わが故郷 東大和

東京都東大和市





私の見たこと、聞いたこと



目 次 61〜120





61、青年学校を使った新制中学校
62、小学校の2部授業
63、青年学級
64、狭山丘陵にあった防空壕
65、干し柿つくり、渋抜き
66、真土(まつち)と野土(のつち)
67、多摩湖の発掘
68、蔵敷高札場
69、蝉(せみ)取り
70、どどめ(桑の実)
71、高木神社の大木立
72、開拓の歴史を刻んだ昔の地図
73、高木の山車(だし)
74、村山貯水池とくずはき
75、雑木林の利用
76、豆腐売り
77、茶摘みと中学校の農繁休暇
78、身体障害者の仕事
79、メジロ獲り
80、雑木林の伐採(山師)


81、たっちゃん池(宅部池 やけべいけ) のいわれ
82、奉公(ほうこう)奉公人
83、1957年(昭話32年頃、私が中学卒業 の頃)の農家の様子
84、水路と畑作
85、ある新興宗教の施設
86、火事と腰巻
87、囲炉裏(いろり)あれこれ
88、野番(のばん)
89、火の番
90、地元にあった質屋
91、伝兵衛地蔵
92、養蚕小屋
93、「しょったや」という乞食
94、ひとだまを見た
95、久米の水天宮
96、北野の天神様
97、膳椀倉(ぜんわんくら)の移りかわり
98、雹害(ひょうがい)資金の借り入れ
99、昔の結婚式(昭和40年代の頃)
100、女日待(おんなひまち)


101、山口観音の十夜講
102、鉄、銅、真鍮の売れた時代
103、アメリカ人の野外パーティー
104、ネズミ捕りと報奨金
105、ハヱ(蝿)取りコンクール
106、石臼(いしうす)
107、競輪と物もらい、泥棒
108、狭山公園の春の花見
109、たてまえ(建前)上棟式
110、松こごれ地蔵
111、子どもと競輪
112、青年団と映画会
113、多摩湖電車の移り変わり
114、石川の谷を遡(さかのぼ)る
115、道普請(みちぶしん)
116、雪の降った朝
117、ある大農家の顛末
118、焼酎のコップと袴
119、南街の社宅払い下げ
120、東大和に都営住宅ができた頃


 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

  一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。