わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



1〜20




1、 かんざし山


   私が子どものころ、空堀川に沿って、雑木林があり、廻田(めぐりた、東村山市)との境に、かんざし山という所がありました。今の労金住宅のあたりかとおもわれます。
   その名前の由来は、一本の大きな松があり、その松が根元から二つに分かれて起ちあがり、かんざしを立てたような形をしていました。

2、捨て場山


   私が子どものころは、もうありませんでしたが、清戸街道(東村山では、鷹の道)の廻田境に、「捨て場山」という所があったといわれています。
    理由はかなり昔、動物の死体を捨てたところといわれ、 私のこどもの頃は、畑になっていましたが、そこに家を建てた人がいました。 そのことについて、「どうしてあんな所を買ったんだろうか」と言う人がいました。
    私には理解できないことですが、宗教的なことか、あるいは慣習があったのかもしれません。狭山の霊性庵墓地のところにもあったそうです。

 

3、まつくり場


   江戸街道の清水と狭山の境の辺りに「まつくり場」という所があったと,原 仁三郎さんが話していました。 原さんの子どもの頃か?
   まつくり場とは「馬作り場」の意味で、馬の爪を削ったりするところだったそうです。
   それが小屋掛けなのか。昼間だけの仕事かはわかりませんが、東大和にはほとんど馬はいなかったので江戸街道を往来する馬を相手の稼業だったのでしょう。(1.2.3. 2010.05.06記)

   

4、どじょう窪


   清水3丁目と狭山4丁目の境の辺りを、どじょう窪とよんでいました。
   清水神社の西側の道路と清戸街道がぶつかるあたりですが、大雨が降ると水の出る所の様ですが、どじょうはいない所ですのでどうしてそんな名前がついたのか不思議なきがします。
   地図の上では少し低い土地のようです。

   

5、みずおし


    「水押し」と書きます、川の氾濫原のことをこのあたりではこう呼んでいます。
    改修前の空掘川は大雨が降ると氾濫する事がありました。 私の記憶では一回きりで川の両岸の雑木林を水が流れていた記憶があります。
   近年、宅地化が進み、このあたりを開発する時、良心的な業者はこの事を考えて盛り土をしましたが、 あまりそう言う事を考えない業者はそのまま開発をしたために、そこに住んだ人たちは苦労しました。
    この辺りの人は、土地を買うなら雨の日に見に行けと言っています。

   

6、前川土手の根曲がり松


   武蔵大和駅前を流れる前川の土手に根曲がりの松がありました。今は道路拡張の犠牲になって跡形もありません。 
   この松は何代か前の大久保さんという方が植えたうちの一本です。 前川が村山貯水池の建設に伴って、改修された後のことですが、皇居の松になぞらえて何本か植えた内の一本が残ったもの、自然とあの形になったと言うことでした。(4.5.6. 2010.05.07記)

   

7、志木街道の銀杏の木


    武蔵大和駅前の志木街道に銀杏が植えられています。 この銀杏は昭和天皇の御大典の記念として当時の青年が植えたものといわれています。
   たぶん昭和のはじめの頃でしょうか、東大和分にはイチョウ、東村山分にはサクラが植えられていたそうですが、桜は私の記憶にはありませんが,戦後まで残っていたということです。
    イチョウは東大和西信号あたりまで残っていましたがそれから西にどこまで植えられていたかは確認していません。  今ある若い木は最近植えたものですが、以前はそこにも大きな木がありました。このイチョウが植えられた後に、武蔵大和駅が移転開業になります。
   この工事のために志木街道にガード(袴道橋)が設置されますが、この工事の際にイチョウの木を切ったとかで青年が怒ったという話が伝わっています。 
   残念なことに、道路拡張のために伐採されてしまいます。

   

