わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



21〜40




21、力くらべの石(力石)


力石.

   昔といっても、昭和の十年代までやられていた大人の遊びに、力くらべがあります。 主に若者の遊びで、全国的には米俵を使っていますが、このあたりでは石を使いました。 この石を力石と呼んでいます。
   清水では観音堂などでおこなっていたようで、石に目方が彫ってあり、その石が原さんの家に残っています。  力くらべは、単に遊びと言うより、農村では力仕事が多く、一定の重量の石を持ち上げることによって、一人前の大人と認められるという面もあったようです。 (2010.05.12記)
   力石は、蔵敷の熊野神社にもあり保存されています。 3個あり由緒書きと3個の石の重量も書かれていますが、最近測ったのかkgの単位で書かれています。(2011.01.30追記)。

 

22、神明社のこと


   今の消防団第二分団のある所(狭山二丁目)に,神明社という社があったそうです。
   明治の頃は盛んで芝居などもよんで祭りをやっていたました。(和地コヨさんの話) 狭山乃栞には江戸時代には、社のまわりには大きな木立があり森を作っていたと書かれています。 どういう経過で社が取り壊されたかはわかりませんが、私が子どもの頃は、出荷場とよんでいました。
   農家等が農作物を出荷するために建てた建物と思われますが、選挙の投票所にも使われていました。 この社に近い家(関田さん)の屋号はそれにちなみ森下といっています。
   神明社は、その後狭山神社に移されたそうですが、狭山神社の正面階段の左右に、「神明宮」と書かれた石の灯篭がありますので、神明宮と呼ばれていたのでしょうか。
  狭山乃栞には、神明社と狭山神社と改称される前の社「天宮明神(天狗明神)が、外宮、内宮の関係で書かれています。

 

23、狭山にあった愛宕(あたご)社の事


   愛宕さまと呼ばれ、今は狭山神社にも祀られていますが、ちょっと前までは園乗院の裏の高台にもあったといいます。  ご神体は将軍地蔵で今もお寺に残っています。
    祭りの時は鈴なりの提灯を飾り、たいそうきれいだったそうです。
   昭和に入ってからのこと、狭山の人達がこの社を狭山神社に移したが、その後元に戻したということがあったと伝えられています。   この事件の真相はお坊さんが、会合を忘れてそれに檀家が腹をたてたということが伝えられていますが、今一つはっきりしません。昭和20年以降も、狭山神社でも愛宕様のお祭がありました。
   いつの頃に、社が取り払われたかは、調査していませんが、この社のあったところは、今でも愛宕山と呼ばれ、この場所の木を切ったりしてはいけないという言い伝えがあります。
   現在、このあたりは、都立東大和公園になっていますが、かつてここに住宅団地が建設される計画があり、自然保護団体の反対運動などで公園として残った経過があります。
   地元では、愛宕様が自然を守ったのではないかと伝えられています。

 

24、三光院の移転 


   清水四丁目にある三光院は貯水池の建設にともない現在地に移ったのですが、移転の費用(補償金)を貯金した銀行が国立銀行と呼ばれている銀行と、よく似た名前の民間の銀行であったために、騙されてそこに貯金をしてしまい、銀行が倒産し多くの費用を失ない、そのために本堂が出来なかったといいます。
   この頃の銀行の事はよくわかりませんが、沢山の銀行が出来て、又つぶれることを繰り返していた時代で、こんな田舎にもという感がします。
     ただどこにも悪だくみをする人がいるもので、其の人達の口車に乗って預けたという事も考えられます。 この件で責任を取って、以後総代を一切辞退したという人もいます。(22.23.24. 2010.05.13記))。

 

25、お庚申の大けやき(欅)


   今の庚申神社(通称三角神社、清水3丁目)の所に大きな欅の木があったそうです。 その木は日立のコマーシャルに出てくるような形(幹が太く背が低いが大きく枝を張る)をした木で原(南の畑)のほうからよく見えました。 
   木は幹が枝になるところに大きなうろがあり、人が何人も入れ、子どもたちのいい遊び場でした。  木にはふくろうの巣があり、人が近づくと羽を「ばさっ」と振るって叩いたそうです。(原 初雄さんの話)
   理由はわかりませんが戦後すぐに木が売られることになり、田無の業者に売り、その代金を神社の大太鼓を買う資金にしました。 これより以前のことになりますが、枝が茂るとおろして村の人にくばったとそうです。

 

26、慶生院の山門 


   村山貯水池の上堤防を埼玉側に渡った左手に慶生門があります。 貯水池が出来る前は湖底になった石川と言うところにあった慶生院というお寺の山門で、寺の建物だけが芋窪の現在地に移転し、引っ越せないまま多摩湖の中に残されていたものです。
   戦後にこの山門を「狭山貯水池愛護会」という団体が移転して建てなおしたものです。 それに携わった大工(その当時は小僧)の話によると屋根を葺く茅(かや・すすきのこと)を求めて貯水池中を探して歩いた、かなり大変だったと話していました。

