わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



目 次 181〜240





181、さいかちとさいかち車
182、西武遊園地の近くにあった射撃場
183、お灸(きゅう)と病
184、縄跳び唄の移り変わり
185、ササを使った遊び、「笹舟と亀のミニチュウァ」
186、竹の皮と梅干
187、紅梅キャラメルと巨人軍
188、ヒイラギの風車
189、アルミニュ―ムの弁当箱
190、根通り道、うちご道、馬入れ道
191、多摩湖の下堤防聞きがき
192、火事は3代にたたる
193、西村和泉の守作の伏鉦(ふせがね)
194、谷ッ池と雲性寺前の田んぼ
195、泥富士と高射砲陣地?
196、民間薬(2)、しらくもとどじょう、ミミズと熱さまし
197、自治会の移り変わり(清水自治会を参考に)
198、スイカ(西瓜)のちょうちん
199、戦時中の金属供出と巧妙なやり方
200、かめのぞき(甕覗き)


201、伊勢参り
202、税金不払いと差し押さえ
203、清水神社の神主(宮司)
204、紅葉稲荷(もみじいなり) の由来
205、昔の道、今の道
206、野草を食べる
207、槌頭(つちんど)とお止め山
208、市内にあるモニュメント(27個)
209、民間薬(3)、打ち身の薬 切り傷の薬
210、機屋奉公(はたやぼうこう)の体験談
211、二ツ池公園と厳島神社(水神)跡
212、吉岡堅二さん(画家)と地元の関わり
213、駅前にあった商店の移り変わり
214、清水にあった、くらやみ祭りの太鼓講中
215、芋窪の鹿島神社の子ども神輿
216、芋窪にあった祭り囃子、 聞き書き
217、コンクリートの用水桶 聞き書き
218、多摩湖12段の滝、 もう一つの役割
219、駐在さんの夜回り
220、野火止用水聞き書き


221、左 卜全さんと山村 総さん
222、御岳講
223、仕事に出された子ども
224、習わなかったカタカナ
225、障害のある子の就学と就学猶予制度
226、農家の嫁さん
227、おとぎ電車
228、清水の庚申神社
229、清戸街道
230、紙芝居 ロバのパン屋さん、バクダンあられ
231、飛翼の塚
232、東大和の郷土料理「ゆずまき」
233、東大和地域の手締め
234、弥五右衛門さんの井戸
235、園乗院の「殉国産業戦士供養塔」
236、行人塚(ぎょうにんずか)
237、信心参り(病気平癒祈願)
238、清水の凧展示館
239、村長さんの願いでつけられた駅名「武蔵大和」
240、武蔵大和駅の今昔


 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。