わが故郷 東大和

東京都東大和市





御挨拶 自己紹介




         御挨拶・自己紹介


清水囃子

  私は1942年(昭和17年)に現在地に生まれ、沢山の人の援助・協力をいただき、さまざまな活動をしてきました。 私の家を含む原一族は、言い伝えによると、江戸時代に原 甚五郎兵衛(じんごろうべえ)という人が一家で今の多摩湖(村山貯水池)の湖底にあった宅部(やけべ)というところに居を構え、その子ども4人がそれぞれ独立して分家に出、その子孫であるといわれています。現在でも、総本家にあたる家は存在しています。    その後、大正から昭和にかけての村山貯水池(多摩湖)の建設で、一族、寺、神社,お墓まで引っ越す大きな変化があり、多くが丘陵の南に居を求め現在に至ります。 私の家も、大正8年ごろに現在地に移転しました。 私は 歴史、自然保護、民俗等のテーマで、多くのみなさんと一緒に活動をしてきました。現在は狭山丘陵の保全、伝統芸能の「清水ばやし」の後継者の養成に力を入れています。 さまざまな体験を多くの人に知っていただくためにホームページを開設しました。技術的には未熟ですが記録の公開を優先します。 写真は清水囃子の三番叟の写真です。開設記念に掲載します。    原  万次  

 目 次

   トップページ

   1、御挨拶
     自己紹介

   2、私の見たこと
     聞いたこと

 目 次1〜60
 目 次61〜120
 目 次121〜180
 目 次181〜240
 目 次241〜300
 見・聞 1〜20
 見・聞 21〜40
 見・聞 41〜60
 見・聞 61〜80
 見・聞 81〜100
 見・聞 101〜120
 見・聞 121〜140
 見・聞 141〜160
 見・聞 161〜180
 見・聞 181〜200
 見・聞 201〜220
 見・聞 221〜240
 見・聞 241〜260
 見・聞 261〜280
 見・聞 281〜300

   トップページ

  3、散歩歳時記
 目 次1〜60 
 目 次61〜120 
 目 次121〜175
 散 歩 1〜20
 散 歩 21〜40
 散 歩 41〜60
 散 歩 61〜80
 散 歩 81〜100
 散 歩 101〜120
 散 歩 121〜140
 散 歩 141〜160
 散 歩 161〜175

   トップページ

  4、清水囃子の
  歴史と活動 目次
 清水囃子の
    活動日程
 清水囃子の
    活動記録
 清水囃子の
    あらまし
 清水囃子の
   演奏と言い伝え
 清水囃子に
   関連すること 

 
清水囃子調査
    概要報告書

   一、清水囃子の
     系統    
  二、清水囃子の
  起源 ,伝承年代 
  三、伝承過程、
    後継者(1) 
  三、伝承過程、
    後継者(2)  
  四、囃子の用具
  五、囃子の順、
    道化の所作
  六、結  語
  七 写真資料  

  5、さよなら原発
  in東大和

お願い

  このホームページの内容は、出典を明らかにしていただければ、引用は自由です。

  記事の内容についての、問い合わせは手紙か「はがき」でお願いします。できるかぎりお答えします。