 

27、清水囃子の山車(だし)


   清水神社に祭り囃子の山車があります。 この山車を作ることになったいきさつは次のように伝えられています。 はっきりした記録はありませんが、明治のはじめのころ思われます。 
   この頃日照りの続く年が多く大変困っており、そこで亀の盛留(もりどめ)を乗せた山車を作って雨を呼ぼうということになり、地元の大工に頼んで作ったと言うことでした。(五十嵐清重さんの話)
   舞台は作った当時と変わっていませんが、車輪については2輪か4輪かはわかりません。 出来てからは山車を引くたびに雨が降り大変困ったということでした。 やがて戦争が激しくなり山車も引かれなくなり、車輪は腐り使えなくなりました。
   戦後になって東大和も町に、町制記念式典と祝賀の巡行をする事になり「清水囃子」も祝賀行列に出演する事になりましたが、山車は車輪が腐り使えません。 そこで、地元の森田憲太郎さんから牛車を寄付してもらい、それに屋台を載せて出演しました。  牛が引くのではなく、人が引くので牛の入るところは小さくしてあるそうです。
   もらい受ける時には「木やり」を唄って引いてきたといいます。構造については、狭山の山車とほとんど同じなので狭山の山車の項(bS1)で述べますが清水の山車には彫刻は全くありませんでした。  (25.26.27. 2010.05.14記))。

 

28、清水公会堂 


   清水神社の社務所のあるところに清水公会堂という建物がありました。 この建物は村山貯水池(多摩湖)の工事事務所として使われていたものを払い下げてもらい移築したものだそうです。
   板敷きの学校の教室のような建物(洋館)でした。 表と裏はガラス窓で玄関にあたるところは屋根がついたポーチのような型をしていました。 子どもの頃は雨が降ると遊び場になり、卓球台がありました。 建物の中には仕切りがあり西側には囲炉裏が切ってありました。 
     戦後は青年団が演劇の発表会をしたり、清水囃子の練習にも使われていました。 もちろん地元の会合にも使われています。社務所をつくるにあたって取り壊されました。(2010.05.15記))。

 

29、清水農事実行組合 


   農事実行組合は太平洋戦争末期に、農家が出資をして作られた共同組合のようなもので、多くが戦後解散していますが、清水の実行組合は引き続き機能をはたしていました。 加工場と倉庫が今の庚申神社の西にあり、精米したり、穀類を粉にする製粉の機械をもっており、狭山に住んでいた町田さんと言う人が職員として勤務していました。
   農家が頼む仕事の収入で給料や経費を賄っていましが、仕事が少なくなり給料もままならず、機械一式を町田さんに退職金代わりに譲渡して、解散となったそうです。
      財産「土地?」を処分して、その資金を総意で清水神社の社務所作りの資金に充てられています。 社務所は氏子の寄付と合わせて資金をつくり建てられました。いきさつを書いた石碑が清水神社境内に建っています。 (2010.05.16記))。

 

30、清水神社、氷川神社名前のあらそい 


   1998年(平成10年)頃、清水神社の入り口に「清水氷川神社」という石柱が建てられ、費用は総代が持ったという話でした。
     当時の神社総代の代表格の話しでは、清水神社では知名度が低い、もともと氷川神社だったのだから知名度の高い氷川神社を名乗ってもいいのではということでした。(bP3、参照)
     ところが、氏子(住民)に充分に説明をしなかったために、名前の変更に反対のグループが結成され、反対派がビラをまく騒動になりました。 その理由は、氷川神社と熊野権現(神社)が合祀されてできたのだから一方の名前を使うのがおかしいということでした。
     石碑は撤去され神社は機能しなくなり、お祭りが3年くらい行われませんでした。 最終的に反対派が総代になり騒動はおさまりましたが、この争いは、はたから見るとバカな争いをしていると映ったようで、当時の神社総代の代表の名前から T神社と反対派の中にいた市議の名前をとってM神社の争いと笑われています.(2010.05.17記) 

 

31、強情島


   多摩湖(村山貯水池)の下貯水池に強情島と呼ばれる島があります。 水道局では「居残り島」という名前で呼んでいるようですが、この島は多摩湖をつくるに際して、立ち退き交渉で最後まで頑張った人の住んでいたところと言われています。
     強情を張って最後まで立ち退きをしなかったということで強情島と言う名前が付けられたといわれていますが、実際は貯水池が出来た当時は半島のように湖に突き出ていたものが、だんだん崩れて最先端が残って島状になったということです。
   実際は最後まで残った人が住んでいたところではありませんが、抵抗した人たちに対して、お上に逆らう人と言うことで、賛成派や施工者(東京市など)から非難されて、そういうレッテルを貼られたというのが真相です。 この頃に自分の権利を主張して対等に交渉するのは大変だったようです。(2010.05.18記))。

