わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



41〜60




41、狭山の山車(だし)


   狭山神社に祭り囃子の山車があります。 東大和でただ一台作った時の形をほぼ留めています。 欄干の擬宝珠のところに「文久二壬戌 八月吉日 後ヶ谷村 若者中」と刻んであります。 この年に狭山地域(後ヶ谷村は宅部村と合併する前の村名)で購入あるいは製造したものとおもわれます。
   形はニ輪で牛に引かせるようになっており、牛が引くことで乗っている人とのバランスがとれるようになっています。 牛の入る部分が残っているかどうかは確認できませんでした。
   山車は舞台の部分と欄干をのこして柱や屋根などは組み立て式で収納がしやすくなっています。 形を見ると屋根の部分は盛留(人形等)の柱を立てられる構造になっていますが、床のほうには立てるための装置(滑車のついた柱など)や柱を建てる溝等はありませんでした。 欄干に擬宝珠や彫刻等も付いて山車としての体裁が整っており、そういう知識をもった人が作ったと思われます。
   2000年(平成12年)部品が傷んできたため山車の修理を行い、組み立てたままで収納できるように山車小屋もつくりました。車輪を固定したために道路を引く事は出来なくなっていますが、狭山神社の祭りには囃子の舞台として使われています。山車は真ん中に障子があり楽屋と舞台が仕切らっれています。(2010年(平成22年)再調査をして加筆訂正しました。)(2010.09.11記)

42、青年団


   私の子どもの頃(1950年頃)に各地域に青年団がありました。私の記憶している人は、野口金夫さん、鎌田英冶さん、板谷清治さんがいました。 女性はおぼえていませんがが女性もいたようです。 私より10年くらいの年長の人たちで20代の人たちでした。 
   この頃は、戦後民主主義の時代、青年団も自主的な組織として全国に出来て行きました。 清水の青年団も狭山公園の入り口を借りて櫓を組み盆踊りを盛大に行っています。 そのほかにも清水公会堂で、劇や踊りなどをして住民に見せていました。演劇などの指導は、所沢の荒幡の方をよんでいます。 内容については子どもにはわかりませんでした。   また他の地域の青年団と協力して運動会も行っています。 楽隊と言っていた「鼓笛隊」も作られて、運動会の当日は鼓笛隊を先頭に隊列を組んで運動会が行われた第一小学校に向かうなど、かなり活発に活動をしていました。    それぞれの地域の青年団対抗の競技はなかなか見応えがありました。 ほかにも、危険物(陶器等不燃物が主)の回収など地域貢献もしています。 その後どういう経過をたどってなくなっていたかはわかりません。 青年団の事については、中央公民館の20年史(?)にも記録があります。 
   2010年の段階で当時の青年団の構成員は生存しているので詳しい調査は可能です。(2010.05.28記)

43、狭山神社の大篝火(おおかがりび)


   1952年頃(昭和27年)頃、狭山神社で大晦日(12/31)に大篝火を焚く行事がありました。 すべてを子どもが準備をします。最大の仕事は燃やすものを集めることですが、子どもが少なかったこともあり、いわゆるガキ大将が先頭になって進めていました。  
   この行事がいつ頃から始められて、いつ頃おわりになったかはわかりません。 神社で大晦日にかがり火を焚くのは一般的に行われており、その年のお札や縁起物(熊手やだるま)をお焚きあげと言っても燃やします。 ただ子どもが主役と言うのは東大和では他にはありません。    
   日本にある行事として「ドンド焼き、左義長」など子どもが中心で行っているところもあり、そのなごりでしょうか。東大和ではドンド焼きのような行事はありません。 ( 2010.05.29記)