8、よしわら山


    清水神社の裏手 北側に「よしわら」と言う屋号の家があります。
   五十嵐清重さんという方の家のことですが、すぐ北側を流れる川(堀 今は暗渠になっている)に沢山の葦(よし)が生えていたことからこの辺りを「よしわら」と呼ぶようになったということでした。
   ここら辺りは雑木林だったので正確にはよしわら山とよばれていたそうです。 この辺りの山は大変に木の育ちがよく、「おびとき山」の一つだったといわれています。 この地では男女とも七五三の祝いを「おびとき」と言い、これにちなんで、山の木を伐ってから七年間で元の林にまで成長する山をそう呼んでいます。 多くの雑木林は、15年くらいはかかるといわれています。

   

9、さいのかみ(賽の神)


    清水の武蔵大和郵便局の所は、通称「せいのかみ」と呼ばれています(正確にはさいのかみ・賽の神)。
   日常の生活している所から野や山へ出る所に祀り、村に災いが入って来ない様、災いを防ぐ神といわれています。 このあたりでは、おこなわれていませんがドンド焼とか「さぎちょう」と呼ばれている小正月の行事 正月飾りを集めて燃やす行事をする神のことです。
    原 仁三郎さんの話によると、家が建つ前は少し窪かったそうです。 いま住んでいる人はそこに後で家を建てた人で、その家の屋号は「せいのかみ」と呼ばれています。 (7.8.9. 2010.05.08記)

   

10、清水観音堂のこと


   現在の形に改修される前の観音堂は、藁葺きの屋根でした。 かなり傷んでいたので地元の総意で寄付を集めて改修され、その際に屋根をトタン葺きにしました。 
   この中には、仏像が二体あり、一体は観音像、もう一体は熊野権現だと、五十嵐清重さんが話してくれました。 話によると今の清水神社が出来るときに熊野権現と言うのは仏が神となって現れた姿だと言うことで、神社に祀らないで観音堂へ祀ったそうです。 
   清水神社は村山貯水池「多摩湖」が出来るにあたって、移転した氷川神社と熊野権現(神社)を合祀して建てられたもので、この経緯もその時の事だと考えられます。
   管理はいわゆる村持ちと言う形でなされています。 土地は国有地で、古くは百万遍念仏講や、力くらべ(bQ1参照)なども行われていたと伝えられています。 仏像については調査してないのでわかりません。(別項bP3、清水神社の成り立ち 参照)
    清水観音堂について、「狭山乃栞」には、橋塲にありと書かれています、名前は橋塲観音堂というのが正しいのではないかという、意見が寄せられTました。少し解説になりますが、このあたりで橋塲というのは、「橋の架かっているところ」という意味で、観音堂の所在地は本村で、橋は本村橋です。特に名前のない観音堂ですので、清水にある観音堂ということで、明治以降につけた名前だと思われます。
    一部のホームページで、新編武蔵風土記稿の後ヶ谷村(うしろがやむら)の項に載っている「観音堂」を清水観音堂と間違えて載せている方がいますが、この観音堂は、狭山にある霊性庵観音堂ことです。
    後ヶ谷村は、明治のはじめに宅部村(やけべむら)と合併して狭山村になっています。

 

11、熊野神社


   熊野神社は、明治以前は熊野権現といわれ、古い清水村 原(峰・狭山丘陵の南側〉の神社として祀られていたもので、丘陵の南面の中腹に建てられており、正面に石段があり見上げるように建てられていました。 
   当時の様子を描いた絵が五十嵐弥一さんのところに残っていました。 村山貯水池(多摩湖)の建設にともなって移転することになり、狭山丘陵の北側にあった上宅部(カミヤケべ)の氷川神社と合祀して清水神社となりました。 ただ、末社として神社西側(裏)の林の中に残っていましたが、裏が公園になるときに他の末社と共に燃やしたといわれています。 
   わたしの記憶でもほかに祀ってある社(稲荷・諏訪・榛名等)より大きな建物がありました。 明治か大正のころ、熊野神社のお祭りで芝居をするために舞台を作ったが、雨が続き縛ってある縄が腐ってきた事があったと五十嵐清重さんが話していました。

   