 

32、狭山田んぼ 


   現在の湖畔三丁目の東邦分譲地のところは、「狭山田んぼ」と言われた田んぼがありました。 二っ池を溜池にして丘陵の水を集め、その下流に広がり、かなりの面積がありました。 まわりが雑木林に囲まれトトロの映画に出てくるようなところでした。
     子どもたちの好い遊び場で、カエル、イモリ、エビガニ等が沢山取れました。 ホタルも飛んでいたようですがそんなに多くはありませんでした。 稲作を主としていましたが、そのほかの作物については聞いていません。 山間の田んぼで水が冷たく一部ではかなり遅くまで刈り取りができなかった所もあったようでした。 そんな条件の中で、「テビ」という田んぼに水を引く水路に並行して、もう一本水路を設け水を少しでも温めてから田んぼに入れる工夫等もなされていたと聞きました。
     深田のようで、稲刈りの時に荷物を載せる橇(そり)のよう道具をつかい名前を「ウシ」と呼んで用いていたという話がありました。 農作業についてはあまり深く聞いていません。
     私の子どもの頃には、今の湖畔ニ丁目のところは、お茶の畑になっており、雪が降ると学校の先生がスキーをしていました。 その頃スキーは珍しかったので覚えています。子どもはもっぱら橇で遊びました。武蔵大和駅前を流れる前川は、この二っ池を水源としています。 (2010.05.19記))。

 

33、多摩湖が出来てから
          以前に比べて雹が降らなくなった


   雹は農作物を全滅させるため、夏の日照りや長雨などとともに農家の恐れるものの一つです。 多摩湖(村山貯水池)が出来てから雹の降るのが少なくなったといわれています。
    これは経験での話で他所の地区と比較はしていませんが、多摩湖の水位が上がると狭山田んぼの水が増えるという話もあり、あながち間違いではないと思います。

 

34、多摩湖が出来て
          狭山田んぼの水が豊かになった


   狭山田んぼ(bR2参照)は、湧水を二っ池に溜めて田用水としていますが、多摩湖が出来てから水が豊かになったということです。
      隣の谷に水位の高い水があればそのような事は十分考えられるます。 今でも湖畔ビオトープの湧水は管理をしている井上忠三さんの話によると、水位の記録をとってみると多摩湖の水位が上がると湧水の量も多くなるといいます。
     多摩湖の堤防工事で水が抜かれ水位が1/4位になった6年は多摩湖のまわりの湧水は減少しています。 大雨の時などは、水がはけきれず田んぼが冠水したことがあったときいています。 (33.34 、2010.05.20記))。

 

35、「むじな」というのは?(1) 


   秋も深まると、カシやコナラなどの木の実が沢山落ちます。 夜も深まる頃、狢(むじな)が木の実を食べに出てきます。 家の中にいても木の実を食べる「カリカリ」という音がきこえます。
     不思議な事に「おーい」と呼ぶと「おーい」と答えます、私の祖母の話では狢が返事をするといいます。 夜更け戸の隙間から覗いても姿は見えませんでした。 多くのところで狢の話がありますが、狸、あなぐま、イタチ等のことで、狢という動物はいないようです。
     それではなぜ返事をするか、埼玉の野鳥の会のメンバーの池谷さんの話では、声は鳥の声の様だと言うことでした。 鳥の名前は聞き洩らしましたが、其の声を父親に聞かせたところ狢の声と答えたそうです。( 2010.05.21記))。

 

36、狸(たぬき) 


   私が子どもの頃は、狸は人里には出てきませんでした。 イタチというのは、にわとりを襲うので、嫌われ者ですが、時々みかけました。 1990年ころになって、人里に出るようになってきています。
     子だぬきが保護されたり、猫の餌を求めて、郷土館付近の民家に現れています。 東大和公園や狭山緑地でも狸の溜糞(ためぐそ)という通り道の一か所にまとめて糞をするところも確認されています。 人里に出てくるのが好いか悪いかは今の段階ではわかりませんが、環境に適応する能力があるのでしょう。 (2010.05.22記))。

 