44、高木の祭り囃子


    高木地区に祭り囃子がありました。 最後の演奏者であった渡辺弥次郎さんの話によると、流派は「重松流(じゅうまりゅう)」だそうです。 1990年頃にはもう演奏されていませんでした。 
   伝承年代等はわかっていませんが、重松流は幕末に出来た流派です。 人々の話をまとめてみますと、戦後(昭和20年以降)も盛んに演奏されていた様です。1954年(昭和29年)の町制施行の祝賀パレードには、山車とともに出演しています。その後町制施行10年記念式典のときの写真に高木の山車と思われる映像がありますのでその頃は演奏されていたと思われます。  
   その頃のメンバーで、名前のわかっている人は、主に笛を吹いていた尾崎廣吉(ひろきち)さん、 その息子の正夫さん、渡辺弥次郎さん、踊りの得意な、小野正雄さん(おかめ)、 関田譽惣衛門さん(ばかめんよしさん)、和地和十郎さん、小野しょうじさんなどです。 
    かなり上手な人が多く、東大和近郷の祭りや、遠く八王子の祭りなどにも依頼されてでかけていました。 高木の囃子は位が高いといわれたそうで、囃子の演奏が上手だったようです。    八王子の祭りなどに出演をすると、地元の囃子連の方は、何を置いても見に行くという位の評判がよかったそうです。
    1945年「昭和20年以降も、川越の今福の囃子の師匠(家元西川さん)から踊りなどの指導を受けていたと伝えられています。
    他所に演奏を依頼されて出演するときに一部の人で出かけるなど、囃子の演奏者のあいだでごたごたがあり、後継者の養成もうまくゆかず途絶えたといわれています。
     囃子の道具については、一部が高木神社の社殿に残されているということですが仔細はわかりません。
   武蔵村山市の文化財に指定されている萩赤囃子(重松流)の記録の中に、昭和29年(1954)頃に、祭り囃子の指導を高木の尾崎さんより受けた、という記述があります。
    また、明治9年に奉納された、小平市の鈴木稲荷神社の手洗鉢に高木囃子連の名前がありますのでそのころはあったと思われます。 この頃の流派が重松流であったかはさだかではありません。
   山車については(bV3)でのべます。 ( 2010.05.30記)( 2015.03.24追記)

45、宮本鉄太郎さん 


   高木の宮前に宮本鉄太郎さんと言う人が住んでいました。 1945年(昭和20年)以前に越して来たと思われますが、農業と養鶏業をしていました。 
   いわゆる知識人と言われる人で 学校のP・T・Aの会長などをした人ですが、仕事熱心で一日5〜6時間しか寝ないで働いたということでした。 地元の信頼が厚く、地元の預かり金等がよく使い込みが起こったため、宮本さんに預けておけば大丈夫という事でよく預かったというはなしでした。( 2010.05.31記)

46、ある農協の薩摩芋「行方不明」事件 


   ある農協で起こった事、農協が出来てからの事ですから、1945年以降のことです。 薩摩芋を組合員の農家から集めて売ったところ、品物が行方不明になり代金の回収が出来なくなったということがありました。 責任者が有力者であったために、それ以上追及されることなくイモの代金は農協の役員(理事?)が分担して弁償したという事でした。
   法律で 理事がその任務を怠り、農協に損害を与えた場合には、連帯して損害を賠償しなければならないと規定されているようで、それに従ったもののようですが、その当時はそんなことは知らないで役員になった人が多く、それ以降なかなか農協の役員になり手が無かったと言うことです。
   この時に組合員が預金を引き出そうとしたが、農協は応じなかったそうです。 誰かが仕組んで行ったのではないかと噂されています。 (2010.06.1記)

47、芋窪の観音堂墓地  


   芋窪の観音堂(林堂)のところに墓地があります。 いまでは個人墓になっていますが、昭和の十年代までは、共同墓地の様相をもっていました。 特別に区画を決めず、順番に埋葬する形をとり、墓石も並べて置いたといいます。
   共同墓地ということで村山貯水池の水死人で身元の分からない人を埋葬したという話もあります。 墓は個人(それぞれの家)の墓が作られる以前は、共同墓地というのが普通の形だった様でそのなごりでしょうか。 (2010.06.02記)

48、宅部池(たっちゃん池) 


   狭山公園の中に、「たつちゃん池」という溜池があります。 この池のいわれについては、別項(bW1)で述べます。 
   この池は、今の東村山の多摩湖町にあった宅部(やけべ)の田んぼに水を引くために作られた人工の池です。 池が出来る前も池のようなものはあったようですが、村山貯水池(多摩湖)の工事で地形かわったために確認は出来ません。
   この池は地図には宅部池と書かれています。 貯水池が出来るまでは、このあたりの田んぼは宅部川(現在の名前は北川、地図によっては後川)に堰を作り田んぼに水を引いていました。(今でもせき橋という名前の橋がのこっています)   村山貯水池(多摩湖)で川がせき止められたためにその代替への施設として作られた様です。
   春になると十二段(別項218で述べます)と呼ばれるところを経由して多摩湖から池に水が送られてきます。 池の管理は水田の耕作者がおこなっていたようでした。 
   満水になって流れる水路の他に、もっと池底に近いところに排水のための水路があり、田植えの頃や付近で行方不明者が出た時などには、そこまで水が抜かれました。 日本は水田が多く水の分配に関しては水利権という権利があり何よりも優先してまもられています。 (2010.06.03記)

