、マツなどが植えられており、落ち葉は肥料に、育った木は燃料に使われています。 比較的早く育ち、萌芽更新が出来る落葉木が多く、たまには松の林があります。  松は建築用材として使われるますが、他の用途としては、燃料のほか、コナラやクヌギの落ち葉を堆肥にする際に落ち葉に混ぜて空気が入るようにすると、発酵が早まるそうです。 珍しい使い方には、大きな邸宅などの庭の霜除けに敷くために松の葉を売ったといいます。    
   コナラ、クヌギは、昆虫がよってくる木で、カブトムシ(サイカチと呼んだ)やクワガタ、カナブンなどが沢山いました。 また地面にはクサボケ(シドメとよんだ)が沢山あり、春に赤い花を咲かせていました。 ところどころに、山栗があり小ぶりだが美味しい実が取れました。(2010.07.26記)

76、豆腐売り 


    私が中学生の頃(1955年、昭和30年)に、今の榎本豆腐店の豆腐を飯台(はんだい)を2個天秤棒(てんびんぼう)で担いで町内を売りあるいた人がいました。
   人づてに聞いた話では若いころに町場(東京都内と思われる)を売り歩いた経験があるというはなしでした。そのいでたちは半纏に三尺を締め、猿股(さるまた、半パンツのようなもの)をはき、白い足袋を履いていました。 まさに映画に出て来る魚屋「一心太助」のようないでたちでした。 その頃はすでに自転車の豆腐売りが普及しており、その方が自転車に乗れなかったからかもしれませんが、時代が遡ったような感じがしました。 
   その人の売り声が見事で、唄自慢であったのでしょうか。 売り声は次の様なものでした。
        ♪なまあげがんちゃんやきおかめ、やいたおかめをにほんざし、にほんざしをばぶんかいすれば、いっぽんさしたがちょうにんで、にほんさしたがさむらいさん、さんぼん、しほんとさしたのが、おわかいしゅうのすくおいらんさん♪
     おおよその意味は、生揚げがんちゃん、焼きおかめ、焼いたおかめを二本刺、二本差しをば分解すれば、一本差したが町人で、二本差したが侍(さむらい)さん、三本 四本と差したのがお若い衆の好く花魁(おいらん)さん 意味が通じないところもありますが、数え唄の一つであろうと思われます。   町人は帯刀を許されても一本であり、侍は俗に「二本差し」というように二本、さて その次、3本4本と言うのは、たぶん花魁のかんざしの事ではないかと思います。 この唄は聞いた限りの歌詞でさらに沢山の歌詞があったかもしれません。 
     唄の文句(歌詞)からすれば明治以前、侍がいた頃の唄が受け継がれてきたのでしょう、 ラッパと「とうふい―」と言う今の売り声以前の売り声と思われます。 下手ですが私はメロディ―を覚えていますので興味のある方はどうぞ。(2010.07.27記)

77、茶摘みと中学校の農繁休暇 


   この地域では、お茶の生産が盛んで、たくさんの茶の木が植えてありました。 お茶は若葉を摘んで加工するので、若葉の頃に大急ぎで摘むことになります。大人も子どもも茶摘みに出ます。
     その頃になると中学校が「農繁休暇)と言って4日くらい休みになりました。 私が中学に入った1953年(昭和28年)の前の年まで行われていました。 誰の裁量かわかりませんが、それだけ地域の要求があったのでしょう。 
     子どもにとっても茶摘みは小使いかせぎのチャンス、茶摘みは摘んだ量によって手間賃が払われるので、中学生くらいになると大人の人に負けないくらい仕事をした人もいました。 
     それから50年くらいたって、第四小学校が特別に休みになった事がありました。 この日はそれぞれの神社の祭りの日で、地元出身の校長の裁量だったようで、地域との結びつきを大事にしたかったのでしょうか。(2010.07.29記)

78、身体障害者の仕事


   私が小学校の(1950年 昭和25年)頃の障がいのある人の仕事は限られていました。 一人の人は歩けるが脚が悪く、家でブローチ飾りなどを銀蝋で付ける、組み立ての仕事をしていました。 。
     多分仕事を覚えて独立したと思われます。 もう一人は、やはり足が悪く、草履やわらじ等のわら細工や、竹で鳥かご(さしこといっていた)をつくっていました。 暮らしは、収入も少なく結婚をすることもなく、親や兄弟の家に住まわせて貰っており、大変な思いをしているような感じがしました。 
     この頃はどこの家も貧しく日々の生活でいっぱいで、障がい者にまで思いが及ばなかったのでしょう。   (2010.07.30記)

79、メジロ獲り 


   メジロ(鳥)は姿がよく、オスは好い声で鳴きます、一時メジロを飼うのがが流行りました。 このあたりでは、メジロは「落とし」という竹の籠を使って捕ります。 
     落としの下に「おとり」のメジロが入った籠を置き林に置きます。 メジロが鳴くと近くのメジロが寄ってきて、落としの籠に入るとふたが閉まりメジロが捕れます。 トリモチなどと違い無傷で獲れます。 
     鳥は朝が早いので、暗いうちに家を出て狭山丘陵に向かいます。 メジロは群れをつくってやってきます。メジロがやってくるとおとりは盛んに鳴き仲間に存在を知らせます。 すると寄ってきたメジロは落としに中の餌に釣られて中に入ります。(2010.07.31記)

80、雑木林を買う(山師) 


   農家は堆肥(たいひ)をつくるために落ち葉を必要とし、雑木林(山といった)をもっていました。 また、木が成長すると、山の木を薪(まき・燃料)にして売っていました。 
     山の木が成長すると、持ち主は地元の山師(やまし)と言われる人に声をかけます。    山師は仲間と一緒に山に入り下見をして、おおよその見当を付けて契約をします。 山師は木を伐採し、材木商や燃料商に販売します、それぞれが収益をあげてめでたし、めでたしとなります。
     見積りどうりの薪が取れれば、枯れ木や小枝は地元の生活に困っている人のために開放し自由に拾ってよいことにしているという話でした。 
     ところが、たまには見込み違いが生じることがあり、日当たりが好く、木も茂っているとみても、実際はあまり薪が取れなかったような時は、小枝まで全部集めて平等に分配しています。 職業としてというより、農業の傍ら冬の仕事として行われていたようでした。(五十嵐清重さんの話) (2010.08.01記)

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。