12、氷川神社の移転地


   氷川神社は上宅部(清水村のうち峰の北側、多摩湖の湖底になった所の取水塔のあたり)にあった神社で、地図によると三光院と並んでいました。
    貯水池の建設により移転をすることになり当時の氏子の人たちは、移転の土地として現在の清水5丁目にある神主の住んでいた土地を買い求めました。 正確なことはわかりませんが、空堀川から南側の道路まで続いていたといいます。
   当時は同じ清水の南側の神社 熊野神社も移転となり合祀となったので、神主のために家をたてました。 神主は金に困るとこの土地を担保に何処からか借金をしていたようで、亡くなった時は家が建っている土地しか残っていなかったそうです。
   このほかにも、刀や徳川幕府の朱印状があったようでしたが、刀は大国魂神社に借金のかたに取られているという話であり、朱印状は中身が無いのがあったと聞いています。 
   氷川神社の成り立ち等は、「狭山乃栞」(杉本林志著)などに書かれており、多くの人が調査しているのでそちらに譲ります。 この本には、家康公の出した朱印状の写しが載せられていますので、明治のはじめには存在していたと思われます。 中身のない朱印状はこれにあたるものかもしれません。(10.11.12. 2010.05.09記)

   

13、清水神社の成り立ち


    明治の終わりころから始まった村山地貯水池工事に伴って、清水にあった二つの神社が移転する事になり、熊野神社は移転地に今の清水神社の土地をもとめ、一方氷川神社は空掘川の南側 (神主が住んでいたところ)に土地を求めました。 
   熊野神社の移転地は当初、志木街道側より南に上ノ台方向に作る予定をしていたようですが、土地を持っている本木(屋号 池谷姓)が自分の屋敷が分断される事を好まなかった為、今の形になったと言われています。
   二つの神社が合祀するに到った事については仔細は判りませんが、明治政府の一村一社の考え方にしたがったのではないかと考えられます。 清水神社の建物 拝殿 本殿 お宮(御幣が入っている建物)は氷川神社を解体移転したもので、建築中に関東大震災に会い一部が傾いたそうです。(当時、この建物をたてた大工の小僧だった人の話)。
   清水観音堂(別項bP0)に記述しているように、合祀によって熊野神社の御神体は観音堂に納められたといいますが、私が考えるに氷川神社にはさしたる御神体といわれるものは無く、一方のみを祀る事が適切では無いと考えて、理由をつけてこのようなことにしたのではないかと思います。
   氷川神社の御神体については、杉本林志著「狭山の栞」の氷川神社の項に本地仏聖観音坐像と3枚の鏡様の金属製の板に神像(又は仏像)の絵が載っており江戸末期にはあったようですが、移転時には無かったと聞いています。
   後の話になりますが、清水神社は新しい神社と言う扱いで「無格社」にランクされ、太平洋戦争中に小学生が祭日にお参りするのに恥ずかしかった、と言う話しを聞いています。(杉崎鉄工社長の話し) (現在建て替え中で、この話しは旧社殿のことです。) その後の調査で、村社清水神社というお札が出ていますので村社になったようです。

   

14、清水囃子と三番叟のエピソード


   清水ばやし(別項で述べます)の演目に,「さんば」と言う曲目があります。三番叟のことで一般にはお祝いの時に踊られる踊りです。
   この踊りは、埼玉県所沢の町屋(山口)から伝えられたと言われています。 戦後の話しだと思いますが清水神社の祭礼に芝居「田舎歌舞伎」を呼んだ時のこと、芝居家師(しばやし)の頭(座頭)の言うことに芝居を始めるには、最初に三番叟をやらなければならない、私たちは頼まれてない、どなたか舞ってくれという、改めて頼んでも衣装が無いという。
   そこで、清水囃子連の一人である池谷豊一という人が三番叟を舞ったところ、その見事さにしばやしも感心したといわれています。 ただ、しばやしが衣装を本当に持ってこなかったのか、忘れた口実なのかはわかりませんが、池谷豊一さんはそれだけの自信があったのでしょう、むかしの囃子連の中には名人と言われる人がいました。

   