49、太陽グランド


   狭山公園のたっちゃん池の東側、多摩湖線の線路との間に私達が「太陽グランド」と呼んでいる広場があります。 
   ガイドブックなどでは、太陽広場と書かれていますが名前の由来についてはわかりません。 村山貯水池の工事の時にセメント(コンクリート)の工場があったところと言われています。 今は桜の木が植えられていますが、以前は木がなく、野球などには好いグランドでした。 1953年(昭和28年)頃にはまだトロッコとレールが残っていて、乗って遊んだ気がします。
   小高い所(北側)に国旗掲揚塔も残っています。 貯水池工事で働いたた人の話によると、ここからトロッコで坂を下って生コンを運んでいた、カーブを曲がるときなどは技術がいった、時々脱線する事があったというはなしでした。(2010.06.04記)

50、奈良橋川に架る橋 


   私が小学生の頃1953年(昭和28年)頃、奈良橋川の日月橋(志木街道に架る橋)から高木橋までの間に橋はありませんでした。(今もありません) 
   そこで近所の行き来や、農作業のために川を渡る必要から簡単な橋がかかっていました。 当時の大熊製麺のところから高橋さんのところに架る橋はかなり幅広の角材を一本渡してあり、この橋を子どもは一本橋と呼んでいまいた。 
   そこから下流にかけて6本の橋がかかっており、下流に順に2本の丸太を渡した2本橋、順次丸太の数が増えてゆき5本橋までありました 残念なことに6本目の橋は1本の丸木橋でした。
  &偶然とは思えません、橋を架けるのは村人の共同作業ですので、「粋」な人がいたのでしょう。 (2010.06.05記)

51、冬の奈良橋川


   私が中学生の頃1955年(昭和30年)、冬の奈良橋川は水量が少なくほとんど表面は流れていませんでした。 
   淵に水がたまり氷が張り、真冬にはかなり厚い氷が張り乗っても割れませんでした。 そこで学校の帰りは川に降りて中を歩いて帰りました。 その頃は日月橋より下流は魚が少なくザリガニ(正確にはアメリカザリガニ)が沢山いました。 上流は魚がいたような話でした。(2010.06.06記)

52、前 川(まえかわ)


   2008年頃まで前川という川が武蔵大和の駅前を流れていました。(今は暗渠になっています)、この川は二つ池を水源として東村山で北川と合流し二瀬川となり柳瀬川に合流しています。   
   前川という名前はいつ頃付けられたかはわかりませんが、廻田町(東村山)の古い地名に後田(うしろだ)と言うところがあり(今の多摩湖町のあたりの地名のようですが)、そこを流れる川を後川(うしろがわ)と言い、その対比で丘陵の南を流れる川が前川と言ったのではないかと考えられます。 
   なぜ南が前かは、家の建て方などで南を前にして建てることなど、生活習慣からでた事ではないかと思います。   
   前川は狭山田んぼ(今の湖畔3丁目の住宅のあたり)に水を供給していました。 かなりの水量があり川に沿った家では堰を作って洗い物などをしていました。 また、ウナギが採れたという話もあります。 今は、三面コンクリートと暗渠で昔の面影はありません。   
    この川は、 過去にもうひとつ大切な役割がありました。 村山貯水池から武蔵野市の東京都水道局境浄水場に水を送るトンネル(隧道)が今の狭山緑道の地下にありました。 今の前川に架る隧道橋の北側でトンネルを開渠にして余水吐けをつくり、その排水路を前川につなぎ、水路の水を抜く時には前川に流せるようになっていました。(別項bT3)  
   水路の設置と一緒に川の改修もなされた様ですが、私の知っている限りでは水が抜かれたことはありませんでした。 
   その後、東村山浄水場の設置工事で水路も改修され古い水路は廃止され開渠は埋めたてられ役割は終えていますが、旧水路から流れてくる水が今でもかなりの水量で前川に流入しています。 ただ、これが地下水か村山貯水池から漏れた水かはわかりません。(2010.06.07記)