37、にわとりを飼う 


   私が子どもの頃1950年(、昭和25年)ころ、多くの農家が「にわとり」を飼っていました。 放し飼いもありましたが多くは小屋を作って飼っており、白色レグホンがほとんどでしたが、たまには名古屋コウチンも飼っていました。 卵をとるのが目的ですが自家消費ではなく売るためでした。この頃の農家にとっては貴重な収入源でした。
     農家を回って卵を買ってあるく卵屋さん(森田姓、屋号が卵屋)、卵を産まなくなった鳥を買ってくれる人も村の中にいました。  農家でもひよこから育てる家、雄鶏を飼っていて有精卵をとって孵化させる家等さまざまでした。
      にわとりは卵を産みはじめの頃は好きな場所に産みます。 それでは卵を採るのに困るので箱にワラなどをひいて疑似卵という陶器の卵を置いておくと、そこに産むようになります。
      農家は鶏の餌には野菜くずや穀物の「しいな」(穀物のくず)」等を与えていました。 私の家のような農家でない家(非農家)では、穀物を販売する店で飼料も買っていました。 貝殻を与えると殻の厚い卵が出来るといい、陶器のかけらを砕いて与えることもありました。(理由はわかりません)
      トリの病気もあり消毒や、予防注射などもされていました。 時々イタチ等がにわとりを襲うことがあり、その予防にアワビの貝殻を鳥小屋にぶら下げていたところもありました。きらきら光るのが予防になるというがどれくらい効果があるかは不明です。
     その後、大規模に飼う家もありましたが、近隣に鶏糞の匂いが広がる事などで、だんだん飼われなくなって行きました。 私の家は農家ではありませんが、にわとりを飼っていました。 若鳥を買ってきて卵を生むまで育てる、採れた卵は一家で一つずつ食べられる数の鳥を飼いました。 卵を産まなくなったら、肉にして食べました。 ( 2010.05.23記))。

 

38、「カエル採り」 


   私が子どもの頃は(昭和23年〜)、カエル採りをしました。 カエルは冬眠をします、土手に横穴を掘って(あるいは穴を探して)中に入って冬眠をします。 春になると土手の少しへこんだところを探すと中にカエルがいます。 中には交尾をしているのもいました。
      捕まえて遊びの道具にしたり、焼いて食べたりしました。 ヒキガエルがほとんどでした。 たまにはアカガエルも採れました。  これが過ぎると池に沢山の卵を産みます。 トノサマガエルの卵もありました。 カエルの肉は後ろ足の部分でかなり筋肉質でした。アカガエルがおいしいということでしたが、小さくて食べるところがありませんでした。
      家の周りには、イボガエルという名前で呼ばれているカエルがいました。 竹やぶのような暗いしめった所に住んでいましたが、生活実態はわかりませんでした。 この頃にはまだウシガエルというのは見あたりませんでしたが、たまにオタマジャクシの大きいのがいましたので、いたのかもしれませんが、鳴き声はきいていません。( 2010.05.24記))。

 

39、清水囃子の伝承 


   幕末の頃、この地域も江戸の食料や燃料等の供給地として、一定の経済力もできていました。 若者が江戸で流行している祭り囃子を習ってみようと、地元の有力者で江戸に所要で出かける弥五右衛門(のち野口姓)に伝授してくれる人を探してほしいとたのみました。
      高円寺村(現在の杉並区高円寺)の料亭(あるいは料理屋)「しらがき」というところの料理番をしていた半次郎という人が、祭り囃子の名手である事を聞き、早速伝授を頼んだところ快く引き受けてくれました。
      しばらくは通いで教えていましたが、やがて弥五右衛門宅に逗留して祭り囃子を完成させました。 その後、縁あって清水地区の家(のちの鎌田姓)の養子となり引きつづき祭り囃子の中心となりました。 半次郎の居住していた高円寺の名をとって清水囃子の流派を高円寺流と呼んでいます。(ここまでは東大和市の発行している清水囃子概要報告書にも記述されています)
      半次郎は、宮大工でもあり弥五右衛門宅にお世話になったお礼として、屋敷神として祀ってあった熊野権現(神社)の御宮を作っています。その他にも、五十嵐さん、鎌田さんの屋敷神のお宮を作ったそうですが現存していません。 また、半次郎は久米村(または吾妻村久米 現所沢市)にも祭り囃子を伝えています。(2010.05.25記)。
       野口家の御宮については、東大和市が発行した、東大和の屋敷神12頁に棟札の写しがのせられています。この棟札には、明治14年 武蔵国東多摩郡高園寺村住人 工匠鎌田半次郎と記されたおり、高円寺の出身である事がわかります。(2010.05.25追記))

40、狭山神社 


   狭山神社が明治になって、天宮神社や、内堀(多摩湖の湖底になった地域)の御霊神社などを合祀して出来た事は知られています。 昭和になって狭山神社が新築されるときの還座式で、ご神体を見た人の話によると天宮なにがしと書いたお札が納めてあったという事でした。 「狭山乃栞」(狭山の杉本林志著、地誌)にも天宮神社の事が載っており、まちがって天狗神社と呼んでいたと記されています。( 2010.05.26記)。

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。