15、江戸街道のこと


   奈良橋の庚申塚方面から東村山の九道の辻に到る道を江戸街道と呼んでいました。それより先があったかもしれませんが、この道は幅こそ広いが、廻りには家が無く庚申塚あたりに内堀移転の家があるくらいでした。
   道の両側には道芝(みちしば)が生えており、時折通る荷車の轍があるだけでした。 近年この道にかぶって新青梅街道が出来ることになり、高木の東京街道団地方面への分岐までこの道が使われました。
   まだ新青梅街道が出来る前の話ですが、江戸街道の道普請の為地下から大量の砂利を取った事があったそうです。 近年になり1984年頃に東京街道団地の北側の青梅信用金庫のところに、陥没が出来た事があり、多分其の時の穴ではないかといわれました。
    私が中学生の頃、遊びで芝を燃やすことがはやり燃え広がって消すのに大変苦労した事を思い出します。(13.14.15.2010.05.10記)

   

16、芝 橇(そり)の遊び


   冬の遊びに芝橇の遊びがありました。角材や板で簡単な橇を作り枯れた芝の上を滑るあそびです。私たちが滑った所は多摩湖の土手でした。
   十二段(別に書きます)の滝の北側をすべり降りるのは爽快でした。 ただところどころ芝がはげているのでそこを避けて下りるには技術がいりました。 自分で工夫して舵を付けたりブレーキを取り付ける子もいました。 二人乗りの橇を造った人もいました。

   

17、成就院(じょうじゅいん)


   村山貯水池の工事が始まる以前のこと、貯水池駐在所の前、狭山青年の家のあった所(現在は駐車場)あたりに成就院というお寺がありました。 
   その頃は(貯水池が出来る頃)すでに住職は居なかったそうですが、他所から来た人が住んでいました。(その人はお坊さんではなかったようです)何時ごろかはわかりませんが、このお寺が焼けました。 住人はどじょうを取りに行っていて、帰ってきて寺が焼けたのでびっくりして腰をぬかしたそうです。(内田儀一さんのはなし) 
   一方、みちの会の田久保国子さんの聴き取りのなかで「じょじょいん坊主」という諺(ことわざ)があり、其の話では、寺が焼けたときに坊主が焼け死んだので、焼け死んだ人のことを「じょじょいん坊主」とに言うようになったという話しがありました。 諺の中にあってたまたま似た名前の寺が焼けたので結びついたのだのでしょうか。

   

18、二見鍛冶屋のこと


   狭山に二見という姓の家が何軒かあります。 二見家は調布、府中にあった鍛冶屋の一族で、東大和に移り住んだ人達も何代か前までは鍛冶屋をしていたそうです。 
   作っていた物は農機具の鎌などで、五十嵐清重さんの家に鎌が残っていました。  話しによると他所の品物と少し形が違うという話でした。 どの家が鍛冶屋であったかは聞いていませんが、今でも「かじや」という屋号で呼ばれている家もあります。(16.17.18. 2010.05.11記)

   

19、葭原山の石器のこと


   葭原(よしわら 屋号五十嵐清重方)で南の高台の木の根元から出土した石器がありました。 私が見たところでは長方形の石斧に見えました。
     大学の先生に鑑定を依頼したところ、石器にまちがいないとの話しだったと話されていました。 家を建て替える前までは玄関に置いてありました。

   

20、屋号のいわれ


   屋号は江戸の頃、苗字が許されない農民などが家を特定する為につけたものですが、明治になっても多くが同じ姓を付けたため引続き使われているものです。 
   珍しい屋号には、夜盗家(よとうや)というのがあります。 地元の人が蔭で呼ぶ屋号で、泥棒をした家のことをいいます。 安宿という屋号の家は、昔「ごぜ」や行商の人が泊まった家で、旅館ではなく今の民宿にあたるのではないかとおもわれます。
   其の他に「どっきんさん」と言うの屋号の家は、きんさんという名前の人が家に困ってお堂に一時住んでいたことがあり、家を持ってもそう呼ばれています。 多くは土地の名前や職業の名前が多く、差別用語に当たるものもあります。詳しくは、地名と屋号の特集をします。 (19.20. 2010.05.12記)

 
 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。