53、とうどうときゅうか


   村山貯水池(多摩湖)の水は、地下トンネルによって武蔵野市にある東京都水道局境浄水場に水が送られていました。 その途中に2か所開渠(開水面)がありました。 
   一つは清水1丁目の前川に架る隧道橋のところに、もう一ヶ所は現在の東村山浄水場の西側にありました。 その後、東村山浄水場が建設され、水路も新たに作られたためにその役割を終えました。
   隧道橋のところは埋めたてられて公園になり、隧道(トンネル)入り口の形を縮小したモニュメントと排水をするための堰板(さぶた・はめ板・角落板)を取り外したりするための通路になっていた橋が残っています。 屋根のようなものは公園になってから付けられたものです。
   近くに管理棟があり管理人がいました。立ち入りは禁止されていましたが、子どもが入る事は出来ました。 季節によってはワカサギなどもたくさんいましたが釣りは禁止されていました。   
   東村山浄水場の西側の開水面は村山貯水池と山口貯水池(狭山湖)からの水が合流するところで今も残っています。 ここは落差が大きく水が渦を巻いて流れていました。
   子どもたちは、隧道橋のところを「どうどう」浄水場のところを「きゅうか」という名前をつけて呼んでいました。 多分、見た目の印象と「どうどう」という音がして流れていたことや、急降下で水が落ちている様子を言ったものだとおもいます。 東村山浄水場が出来たのは1960年(昭和35年」です。(2010.06.08記)

54、厄神(やくじん)


   我が家の話し。年代は明治になってからの事、まだ宅部(やけべ、今は多摩湖の湖底になっているところ)に住んでいた頃、旅人が一夜の宿を求めて訪ねてきました。  翌朝、旅人は泊めてもらったお礼として、「大晦日に厄神という神様を祀りなさい、そうすれば一家が無事に暮らす事が出来る」とその作法を伝えました。 
   厄神は一夜の神、大晦日に厄神の形代を居間の入り口に飾り灯明を絶やさないようにする、しばらくは我が家だけで祀っていましたが、だんだんと広まって今ではかなりの家で祀られています。 厄神というのは,厄をもたらす神で、あちこちに厄を播いて歩くので、どこへいっても嫌われる、そこで大切にしてやれば災いから逃れることが出来るという多くの民話に出てくる話ですが、昔話ではなく現実にあった事として伝えておきます。
   折口信夫さんの「まれびと(稀人)」といういずこからか来ていずこへか去ってゆく、それは人や、風、動物に形をかえた神様という、民間の信仰がこういう形でつたわり、人々の生活に活かされていたのではないかと思います。
   市が発行した、 「東大和のよもやま話」では、一夜の宿をもとめたのは、旅のお坊さんとなっています、絵もそうなっていますが、旅の人ということで、お坊さんではありません。
   民話として、多摩湖の記録(多摩湖発掘の整理や研究をする組織のニュース)8号に掲載、これとよく似た話しに、東大和に鬼の宿という節分の日に「鬼は外」ではなく、鬼を家に入れてもてなす家があると、「東大和のよもやま話」に載せられています。(2010.06.09記)

55、お正月3ヶ日は食事を男がつくる 


   この地域では正月、男(主にその家の当主)が歳神や神々に供える食事をつくる習慣があります。 いつから始まったかはわかりませんが、明治より前からの習慣ではないかと思います。 
   朝のサトイモや大根を使った雑煮と夜のご飯を作る、神事は男の仕事というなごりなのでしょうか。 朝起きたら、井戸から初水を汲み食事を作る、女の人はゆっくり寝ていられるので好い習慣だと思います。 
   私の家では、父親がいなかったので、私が小学校の5年生くらいからやっていました。 我が家では、正月の行事は続けていますが、このことはもうやらなくなっています。 材料など下準備は女性が事前にしておてくれます。 正月の行事などは、別にのべます。(2010.06.10記)

56、東村山浄水場工事と残土による埋め立て 


   東村山の浄水場が出来たのは、1960年ですが工事は何年か前に始まっています。 
   ここは水槽を作ったためか、残土が沢山出て、それを運んで埋めたところが、多摩湖の下堤防のところにある駐在所から南側です。それ以前は、今の武蔵大和西信号から下堤防に上る道は、山の中腹にあり、かなりの傾斜地でしたがそこに残土を運び埋め立てをしました。
   今はかなり広い土地が平地になりサクラの木が植えられています。 埋め立てが終った後に大雨が降った事があり、その時大きく崩れ、土が今のやまと園老人ホームの道まで流れだした事がありました。(2010.06.11記)

