わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



     わたしが、見たり聞いたりしたことを、書き留めました。

     東大和の地域を主に、一部周辺の地域のことをかいています。

     市の刊行書籍などで、公にされていることは、はぶいています。 

     間違い、勘違いはあると思います。気が付いたときに訂正をしています。

     間違いがありましたら、一報下されば、速やかに訂正します。

     記事のなかで、所在地を、明確にしていないところがありますが、

     連絡をいただければ、差支えなければ教えます。


 

目 次 241〜300





241、清水神社の大太鼓
242、鹿島橋のふくろう
243、中堂墓地
244、屋敷林
245、2つある東大和市の歌
246、大和中学校生徒会の歌
247、中学生も参加した、大和基地設置反対闘争
248、絹や繭を使った、子どものお守り
249、和泉のまわり地蔵
250、ゆい(結)と まき(巻)
251、1945年頃の多摩湖、村山ホテルとその周辺
252、南街に工場が出来た頃の村の生活
253、戎講(えびすこう)
254、民間薬(4) みみだれの薬
255、病気を治すためのおまじない
256、烏(からす)呼び
257、火事見舞い(親戚の当日の行動)
258 日立航空機会社(南街)の爆撃 聞き書き
259、稲荷(いなり)聞き書き
260、「むじな」というのは?(2)



261、狐にまつわる話
262、獅子舞 三河万歳(みかわまんざい)
           (芋窪、大正年代の、お正月)
263、火事見舞い(親戚の当日の行動)
  264、疱瘡日待ち
265、雨乞い(あまごい)
266、妖怪(魔物)がやってくる日
267、東大和の郷土かるた
268、下駄の歯入れ(職業 行商)
269、酒屋の大福帳
270、三光院前の新青梅街道に架かる歩道橋
271、第一小学校の校歌、戦前と戦後
272、殉国慰霊塔と表忠碑
273、原口の墓地と大久保狹南さんの碑
274、高木の獅子舞
275、前川(その2)と支流
276、安宿(やすやど)
277、旅芸人(一座)
278、山口貯水池(狭山湖)にあった鴨猟場
279、手まり まりつき(鞠つき 子どもの遊び)
280、村山貯水池(多摩湖)の工事


281、 明治9年の清水村の土地台帳
282、 おびとき山
283、 大和村全図(昭和のはじめ頃)
284、 御判塚(ごはんずか)
285、 隧道くぐり
286、 ばくちの親分
287、蔵敷庚申塚の道しるべ
288、日月橋(にちげつばし)
289、豊鹿島神社の獅子頭
290、山(やま)の神様

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。