57、大塚,小塚、こっぺい塚 


   昔と言っても明治の頃だと思いますが、東村山浄水場の南のあたりに、大塚,小塚、こっぺい塚という3ヶの塚(土を盛り上げたもの)があった、と高木の和地コヨさん(東村山の生まれ)が言っていました。 何のために作ったのかなどは知りませんでした。 
   古い地図を見るとこのあたりに四っ塚という小字が残っています。 この地域で「こっぺいこく」というのは、余計な事を言うとか、無駄口を言うとか、邪魔をするとかの意味で、住民から見れば二つの塚によけいにくっついているように見えたのでしょう。 
   狭山の栞にも四っ塚という塚があったと載っています。  和地さんに念のため、4っなかったか聞いてみましたが3つと言うことでした。  
   参考までに、歴史の本などでは、江戸時代に新田開発が盛んになり、古くから住んでいた人達が燃料、肥料などに使うために草などを刈っていた原野「入会地という」を、他所から新田開発で入ってきた人が開墾(畑にする事)するなどしたために争いがおこり、自分たちの使用権を確保するために境に塚を築いたという記録があります。 
   東大和、東村山等、狭山丘陵の南に住んでいる人は、開発としては、庭先から南に順に鍬をふるってゆき、一方小川や鈴木、野中等、今の小平市、小金井市等にある新田は、玉川上水に沿って家を構え開発をしています。  
   この塚について、争いがあったかどうか また境界にあたる所に塚があったかどうかはわかりません。 また、全く見当はずれで、いわゆる庚申塚などのように信仰にまつわるものなのかもしれません。
   東村山の平和観音のある塚は「大塚」と呼ばれているようですが、がこれにあたるのでしょうか。(2010.06.12記)

58、村山貯水池の水泳場 


   1955年(昭和30年)頃、東大和の地域には安全に水泳ができるところはありませんでした。 子どもは、たっちゃん池や村山貯水池で泳いでおり、南街の人は玉川上水等で泳いでいたようです。 いずれも危ない所で、何人も死んでいます。 
   これも男の子だけの話で女の子は全く泳ぐところはありません、そこで、夏休みに安全に泳げるところを作ろうと、多摩湖の12段の上の橋のところに堰をつくり、多摩湖の水を供給してもらい水泳場にしました。 
   水泳というより水浴びと言ったところですが、多摩湖から水が流れて、流れるプールのような形になっていました。管理を誰がしたか等はわかりませんが、小学校の先生が監視にあたっていました。何年か続いていました。(2010.06.13記)

59、「おびとき」祝の飯台と丸餅 


   私が小学生の頃(1955年頃)の話、このあたりでは、11月に男女が7歳(数え年)になると「おびとき」の祝をします。 七・五・三の祝と同じ子どもの成長を祝う習慣ですが、家の貧富の差によって違いますが、洋服や着物をつくったり、宮詣りをしたりするのは今とかわりません。
   この時に親戚や近所に飯台(はんだい)に入れた紅白の丸餅(10p位)を配る家がありました。 5個、7個位でしたが、それ以上のところもあり、子どもにとっては正月くらいしか餅が食べられないので嬉しかった事をおぼえています。 
   ただ、長男、長女に限る家が多かったようで、長子相続の影響が残っていたのでしょうか。  参考までに、「おびとき」というのは、七歳は女児が今まで着物を付け紐(ひも)でしめていたのを、帯(おび)でしめるようにする「帯解(おびとき)」の祝いという儀式が行われていたようで、「そうできるまで成長した」ということを表し、子どもの成長を祝う行事だそうです。
   また神社やお寺にいく習慣は、昔、子どもが大きくなる前に死んでしまうことが多かったので、「無事に育った」ということを寺社や氏神様(うじがみさま)に報告をし、これからも幸せであるようにと願うようになったために定着したと言われています。 
   私がおびときの祝をしたのは、1948年(昭和23年)、私の家は父親が戦死して収入が少なく、また戦後の物資不足で価格が高騰している中でも、洋服を買って祝ってくれました。 (2010.06.14記)

60、西武遊園地のボート池 


   1955年頃の話、今は、西武のゴルフ場ができて、大きく地形が変ってしまいましたが、今の西武園遊園地と 競輪場のあいだに池がありました。
   この雑木林の中の池は、大谷田んぼ(おおやたんぼ、所沢の松が丘住宅のところ)の田用水としての池だったのでしょうが、西武遊園地の一部になっていました。 その池は、一時ボート場になっていましたが、閉鎖してボートだけが残されており、子どもたちは絶好の遊び場としてボートのりを楽しみました。 古いボートのために水が漏れてくるので、どんぶり(丼)をもっていって水をかい出しながら乗って遊びましだ。 
   この頃は遊園地が無料で入場できたので、荒畑富士には遊園地の中を通って行けました。(2010.06.15記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。